現在タレントとして活動しているおのののかさんは、過去に東京ドームでビールを売る人気の売り子でした。おのののかさんが1日で売上を出した最高記録は、未だに破られていないというのですが、一体何杯くらい売上があったのでしょうか。今回は、売り子時代のおのののかさんに注目。おのののかさんが語るビールの売上をよくするための極意や、おのののかさんの当時の月収、最高で何杯のビールの売上があったのかを調査しました。

おのののかがビール売り子で稼いだ月収は?最高何杯売ったの?売れる極意とは?

目次

  1. おのののかさんは東京ドームのビール売り子だった!
  2. 元売り子・おのののかさんのプロフィール
  3. おのののかさんもやっていた!ビール売り子とは?
  4. おのののかさんは人気のビール売り子!稼いだ月収は?
  5. おのののかさんは売り子として最高何杯のビールを売ったのか?
  6. おのののかさんが語る売り子に必要なもの
  7. おのののかさんの売り子としての極意・常連さんに顔を覚えてもらう
  8. おのののかさんの売り子としての極意・お客さんの顔を覚える
  9. おのののかさんの売り子としての極意・団体客の幹事を見つける
  10. おのののかさんの売り子としての極意・コップや試合状況に気を配る
  11. おのののかさんの売り子時代まとめ

おのののかさんは東京ドームのビール売り子だった!

現在タレントとして活動しているおのののかさんは、タレントとしてブレイクするまで東京ドームでビールを売る売り子をやっていました。おのののかさんのビール売上は他の売り子と比べても抜きんでており、おのののかさんの最高売上記録は未だ破られていないようです。一体何杯のビールを売ったのでしょうか。今回は、売り子時代のおのののかさんに注目。ビールの売上を伸ばす極意や、おのののかさんの当時の月収などを調査しました。

おのののかのセクシーな水着画像まとめ!ビキニ姿で美バストを強調 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

元売り子・おのののかさんのプロフィール

生年月日:1991年12月13日
出身地:東京都文京区
血液型:A型
身長:168センチ
スリーサイズ:83-59-85

おのののかさんは2012年、成人式で会った友人らに刺激を受けて何か始めたいと思ったのがきっかけで、芸能事務所プラチナムプロダクションに履歴書を送付。同事務所に所属が決まります。その後はレースクイーンなどの活動を経て、タレントやグラビアアイドルとしての人気が上昇。2015年には映画「呪怨-ザ・ファイナル-」で映画初出演も果たすなど、女優としての活動もしています。

おのののかのマシュマロおっぱい画像集!色白のセクシー巨乳ボディ | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんもやっていた!ビール売り子とは?

まず、おのののかさんもやっていたビールの売り子について紹介。ビールの売り子は、熱い戦いが繰り広げられる野球場でビールサーバーを背負い、観客席を歩き回ってひたすらビールを売って回ります。売り子たちは出勤すると、試合開始1時間ほど前にビールサーバー交換所へ向かい、着替えやサーバーを背負うなどして販売出来る状態にするとのこと。準備は少ないため、出勤すればすぐに売り場に出られるようです。

一度出動したらほぼ休憩はなし

ビール売り子は一度観客席に出たらほぼ休憩時間がないんだそうです。樽交換や体調不良のときには基地に戻るといいますが、それ以外は試合終了までの約3時間、観客席を回ってとにかくビール売上に徹するとのこと。延長戦が長引いた時は、ビール売り子さんも最後まで仕事を続けます。

給料体系は球場やメーカーによって異なる

どのようにして売り子の給料が決まるのかが気になりますが、給料に関するシステムは球場やメーカーによって異なるそうです。一般的には、時給または基本給に歩合制というシステムにしているところが多いんだそう。歩合制は売上が増えれば増えるほど自分の給料も上がるので、売り子のモチベーションにもなっているようです。

おのののかさんが水着セクシーショット!大興奮のグラビア画像まとめ | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんは人気のビール売り子!稼いだ月収は?

ビールの売り子は球場内に何人か存在していますが、その中でもおのののかさんは驚異的な人気を集めていたようです。おのののかさんはタレントとして人気が上昇し、バラエティ番組などに引っ張りだことなっていたのですが、その人気が上昇しだしたころでも、ビールの売り子時代の方が月収が高かったということを明かしています。

おのののかさんは時給8000円越えだった!?

おのののかさんはビールの売り子時代の月収をバラエティ番組に出演した際に告白していますが、なんと、週3回1日3時間で月収が30万円ほどだったといいます。計算すると時給8000円を超えているということに。歩合制のため頑張れば頑張るほど月収が増えていたそうですが、それでも1日3時間の仕事で月収が30万に到達するとは、なかなか真似できるものではありません。おのののかさんの人気の高さは凄まじいものだったのでしょう。

おのののかの身長・体重やスリーサイズ!スタイル維持のダイエット方法は? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんは売り子として最高何杯のビールを売ったのか?

おのののかさんのビール売り子時代の月収が30万ほどだったことが分かりましたが、それほどまでに稼ぐには、一体何杯のビールを売らなくてはいけないのでしょうか。

おのののかさんが売ったビールは何杯?

一般的なビールの売り子は平均して1日100杯程度を販売するそうなのですが、おのののかさんは最高で何杯のビールを売ったかというと、平均を大きく上回る1日400杯を売っていたそうなのです。おのののかさんが売った1日400杯というのは、東京ドームでの1日のビール売上販売の最高記録となっています。この記録は未だに破られていないということで、おのののかさんの売り子としての能力の高さがうかがえます。

1年で10000杯以上を販売していた

1日で最高400杯のビールを売り上げたおのののかさんは、1年で10000杯以上のビールを販売しており、表彰状が贈られていたようです。ビールが1杯800円だとすると年間800万円ものビールをおのののかさん1人で売り上げたことになります。これだけ売上に貢献していれば、おのののかさんの当時の月収が30万円というのも納得できますね。

おのののかのビール売り子時代の画像を調査!売上げテクの極意とは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんが語る売り子に必要なもの

ビールの売り子は一見華のある仕事のようにも思えますが、実際やってみるととても大変な仕事なんだそうです。おのののかさん曰く、ビールの売り子に必要なのは体力だといいます。ビールサーバーは13~14キロほどもあり、それを背負ったまま階段状になった観客席を行ったり来たりするのは、かなりの重労働です。1日の3時間であっても、相当体力がないと続かないのではないでしょうか。

売り子が転倒してしまうことも

重いサーバーを背負っているため、売り子がお客さんの目の前で転倒してしまうということも少なくないんだそうです。夏はとても暑いといいますし、雨だと地面が濡れており、うっかり滑ってしまうことも。華やかさの裏で、売り子は大変な思いをしています。おのののかさんの場合は、小学3年生から高校生までバスケットボールを続けており、そのおかげで体力には自信があったようです。

おのののかの本名は宮田真理愛?身長・体重・年齢や出身高校・大学も調査 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんの売り子としての極意・常連さんに顔を覚えてもらう

19歳のころから3年間ビールの売り子をやっていたというおのののかさんですが、人気の売り子になるための極意があるんだそうです。おのののかさんが売り子をやっていた東京ドームでは、売り子の販売エリアが決まっていたとのこと。おのののかさんの販売していたエリアは、一塁側内野席オレンジシートのあたりだったそうです。

そのエリアには、年間契約で席をとっている熱心なジャイアンツファンの方が多いということで、おのののかさんは常連さんに顔と名前を覚えてもらう努力をしたといいます。おのののかさんは見た目に他の売り子と区別がつくように、帽子の横に目立つ髪飾りを付けたり、汗拭きタオルも球団カラーのものを使っていたようです。

おのののかのかわいい画像まとめ!セクシー&キュートな写真集 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おのののかさんの売り子としての極意・お客さんの顔を覚える

人気の売り子になるためには、お客さんに覚えてもらうだけでなく、自分もお客さんの顔や特徴を覚える努力をしなくてはいけないんだそう。おのののかさん自身もお客さんの顔や特徴を覚えて、積極的にアプローチしていたといいます。

話を盛り上げるために勉強!

野球ファンが集まる球場では、野球やジャイアンツのこと、またビールの知識もないとお客さんと話が盛り上がらないといいます。そのため、おのののかさんは知識を増やすために勉強もしていたんだそうです。その甲斐があって、お客さんとテンポよく言葉のキャッチボールができるようになり、「愛嬌があるね」とビールを買ってもらえるようになったんだそう。

おのののかさんの売り子としての極意・団体客の幹事を見つける

おのののかさんは常連のお客さんにアピールするだけでなく、団体客の幹事役の人を見極めることも大切にしていたといいます。

幹事にまとめ買いをしてもらう!

団体客の幹事に気に入ってもらえれば、あちこち歩きまわらなくても一度に何杯もビールを売ることができるんだそう。おのののかさんは単発のお客さんだけでなく、こうしたまとめ買いのチャンスも逃さなかったようです。1日に多くのビールを売るためには、こうした戦略的な思考も必要なのでしょう。

おのののかさんの売り子としての極意・コップや試合状況に気を配る

おのののかさんは、ビールが売れるタイミングもしっかり見極めていました。ビールが欲しいというお客さんを見るだけでなく、階段を降りる際に、ビールを飲んでいる他のお客さんのコップの中の量も確認していたんだそう。試合中はホームランが出たり攻守が変わる時によく売れるらしく、そのタイミングでビールが少なくなっていた方の多いエリアにいると声をかけてもらいやすいんだといいます。

おのののかさんは常連のお客さんの飲むペースまでも覚えるそうです。その方のビールが空きそうな頃にそばを通って追加の注文をもらえるようにするとのこと。また、1人のお客さんを対応している時も自然な形であたりを見回し、次のお客さんを探すんだといます。ひとつのことに集中するのではなく、同時に多くのことを考えるというのはなかなか難しいこと。おのののかさんがいかに効率的にビールを売っていたのかが分かりますね。

おのののかさんの売り子時代まとめ

今回は、タレントのおのののかさんがビールの売り子をしていた時代のことを紹介しました。人気のビールの売り子だったおのののかさんは、さまざまな方法でビールの売上を伸ばす努力をしていたのですね。おのののかさんが語るビールの売上を伸ばす極意は、現役で売り子をやっている方にも参考になるのではないでしょうか。おのののかさんの最高売上に挑戦してみたい方は、ぜひ試してみてください。


評価 4.5/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ