社会現象にもなった、伝説のアイドルグループと言われた「光GENJI」はローラースケートを履きながら歌って踊ってパフォーマンスをするという斬新なスタイルでデビューしてからすぐにトップアイドルの座を射止めました。しかしまだまだ人気が衰えていない時に解散しています。その解散理由には、当時様々な憶測を呼び噂になりましたが、その真相にはどのような理由があったのでしょうか。また当時の光GENJIのメンバーの解散後の活動や現在の活動も気になるところです。

光GENJIの解散理由は?衝撃の真相やメンバーの現在は?【画像】

目次

  1. 伝説のアイドルグループ光GENJIの衝撃の解散理由メンバーの現在
  2. 社会現象にもなった光GENJIのメンバー
  3. 光GENJI結成秘話
  4. 現在も語り草光GENJIのパフォーマンス
  5. 現在も光輝く光GENJIの記録
  6. 光GENJIはメンバーが変わってる?
  7. 歌番組にメンバー2人がいない!?
  8. 少しずつずれ始めた光GENJIのメンバー
  9. メンバー2人卒業!光GENJISUPER5に変更
  10. 諸星さんが光GENJIの解散を決めた瞬間
  11. 意外とあっさり決まっていた光GENJIの解散
  12. 諸星さんが語る光GENJIの解散の真相
  13. 光GENJI解散後のメンバーの現在は?
  14. 解散後ポツリと漏らした本音
  15. 共演NG?険悪と思われていた2人が同じ場に
  16. 解散した光GENJIは伝説級のスーパーアイドルだった

伝説のアイドルグループ光GENJIの衝撃の解散理由メンバーの現在

1980年代終盤から1990年代前半にかけて、社会現象を引き起こした伝説のスパーアイドルグループ「光GENJI」。ローラースケートを履いて踊るというアクロバティックなパフォーマンスで、瞬く間に人気がてました。その人気の加熱ぶりに経済紙にまで、取り上げられるという現象を引き起こし、当時のアイドル人気を光GENJIで独り占めしていました。

光GENJIの結成は、当時5人組の「GENJI」と2人ユニットの「光」の2つのジャニーズグループが合体して光GENJIになりました。個性溢れる面々の中でも特に「かーくん」の愛称の諸星和巳さんの人気は凄まじく、当時から現在まで様々なエピソードや逸話が残っています。

光GENJIの提供する楽曲はどれも爆発的ヒットを飛ばし、当時音楽番組の主流であったベストテン番組で光GENJIが1位から3位を独占するなど、現在では考えられない状況でした。

社会現象を引き起こしていた光GENJIの人気の勢いは衰えることをしらず、いつ終わるかわからないブームが続いていきます。しかしまだまだ人気絶頂の最中1995年9月のライブを最後に光GENJIは解散してしまいました。

まだまだ人気のあった光GENJIですが、なぜ解散しなければいけなかったのでしょうか。当時のファンは光GENJIの解散を知ったとき、悲鳴にも似た気持ちで解散を反対しています。この時、光GENJIに何があったのでしょうか。解散の理由の真相には何が隠されているのでしょうか。

そこで今回は、伝説のスーパーアイドルグループの光GENJIの解散の真相を追い、当時の状況やエピソードを振り返り光GENJIの解散の理由、そして現在のメンバーの状況を画像と共にまとめてみます。

社会現象にもなった光GENJIのメンバー

光GENJIとは

光GENJIの結成は内海光司さんと大沢樹生さんの「光」というユニットと、諸星和己さんと佐藤寛之さん、山本淳一さん、佐藤敦啓さん、田代秀高さん(後に赤坂晃さんと交代で脱退)の「GENJI」というグループが、合体し「光GENJI」になりました。デビュー当時の画像を見るとこの後、トップアイドルに駆け上がる予感を感じさせます。

内海光司さんプロフィール

本名 内海光司(うちうみこうじ)
生年月日 1968年1月11日
出生地 東京都
身長 178cm
血液型 A型
現所属事務所 ジャニーズ事務所

大沢樹生さんプロフィール

本名 大澤樹生(おおさわみきお)
生年月日 1969年4月20日
出生地 東京都
身長 176cm
血液型 A型
職業 歌手、俳優
現所属事務所 ミキオオフィス

諸星和己さんプロフィール

本名 諸星和己(もろほしかずみ)
愛称 かーくん
生年月日 1970年8月12日
出生地 静岡県富士市
身長 169cm
血液型 A型
職業 歌手、俳優、タレント
現所属事務所 スターズグルー

佐藤寛之さんプロフィール

本名 佐藤寛之(さとうひろゆき)
愛称 ヒロくん
生年月日 1970年11月2日
出身地 千葉県鎌ケ谷市
職業 ミュージシャン、俳優
現所属事務所 GENJI GURUMA

山本淳一さんプロフィール

本名 山本淳一(やまもとじゅんいち)
生年月日1 972年2月28日
出身地 東京都八王子市
身長 168cm
血液型 B型
職業 歌手、俳優、タレント
現所属事務所 WING RUN

佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)さんプロフィール

本名 佐藤敦啓(さとうあつひろ)
生年月日 1973年8月30日
出生地 京都府綴喜郡八幡町(現・八幡市)
身長 168cm
血液型 A型
職業 俳優、歌手
現所属事務所 ジャニーズ事務所

赤坂晃さんプロフィール

本名 赤坂晃(あかさかあきら)
生年月日 1973年5月8日
出身地 東京都
身長178cm
血液型 B型
職業 歌手、俳優
現所属事務所 GOLD STAR

光GENJI結成秘話

光GENJIは、元々2人組みユニットだった「光」と5人組グループだった「GENJI」の2つのグループが組み結成されました。それまでになかった「ローラースケート」を履いて踊るという斬新なパーフォーマンスで、光GENJIは瞬く間に人気が上昇していきます。

現在も語り草光GENJIのパフォーマンス

特徴的なローラースケートでのパフォーマンスの光GENJIですが、ただ歌いながらローラースケートを履いて踊るだけではなく、バック転などアクロバティックなパフォーマンスも取り入れてほぼ完璧にこなしていく様子は、ティーエージャーを中心に見る人の心を掴んで離しませんでした。画像を見てもその当時の熱狂ぶりが伝わってくるようです。

現在も光輝く光GENJIの記録

光GENJIの人気は社会現象とまで言われていましたが、その記録は数字にも表れています。楽曲の総売り上げ枚数は1218.4万枚。シングル29作品総売り上げ枚数は755.1万枚。アルバム23作品総売り上げ枚数は463.3万枚。TOP10層獲得数シングル28作連続・アルバム21作連続とこれだけ見てももの凄い記録です。現在も色あせない光GENJIの栄光は数字にも表れれているというところでしょう。

光GENJIはメンバーが変わってる?

光GENJIの結成当初のメンバーには赤坂晃さんは在籍していませんでした。田代秀高さんという方が光GENJIの結成当初のメンバーです。しかし田代秀高さんの年齢が他の光GENNJIのメンバーと年が離れすぎているという理由で赤坂晃さんに代わっているようです。最近では珍しくない、メンバー間の年齢の開きは当時にとっては良くないと判断されていたようです。

歌番組にメンバー2人がいない!?

デビュー当初に生放送で光GENJIが揃わなかった理由

デビューしてすぐに人気の出た光GENJIですが、歌番組やベストテン番組に出演した際に赤坂晃さんと佐藤敦啓さんが画面に映っていないという事がよくありました。これには労働基準法の問題で原則、夜8時以降に16歳以下のメンバーがテレビ局の自主規制によりテレビ出演するのを自粛しているためでした。

そのため生放送でも事前に曲の収録を済ましそれを流したり、当時光GENJIのバックで踊っていた、ジャニーズJr時代の木村拓哉さんや中居正広さんが代わりに光GENJIとして歌う事もありました。

光GENJIの社会現象は国会をも動かす!?

当時、異常な人気の光GENJIの労働基準法適用問題で、国会もファンの声を無視する事は出来ずに、特別委員会にてこの問題を取り上げました。これにより労働基準法の一部解釈を変えるなど、光GENJIが国会をも動かしています。これによって変わった法案は通称「光GENJI通達」と呼ばれ、光GENJIが単なるアイドル人気ではなく社会現象としてとらえられるきっかけにもなっています。

少しずつずれ始めた光GENJIのメンバー

1987年のデビュー以来人気の衰えない光GENJIでしたが、最初は同じ方向を見てファンの声援に答えてきた光GENJIのメンバーに少しずつ「ずれ」が生じてきます。楽屋での様子にもそれまでのような団結力が感じられず、どこかよそよそしい感じが多かったといいます。また光GENJIの中で特に個性の強い「諸星和巳」さんと「大沢樹生」さんの間には、確執めいた?ものが生まれ、現場の雰囲気が少しずつ曇っていった噂がではじめます。

メンバー2人卒業!光GENJISUPER5に変更

人気が衰えない光GENJIでしたが、やはり光GENJIのメンバーの「ずれ」はどうしようも無かったようです。1994年に「大沢樹生」さんと「佐藤寛之」さんの二人が脱退しました。脱退理由としては、特にメンバー間の不仲や確執については言及しませんでしたが、かえって憶測を呼び、特に前記の通り「諸星和巳」さんと「大沢樹生」さんの不仲が噂されました。そして、光GENJIは光GENJISUPER5にグループ名を変更して活動を始めました。

諸星さんが光GENJIの解散を決めた瞬間

光GENJIの中では特に個性が強かった諸星和巳さんですが、不穏のまま活動を続ける光GENJIに対して「限界」を感じ始めていました。諸星和巳さんが光GENJIの解散を決めた瞬間としてのエピソードにこんな話があります。

「大沢樹生はいつもは気合を入れるため、みんなで食事をする時で肉を食う時は、切ってある肉だったら3番目の一番分厚いところから食う奴だった。それがパッと見たらにんじんから食ってるわけよ。オレはこの時光GENJIは解散だと思った」と諸星和巳さんが語っています。光GENJIが解散後に語られたエピソードですが、解散するかなり前からファンと光GENJIの間には温度差があったのは確かなようです。

また、このエピソードが示す通り大沢樹生さんは脱退をし、光GENJIは5人になってしまい光GENJISUPER5としての再スタートを余儀なくされています。

意外とあっさり決まっていた光GENJIの解散

光GENJISUPER5になってからも、メンバーの光GENJIに対するギャップは日にちを追うごとに強くなっていったといいます。「これ以上は続けられない」そう感じた諸星和巳さんはメンバー全員を集め、ミーティングを始めました。ここで諸星和巳さんの口から「光GENJI解散」の言葉が出たそうです。光GENJIのメンバーの中で異論を唱える人はいませんでした。

ミーティングが行われるずっと前から光GENJIのメンバー全員が同じ気持ちだったようです。それほど光GENJIのメンバー全員が疲れ果て別々の道を歩みたいと思っていたのでした。そして解散が決まり事務所への報告を経て1995年9月に名古屋市総合体育館・レインボーホール(現・日本ガイシホール)のライブを最後に光GENJIが解散しました。

諸星さんが語る光GENJIの解散の真相

光GENJI解散後しばらくの間アメリカに留学していた諸星和巳さんは、ニューヨークに自宅は置きながら、様々なテレビ番組出演し、解散の真相について述べています。光GENJIの解散当初は様々な憶測を呼びましたが、週刊誌などに書かれた光GENJIの解散理由に関しても「ほとんどあってる」とし、諸星和巳さんの口から出た光GENJIの解散理由も「基本、みんな仲は悪かった」「スケジュールがきついのもあったけどみんな疲れていた」と赤裸々に話し周囲を驚かせています。

しかし光GENJIの噂で一番大きな噂だった、大沢樹生さんとの確執については、「全然、そんなこと無いよ。仲は良かったくらい」とそれを否定していて光GENJIのファンを安心させています。

光GENJI解散後のメンバーの現在は?

諸星和己さんの解散後から現在まで

諸星和己さんの光GENJI解散後から現在までは、解散後すぐにそれまで所属していたジャニーズ事務所を独立して個人事務所を立ち上げます。その後2001年に渡米しました。当時は芸能活動をこのまま引退しようとしていましたが、9月にアメリカ同時多発テロ事件が発生しそのレポートをする形で芸能界に残ることになりました。その後帰国する度に、バラエティ番組出演や映画の出演、ライブ活動を行い、現在も芸能界でで活躍しています。

番組に出演した際には光GENJIの解散についての理由や真相についても赤裸々に語り、また自身の光GENJI時代のエピソードを話して見る人を楽しませています

大沢樹生さんの解散後から現在まで

大沢樹生さんの光GENJIの解散後から現在までは、光GENJI脱退後にジャニーズ事務所を退社し個人事務所を立ち上げて俳優・タレントとして活躍しています。光GENJI時代からそのルックスと演技力に定評があった大沢樹生さんは、映画やドラマ、舞台にも多く出演し活躍しています。

1996年に女優の喜多嶋舞さんと結婚しますが、2005年に離婚しています。理由に関してはDNA鑑定の結果、子供との父子確立が0%だった事が判明し、それが離婚理由になっていますが詳しいい内情については子供の人権なども尊重され真相はわかっていません。

その後、2008年に元モデルの一般女性の方と結婚していますが、相手の方の画像などはあまり出回っていません。大沢樹生さんの現在は主に俳優として活躍しているようです。

内海光司さんの解散後から現在まで

内海光司さんの光GENJI解散後から現在までは、解散後もジャニーズ事務所に残り、主に俳優として活躍しているようです。最近では舞台を中心に活躍しています。

佐藤寛之さんの解散後から現在まで

佐藤寛之さんの光GENJI解散後から現在までは、光GENJI脱退後はジャニーズ事務所を退社しており個人事務所を立ち上げ、バンドやソロで音楽活動をしているようです。度々光GENJIのメンバーとは交流があるようで、SNSなどでは画像と共にその元気な姿をファンに見せています。

山本淳一さんの解散後から現在まで

山本淳一さんの光GENJI解散後から現在までは、そのままジャニーズ事務所に残りタレント活動を行っていましたが2002年2月にジャニーズ事務所を退社し、他の芸能事務所に移籍しています。しかし借金問題がスキャンダルとして取り上げられ所属事務所との契約を打ち切られてしまいますが、本人が言及していないため真相はわかっておらず、契約解除の理由もわかっていません。

しかし、その後ブログにて芸能活動再開を言及し現在はタレントとして活動しています。光GENJIのメンバーとは現在でも交流があり、その様子が画像付きでブログで紹介されています。

赤坂晃さんの解散後から現在まで

赤坂晃さんの光GENJI解散後から現在までは、そのままジャニーズ事務所に残り、役者としてドラマや舞台を中心に活躍していましたが、2007年路上にて覚せい剤を所持していたため、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されています。この時にジャニーズ事務所を解雇され、裁判は懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

その後は飲食店で働いていましたが、2009年12月に改めて覚醒剤取締法違反(覚醒剤所持・使用)で現行犯逮捕されてしまいました。執行猶予期間中の逮捕だったため裁判では、懲役1年6月の実刑判決を言い渡されました。2012年6月まで服役し、その後は飲食店経営などをしていましたが、2015年に舞台役者として芸能界復帰しています。

佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)さんの解散後から現在まで

佐藤アツヒロさんの光GENJI解散後から現在までは、現在もジャニーズ事務所に在籍していて舞台を中心に役者として活躍しています。2012年以降、改めてローラースケートの練習をしていて、オファーがあれば、バラエティ番組などでその姿を見せてくれています。

解散後ポツリと漏らした本音

諸星和巳さんが漏らした現在思う光GENJIへの本音の気持ち

光GENJI解散後テレビ出演した際は、光GENJIの解散理由や真相について、なんでも答えて来た諸星和巳さんですが、ある番組で光GENJIの解散の真相について話したあとポツリと光GENJIへの現在の本音を漏らしています。

「解散後アメリカに行った時、光GENJIの事を振り返った時に一人ってこんなに辛いんだって思った」「昔のメンバーだったらもう一度光GENJIをやってみたいな」当時の画像を見ながら懐かしそうに話している諸星和巳さんの顔は、寂しさの中にも光GENJIのメンバーに対しての感謝の気持ちが見て取れました。

共演NG?険悪と思われていた2人が同じ場に

仲が悪いとされていた大沢樹生さんと諸星和己さんが同じ場に

光GENJIの仲では犬猿の仲と噂され、その解散の真相は二人の不仲だったのではとまで言われた、大沢樹生さんと諸星和己さんが、なんと公の場に二人で立ちました。しかもその場は大沢樹生さんが監督・主演を務める映画の完成披露記者会見の場でした。20数年間、光GENJIでは確執があると噂された二人が共演する事自体、世間ではサプライズでした。

確執など様々な噂があった二人ですがその真相は、実は光GENJIでは一番中の良かった二人です。仲が悪いという噂を逆手にとり、記者会見でのやり取りの中でこのようなコメントをしました。

「光GENJIの中では一番大沢が嫌いでした。特に顔がタイプではない」と諸星和巳さんが言うと「こいつとは水と油みたいなもの。交わるわけが無い」と大沢樹生さんが返し、一瞬周囲を氷つかせましたが、それがジョークだとわかると終始、良いムードで会見は進んでいきました。画像に収まるのは20数年ぶりという二人に、ファンならずとも大喜びという会見になりました。

解散した光GENJIは伝説級のスーパーアイドルだった

光GENJIの解散理由やその真相、そして光GENJIのメンバーの現在をまとめて来ました。デビューしたばかりの少年が一瞬にししてスターダムにのし上がり、社会現象と呼ばれるほどの人気を得ていったのですから、当時は若い光GENJIのメンバーが疲れてしまったのはしょうがないことかもしれません。

また成長の途中でもそれぞれ進むべき道が別々の方向に向いてしまうのは、必然でもあったのでしょう。デビュー当時の画像と解散間際の画像を見てもその思いは、伝わってくるようです。解散に関して様々な憶測が流れたり、諸星和巳さんがその真相を話していてもそれは言葉の通りばかりではなく、自然とそういう形になっただけのような事かもしれません。

現在の光GENJIのメンバーの活動もそれぞれ頑張っているようです。メンバー間の仲もテレビでの共演や、SNSの画像やブログの画像などで確認する事ができます。

光GENJIを振り返ってみると、「伝説級のスーパーアイドルグループ」という言葉では足りないくらい凄いエピソードばかりでした。今後もメンバー一人ひとりが、それぞれの道で見る人を楽しませてくれることを期待したいですね。


評価 4.0/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ