サトノダイヤモンドが金鯱賞で新章開始!凱旋門賞を振り返る!

サトノダイヤモンドは3歳時に菊花賞や有馬記念を制し、2017年には日本の期待を背負って凱旋門賞にも出走した馬です。今回はそんなサトノダイヤモンドが挑んだ凱旋門賞や、キタサンブラックとの激闘となった天皇賞などのレースや次走情報などについて見ていきます。

目次

  1. サトノダイヤモンドは2016年度の最優秀3歳牡馬!
  2. サトノダイヤモンドはどういう血統の馬?
  3. サトノダイヤモンドが挑戦した凱旋門賞
  4. 凱旋門賞ってどんなレース?
  5. サトノダイヤモンドが挑んだ凱旋門賞の成績は?
  6. 不安通り世界に大きく差をつけられたサトノダイヤモンド
  7. キタサンブラックVSサトノダイヤモンド 2016年有馬記念
  8. キタサンブラックとの第2ラウンド 天皇賞春
  9. サトノダイヤモンドの次走は金鯱賞!
  10. サトノダイヤモンドの輝きは甦るのか

サトノダイヤモンドは2016年度の最優秀3歳牡馬!

サトノダイヤモンドという競走馬をご存知ですか?2016年の菊花賞や有馬記念を勝ち、2017年には凱旋門賞にも出走した現役の有力馬の1頭です。今回はサトノダイヤモンドが出走した凱旋門賞やキタサンブラックとの死闘を繰り広げた有馬記念など、サトノダイヤモンドの成績を振り返っていきます。

サトノダイヤモンドはどういう血統の馬?

サトノダイヤモンドは父ディープインパクト、母マルペンサ、母の父Orpenという血統の2018年2月現在5歳の牡馬で、栗東の池江泰寿きゅう舎に所属しています。母のマルペンサは現役時代アルゼンチンでG1を3勝した名牝で、引退後に来日して繁殖牝馬となり、サトノダイヤモンドが初仔となる馬でした。

2013年の1月30日にノーザンファームで生まれたサトノダイヤモンドは、その年に行われたセレクトセールに上場され、7000万円からスタートするとその値段はどんどん上がり、マッチレースの競り合いとなったその金額は税抜き2億3000万円という、その日の当歳市場2位となる落札額で取引されました。

サトノダイヤモンドが挑戦した凱旋門賞

まずはサトノダイヤモンドが出走した2017年の凱旋門賞について振り返っていきます。実はサトノダイヤモンドは2016年の3歳時にも凱旋門賞出走へのプランが立てられていましたが、日本ダービーでマカヒキに8㎝及ばず2着に敗れたため、その計画は立ち消えとなっていました。

しかし菊花賞と有馬記念を制したことにより、2017年には天皇賞春からフォワ賞を使い、凱旋門賞に挑むというローテーションで出走することになります。途中宝塚記念への出走予定もありましたが、天皇賞春の疲れが抜けていなかったのか調整が進まなかったこともあり、出走を回避しています。

凱旋門賞ってどんなレース?

凱旋門賞はフランスのロンシャン競馬場で10月の第1週となる日曜日に行われる国際G1競走です。ヨーロッパはもちろん、世界的に見ても有名なレースで、ヨーロッパにおける最強馬決定戦の1つとしても知られています。2016年と2017年はロンシャン競馬場が改修工事のためシャンティイ競馬場で開催されていました。

日本馬が凱旋門賞を勝つことは日本競馬の悲願とされ、今まで多くの日本馬が海を渡り凱旋門賞に挑戦してきましたが、エルコンドルパサーやオルフェーヴルなど3頭が記録した2着が最高で、あのディープインパクトですら勝てませんでした。2018年2月現在日本馬はおろか、ヨーロッパの馬以外が凱旋門賞を制したことは1度もありません。

サトノダイヤモンドが挑んだ凱旋門賞の成績は?

サトノダイヤモンドは4か月半ぶりの出走となった前哨戦のフォワ賞で2番人気に支持されますが重馬場の影響もあったのか4着に敗れますが、しっかりと本番に向けて調子を上げて次走の凱旋門賞へと向かいます。凱旋門賞でそんなサトノダイヤモンドの最大の強敵とされていたのがエネイブルという3歳牝馬でした。

日本でもおなじみのランフランコ・デットーリ騎手が鞍上を務めるエネイブルはイギリスとアイルランドのオークスを制覇して3歳女王の座に輝くと、「キングジョージ」でも4馬身半差の圧勝と圧倒的な強さを見せつけていました。このエネイブル以外にも5頭出しで臨んだオブライエンきゅう舎の馬たちなど多くのライバルがサトノダイヤモンドの前に立ちはだかります。

天気も敵になったサトノダイヤモンド

この強力なライバルたちに加えて、この凱旋門賞が行われた週末はシャンティイ競馬場付近は雨が降り、フォワ賞と同じように重馬場に近い馬場で凱旋門賞が行われます。パワーよりスピードが勝ったタイプのサトノダイヤモンドにとっては、この天気ですら敵になってしまったと言え、ブックメーカーではこの馬場によりサトノダイヤモンドの人気が下がるほどでした。

不安通り世界に大きく差をつけられたサトノダイヤモンド

レース前のオッズではエネイブルが圧倒的な人気に推され、2番人気以下はJRAのオッズとブックメーカーのオッズで差はありましたが、サトノダイヤモンドはJRAでは2番人気、ブックメーカーでは11番人気と人気薄の状態でした。

レースではアイダホが逃げる展開となり、エネイブルは3番手の外側、サトノダイヤモンドは外側の中団やや後ろという位置取りで各馬がレースを進めていきます。アイダホの作り出したペースは1400mの通過が1分27秒1と重馬場としてはまずまずのペースで、各馬が勝負所となるフォルスストレートから最後の直線へと向かっていきます。

世界の力をまざまざと見せつけたエネイブル

サトノダイヤモンドもフォルスストレートあたりから徐々に外を通って進出を開始し、直線では外から前を捕らえに行く競馬をしますが、やはり重馬場の影響が強いのか日本で見せた末脚は見られず、逆に他の馬に差されてどんどんポジションを下げていく形になってしまいます。

そんな馬混みへ沈んでいくサトノダイヤモンドとは対照的にエネイブルは残り300m手前で早くも先頭に立つと、後続を全く寄せ付けず2馬身半差をつけての圧勝を飾り、イギリス調教馬として初の凱旋門賞制覇という成績を収めます。一方のサトノダイヤモンドは15着という成績に沈み、鞍上のルメール騎手も馬場に敗因を求めていました。

キタサンブラックVSサトノダイヤモンド 2016年有馬記念

ここからはサトノダイヤモンドが国内でキタサンブラックと繰り広げた激闘について見ていきます。この2頭が最初に激突したのは2016年のグランプリである有馬記念でした。キタサンブラックは京都大賞典とジャパンカップ、サトノダイヤモンドは神戸新聞杯と菊花賞とそれぞれ連勝を飾り、秋3戦目となる次走を有馬記念とした2頭はともに単勝2倍台で2強対決と見られます。

意地のぶつかり合いとなったゴール前

マルターズアポジーが逃げ、キタサンブラックが2番手から、サトノダイヤモンドも徐々にポジションを上げキタサンブラックを見る形となる5番手付近からレースを進めていきます。向こう正面では早くもキタサンブラックの後ろとなる3番手にポジションを挙げたサトノダイヤモンドは僚馬のサトノノブレスにキタサンブラックをマークさせ、軽く引きます。

中山の短い最後の直線では先にキタサンブラックとゴールドアクターがたたき合う中で外からサトノダイヤモンドが末脚を伸ばし、最後の一押しでキタサンブラックをクビ差捕らえてサトノダイヤモンドが有馬記念制覇を果たします。そしてサトノダイヤモンドはこの成績が評価され、2016年度の最優秀3歳牡馬のタイトルも獲得することになります。

キタサンブラックとの第2ラウンド 天皇賞春

明け4歳となったサトノダイヤモンドは阪神大章典を勝ち、次走に天皇賞春を迎えます。ここには大阪杯を制した次走として出走してきたキタサンブラックもおり、有馬記念以来の対決となりました。共に単勝2倍台と2回目の2強対決となったこのレースは、キタサンブラックがリベンジを果たすのか、サトノダイヤモンドが再び勝利するのかと注目を集めます。

ハイペースで繰り広げられた春の盾を争う激戦!

ヤマカツライデンが大逃げを打つ形になったレースはキタサンブラックが2番手につけ、サトノダイヤモンドは中団からレースを進めていきます。前半の1000mが58秒3とハイペースで流れたレースは、3コーナーから早めに馬なりのままキタサンブラックが逃げ馬との差を詰め、4コーナーで先頭に立つと、それを見る形でサトノダイヤモンドも外からまくっていくレースとなります。

直線では先に抜け出したキタサンブラックをシュヴァルグランとサトノダイヤモンドが捕まえにいきますがその差はなかなか詰まらず、キタサンブラックがサトノダイヤモンドへのリベンジを果たすことになります。サトノダイヤモンドは3着と言う成績に終わりますが、勝ちタイムは3分12秒5という日本レコードだったことから悲観する内容ではありませんでした。

サトノダイヤモンドの次走は金鯱賞!

凱旋門賞で成績を残せなかったサトノダイヤモンドは、次走をキタサンブラックが挑む有馬記念とする案もありましたが、結果的には白紙となり、2018年の初戦を金鯱賞とすることが決まります。さらに金鯱賞の次走は大阪杯、そして宝塚記念というローテーションが予定されていて、鞍上は引き続きルメール騎手が務めるようです。

サトノダイヤモンドの輝きは甦るのか

今回は2018年も現役を続行するサトノダイヤモンドの凱旋門賞や、キタサンブラックとの激闘となった有馬記念と天皇賞春の成績や次走情報などをご紹介しました。国内で再び輝きを取り戻して、秋は再度となる凱旋門賞挑戦はあるのか、サトノダイヤモンドの5歳シーズンに注目が集まります。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ