2014年に公開された人気アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は数多くいらっしゃいます。今回はアナと雪の女王の日本語吹き替え声優を紹介します。アナ役をはじめエルサ、クリストフなどの声優は?また、アナと雪の女王に人気の理由とはなんでしょうか?

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優まとめ!登場人物一覧と人気の理由は?

目次

  1. アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え人気声優をチェックしよう
  2. 世界中で人気を博したアニメ映画「アナと雪の女王」とは?
  3. アニメ映画「アナと雪の女王」が人気の理由とは?
  4. アナ役:神田沙也加
  5. エルサ役:松たか子
  6. クリストフ・ブジョーグマン役:原慎一郎
  7. オラフ役:ピエール瀧
  8. ハンス・ウェスターガード役:津田英佑
  9. ウェーゼルトン公爵:多田野曜平
  10. パビー役:安崎求
  11. オーケン役:北川勝博
  12. カイ役:飯島肇
  13. アレンデール国王・アグナル:根本泰彦
  14. バルダ役:杉村理加
  15. アレンデール王妃・イドゥナ役:最所美咲
  16. アナの幼少期:諸星すみれ
  17. アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え人気声優のまとめ

アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え人気声優をチェックしよう

2014年に公開された人気アニメ映画「アナと雪の女王」は若い人から大人の方まで、世界中で人気を博した作品になります。今回は今回はアナと雪の女王の日本語吹き替え声優を紹介します。アナ役をはじめエルサ、クリストフなどの声優は?また、アナと雪の女王に人気の理由とはなんでしょうか?人気アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優に興味がある方、是非ご覧ください。

アナと雪の女王の画像集!壁紙に使える高画質のキャラクター・イラスト紹介 | MensModern[メンズモダン]

世界中で人気を博したアニメ映画「アナと雪の女王」とは?

最初に世界中で人気を博したアニメ映画「アナと雪の女王」について紹介します。人気を博したアニメ映画「アナと雪の女王」は2013年11月27日にアメリカで、また、日本では2014年3月14日に公開された クリス・バック&ジェニファー・リーのダブル監督の作品になります。「アナと雪の女王」はウォルトディズニーアニメーションスタジオで制作された長編作品として53作目になります。

アニメ映画「アナと雪の女王」はディズニー史上、初めてアナとエルサのダブルヒロインの作品として知られています。舞台は雪と氷の世界になり、ストーリーは新たに書き下ろされました。2作目のスピンオフアニメ「『アナと雪の女王/家族の思い出」が2017年11月に公開され、2019年11月にはアニメ映画「アナと雪の女王」の続編が公開される予定になっています。

アニメ映画「アナと雪の女王」が人気の理由とは?

次にアニメ映画「アナと雪の女王」が人気の理由を紹介します。アニメ映画「アナと雪の女王」はアメリカで2013年、日本では2014年から公開されて以来、現在でも爆発的人気を博している作品です。では、アニメ映画「アナと雪の女王」はどうして人気なのでしょうか?アニメ映画「アナと雪の女王」の興行収入が100億円を突破すると言われています。

アニメ映画「アナと雪の女王」が人気の理由を調べてみると、いろんなキャラクターが登場しますが、どのキャラクターも親しみやすいことだと言われています。また、日本で大ヒットを記録した要因として日本人の価値観にピッタリ合ったようです。では、アニメ映画「アナと雪の女王」での日本語吹き替え声優はどのような方が担当されていらっしゃるか次で紹介しますので、是非ご覧ください。

アナ役:神田沙也加

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優1

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「神田沙也加」さんです。神田沙也加さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中で王女・アナ役の声を担当しています。神田沙也加さんは東京都出身、1986年10月1日生まれの現在31歳になります。また、神田沙也加さんの父親は俳優の神田正輝さん、母親はかつてアイドルで現在は歌手活動されている松田聖子さんになります。

神田沙也加さんは2014年3月14日に公開されたアニメ映画「アナと雪の女王」の女王・アナ役の声を担当され、歌手だけでなく声優としての才能を開花させ、さらに人気を博しました。アニメ映画「アナと雪の女王」の英語版でエルサを演じられたイディナ・メンゼルさんと第65回NHK紅白歌合戦に出場し、挿入歌「生まれてはじめて」を披露されました。

エルサ役:松たか子

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優2

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「松たか子」さんです。松たか子さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でエルサ役の声を担当しています。松たか子さんは東京都出身、1977年6月10日生まれの現在40歳になります。また、松たか子さんは父親は歌舞伎俳優・二代目松本白鸚、兄は歌舞伎俳優・十代目松本幸四郎を持つ芸能一家に育ちました。

松たか子さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中で主演・エルサ役を演じられ、人気を博したことで知られています。エルサはアレンデール王国の第一王女で次期王位継承者です。エルサの難しい役を松たか子さんはうまく演じられました。エルサの特徴は髪がプラチナブロンド、身長が172cmあり目はアクアブルーになります。また、エルサは雪や氷を作り出してしまう魔力を持っています。

クリストフ・ブジョーグマン役:原慎一郎

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優3

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「原慎一郎」さんです。原慎一郎さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でクリストフ・ブジョーグマン役の声を担当しています。原慎一郎さんは東京都出身、1979年2月9日生まれの現在39歳になります。また、原慎一郎さんはドラマや舞台などで活躍されている俳優になります。

原慎一郎さんは俳優の活動の他に、アニメ映画「アナと雪の女王」のクリストフ・ブジョーグマン役の声を担当され声優としても務められました。クリストフ・ブジョーグマンの特徴は瞳が茶色になり、髪はブロンド、体型はがっちりしている21歳の青年です。また、クリストフ・ブジョーグマンは氷を売って生活しており、山小屋でアナに出会います。クリストフ・ブジョーグマンの活躍を楽しんでください。

オラフ役:ピエール瀧

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優4

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「ピエール瀧」さんです。ピエール瀧さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でオラフ役の声を担当しています。ピエール瀧さんは静岡県静岡市葵区出身、1967年4月8日生まれの現在50歳になります。また、ピエール瀧さんはミュージシャンをはじめタレント、声優など多くの分野で活躍されています。

アニメ映画「アナと雪の女王」の中でピエール瀧さんは夏に憧れる雪だるまの可愛いオラフはアナとエルサが作ったものです。オラフはアナとエルサが作った時は普通の雪だるまだったが、エルサが王国から逃亡した時に再び魔法で作られたものになります。また、オラフはクリストフのことを勘違いして「スヴェン」と呼んでいたが、後に「クリストフ」と覚え直しました。

ハンス・ウェスターガード役:津田英佑

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優5

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「津田英佑」さんです。津田英佑さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でハンス・ウェスターガード役の声を担当しています。津田英佑さんは東京都出身、1970年10月27日生まれの現在47歳になります。また、津田英佑さんはドラマや舞台などで俳優として活躍されている一方で数多くのアニメの声優も務めていることで知られています。

ハンス・ウェスターガードは瞳がヘーゼルグリーンで赤みががった栗色の髪が特徴的な183cmと高い身長のサザンアイルズ王国の第13王子です。ハンス・ウェスターガードはアナがエルサを探すために旅に行っている間、アレンデール王国のことを任されてしまいます。アナを利用してアレンデールを手に入れようとする悪役になります。

ウェーゼルトン公爵:多田野曜平

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優6

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「多田野曜平」さんです。多田野曜平さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でウェーゼルトン公爵役の声を担当しています。多田野曜平さんは福岡県出身、1962年3月10日生まれの現在55歳になります。また、多田野曜平さんはドラマをはじめ映画や舞台などで俳優として活動されている一方、声優としても活動しています。

ウェーゼルトン公爵は頭のほとんどの部分がハゲているためにいつもカツラを被っており、常に2人のボディーガードを連れています。ウェーゼルトン公爵は気が短く、上から目線で喋り、自分勝手な性格の持ち主です。また、ウェーゼルトン公爵はアナに面倒見が良いですが、実はもう一人の悪役をして知られています。

パビー役:安崎求

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優7

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「安崎求」さんです。安崎求さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でパビー役の声を担当しています。安崎求さんは宮崎県延岡市出身、1960年3月7日生まれの現在57歳になります。また、安崎求さんの妻はアニメ映画「プリンセスと魔法のキス」で共演された女優・鈴木ほのかさんです。

パビーはトロールの長老になり、黄色いネックレスを自身のみ装着しており、不思議な力の持ち主です。トロールはリヴィング・ロック谷に住む妖精になり、石のような姿をしていて心を許したものにしか姿を現さない特徴があります。パビー以外の男性トロールは緑か青のクリスタル製ネックレス、また、女性トロールにはピンクか赤のクリスタル製ネックレスが装着されています。

オーケン役:北川勝博

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優8

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「北川勝博」さんです。北川勝博さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でオーケン役の声を担当しています。北川勝博さんは愛知県出身、1958年10月7日生まれの現在59歳になります。また、北川勝博さんはドラマや舞台など俳優として活動している一方、数多くのアニメの声優を務めていらっしゃいます。

オーケンはサウナ付きの山小屋を経営している主人で住居にもなっており、5人の家族がいます。オーケンはエルサの力の暴走の影響によってアレンデール王国は夏から真冬に変わってしまいます。そのことによって、店内にある夏物の服やアイテムなど売れないため半額にしてしまいます。また、真冬に突然、変わってしまい冬物のアイテムが品薄状態になり、オーケンは困っている状態になります。

カイ役:飯島肇

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優9

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「飯島肇」さんです。飯島肇さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でカイ役の声を担当しています。飯島肇さんは神奈川県出身、1976年4月29日生まれの現在41歳になります。また、飯島肇さんは2001年から現在までアニメの声優を中心に活躍されていらっしゃいます。

アニメ映画「アナと雪の女王」に登場するカイはアナとエルサの召使いです。カイの他にゲルダも同じアナとエルサの召使いになります。カイとゲルダはアレンデール王国に子供の頃から仕えていました。カイとゲルダはアニメ映画「アナと雪の女王」の中で欠かせないキャラクターになります。是非、ご覧になってみてください。


アレンデール国王・アグナル:根本泰彦

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優10

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「根本泰彦」さんです。根本泰彦さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でアレンデール国王・アグナル役の声を担当しています。根本泰彦さんは福島県出身、1958年1月6日生まれの現在60歳になります。また、根本泰彦さんは日本のアニメをはじめ、の海外ドラマ・映画などの吹き替えを中心に活動されています。

アニメ映画「アナと雪の女王」のアレンデール国王・アグナルの声を担当された根本泰彦さんはウォルト・ディズニーの数多くの作品の吹き替え版に出演されており、ウォルト・ディズニーのファンの方でしたら、わかる方多くいらっしゃるでしょう。根本泰彦さんが声を担当したアレンデール国王・アグナルを是非、楽しんで頂きたいです。どのような声での演技が見られるチェックしてください。

バルダ役:杉村理加

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優11

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「杉村理加」さんです。杉村理加さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でバルダ役の声を担当しています。杉村理加さんは1960年12月16日生まれの現在57歳になります。また、杉村理加さんは海外の映画をはじめ、ドラマ、アニメなどの吹き替えを中心に活動していらっしゃいます。

バルダはパビーと同じでトロール仲間の一人になります。また、バルダはとても明るい性格の持ち主で、幼少の頃、クリストフが最初に出会ったトロールとして知られています。バルダについて詳しい情報があまりありませんので、詳しくお知りになりたい方は是非るアニメ映画「アナと雪の女王」をご覧になって確かめてみてください。

アレンデール王妃・イドゥナ役:最所美咲

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優12

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「最所美咲」さんです。増最所美咲さんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でアレンデール王妃・イドゥナ役の声を担当しています。最所美咲さんは福岡県出身、1980年10月8日生まれの現在37歳になります。また、最所美咲さんは映画をはじめ舞台などに出演し女優として活動しており、他にはアニメの吹き替えの活動も行っています。

アレンデール王妃・イドゥナはアナとエルサの母親になり、父親はアレンデール国王・アグナルになります。アニメ映画「アナと雪の女王」の中でアレンデール国王・アグナルとアレンデール王妃は船の沈没によって2人とも亡くなってしまいますので、少ししか登場しませんが、是非ご覧になって楽しんでみてください。

アナの幼少期:諸星すみれ

アナと雪の女王の日本語吹き替え声優13

次に紹介するアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え声優は「諸星すみれ」さんです。諸星すみれさんはアニメ映画「アナと雪の女王」の中でアナ(幼少期)役の声を担当しています。諸星すみれさんは神奈川県足柄上郡出身、1999年4月23日生まれの現在18歳になります。また、諸星すみれさんは子役時代からドラマや映画など数多くの作品に出演され、同時にアニメの声優も務めていらっしゃいます。

アニメ映画「アナと雪の女王」の中で諸星すみれさんはアナの幼少期を演じていらっしゃいますが、幼少期と大人のアナの違いを楽しんで頂きたいです。声優・諸星すみれさんのファンの方は是非、アニメ映画「アナと雪の女王」をご覧になってみてください。

アニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え人気声優のまとめ

今回はアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え人気声優を紹介しました。アナやクリストフ、エルサなど、どのような方が声を担当されたか、知って頂けたでしょう。是非、どのキャラクターが、どういう声優の方が担当しているが知ってから、アニメ映画「アナと雪の女王」をご覧になると違った楽しみ方が味わえるでしょう。


評価 4.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ