懸垂器具おすすめランキング!自宅で使えるマシンの選び方!

逆三角形の肉体を作り上げるには懸垂が必要不可欠ですが自宅でトレーニングするには難易度が高く感じます。そこで自宅で使える筋トレ器具の登場です。ここでは懸垂器具おすすめランキングと自宅で使える懸垂器具の選び方を紹介していきます。

目次

  1. 懸垂器具の選び方
  2. 筋トレ上級者でも十分な満足感
  3. 2人同時にトレーニング可能
  4. ベンチプレスも可能な懸垂マシン
  5. しっかりした作りが魅力の懸垂マシン
  6. ななめ懸垂用ハンドル付き懸垂マシン
  7. シンプルに機能を絞った
  8. 安価で本体も軽い
  9. コスパ抜群の懸垂マシン
  10. 懸垂器具おすすめランキングのまとめ

懸垂器具の選び方

自宅用の懸垂器具は様々な種類の器具がありどれを選ぶと良いか迷ってしまいます。ですが懸垂器具はしっかりと選ばないと筋トレの効果から安全性など変わってきます。まずは自宅用懸垂器具の選び方を紹介します。

koushirou_egawaさんの投稿
13597816 1155869167813823 735825129 n

懸垂器具の選び方①

自宅用懸垂器具の選び方のポイント1つ目は耐荷重をしっかりと把握する事です。懸垂器具は全体重を器具にかけるので十分な耐荷重がある物を選びます。標準的な耐荷重は80から120㎏ほどです。筋力増大に伴う体重の増加も考えられるので耐荷重は余裕をもって選ぶようにしましょう。

topitomicorazonさんの投稿
12530851 558007661029577 1081508119 n

懸垂器具の選び方②

自宅用懸垂器具の選び方のポイント2つ目は安定性の高さを考えます。懸垂は身体を浮かせた状態になるので器具にグラつきがあると危険です。安価な器具にはグラつきがある物が多いです。安全性だけでなく筋トレの効果にも影響が出るので作りがしっかりとした懸垂器具を選んで下さい。

懸垂器具の選び方③

自宅用懸垂器具の選び方のポイント3つ目は設置場所との兼ね合いを考えます。懸垂器具を買っても意外に大きくて予定していた設置場所に置ききれない事もあります。設置予定場所の広さと器具のサイズをあらかじめ確認しておきます。

懸垂器具の選び方④

自宅用懸垂器具の選び方のポイント4つ目は組み立ての難しさがどれくらいか考えます。ほとんどの懸垂器具は組み立てが必要ですが多機能になればなるほど組み立てが難しくなります。しっかり組み立てないと器具本来の安全性を再現できなくなる可能性があります。また組み立て用具は自身で用意の必要な場合があります。

筋トレ上級者でも十分な満足感

懸垂器具おすすめランキング8位アイロテック マルチパワータワー

懸垂器具おすすめランキング8位はアイロテックのマルチパワータワーです。マルチパワータワーは1台で様々なトレーニングが出来る懸垂器具です。懸垂、腕立て伏せ、ディップス、レッグレイズにシートを倒せばベンチプレスも出来ます。器具重量は46㎏です。組み立てには工具と広いスペースが必要です。

kent.z.7207さんの投稿
15538932 265197623895059 8658758973312204800 n

懸垂器具として見るとかなり高価になりますがベンチプレス用器具と別で買う事を考えると本格的なトレーニングを考えている人にはコスパ面は良いでしょう。器具の設置場所はシートを倒す時の奥行きを考えて下さい。またバーベルセットは別売りになります。

2人同時にトレーニング可能

懸垂器具おすすめランキング7位スタイリッシュジャパン ぶら下がり健康器

懸垂器具おすすめランキング7位はスタイリッシュジャパンのぶら下がり健康器です。この器具は1人は懸垂、もう1人はディップスなどと2人同時にトレーニングができる懸垂器具です。耐荷重も120㎏なのでこの価格帯では頑丈な器具です。

フレームもしっかりしているので安定性が高い器具です。本体重量も22㎏と比較的軽く組み立ても簡単な部類に入るります。段ボールが汚いなどの梱包面でのマイナス点がありますが気にならない人にはおすすめの懸垂器具です。

ベンチプレスも可能な懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング6位マッスルプロジェクト マルチエクササイズジム

懸垂器具おすすめランキング6位はマッスルプロジェクトのマルチエクササイズジムです。この器具はマルチパワータワーと同じくベンチプレスも出来る懸垂器具です。マルチパワータワーよりも安価で本体重量も26㎏となっています。耐荷重は110㎏です。

kenjiromiyashiroさんの投稿
15099428 1211415918923720 2286264332075401216 n

ベンチプレス用の機能を省いたマルチエクササイズジムⅡもあります。本体重量も22㎏で値段も安い商品です。マルチエクササイズジムシリーズはプロレスラー推薦とうたっています。懸垂器具にベンチプレスまでは必要ない人にはマルチエクササイズジムⅡがおすすめです。

しっかりした作りが魅力の懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング5位トータルフィットネス 懸垂マシンIII

懸垂器具おすすめランキング5位はトータルフィットネスの懸垂マシンⅢです。ここで紹介している商品の中では高価な部類ですが土台やフレームなどの構造が強固で安定感を高めています。耐荷重は100kgですが体重100㎏近くある人が懸垂をしてもグラつきを感じないほどの安定性がある器具です。

ryj125さんの投稿
12552207 1778805769014603 617682331 n

2つの注意点があり1つ目は強固な作りなので本体重量が37㎏あり工具も14m/m及び17m/mスパナ又はレンチを各2本が必要と組み立て面では苦労する部類です。家具などの組み立てが得意で重くても安定性を重視する人におすすめです。2つ目の注意点は高さ調整が出来ない事です。高さが218㎝で固定されているので天井の事を考えて器具の設置場所を決めなくてはいけません。

kawasaki.eriさんの投稿
11379063 870074829713382 378483365 n

トータルフィットネスの懸垂器具には懸垂マシンⅡという廉価版器具があります。本体重量は20㎏と軽く高さが200から220㎝で5段階調整が出来ますが耐荷重が90㎏で背もたれやニーレイズバーなどの装備が省かれている器具です。

ななめ懸垂用ハンドル付き懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング4位YouTen マルチジム 懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング4位はYouTenのマルチジム懸垂マシンです。マルチジム懸垂マシンにはディップスバーの下に斜め懸垂用ハンドルが付いていて懸垂が数回程度しか出来ない人でも斜め懸垂から始める事が出来ます。

nzk0910さんの投稿
18723175 237707820046165 1813277742888648704 n

価格も安価ながら耐荷重は120㎏と頑丈な商品でここで紹介している懸垂器具で斜め懸垂用ハンドルが付いている懸垂器具はマルチジム懸垂マシンだけです。また組み立て工具も付属されているので場所の確保され出来れば商品注文をするだけの器具でおすすめです。

yuho_insta91さんの投稿
13584305 164347293980973 1392953345 n

マルチジム懸垂マシンにはニーレイズバーや斜め懸垂用ハンドルなどが省かれた廉価版の懸垂器具があり高さは207から227㎝で5段階調整が出来て耐荷重は100㎏となっています。

シンプルに機能を絞った

懸垂器具おすすめランキング3位リーディングエッジ ホームジムST

懸垂器具おすすめランキング3位はリーディングエッジのホームジムSTです。ホームジムSTは日本人の体形に合わせて上半身運動と必要な安定性に特化した商品です。本体重量は26.5㎏と比較的重い部類ですが耐荷重は120㎏となっています。

takaa_hiroさんの投稿
17495226 269204653538138 4413870815594938368 n

背もたれは傾斜シートになっていてレッグレイズでの腹筋の可動域を広げスムーズな運動をサポートしより高い負荷を与えてくれます。上半身強化のみを考えている人におすすめの懸垂器具です。

takepikamamaさんの投稿
15624442 360680590968016 5063262504881225728 n

ホームジムSTにはフロアマットセットの商品もあります。フロアマットだけ買っても数千円かかりますがホームジムSTのフロアマットセットは器具本体価格にプラス1,000円で買う事が出来ておすすめです。

安価で本体も軽い

懸垂器具おすすめランキング2位アルインコ 懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング2位はアルインコの懸垂マシンFA900Aです。懸垂マシンFA900Aは安価ながら安定感があり評判の器具です。すっきりとしたデザインに懸垂に特化した機能に本体重量は24㎏と軽い部類です。高さ調整も200から220㎝の5㎝刻みの5段階調整が出来ます。

gakujpさんの投稿
11881782 724015061067935 47542984 n

本体重量が軽いので普段は部屋の隅にしまって使う時に移動させる事も簡単です。家族で運動不足解消の為や細マッチョを目指す人におすすめです。組み立てに高さ調整が簡単なところが人気の理由です。価格と性能面でコスパはトップクラスですが注意点として耐荷重が90㎏と低いです。体重の多い人や筋肉増加を考えてトレーニングをしている人には向かない器具となっています。

ishiguro_6さんの投稿
15624196 1091365340974748 8320781116252356608 n

もう少し多種なトレーニングを考えている人にはマルチ懸垂マシンFA914があります。FA900Aにシットアップベンチとエクササイズロープを装備した商品でより上半身の筋力強化に取り組めます。アルインコの特徴なのか耐荷重は変わらず90㎏なので注意して下さい。

コスパ抜群の懸垂マシン

懸垂器具おすすめランキング1位ワサイ ぶら下がり健康器

懸垂器具おすすめランキング1位はワサイのぶら下がり健康器BS502です。ぶら下がり健康器BS502は高さ190から230㎝で7段階調整が可能となっている懸垂器具です。頑丈ながら本体重量は23㎏に耐荷重は120㎏とかなりの性能です。

yu_ki1718さんの投稿
12383201 1702963049915902 91527462 n

アルインコの懸垂マシンFA900Aとの価格差は1000円弱でありながら7段階の高さ調整、耐荷重量にニーレイズバーと肘置きマットの装備とぶら下がり健康器BS502が勝っている点が多かったのでここでの懸垂器具ランキングはワサイのぶら下がり健康器BS502が1位としました。

ワサイのぶら下がり健康器には耐荷重は100㎏ですが本体重量が19㎏というおどろきの軽さと10,000円を切る安さが特徴の廉価版の器具や本体重量が1㎏しか違わないながら耐荷重が150㎏とより頑丈になった器具があります。

懸垂器具おすすめランキングのまとめ

懸垂器具おすすめランキングを紹介しましたが各メーカーの器具は安全面には気を使って製品開発を行っています。ここでのランキングでは性能や価格からワサイのぶら下がり健康器BS502を1位にしていますがどの様な目的でトレーニングをするかなど考えて器具を選んでください。

nas.t1001さんの投稿
11420850 692338930870520 177582549 n

懸垂器具を自宅で使う時はフロアマットを敷かないと床に傷がついています。器具によってはマットとセットで販売している事もあります。必要ならば器具とのットでの購入をおすすめです。それでは懸垂器具選びの参考にしてみて下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ