一人暮らしの引っ越し。できる限り安く行いたいと思うのは誰しもそうだろう。しかし、一人なのになんだかんだと費用はかさむもので、より安く収められないかと引っ越し直前で思うもの。そこで、一人暮らしの人必見の引っ越し費用を抑えるポイントを消化ししていこう。

一人暮らしの引っ越し費用の相場は?安く抑えるためのポイントは?

目次

  1. 一人暮らしの引っ越しの苦悩
  2. 一人暮らしの引っ越し!費用の違いは引っ越し業者による?
  3. 一人暮らしの引っ越し費用の相場は?
  4. いかに引っ越し費用を抑えるか!まずは見積もりサイトの利用から!
  5. 引っ越し費用の抑え方!一人暮らしなら時期をずらす!
  6. 単身向けパックと単身向けプラン利用のススメ!
  7. 一人暮らしの引っ越し費用を安く押さえるには荷物を捨てる!
  8. 学生の一人暮らしならば学割を使う!
  9. 引っ越し費用最安方法!一人暮らしなら自分で運ぶ
  10. 一人暮らしだからこそ時間を譲る!引っ越し時間をずらすことで費用を安く抑えられる
  11. 一人暮らしなら大型の家具などは転居先で購入する!
  12. ワンルーム程度の一人暮らしさんの引っ越しなら宅配便のほうがお得
  13. ポイントを押さえて安くおいしい引っ越しを!

一人暮らしの引っ越しの苦悩

【一人暮らしの引っ越しの苦悩①】荷物準備

一人暮らしさんの引っ越しは何かと苦悩が多いもの。中でも苦労するのが、荷物の準備。自分の日持つだからこそ、ぎりぎりまで準備しない人も多いのではないだろうか。また、スケジュールもなかなか厳しいもの。学生は授業やアルバイトがあったり、社会人では仕事があるだろう。

そんな時間を取る暇もないと結局スケジュールを立てず、だらだらとしてしまって準備をぎりぎりまでやらない、あるいは怠る人はかなり多いようだ。仕事をしていれば、誰かに準備してほしいと苦悩する人も多いだろう。

【一人暮らしの引っ越しの苦悩②】費用

一人暮らしさんの引っ越しの悩みで尽きないのがやはり費用の問題。学生のうちであれば特に時間とともにかけられないのが費用だろう。実際、費用の相場もわからなければ、その費用を比べるための時間も惜しい。自分ひとりで見積もりを比較するのも大変だし、かといって費用を1社だけしか見ないというのも不安と感じる人も多いだろう。

一人暮らしさんの引っ越しになれば、引っ越し費用だけでなく、その前後の食費や部屋の準備費用など数多くのお金がどうしてもかかる。わずかでも費用を浮かせられないかと悩みの種は尽きない。

【一人暮らしの引っ越しの苦悩③】スケジュール

引っ越しの準備と同時に悩みの種が、スケジュールだ。引っ越しまでの間には、当然水道や電気、ガスといったものを止め、ネット契約している人は一度解約し、部屋の掃除などを含めればやることは山ほどある。さらに、解約したら、転居先で待っているのはいろいろな契約。さすがに水を飲まずには生きていけない。

小さなことではあるが、費用と準備を含めたすべてのスケジュール管理が引っ越しにはどうしても付きまとう問題だ。まさか前日の一日ですべて終わらそうとしても無理な話である。

一人暮らしの引っ越し!費用の違いは引っ越し業者による?

そんな苦悩の大元である引っ越し費用。一人暮らしには特に気になる費用の話だが、引っ越し業者によっても費用は変わる。各業者によってサービス内容が変わり、費用は変動する。また、各社ごとに単身パックなどのサービスなどの差もあるので、それも費用に影響が出る。やはり見積もりは一社ではなく、数社から一括で見積もって費用の比較が必要になる。

一人暮らしの引っ越し費用の相場は?

費用への心配は大きくなる一方だが、一人暮らしさんの引っ越し費用の相場を見てみると、料金の相場の目安はどの企業も同一市内の移動などごく近い距離であれば3万円から5万円程度。同一県内であれば3万円から8万円程度。県外なると5万円から15万円程度になり、距離が遠いほど、輸送費用が高くなる仕組みだ。

【一人暮らしの引っ越し費用】荷物の量によっても変わる

荷物を運ぶ距離によって費用が変動することが分かったが、もちろん荷物の量によっても引っ越し費用は変動する。荷物の量が多くなればなるほど、運送に使うスペースやトラックの台数が増えることになる。そのため、一人暮らしといっても、普通の一般家族並みに荷物があれば当然費用はかさむことになる。

引っ越し祝いのお返し・内祝いは必要?相場やのしのマナーについてまとめ | MensModern[メンズモダン]

いかに引っ越し費用を抑えるか!まずは見積もりサイトの利用から!

引っ越し費用を抑えるために、まず必要なのが引っ越し費用の一括見積もりだ。一人暮らしで、荷物がいかに少ないからといってこの見積もりを怠るとより安くできるところもあったのにということにもなりかねない。いかに多くの会社を一度に見積もってくれるかが重要になる。この見積もりが費用を抑える大きな要因となるので決してむげにはしないようにしよう。

また、自分で数ある引っ越し会社の見積もりを一つ一つ出すのは大変な作業だ。それでなくても引っ越しの荷物準備で大変なのに、そんな作業まではできないだろう。そんなときにも、この一括見積であれば、手間を省いて時間もあっという間に見積もってくれる。積極的に利用することが、費用を安くできる方法だ。

引っ越し費用の抑え方!一人暮らしなら時期をずらす!

さらに費用を抑える方法として、もし一人暮らしで引っ越しの時期をずらすことができるのであれば繁忙期とずらして引っ越しを行うようにしよう。引っ越しにも繁忙期があり、卒業入学シーズンや、社会人の仕事上の転勤などのシーズンは引っ越し業者にとっても繁忙期になる。

繁忙期はどうしても、引っ越しの件数が増え忙しくなることから、費用も掛かってしまうのだ。もし時期に余裕があるのであれば、そんな繁忙期を避けることで費用を少しでも抑えることができる。具体的にどれくらい違うのかというと、同じ距離で同じ荷物の量と仮定しても繁忙期の方が約1万円から2万円ほど高くなる。時期をずらせばこの費用を安くできるのだ。

単身向けパックと単身向けプラン利用のススメ!

【一人暮らし引っ越しの方法】単身向けパックとは

引っ越し費用をより安く済ませるためには、各社の適切なプランを使いこなす必要がある。その中で特に利用をおすすめする一つが各社でも呼び名が変わるが単身向けパックといわれるものだ。単身向けパックとは、通常の引っ越し方法ではなく、決められた大きさのコンテナに荷物を積み、ほかの依頼者の荷物と混載して運ぶことを言う。

同方向、同じ県内に運ぶのであれば混載で行けるので、こちらのプランであればより安く荷物を運べるというわけだ。しかし、運べる荷物には通常よりも少ないので、実家を出て新生活を始める際や、家具付きの物件に引っ越す場合など、今荷物が少ない人に適しているプランになる。

【一人暮らし引っ越しの方法】単身向けパックのメリット・デメリット

単身向けパックは料金を安くできるほかに、基本的に訪問見積もりを不要としているため、見積もりに来てもらう時間を取る必要がない。しかし、運べる荷物の量やサイズには制限があり、段ボールなどの梱包道具はじぶんで用意しなければならないといったデメリットもある。

【一人暮らし引っ越しの方法】単身向けプランとは

単身向けプランは単身向けパックと同様に荷物の少ないタイプの引っ越しで活かすことのできる方法だ。しかし、単身向けパックと違うのが、荷物の量が多くコンテナに入りきらない場合に用いる方法という部分だ。もともとは通常の家族の引っ越しプランだが、それよりも荷物が少なく、コンテナにらない家具などがあるときにこのプランが使える。

【一人暮らし引っ越しの方法】単身向けプランのメリット・デメリット

単身向けプランのメリットは、単身者として一般的な荷物量であれば、すべての荷物を運べる点だ。また、梱包に必要な段ボールなどもサービスでもらえることが多い。しかし、荷物の量が多いと、その分料金がかかるという点がデメリットになる。

どちらのプランも、通常の家族との引っ越しなどと比べれば費用は格段に安くなる。しかし、それぞれのプランにメリット・デメリットがあるので、費用と合わせて検討する必要がある。

一人暮らしの引っ越し費用を安く押さえるには荷物を捨てる!

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法には、見積もりをしっかりとること以外にも、事前の準備で抑える方法がある。それが不用品は捨てることだ。一人暮らしをしていると、ついついものが増えてしまうことだろう。仕事などで時間を咲けないかもしれないが、この引っ越しを機会に捨てることができれば、荷物の量もへり安い相場の料金で引っ越しを可能にできる。

学生の一人暮らしならば学割を使う!

一人暮らしの特に学生さんなら、さらに安い料金にできる可能性がある。それが学割の利用だ。仕送りやアルバイトをしているといっても、学生さんであれば引っ越し費用は痛手だろう。そんな悩みの費用を一人暮らしの学生だからこそ利用できる学割で安くすることができるのだ。安い料金以外にも、得点などがもらえたりもするのでお得だろう。

引っ越し費用最安方法!一人暮らしなら自分で運ぶ

最も安い方法がこの方法だ。一人暮らしだからこそできる方法だといえるもので、友人や車を持っている人に協力を頼んで引っ越しをする方法。費用はどの業者よりも安い相場でできることだろう。しかし、仕事などで協力者と時間を合わせたり、車の用意と意外な大変な苦労もある。荷物を自分で運ぶと壊れるリスクもあるので、その点はデメリットになるだろう。

一人暮らしだからこそ時間を譲る!引っ越し時間をずらすことで費用を安く抑えられる

とはいっても、忙しく時間は限られる一人暮らし。さすがに仕事をしていればいかに荷物が少ないといえど、好きなタイミングで自分の力だけで引っ越しは難しい。通常の業者を使いながらも安い費用にするためには、業者との交渉も必要になる。やはり繁忙期や、午前中に引っ越し荷物を届けてほしいなどの希望はどこの人も同じような希望を出している人は多い。

そんな希望を一人暮らしの自分も同じように出してしまうと、値段の交渉は難しくなる。そこで、時間は何時でもいいなどといったように、希望に日程に幅を持たせることで、業者もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ料金交渉がしやすいのだ。譲れるポイントを作っておけば、とり安い料金を交渉することも可能なのである。

一人暮らしなら大型の家具などは転居先で購入する!

そのほかの費用を抑える方法としては、大きい家具等の買い物は転居先でするという方法だ。大きなベッドやタンスなどの家具は、運ぼうとするともちろんトラック輸送になる。やはり最も安くつくのはコンテナに乗る程度の荷物のプランになるので、例えコンテナが無理でも、できるだけ運ぶ荷物は少なくしたほうが良い。

一人暮らしの失敗しない食器&調理器具選び!必要なもの不要なものを調査 | MensModern[メンズモダン]

ワンルーム程度の一人暮らしさんの引っ越しなら宅配便のほうがお得

一人暮らしで、なおかつ荷物が本当に少ないのであれば、宅配便を利用したほうが安い場合もある。単身プランでの引っ越し料金と通常の宅配料金を比較して、宅配料金のほうが安いことがあるので、こちらもしっかりと比較してみよう。また家具なども専用の宅配サービスがある。それらを組み合わせれば、相場よりも安い料金で引っ越しができることもある。

ポイントを押さえて安くおいしい引っ越しを!

引っ越しは大変なもの、仕事があると当然準備も大変なことだろう。また費用も掛かっていろいろな意味で大変なイベントだ。そんな一人暮らしさんの引っ越しは仕事や時間がなくても、しっかりとコツを知っておけば安い料金で行うことができる。一人暮らしだからこそのポイントを抑えて、お得なおいしい引っ越しをできるようになろう。


評価 4.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ