みなさんポータブルバッテリーがにわかに注目を集めていることをご存知ですか?ポータブルバッテリーは、発電機がなくても備蓄しておけば電源として利用できるばかりか、キャンプやアウトドア、災害時にも非常に役に立ちます。ぜひ今回の記事を参考にしてください。

ポータブルバッテリーおすすめは?車中泊・キャンプ・災害時に便利

目次

  1. ポータブルバッテリーとは?
  2. ポータブルバッテリーの選び方「容量」
  3. ポータブルバッテリーの選び方「出力ポート」
  4. ポータブルバッテリーの選び方「重さも重要」
  5. ポータブルバッテリーの充電方法とは
  6. おすすめのポータブルバッテリー「セルスター」
  7. おすすめのポータブルバッテリー「メルテック」
  8. おすすめのポータブルバッテリー「アンカー」
  9. おすすめのポータブルバッテリー「suaoki」
  10. ポータブルバッテリーおすすめまとめ!

ポータブルバッテリーとは?

みなさんは、ポータブルバッテリーをご存知ですか?発電機がなくても備蓄をしておけば、電源として使用できるポータブルバッテリーは、今にわかに注目を集めております。というも、昨今の日本は災害や異常気象がすごく多いのです。

ですので、ポータブルバッテリーを使用すれば、例えば、災害の時でもスマホやノートPC、タブレットの充電をすることもできますし、災害時に必要な食料の調理や、情報の収集もすることができます。それだけでなく、普段使いでは、キャンプ上での電源確保や、アウトドアにも使用することができて、非常に便利です。

また、実家に帰省するときや、家族で遠出をするときでも、万が一に備えることができます。地震や災害の多い日本ですから、一家に一台はポータブルバッテリーを購入しておいても、損はないばかりか、とても重宝するでしょう。

今回は、様々なメーカーから発売をされているポータブルバッテリーのおすすめと、使い方、おすすめのポータブルバッテリーの選び方をご紹介していきます。優れたアイテムばかりなので、ぜひ参考にしてください。

ポータブルバッテリーの選び方「容量」

ではここから、ポータブルバッテリーの初心者の方にもわかりやすいように、ポータブルバッテリーの選び方をお送りいたします。まずは、ポータブルバッテリーの選び方で「容量」です。ポータブルバッテリーの容量は、「Ah(アンペアアワー)」もしくは、「Wh(ワットアワー)」という単位で表示されております。

簡単にご説明すると、1アンペア(A)を消費する家電が何時間使用できるか、ということになりますから、「100Ah」と書いてあれば100時間使用できるという解釈になります。一方で、「Wh(ワットアワー)」は電力量を表します。200Whとなっていたら1時間に200Wの電力を使えるということです。

ということは、「Ah(アンペアアワー)」も「Wh(ワットアワー)」もどちらも数字が大きければ大きいほど、容量が大きいということになるのです。1000Whは、1Kwhのことを指します。まずは、このポータブルバッテリー容量をまずは覚えておけば、購入の際に非常に便利になります。これらの情報を知った上で、おすすめのポータブルバッテリーを選んでいきましょう。

モバイルバッテリーおすすめの選び方は?iPhoneユーザーに人気で大容量! | MensModern[メンズモダン]

ポータブルバッテリーの選び方「出力ポート」

続いてのポータブルバッテリーの選び方ですが「出力ポート」をよく確認して、充電できる機器の種類を確かめましょう。さきほどの、ポータブルバッテリーの容量がまずは非常に大切ですが次に選ぶべきおすすめのポイントはこの出力ポートなのです。特に日本の電化製品は、消費電力をワット(W)で表示するようになっております。

例えば、AC100V/160Wというような表記になっていると、家庭用のコンセントで使える家電が160Wまで使用できるという意味なのです。そして、もしあなたが使いたい家電を知りたければ、ワット(W)の数字をみます。

私たちが普段使用している、家庭用の機器として、「電子レンジ」、「炊飯器」、「オーブントースター」、「電気ポッド」などは、ポータブルバッテリーではワット数が高すぎてしまうために、使用することができません。例えば、扇風機などは50〜70W程度で、テレビや冷蔵庫、ノートパソコン、なども使用することが可能になります。

このように、事前にポータブルバッテリーのスペックを確認して、どんな家電であれば使用できるのかを確認しておきましょう。また、ポータブルバッテリーでは、ポートの数や端子の種類もよく把握することが必要です。特にポータブルバッテリーのコンセントの口数も、複数ある方が同時に使うことができる家電が増えますから、万が一の災害時や、天才時にも役に立ちますよね。

ただ、複数の家電をポータブルバッテリーで使用する場合は、使用容量が増えてしまいますので、容量を超えないように注意が必要です。家電の組み合わせを考える必要があります。また、出力ポートがUSB対応であればスマホやタブレットも使用できますので、ぜひそのあたりもよくご確認ください。

スズキのエブリィは車中泊やカスタムできる?エブリィワゴンと比較! | MensModern[メンズモダン]

ポータブルバッテリーの選び方「重さも重要」

続いてのポータブルバッテリーの選び方ですが、「重さ」です。どうしてもポータブルバッテリーの容量が大きくなると、重量がましてしまう場合があります。ですので、おすすめはあまり重すぎないということが大切です。例えば、車に運ぶにしろ、充電時に家に持って帰るにしろ、重さが重すぎると、どうしても利便性が落ちてしまいます。

また、災害時や天災時にすぐに持ち運べない、ポータブルバッテリーはすぐに避難をしないといけないシチュエーションでも不利になってしまいますので、ぜひポータブルバッテリーをご検討の際には、重さにも意識をして選んでみてください。そうすることで、よりよいポータブルバッテリーを選ぶことができるでしょう。

ポータブルバッテリーの充電方法とは

キャンプやアウトドア、車中泊などに使用できるポータブルバッテリーの充電方法について見ていきましょう。ポータブルバッテリーの充電は、多くの場合家庭用の電源から行うことができます。車中泊や野外でポータブルバッテリーを使用するには、十分に自宅で充電をしておくことをおすすめいたします。

よくある、誤りが出発間際になって、「充電が足りていなかった」という事態がよくあるミスなので、よく出かける前には確認しておく必要があります。

また、車中泊をしたりキャンプにでかける場合には、ポータブルバッテリーの種類によっては、ソーラーパネルがついているものもあり、お出かけ先で充電もできるものもありますので、そのようなポータブルバッテリーも考えるのも良いでしょう。

またその他にも、車のシガーソケットで充電できるポータブルバッテリーもありますので、様々なもので検証してみてください。その他のおすすめの機能としては、例えばLEDライトや蛍光灯がついているものは、夜間の緊急避難時も非常に重宝します。

それ以外にも、おすすめの機能として、タイヤの空気が入られているもの、バッテリー上がりにも対応できるジャンプスターター機能などもありますので、不安なところは店員さんに聞いてみるのも良いでしょう。

おすすめのポータブルバッテリー「セルスター」

ではここから、車中泊やキャンプに使用できるおすすめのポータブルバッテリーについて見ていきます。まず、最初にご紹介するのは、「CELLSTARポータブル電源PD-650」です。価格は21,627円程で、非常に手頃な価格になります。定格消費電力が280W以下の場合、家電を組み合わせて同時に使えるというには、使い勝手を考える上でも非常に大きな強いではあります。

ですので、保冷温庫と照明機器が同時に使ることができれば、災害時なども非常に心強いです。キャンプやレジャー、車中泊での使用にも非常に便利になります。

しかも、このポータブルバッテリーの良いところは、本体に内臓されているランプが停電時や照明器具がない時でも、照明を確保することができます。緊急時でも、活躍してくれるでしょう。また、車のバッテリーあがりでも、充電することも可能ですので、応急処理が可能です。ぜひご検討ください。

おすすめのポータブルバッテリー「メルテック」

続いてのおすすめのポータブルバッテリーは「Meltec(メルテック)ポータブル電源SG-3500LED」になっております。こちらのポータブルバッテリーの価格は、13,530円と非常にリーズナブルになっております。

このポータブルバッテリーの特徴は、AC100V出力のコンセント、USBポート、DC12Vパワーソケット、LEDライトだけでなく、車のバッテリーがあがってしまった際にも、使用できるというセルブースト機能がついているので、 5つの使い道がある多機能さが魅力になっております。持ち運びがしやすいように、とってがついてあり、重さは約8.3kgになっております。

また、LEDライトは急な停電や災害時に慌てる必要がないですし、満充電をしておけばこのLEDライトのみの使用で約400時間程度の使用も可能になっているので、急な災害でも頼もしい商品になっております。もちろん、車中泊やキャンプにももってこいの内容です。

おすすめのポータブルバッテリー「アンカー」

続いてのおすすめのポータブルバッテリー「Anker(アンカー)PowerHouse」です。価格は約50,000万円ほどになっております。Anker(アンカー) は、モバイルバッテリーなどで世界的にも高いシェアを誇るブランドであり、そのブランド力を結集して作られたポータブルバッテリーがこのPowerHouseなのです。

その培った技術力によって、リチウムイオン電池を搭載することに成功をしたため、このバッテリーは小型化に成功をしました。このバッテリーは安全面も考慮されており、電圧や温度をしっかりと管理しております。発売以来すごく人気の商品で、品薄状態である場合もあり、手に入る際は、ぜひご家庭に一台は欲しいところです。

おすすめのポータブルバッテリー「suaoki」

続いてのおすすめポータブルバッテリーは、「suaokiポータブル電源」になります。価格帯は、約21,880円で非常にリーズナブルです。ポータブルバッテリーはどうしても重くなりがちですが、このsuaokiポータブル電源は、非常に見た目がスタイリッシュでありながら、なんと重さは、約2.5kgしかありません。

ですので、女性が持ちはこんでも大丈夫ですし、万が一の災害の時でもさっと持ち運ぶことができるという非常に優れものです。また、コンセントによる充電ができない場所で威力を発揮するのが、ソーラー発電です。このsuaokiポータブル電源は、ソーラー発電ができるので、万が一の災害時でも安心ですね。

しかもデザインもかっこいいですから、機能性と両面で得をする商品になっております。車中泊等でも威力を発揮してくれるでしょう。

ポータブルバッテリーおすすめまとめ!

なにかと災害の多い日本において、いつどのような形で避難を余儀なくされるのかわかりません。そんな時に、ポータブルバッテリーがあったならば、スマホやパソコンで外部との連絡をとる手段も生まれますし、万が一バッテリーがなくなっても、ソーラーパネルで発電することができるモデルもあります。

スマホやノートPC、小型冷蔵庫くらいでしたら、十分な性能のあるポータブルバッテリーが、とてもリーズナブルな価格で購入することができますので、ぜひこの機会にご家庭に一台は準備しておいても良いのではないでしょうか。

また、普段は車中泊やキャンプ、釣り、遠出の際にと、幅広い使い方ができますので、ぜひ活用されてみると、非常に便利ではないでしょうか。今回は一台あると、とても重宝するポータブルバッテリーの特集でした。ぜひ参考にしてください。


評価 5.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ