日本人は、働きすぎているという印象が海外からも多いようです。日本人が働きすぎてしまうのは、働き方や有給休暇の取り方なども関係していると言われています。海外の反応や働き方の違いなども合わせて、働きすぎる日本人の仕事ぶりなどをみていきましょう。

日本人は働きすぎというのは本当?海外の反応や働き方の違いなど調査

目次

  1. 過労が問題となっている日本人は働きすぎ?
  2. 意外!働きすぎの日本人には祝日が比較的多い?
  3. 日本人は働きすぎという海外の祝日は?
  4. 働きすぎの日本人の有給休暇への思い
  5. 一斉休業取りやめで働きすぎな日本人の仕事も効率UP?
  6. 日本人の労働時間から見る働きすぎという反応
  7. 働きすぎの日本人に対して海外の働き方は?
  8. 日本人が働きすぎなのは職場の人間関係も理由?
  9. 働きすぎの日本人!定時で退勤は悪いことじゃない?
  10. 海外のビジネスマンが驚く病気休暇のない働きすぎる日本人
  11. 日本人は働きすぎ?男性も育児休暇は海外で当たり前
  12. お金の奴隷という働きすぎな日本人への海外の反応
  13. 日本人との違い!特に海外でヨーロッパは休暇を楽しむ!
  14. 家族との団らんを犠牲にする日本人の働きすぎる人生
  15. 海外の働き方から学び日本人の働きすぎな部分を改善

過労が問題となっている日本人は働きすぎ?

過労が問題となっている日本人は、海外からみた反応だと働きすぎという印象を持つ国が多いようです。毎日遅くまで残業が当たり前の日本人の働き方は、海外の働き方と比べると体にも良くない印象が強いと言われています。

海外のビジネスマン達の働き方と比べて、日本人の働き方は、残業が多いのと有給休暇が取りづらいというのもあるせいか、何のために生きているのか分からなくなってしまうこともあるといいます。

でも、本当に日本人は働きすぎなのか、海外との違いなど働き方や労働時間と比較してみると、意外な部分も出てくるといいます。日本人は、働きすぎると言われていますが、勤務日数ではなく、勤務時間に大きな問題があるようです。

日本人に残業が多い理由は?

日本人が働きすぎてしまう原因のひとつである、残業は、性格にもよっては用事があるから残業が難しいとハッキリ伝えて定時で退勤する人も中にはいます。

でも、ほとんどの会社は、そう簡単にはいかないのが現実のようです。特に家庭持ちの男性は、家庭を支えるために働かなければいけませんし、住宅ローンや車のローンなど、色々頭の中が費用のことでいっぱいになってしまうといいます。

そんな状態が続いてしまうと、やはり残業せざるを得なくなってしまうわけです。会社員で働いてから、夕方以降は、違う仕事を掛け持ちでしている人も少なくないです。こういった光景からも、日本人は働くために生きているような印象も強く、働きすぎてしまい体調よりもお金が優先となってしまっていることが多いと言われています。

意外!働きすぎの日本人には祝日が比較的多い?

意外かもしれませんが、世界の祝日の数を比べると、日本は1年間に15日間の祝日があると言われており、振替休日を含むと更に増えるといいます。こんなに祝日があるにも関わらず、どうして海外の反応は、日本人は働きすぎとなってしまうのかも気になるところです。

世界の祝日の数を比べてみて、日本人はこんなに1年間に祝日を楽しんでいるのかと思わせるほど、祝日は多いほうです。でも、日本ではどれだけの人が、その祝日を心から堪能出来ているでしょうか。これも疑問という海外の反応も多いようです。

祝日も全ての祝日が休暇となるわけではなく、残業で殆ど祝日が潰れてしまうなんてことも多いのが、日本人が働きすぎてしまう理由ともなっているようです。実際に、海外の反応も日本人は祝日が多くてうらやましいという反応がある国もあるといいます。

コミュニケーションが苦手な人へ!仕事関係を円滑に!克服術まとめ | MensModern[メンズモダン]

日本人は働きすぎという海外の祝日は?

日本人は、祝日が多い国であるにも関わらず、働きすぎという印象が強くなっていますが、海外の祝日は如何なのでしょうか。海外の働き方を見ると、日本人と違い、とても伸び伸びとしている印象も強いです。有給休暇なのか、祝日が多いだけなのか、海外の休暇の違いや事情も気になるところです。

海外で祝日が多い国は、コロンビアとインドと言われています。ブラジルの祝日も多いようです。ゆとりある働き方をする印象があるヨーロッパなどは、年間の祝日は割と少ないといいます。こう考えると、ヨーロッパの休暇は、有給休暇がメインであることもわかります。

アメリカ合衆国は、祝日は1年に10日となっているようですが、どこの会社も義務付けられて仕事を休業しなければいけないというわけではないようです。日本ほどではないようですが、アメリカ人も一部では、比較的働きすぎの傾向があるとも言われています。

働きすぎの日本人の有給休暇への思い

働きすぎの日本人の有給休暇への思いは、様々と言われています。同僚が頑張って仕事しているのに、個人の理由で有給休暇を取るのは罪悪感を抱いてしまう方が結構多いようです。日本人の美徳とも言われている、勤勉なところではありますが、働きすぎとなると健康への悪影響もあるため、痛々しい印象もあります。

こういった有給休暇に対しての日本人の考えに対して、海外からの反応は驚きを持つ方も少なくないと言われています。海外では、有給休暇を取らないと逆に怒られる国も多いようですが、日本人が働きすぎてしまうのも、上司から「こんな忙しい時に、有給休暇を取っているつもりか」と言われるのが関の山という印象が多いようです。

会社に寄って異なりますが、休日は従業員一斉に取るのが普通というスタンスの会社もあるため、こういった会社での有給休暇と取るのは、余程のことが無い限り難しいと言われています。こういった罪悪感を抱くことが多いため、日本人の有給休暇の取得レベルに関しては、日本は最低レベルとなっているようです。

一斉休業取りやめで働きすぎな日本人の仕事も効率UP?

一斉休業取りやめを開始した会社も、日本で増えていると言われています。ゴールデンウィークやお盆などは、1週間ほど休業となってしまう会社が殆どです。その間に、どれだけの仕事が出来るか考えると、つい仕事したくなってしまう日本人のクセのようなものもあるようです。

こういった長期の一斉休業を取りやめて、従業員それぞれの希望に合わせて有給休暇が取れるようにする制度を開始している会社も増えているようです。こうする事に寄り、働きすぎてしまう日本人の働き方にもケジメがつきやすくなり、仕事の効率UPに繋がっていると言われています。

もちろん、有給休暇が重なってしまっては、会社の従業員の数も偏ってしまうため、希望を出し合って話し合った上で、皆で順番に有給休暇を取っているようです。こうする事で、罪悪感を抱くことなく堂々と有給休暇を取れるという方も増えているといいます。

海外と働きすぎな日本人の有給休暇への反応の違いは?

海外と働きすぎな日本人の有給休暇への反応の違いには、大きな差があるようです。日本人は、有給休暇をあまり取らない印象が強いですが、それでも、有給休暇を少しでも取れることに感謝している人達も多いと言われています。

海外でも、フランスは有給休暇を最も取る国として知られているようですが、それでもフランスの人達は、有給休暇の日数はまだ物足りないという反応が多いようです。

テストステロンの効果とは?性欲や仕事のやる気向上、アンチエイジングも。 | MensModern[メンズモダン]

日本人の労働時間から見る働きすぎという反応

日本人は、年間の祝日が多いにも関わらず、どうして働きすぎてしまうのか、そこには労働時間が大きく関係しているようです。1日の勤務時間が、海外と比べて、日本人の勤務時間は大幅に多いといいます。

日本人の労働時間は、海外でも有給休暇や働き方にこだわりがあるフランス人、ドイツ人に比べてかなり多いと言われています。日本人の1年間に働く勤務時間は、1,700時間を超えると言われています。それに対して、ヨーロッパは、年間で1,500時間以内の勤務時間が出ていると言われています。

こういった日本人の勤務時間の長さからして、海外の反応は、日本人は働くために生きているという印象が強いといいます。毎日ツライ思いをして働かなければいけないと思ってしまう事態、海外の反応を見ると、仕事が義務のような感じになってしまい、楽しく効率良く出来る状態ではない印象を与えてしまってりうようです。

働きすぎの日本人に対して海外の働き方は?

日本人は、家族との団らんよりも仕事が第一というライフスタイルが多いです。それに対し、海外の働き方は、定時で退勤して、夕方以降は自分のために時間を費やしたり、家族との団らんを大切にしたりすると言われていますい。

この様に、ケジメある働き方をすることで仕事もダラダラするのではなく、早く済まして退勤して、夕方以降は、仕事のことは考えずに楽しむといった働き方をする国が多いようです。

また、日本人では考えられないことが多いですが、海外の会社に多いのは、病気で仕事を休んだからといって、それが有給として計算されるのではなく、医者の証明書があれば、ドイツでは2日間は最低でも休める制度があるようです。

日本人が働きすぎなのは職場の人間関係も理由?

日本人が働きすぎてしまうのには、職場での人間関係も理由のひとつとなっているようです。特に、上司が帰宅する前に会社を退勤するのは失礼にあたるという考えが、どうしても日本人にはあるようです。

上司が夜中まで仕事している場合には、上司が帰宅するまで帰れない、帰りづらいという気持ちになってしまうといいます。こういった事が、仕事の効率を下げる働き方となっているという海外からみた反応もあるようです。

働きすぎの日本人!定時で退勤は悪いことじゃない?

日本人に多いのが、休まず働くことが勤勉といった良い印象を与える考えが定着してしまっています。これが、日本人が働きすぎてしまう理由のひとつでもあるようです。

そして、サラリーマンは、定時で退勤出来る日は殆ど無いという人が多いのも、働きすぎてしまう日本人の特徴とも言えるでしょう。海外からの反応も、まるで奴隷のようだという表現をする方もいらっしゃるようです。

海外のビジネスマンが驚く病気休暇のない働きすぎる日本人

海外のビジネスマンが驚くのが、働きすぎる日本人の病気休暇についてです。日本人は、病気になっても無理して会社に行く方が殆どです。日本人が病気で会社を休むと、殆どの会社はその休暇を有給休暇に回してしまう為、有給休暇が減ってしまって意味がなくなってしまいます。

この様に、高熱やインフルエンザになっているのに会社に行ってしまうようなことがあったら、海外の会社から見ると周りの従業員に移ってしまうことから迷惑になり、逆に怒られます。

海外の会社には、先ほども少しお話しした病気休暇制度のようなものもあるため、日本人のように休んでしまうと給料に影響してしまうという心配がないのも、日本人の病気休暇に対する考えとの違いの理由となるでしょう。

日本人は働きすぎ?男性も育児休暇は海外で当たり前

日本人の育児休暇は、基本女性をメインに与えられていますが、海外では、男性も育児休暇制度が当たり前のようにあります。

海外は、日本に比べて仕事よりも家庭を第一に考える傾向があります。そのため、出産を迎えた奥さんがいらっしゃるご家庭では、男性も進んで育児休暇を取るといいます。

日本人の周りの目を気遣う良い点でもあり、悪い点でもある部分が、こういった家族の大切な時間に悪影響を与えてしまうこともあるようです。

お金の奴隷という働きすぎな日本人への海外の反応

海外から見た、日本人の働き方は、まるでお金の奴隷という印象が強いようです。仕事に対する不満も比較的多い日本人ですが、これも働きすぎてしまっていて、仕事を楽しめなくなってしまっている状態にも原因があるようです。

残業が当たり前となっている日本人の働き方は、海外と比べて違いがあるのは残業に対する思いです。残業が当たり前になるのは、海外では有り得ないといってもおかしくないと言われています。

所ジョージの名言集!結婚や仕事、人生にまつわる深い金言まとめ! | MensModern[メンズモダン]

日本人との違い!特に海外でヨーロッパは休暇を楽しむ!

日本人との違いが凄い、特にヨーロッパの休暇の楽しみ方は、働きすぎな日本人からすると驚きの生活ぶりとなると言われています。

日本人が働きすぎているのに対し、ヨーロッパでは、仕事が暇すぎて問題になっている、日本人からすると少し贅沢な問題を抱えている国もあるようです。

ヨーロッパのほうでは、学校も午前中で終わり夏休みなども日本に比べて遥かに多く伸び伸びとした休暇を幼少の頃から楽しむといいます。そして、大人になってからも、会社の制度なども有給休暇が多く、残業も殆どなしの状態が殆どと言われています。

欧州連合(EU)では、EU労働時間指令が存在するため、週48時間(時間外労働含む)以上働くことは法律で禁じられている。

この様に、EUでは、週48時間以上の勤務を法律で禁じられているため、働きたくても働けない場合もあるといいます。

家族との団らんを犠牲にする日本人の働きすぎる人生

会社の人員不足などから、長時間勤務が当たり前となってしまっている日本人は、家族も心配してしまうほど働きすぎな毎日を過ごしているといいます。家族との団らんを犠牲にしてまで、残業や長時間勤務をする日本人のことは、理解しがたいという海外の反応も多いです。

働きすぎてしまい、我を忘れてしまうほど過労となり、うつ病になってしまう方も増えていると言われています。日本人の働きすぎる部分からも、残業禁止の会社も日本でも増えてきてはいるようですが、まだまだ残業が当たり前という会社は多いといいます。

終電を逃してしまい、会社に泊まってまた数時間後に勤務開始といった、健康にも悪循環なライフスタイルになってしまっている男性も少なくないようです。

海外の働き方から学び日本人の働きすぎな部分を改善

日本人が働きすぎてしまうのには、働き方や上司や同僚への遠慮なども理由となっていると言われています。残業が当たり前の日本人の働き方は、海外からも心配されているようです。

海外の働き方と日本人の働き方の違いは、大きく分かれていますが、過労が問題となっている日本人の働き方にも、最近では少しずつ残業なし制度なども取り入れたりする会社も増えてきているようです。

家族との団らんを忘れがちの生活をなさっている方も、健康維持を忘れずに、自分の時間や家族との団らんの時間を大切にすることも人生の楽しみでもあります。海外の働き方から学び、日本人の真面目な良い所も、度が過ぎない程度に働き方に変化や工夫を取り入れられること願っております。


評価 4.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ