洗顔料の上手な泡立て方は?簡単な方法・コツや効果について解説

以外と誤っている洗顔の仕方ですが、男性の中には洗顔なんて関係ないと思っていらっしゃる方もおりますが、やはり洗顔はきちんと泡立てて行わないと肌の汚れの原因です。今回は洗顔料を上手に泡立てる方法を特集でお届けいたします。正しい洗顔の仕方で健康肌を手にしましょう。

目次

  1. 洗顔フォームは泡立てないといけない?
  2. 洗顔フォームは手で泡立てるのがベスト?
  3. 上手に洗顔料を泡立てる方法とは?
  4. 正しい泡立て洗顔の方法「まず手を洗う」
  5. 正しい泡立て洗顔の方法「洗顔料を手にとる」
  6. 正しい泡立て洗顔の方法「水を加えて泡立てる」
  7. 正しい泡立て洗顔の方法「洗顔の手順」
  8. 泡立て洗顔の方法!「ぬるま湯でしっかりすすぐ」
  9. 泡立て洗顔の方法!「水分を拭き取る!」
  10. 泡立て楽々アイテム「泡立てネット」
  11. 洗顔料の上手な泡立て方まとめ!

洗顔フォームは泡立てないといけない?

男性のみなさんは洗顔フォームを泡立てておりますか?洗顔するときは、洗顔フォームを泡立てないといけないということを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?実は、洗顔フォームは泡立てないで、洗っても汚れが落ちにくいばかりか、肌を傷つけてしまうおそれもあるのです。

今回は、洗顔フォームをよく泡立てて使うことで、より健康的な肌にして、きれいな男肌を実現するための方法をご紹介します。また、洗顔フォームをうまく泡立てる方法や、便利グッズも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

朝や夜に時間がなくて、洗顔をうまくできない方もいらっしゃるとは思いますが、今回の記事を参考に正しい洗顔方法をマスターしてみましょう。肌の健康を保って、すこやか肌で女子に少しでも良い印象をもってもらいましょう。

洗顔フォームは手で泡立てるのがベスト?

洗顔フォームを泡立てるには、手で泡立てるのが良いと言われております。その理由としては、キメの細かい泡を作ることができるからです。そもそも泡立てることがいかに重要かと言うと、例えば洗顔料を泡立てないでそのまま水やお湯にとかして洗ってしまうと、手の肌で、お顔の繊細な肌をゴシゴシと傷つけているようなものです。

泡立てることによって、泡のクッションができておりますので、繊細な顔の肌を傷つけることなく、泡の力で毛穴の汚れを洗浄してくれるのです。手で泡立てるのが、苦手な人は、泡立てネットを使用している方も多いかと思いますが、泡立てネットだと、泡がよく立つのですが、手で泡を立てるときに比べて、キメが荒い泡ができてしまうのです。

もちろんこの状態でも、泡を立てないよりは、良いですが、できれば手で泡立てる方が、ベストと言えるでしょう。今回は手でうまく泡を立てる方法もご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

上手に洗顔料を泡立てる方法とは?

ではここからは、洗顔料を上手に泡立てる方法とコツをご紹介していきます。男性のみなさんで洗顔フォームの泡立て方がわからないという方は、ぜひここからの内容を参考に、上手に泡立てるコツを掴んでいただければ幸いです。それでは、早速洗顔フォームを上手に泡立てる方法やコツを見ていきましょう。

洗顔の正しい方法は?ニキビや肌荒れ対策・NGなやり方についても解説 | MensModern[メンズモダン]

正しい泡立て洗顔の方法「まず手を洗う」

ではここから、正しい泡立て洗顔の方法をご紹介していきます。まず上手に泡立て洗顔をする際に大切なことは「事前にきれいに手を洗う」ということです。やはり、洗顔をする時に万が一、手が汚れていると、その汚れがついた状態で、顔を洗うことになり、そのまま洗ってしまうと、繊細な顔の肌を傷つけてしまう原因になるでしょう。

そして、手で汚れた状態で肌を洗ってしまうと、やはり気持ち的にもあまりよくないですから、事前準備としてよく手を洗っておきましょうね。きちんとハンドソープを使用すると良いでしょう。

メンズ洗顔おすすめ人気ランキング!正しい洗顔の仕方も紹介。 | MensModern[メンズモダン]

正しい泡立て洗顔の方法「洗顔料を手にとる」

ではここから、正しい洗顔フォームの泡立て方や、上手な洗顔の方法をご紹介していきます。まず、洗顔料を手にとるときは、利き手とは逆の手の平に、洗顔料を出します。フォームタイプの洗顔料であれば2〜3cmの長さ、パウダー状のものは、1円玉くらいの大きさを目安にすると良いでしょう。

固形石鹸で洗う場合は、両手と石鹸をよく濡らしてから、手の中で何回も転がして、手のひらにたっぷりと石鹸の成分がついた状態で、泡立てるようにしましょう。

洗顔フォームを泡立てる時には、量をけちることなく、多めの量を手にとり、泡立てることがもっも上手に泡立てられる方法になります。まず、洗顔料を多めにとるということが上手な洗顔につながるということを覚えておいて下さい。

正しい泡立て洗顔の方法「水を加えて泡立てる」

では次に正しく洗顔フォームを泡立てる方法で「水を加えて泡立てる」ときのコツをご紹介します!水を加えて泡立てる方法にもコツがありますので、見ていきましょう。まず、洗顔料を出した手をくぼませて、水かぬるま湯を2〜3滴加えて、反対の指で混ぜて泡立てるようにします。この時のコツが指を立てて、空気を含ませて混ぜるようにするとよく泡立ちます。

指を立てて、空気を含ませると、ミキサーのような感覚で泡立てることができます。洗顔料が泡立ちましたら、また水を加えて、さらに泡立てる作業を繰り返します。こうして、何度か泡立てることで、きめのこまかい泡が立つようになります。

きめの細かい泡ができたかどうかを確認するには、泡のたっている手のひらを下向きに返しても、落ちないくらいの濃密な泡がベストになります。まずはこのようなキメの細かい泡を立てられるようなコツを覚えておきましょう。

正しい泡立て洗顔の方法「洗顔の手順」

前章まででキメ細かい泡が立てられたはずです。ではここからは、正しい泡立て洗顔の方法の「洗顔の手順」に入ります。まず、キメ細かい泡を、額、両頬、あご、鼻におくようにします。そして、もこもこ泡をクッションにして、直接肌に触れないように、やさしく転がすようなイメージで洗顔をしていきます。濃密な泡であればこすらなくても、毛穴の汚れを落としてくれるのです。

もし、ここで手で肌を直接ゴシゴシとこすってしまうと、どうしても肌を傷つけてしまいます。つまり、手で直接顔に触れずに、濃密泡で顔をやさしく洗うことで、肌を傷つけず、毛穴の汚れをとるという効果があるのです。まずは、このような手順で洗顔をするということを意識して下さい。

泡立て洗顔の方法!「ぬるま湯でしっかりすすぐ」

優しく顔を濃密泡で洗顔したら、いよいよ「すすぎ」に入るわけですが、このときは、熱いお湯ですと、繊細な顔のお肌には刺激となってしまい必要な皮脂まで落としてしまいます。ですので、必ずすすぎの段階では、ぬるま湯で行いましょう。できれば、33度〜35度くらいがぬるま湯として良いでしょう。

洗顔に適したぬるま湯とは顔の皮脂を落としすぎない、感覚としてややぬるいなと感じる温度が洗顔には適しております。洗顔料は、しっかりと落ちるまで最低でも20回〜30回はすすいでください。洗顔料のすすぎ残しがあると、肌の汚れにつながります。洗顔料が残りやすい生え際や、鼻の周りは特に丁寧に洗うようにしましょう。

泡立て洗顔の方法!「水分を拭き取る!」

続いての泡立て洗顔の正しい方法ですが、「水分を拭き取る」です。ここまでせっかく、洗顔を正しくできても、最後にタオルで水分を拭き取ることができていなければ、せっかくの泡立て洗顔も効果がないですから、しっかりと最後まで効果のある泡立て洗顔の方法を覚えていきましょう。

水分を拭き取るタオルの素材は、できるだけふわふわと、肌ざわりの良いタオルでポンポンとやさしく顔に当てるようにして、水分を拭き取ると肌を傷つけない効果があるので、最適でしょう。

もし、素材がざらざらしているような、素材が荒いタオルを使用してしまうと、顔の肌の表面の皮膚を傷つけてしまい、ここまでせっかく完璧に泡立て洗顔をした効果がなくなってしまいますから、気をつけて下さい。なるべく、ふわふわとした素材のタオルを使用することが効果を発揮するカギになります。

泡立て楽々アイテム「泡立てネット」

短時間で泡立てが完了する泡立てネットは非常に重宝します。もちろん、網目のこまかい商品の方が、きめこまかく濃密な泡を作ることができるので、購入の際は素材が肌を傷つけないような、肌ざわりの良いものと、網目のこまかいものを購入するようにしましょう。せっかく、泡立てネットを購入しても、逆に肌を傷つけてしまっては効果がありません。

そして、泡立てネットの使用上の注意点ですが、しっかりとふわふわした泡を作るためには、泡立てネットの水気をよくとっておきましょう。水分が多いと、どうしてもきめのこまかい泡が作れなくなってしまいます。特に、泡立てネットを使用した後に、バスルームに置きっぱなしにするのは、よくありません。

風通しの良いところに吊るしておいたり、日当たりの良いところに置くなどし、水分をよくきっておいて、雑菌を繁殖させないようにしましょう。雑菌がついている泡立てネットで顔を洗うのは、衛生上よくはありません。この点を気をつけて、どうしても手で泡を作るのが、面倒な方は、泡立てネットも使用してみて下さいね。

洗顔料の上手な泡立て方まとめ!

洗顔料の上手な泡立て方をまとめました。ここまでいかがでしたか?今回ご紹介したのは、洗顔料の正しい泡立て方や正しい洗顔の方法の基本をお届け致しました。基本と言っても、多くの方は朝に時間がない、面倒くさいという理由でなかなか実行できないものです。しかし、この基本が守られていないと、なかなか健康的なきれいなお肌にならないのも事実です。

頑固な毛穴の汚れはふわふわの泡で落としてあげるのが一番ですから、まずはこの方法で洗顔をしてみて下さい。肌を傷つけないように、ふわふわの泡で洗うのがポイントになります。このふわふわの泡をまず作るとこから初めてみましょう。今回は、洗顔料のふわふわ泡の作り方や、正しい洗顔の方法を特集しました。ぜひ参考にして下さい。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ