写真写りが悪い原因や理由・顔の特徴は?良くなる方法とコツまとめ

みなさんは写真写りは自信がありますか?本当に自信がないとなかなか写真は嫌ですよね。今回は、そんな写真写りが悪い方の原因とその理由について迫ります。また、今後写真写りがよくなる方法をご紹介していきますので、ぜひ写真写りが悪い、自信がない方は参考にして下さい。

写真写りが悪い原因や理由・顔の特徴は?良くなる方法とコツまとめ

目次

  1. 写真写りが悪い人について
  2. 写真写りが悪い原因「表情がぎこちない」
  3. 写真写りが悪い原因「ピントがずれている」
  4. 写真写りが悪い原因「周りを意識していない」
  5. 得意な角度がわからないから写真写りが悪い!
  6. 写真写りが悪い原因「恥ずかしがってしまう」
  7. 心の不調が原因で写真写りが悪いかも
  8. 写真写りが悪い原因「連写を使わない」
  9. 写真写りをよくするには加工も大切!
  10. 写真写りが悪い原因や理由まとめ!

写真写りが悪い人について

みなさんは写真写りに自信がありますか?写真写りが悪い人は実はどこかに原因が隠されていることが多く、その原因を解消すれば、高い確率で写真写りを改善することができるのです。今回は、写真写りについて、写真写りが悪い原因と、その原因を分析して写真写りを改善する方法、写真を写りを良くするコツをご紹介していきます。

まずは、自分の写真写りが悪い原因は何なのかを明白にしていきましょう。そうすることで、自分の弱点を知ることができ、そして次回から写真写りをどうすれば、改善できるのかを経験で判断できるようになります。写真写りとは、外見やスタイルに関係はなく、経験で改善できるものです。

写真写りが良いモデルさんであっても、最初からうまくポーズを取れたわけでもありませんし、うまく写真に写ることができたわけではないのです。やはり、何度も何度も、ポーズを重ねて、自分がどうしたら写真にうまく映るのかを経験で、習得したのです。ですから、みなさんも必ず、練習をすれば写真にうまく写るコツがつかめます。早速、原因から見ていきましょう。

写真写りが悪い原因「表情がぎこちない」

ではここからは、写真写りが悪い原因と、その改善方法やコツをご紹介していきます。まず、最初の写真写りが悪い原因ですが、顔の表情がぎこちないということです。顔の表情がぎこちないということは、どういうことかと言うと、一般的には、緊張をしてしまって表情が硬くなる、日頃から顔が無表情の人であることが考えられます。

笑顔が引きつってしまうという方が該当するのが、「顔がぎこちない」という症状になります。このタイプの人の場合は、もともと写真に映るのが嫌なタイプの人もいて、写真に写る時になって、気構えてしまいます。このタイプの人の写真写りを改善する良い方法とコツは、①無理に目を大きく見せない。②顔を下を向けない。③なるべく表情をリラックスさせる。

④笑顔を作る時に、下の歯まで見せない。⑤自信を持つ。以上が表情がぎこちない方の対処方法になります。特に、この顔の表情がぎこちないという方は、普段からあまり笑っていない方や、無表情の方、そして緊張しやすい方が非常に多いです。

ですので、いざ写真となると自信がなくなってしまうのです。そんな時は、日頃より表情筋トレーニングなどをして、すぐに筋肉を使えるようにしておくと、筋肉のこだわりが軽減されて良いかもしれません。一度、お試し下さい。

イケメンも自撮りの時代!写真の撮り方のコツやおすすめアプリ紹介! | MensModern[メンズモダン]

写真写りが悪い原因「ピントがずれている」

続いての写真写りが悪い原因は、ピントがずれているということです。ピントがずれているということは、撮影の際にカメラの中心をうまく捉えきれていない場合が多いのです。例えば、モデルさんなどの写真写りが良い理由の一つに、常にピントの中心にいるということが挙げられます。

ピントがずれてしまえば、薄暗く写ることもありますし、ぼやけてしまうこともあるのです、ですので、これらの問題を解決するには、たとえ複数人で、写真に写るときでも、ピントの位置に顔を近づける癖をつけておきましょう。

そうすれば、ピントがばっちり合いますので、写真写りを改善することができるはずです。この方法は、ちょっとしたコツですが、以外と大切なことですので、ぜひ実践してみて下さい。

彼女の写真を可愛く撮りたい!写真を上手に撮る方法まとめ。 | MensModern[メンズモダン]

写真写りが悪い原因「周りを意識していない」

続いての写真写りが悪い原因は、周りを意識していないということです。写真写りを良くするためには自分だけの世界に入ってしまう人もいらっしゃいますが、そうなると逆に浮いてしまい、写真写りが悪くなってしまいます。例えば、満面の笑みで写真をとろうとしても、背景がトイレではぱっとしないですよね。

一方で、背景がすごくおしゃれなカフェや建物の前ですと、とても良くみえます。ですので、写真写りを良くする方法として、背景にも気をつかうようにすると良いですよ。少しでも自分の顔色をよくする背景であったり、自分の見栄えがよくなる背景を選ぶようにすると良いですよ。この時に、大切なのは清潔さと、高級感です。この二つを参考に、写真写りを考えてみて下さい。

得意な角度がわからないから写真写りが悪い!

続いての、写真写りが悪い原因は、自分の得意な角度がわからないということです。実はこの得意な角度ということが非常に大切なのです。顔の左右や、上下によっても得意な角度が違いますよね。これは、本当に人によって違うのです。モデルさんと一般の人の決定的な違いは、モデルさんは、自分の一番のパフォーマンスを発揮できる角度を知っています。

これは、何度も何度も撮影を繰り返し、自分の得意な角度が、無意識のうちに潜在意識にすりこまれているので、いざ撮影と言う時でも自然に無理のないポーズを決めることができます。つまり、これはモデルさんだからできることではなくて、一般の方でも、撮影を繰りかえして、もしくは自分で自分を撮る練習をして、自分の得意な角度を知ることができます。

ですので、モデルさんだからと諦める必要はありません。また、身近にいる親しい人に、自分の良くみえる角度はどこ?と聞いてみるのもありです。友人や家族に聞いて、はずかしい場合は、恋人に聞いても構いません。

写真写りが悪い原因「恥ずかしがってしまう」

写真写りが悪い原因の一つに、恥ずかしがってしまうという理由があります。恥ずかしがってしまうと、写真撮影の際に一瞬だけ、表情にちょっとした変化が現れます。また、恥ずかしがるということは、自分のどこかに自信がないところがある方が多いです。ですので、まずは自分の何に自信がないかをきちんと整理をする必要があるのです。

そして、その上で、写真写りがよくなるコツとして、「自分が一番かっこいいんだ」「自分が一番可愛いんだ」と思い込むことも写真写りが良くなるコツです。明確な根拠がなくても、「自分が一番」と思うことで、人間の脳は、堂々と振る舞えるようにできております。もし、自信がない場合は、自分が一番と意識的に頭に刷り込むと良いでしょう。まずは、自分が一番なのです。

心の不調が原因で写真写りが悪いかも

写真写りが悪い場合に、心の原因が考えられます。例えば、昔何らかのトラウマがある、もしくは自分の容姿にコンプレックスがある、もしくはストレスがすごく多い毎日を生活しているなどです。「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますが、本当にその通りで、このような心理的な不安をかかえていると、必ず人間は表情に現れます。

ですので、そんな時は、まず自分の心の状態と向き合うことが大切です。無理に、頑張りすぎず今自分が何を思い、何を感じているのかを素直に受け入れてみましょう。

そこから、原因が見つかるはずです。コンプレックスであったとしても、今は表情筋トレーニングや、いろいろな表情のストレッチもあるので、できるところから初めてみるのもありですよ。まずは、自分の気持ちと向き合ってみましょうね。

写真写りが悪い原因「連写を使わない」

じつは、写真写りを良くするためには、「連写機能」も大切なのです。連写機能を使うことによって、その中の1枚くらいは、写真写りの良いものがあるものです。ですので、単発で写真を撮るのではなく、連写でとってみるのも一つの方法ではありますよ。ぜひ、こちらの方法もお試し下さい。

写真写りをよくするには加工も大切!

実は、写真写りを良くするには、加工も大切です。今は画像を加工するアプリや方法がたくさんありますから、画像の加工を使って積極的に明るさや、トーン、質感を調整してみましょう。そうすることで、多少の写真写りの悪さであれば、修復することができます。

素のままの写真も良いですが、加工することで、あなたらしくいられるのであれば、そちらを優先するべきでしょう。ぜひ、加工にも挑戦してみて下さい。

写真写りが悪い原因や理由まとめ!

みなさんここまでいかがでしたか?写真写りは、ある程度自分に自信がないと、写真は正直嫌ですよね。しかし、何に自信がないか、そして自分の得意な角度はどこかなど、撮影の練習を積み重ねればきっと、あなたらしくいられる写真が取れるはずです。

モデルの方も最初から、写真写りがよかったわけではありません。ですので、必ず一般の方でも写真撮影を重ねれば、きっと結果が出ます。もし、それでもどこか撮影が不安だと言う方は、表情筋トレーニングや、表情筋ストレッチを取り入れることで、自信を取り戻せるかもしれません。

顔には数多くの筋肉が集中をしていて、普段、無表情の機会が多い方や、あまり笑わない方はどうしても、筋肉が衰えがちです。ですが、意識的にトレーニングをしてあげれば筋肉は、必ず鍛えられます。そうなれば、きっと自然な笑顔が戻りますので、ぜひこちらの方法も合わせて参考にしてくださいね。今回は、写真写りが悪い原因と、その改善方法についてご紹介してきました。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ