福山雅治の虹はドラマの人気主題歌!歌詞と解釈・愛され続ける理由

俳優としてだけでなくミュージシャンとしても活躍されている福山雅治。そんな彼の一番の名曲と言っても過言ではないのが虹です。福山雅治の楽曲である虹といえばドラマの主題歌などとしても話題になりました。今回は福山雅治の虹が愛され続ける理由について調査してみます。

福山雅治の虹はドラマの人気主題歌!歌詞と解釈・愛され続ける理由

目次

  1. 名曲虹がすごい!福山雅治プロフィール
  2. 虹を生み出したシンガーソングライター福山雅治とは
  3. 福山雅治の名曲虹をご紹介
  4. 福山雅治の名曲虹はドラマの主題歌だった!?
  5. 福山雅治の名曲虹の歌詞について
  6. 福山雅治の虹が収録されているシングルは名曲ぞろい?
  7. 福山雅治の虹が愛され続ける理由とは
  8. 福山雅治の楽曲虹の歌詞には様々な解釈がある?
  9. 福山雅治の虹以外の楽曲もご紹介
  10. 福山雅治の虹についてのまとめ

名曲虹がすごい!福山雅治プロフィール

これまで素晴らしい楽曲を数多く産み出してきていることでも知られている俳優でシンガーソングライターの福山雅治。今回はその福山雅治の名曲たちのなかでも特に素晴らしいと話題になっている虹について取り上げてみたいと思います。虹についてご紹介するまえに、まずは福山雅治自身のプロフィールから確認していきましょう。

名前 福山雅治 ふくやままさはる
年齢 48歳
職業 俳優、シンガーソングライター
出身 長崎県

超人気テレビドラマの主題歌にも採用された楽曲虹を作製した人といえば、もちろんこの方福山雅治。彼はシンガーソングライターとして活躍されており、これまで出した楽曲の数は数十にも及ぶと言われています。しかも、それらのほとんどが人気の楽曲となり老若男女問わずカラオケなどで歌われているそうです。

福山雅治の名曲中の名曲とも言われている虹の歌詞の解釈についていろいろな議論が巻き起こっているとも言われています。そんな、ことまで話題になる福山雅治はシンガーソングライターとしてだけでなく俳優としても活躍されています。俳優としての高い感受性があるからこそ、シンガーソングライターとしても素晴らしい歌詞が生み出せるのかもしれませんね。

シンガーソングライターとして素晴らしい歌詞の楽曲を次々に産み出していると言われている福山雅治。そんな、福山雅治は長崎県の出身なんだそうです。福山雅治の楽曲の歌詞はとても美しく心を動かされるものがあると言われていますが、そういった歌詞作製能力は長崎で培ったのでしょうか?

福山雅治の虹の歌詞の解釈を巡ってはいろいろな論争があるそうです。ところで、福山雅治といえば芸能事務所アミューズに所属されています。アミューズは芸能界の中でも最大手と言ってもいいくらいの事務所として知られています。福山雅治のシンガーソングライターとしての活動を裏から支えているのはまさにアミューズなのではないでしょうか。

テレビドラマの主題歌になった楽曲がたくさんあるとされている俳優でシンガーソングライターの福山雅治は女優の吹石一恵と結婚をされたそうです。今までの楽曲は独身時代に作ってきたものですが、結婚をされてから歌詞作製に何かしらの影響はあったのでしょうか?今後の福山雅治の楽曲が楽しみですね。

福山雅治に子供誕生!性別や名前は?吹石一恵の出産後の画像はある? | MensModern[メンズモダン]

虹を生み出したシンガーソングライター福山雅治とは

歌詞の解釈を巡って様々な憶測を読んでいるという福山雅治の伝説の楽曲虹。そんな、虹を生み出したシンガーソングライター福山雅治については、もう少し深く掘り下げてみなければならないでしょう。国民的に愛される楽曲虹を生み出した福山雅治とはどのようにして誕生したのでしょうか?

天才的な歌詞作製能力があるとも噂されている俳優でシンガーソングライターの福山雅治は長崎県に生まれ、芸能界に入ってきたのは18歳のころだと言われています。芸能界でのスタートはシンガーソングライターではなく俳優としてのスタートだったそうです。

俳優としての活動をスタートさせた福山雅治ですが、俳優デビューから2年後にはシンガーソングライターとしてもデビューをかざります。1992年ごろにはドラマの挿入歌に起用されるなど、トントン拍子にシンガーソングライターとしても成功をつかみとります。俳優、シンガーソングライターともに高いレベルで成功したのは日本の芸能界でも福山雅治ぐらいではないでしょうか。

福山雅治の最愛の歌詞に込められた意味や想いについて考えてみた | MensModern[メンズモダン]

福山雅治の名曲虹をご紹介

テレビドラマの主題歌にも起用されたという福山雅治の名曲虹をご紹介していきたいと思います。虹については多くの人が知っているかと思いますが、改めて福山雅治の虹の偉大さについて振り返ってみましょう。

テレビドラマや映画,さらにはCMなどでも活躍されている福山雅治が虹という奇跡の名曲をうみだしたのは2003年のことだったそうです。この虹は人気テレビドラマの主題歌に起用され、空前の大ヒットとなったと言われています。当時はこの虹が有線でかかりまくっていたのを覚えています。

虹の歌詞の解釈を巡ってさまざまな噂が乱れ飛んでいるとも言われているそうです。論争を引き起こすほどの名曲を作った福山雅治ですが、この虹という楽曲で第十八回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤーを獲得されたんだそうです。ゴールドディスクといえば日本の音楽界のなかでもトップクラスの栄誉とされています。それだけ虹がすごかったということでしょう。

福山雅治の名曲虹はドラマの主題歌だった!?

2003年ごろにすさまじい人気となった楽曲虹を作製したシンガーソングライターの福山雅治はまさに日本を代表するシンガーソングライターと言っても過言ではないかもしれません。ところで、その福山雅治の楽曲虹は超人気テレビドラマの主題歌だったそうです。皆さんは何のテレビドラマの主題歌だったのか覚えていらっしゃいますでしょうか?

福山雅治の楽曲のなかでもトップクラスの人気を誇っているとも言われている人気曲虹は人気ドラマウォーターボーイズ2の主題歌として起用されました。ウォーターボーイズと言えば、高校生男子たちのシンクロナイズドスイミングにかける青春を描いた作品です。その熱き青春をもりあげるような楽曲として福山雅治の虹は最高にマッチングしていたと言えるでしょう。

福山雅治の名曲虹の歌詞について

シンガーソングライター福山雅治の名曲中の名曲と言われている虹はとにかく歌詞が素晴らしいということでも有名なんだそうです。福山雅治の名曲虹の歌詞についてご紹介していきたいと思います。

テレビドラマや映画,さらにはCMなどでも活躍されている福山雅治の渾身の一曲とも言われている虹の歌詞は、とにかく前へ前へというイメージの強いものだと言われています。一説によると、福山雅治はこの虹という楽曲のテーマとして「超える」という事を掲げていたとも噂されています。

超えるということを歌詞のテーマとして据えていたということは、このとき福山雅治が何かしら超えたいと思っていることがあったのでしょうか?それともウォーターボーイズの青春をシンクロナイズドスイミングにかける熱い少年たちの心を表したものだったのでしょうか?歌詞の真相については福山雅治にしかわかりません。

福山雅治の虹が収録されているシングルは名曲ぞろい?

シンガーソングライター福山雅治の名曲と言われている虹の歌詞についてはいろいろな解釈があるらしいとも言われているそうです。その解釈については後ほど詳しくご紹介したいと思います。ところで、福山雅治の虹が入っていたシングルは虹だけでなく名曲がつまっていたとも言われています。虹の入っていたシングルにはどのような曲が収録されていたのでしょうか。

福山雅治の渾身の一曲とも言われている虹は福山雅治の18枚目のシングルとして発売されました。そのシングルのなかには虹以外にも「それがすべてさ」という楽曲と「ひまわり」という楽曲が含まれていたそうです。

福山雅治のシングル虹に含まれていた楽曲である「それがすべてさ」はポカリスエットのCMソングに起用されていました。そして、もうひとつの楽曲「ひまわり」は日本郵政公社の簡易保険のCMソングに起用されていました。人気ドラマの主題歌になった虹だけでなく、サブの曲も超名曲揃いだったようですね。

福山雅治の虹が愛され続ける理由とは

福山雅治の虹が今でもなお多くの人に愛されている理由とは何なのでしょうか?福山雅治の虹が愛される理由について調査してみました。

福山雅治の虹が愛される一つの理由に、曲の覚えやすさ、歌いやすさがあるのではないかと言われています。虹のさび部分はとくに歌いやすく、ついつい口ずさんでしまう人が多いのだとか。やはり、人々に歌われるというのが愛され続ける秘訣なのではないでしょうか。

福山雅治の楽曲虹の歌詞には様々な解釈がある?

福山雅治の大人気の楽曲虹の歌詞には様々な解釈があると噂されているようですが、一体どのような解釈があるのでしょうか?

福山雅治の楽曲虹の歌詞には大きく分けて2つの解釈があるとされています。ひとつはこの楽曲は福山雅治自身のことを書いた歌詞であるという解釈。そしてもうひとつはドラマの設定に合わせて書いたという解釈。

これらの解釈は正直どっちでも当てはまっていると言えるかもしれません。福山雅治の思いと、ドラマの内容が合致したことによって奇跡の名曲が生まれたのではないでしょうか?

福山雅治の虹以外の楽曲もご紹介

ここまでは福山雅治の虹についていろいろとご紹介してきましたが、せっかくの機械なので福山雅治の別の名曲もご紹介しておきましょう。

こちらの楽曲は福山雅治の10枚目のシングルに収録されていたHELLOです。ミリオンセラーを記録するなど、まさに福山雅治の名曲と言えるのではないでしょうか。

こちらの楽曲は福山雅治の最新の1461日という名前の曲になります。こちらの楽曲はリオデジャネイロオリンピックのテーマソングに起用されました。

福山雅治の画像・壁紙まとめ!昔から現在までかっこいい姿を厳選 | MensModern[メンズモダン]

福山雅治の虹についてのまとめ

福山雅治の虹についてのまとめいかがだったでしょうか?歌詞の解釈についてはいろいろあるようですが、それは、聞いた人がそれぞれ違った解釈を持っていても良いのではないでしょうか?これからも福山雅治には虹のような名曲を作っていって貰いたいものですね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ