ヒルバーグのタープ人気ランキング!おすすめ商品や張り方の実例まとめ

キャンプで欠かせないタープ。快適空間を実現するために非常に役立つアイテムだが、そんなタープにはヒルバーグ製のものがおすすめ。自由な貼り方が楽しめて非常におすすめなのだ。そこで今回は、ヒルバーグ製のタープをランキング形式で紹介していこう。

ヒルバーグのタープ人気ランキング!おすすめ商品や張り方の実例まとめ

目次

  1. ヒルバーグのタープってなに?
  2. ヒルバーグのタープは何といっても軽量設計が魅力!
  3. 最高の強度で安心できるヒルバーグのタープ
  4. 張り方も自由自在なヒルバーグのタープ
  5. ヒルバーグのタープの実例を見ていこう!
  6. 5位 ヒルバーグのソロ用タープならこれがおすすめ!
  7. 4位 ペアでの使用におすすめ!軽量なのもうれしい!
  8. 3位 遮光性を求めたいならこちらがおすすめ!
  9. 2位 面積は10ULの2倍の広さ!家族でのキャンプにおすすめ!
  10. 1位 強度はヒルバーグ製タープの中でも最高クラス!
  11. ヒルバーグのタープを使いこなしてより快適なキャンプ空間を!

ヒルバーグのタープってなに?

キャンプ用品で欠かせないのが、テントやタープ。日差しから守ってくれたり、あるいは急な雨でも間もてくれて頼りになる屋根になるわけだが、しかし、そんなタープといってもどれを選んでいいのかわからない人も多いだろう。そこでおすすめなのが、人気のアウトドア製品wお多数輩出しているヒルバーグのタープだ。

実はヒルバーグからもタープが排出されており、その自由度の高さから絶大な人気を誇っている。しかし、タープを探している人でも、このヒルバーグのタープっていったい何?と思う人もいるだろう。そこでこの記事ではヒルバーグのタープのおすすめを紹介するとともに、どんな魅力を持っているのか、実際に使用する時の張り方の実例をあわせて紹介していこう。

まずそもそヒルバーグのタープって何かと感じている人のためにも、詳細に紹介していこう。ヒルバーグとは、世界で初めてインナーとフライシートを一体化させたテントを生み出したメーカーになす。その製品にの特徴には、強度と信頼性、耐久性と軽量というキャンパーにとってうれしい要素をふんだんに盛り込んでおり、すべての基準を満たした高品質なテントを生産しているメーカーだ。

そんなヒルバーグからはタープも展開されており、そのタープには先述した強度や耐久性を備えながらもコンパクトで軽量という高い実用性を持っていることが大きな魅力だ。また、もう一つ大きな魅力として、ヒルバーグのタープは、ユーザー次第で自在な張り方ができるという大きな魅力も合わせ持つ。慣れてしまえば、誰でもロープワークの達人になれるというわけだ。

こんな魅力あふれるヒルバーグのタープ。実用性が高く、ミニマリスト向けのソロタープという面白いアイテムから家族大人数で楽しめる快適タープまでそろっているので、ヒルバーグの中でも用途に合わせてタープを探してみるのも面白いだろう。

スクリーンタープのおすすめ10選!快適にキャンプを楽しもう! | MensModern[メンズモダン]

ヒルバーグのタープは何といっても軽量設計が魅力!

それでは、より詳しくヒルバーグのタープの魅力を紹介していきたいと思う。まずヒルバーグのタープの大きな魅力が、何度も言うようだが軽量という点だ。軽量設計にしてあることで、たためば非常にコンパクトになり、なんと畳んだ状態であれば片手の手のひらサイズにまでコンパクトになってしまうほどだ。

重量は後述するウルトラライトの計量モデルでも1キロ未満非常に軽く、手のひらに載ってしまうほどコンパクトになるので、女性でも扱いやすいキャンプの良い相方として活躍してくれることは間違いない。また、この軽量性のおかげで自在に張り方を工夫するできる際にも、邪魔にならずに手軽に操作できるという点に生きてくる。

キャンプ初心者にも女性でも扱いやすいので、まずタープで機能性を求めるよりも扱いやすさを求める人には最適なおすすめタープといえるだろう。人気のある商品なので、キャンプ地でかぶることもあるが、そこは張り方の自由な点で個性を出せる点もキャンパーとしてはうれしい魅力の一つだ。

カーサイドタープのおすすめ10選!状況で使い分けてキャンプを楽しもう! | MensModern[メンズモダン]

最高の強度で安心できるヒルバーグのタープ

ヒルバーグのタープは、軽量性だけが売りではない。この軽量性を兼ね備えているにも関わらず、なんと驚きの強度を持っている。その強度は、防水や引裂き強度に優れている現在考えられる最高のテント素材といわれているリップストップナイロンにシリコンを含有させた素材で作られている。

テントやタープにこだわったことのある人からしてみると驚きの強度を誇るタープということだ。なんと使っているだけではほとんど壊れることはない。壊れる原因として考えらえるのは、ほとんどが時間がたつことによって起きる劣化だといわれている。ここまでの強度を持っているので、雨漏りなどの心配もないのがうれしいポイントだ。

張り方も自由自在なヒルバーグのタープ

キャンプ地によっては、テントを広げるだけでなく、森の木々を利用してタープを展開したり、オリジナルの空間を作り出せたらより快適になる。そんなキャンパーの気持ちにこたえてくれるところもこのタープのいいところだ。自在に張り方を工夫できると先ほども言ったが、この強度を持っているので、本当にその場に応じたタープの設置をすることができる。

ペグループが多いのも魅力で、これにより、その時々に応じて、状況に合わせてタープを張り方を工夫しつつ展開できるというわけだ。決まった張り方は古いとは言わないが、何か個性がなく寂しいもの。慣れてくれば自分の色も出したいと考える人も多いだろう。そこでこのヒルバーグのタープであれば、自分の思うままの張り方ができて、張り方を考えるのも面白い。

とはいえ、注意事項がないわけではない。このヒルバーグのタープは唯一弱点ともいえる点があり、それが直射日光の遮光性が低いことだ。そのため、真夏の炎天下の下では涼をとるために貼るというのは難しい。このヒルバーグのタープが最適に最大限活躍できるのは、真夏の海やキャンプ場よりも、木漏れ日の下や、高原でのキャンプ場などがおすすめといえるだろう。

ヒルバーグのタープの実例を見ていこう!

それでは、具体的な張り方を実例を踏まえながら紹介していこう。張り方として人気なのは、やはり基本的なポールを利用しての広々と張る張り方だ。この張り方に用いるポールは、純正のものもあるが、けっしてそれでなければ展開できないというわけでなく、今持っているタープ用のポールでもトレッキングポールでも構わないし、木の枝でもしっかり固定できるものであれば、大丈夫。

ヒルバーグのタープそのものの強度が十分なので、基本的にどんな張り方でも大丈夫なのだ。また、張り方として別の実例を紹介するのであれば、テント直結で外に向かってポールなしでピンとなるような張り方もいいだろう。これであれば、急な雨なども防ぐことができ清潔に保つことができる。しかし、この場合テントは濡れるので、それすらも嫌であれば、テント真上に広げるのもおすすめ。

この実例は、テントの真上に貼ることで、フライシートのごとく設置できるわけだが、長時間の雨でもテントの雨漏りは防ぐことはできるし、テントより大きいものであれば、出入り口で濡れる心配もないようにすっぽりと覆うことも可能だ。今回紹介した張り方以外にも、実例は沢山あるだろう。それほど自在に張ることができるので、いろいろな実例を参考に自分のスタイルを見つけてほしい。

5位 ヒルバーグのソロ用タープならこれがおすすめ!

ヒルバーグ タープ5 UL(ウルトラライト)

それでは、具体的なヒルバーグの人気タープを紹介して行くとしよう。5位にランキング入りしたタープはヒルバーグ製品の中でも、ソロキャンプ用におすすめのタープだ。耐久性の高いケルロン1000を素材に採用しており、軽量ウェアと同じくらいの重量なので持ち運びにも大変便利。

さらに、荷物や調理スペースを確保しつつも、ヴィヴィ等を用いなくても雨を凌げる最適なサイズ感で使い勝手抜群。基本的には、ソロ用のタープではあるが、ポールを長くしてセットすれば2人使用も可能なスペースを確保できるので、かなり便利な使い方のできる人気タープだ。

4位 ペアでの使用におすすめ!軽量なのもうれしい!

ヒルバーグ タープ10 UL(ウルトラライト)

次に紹介するのが、ヒルバーグの中でも最も定番といわれる人気タープ。畳めば手の上に乗せられる程コンパクトなり、先ほど紹介した重量についてより具体的な数字で示すと、なんとて750gという軽さを実現している。これは生地を薄いもので作っているからだ。

ソロやペアでの使用に最適なサイズ感で、1色展開のXPと違ってこちらは3色とバリエーション豊かで、同社の万能ウェア・ビバノラックと合わせれば、最軽量で快適に過ごせる組み合わせになること間違いなしだ。

3位 遮光性を求めたいならこちらがおすすめ!

ヒルバーグ タープ10 XP(エクスペディション)

次に紹介するヒルバーグのタープは、ULよりもごつい生地を採用して作られたモデルのタープ。このタープであれば、他のヒルバーグ製品ではできなかった遮光性を実現できている。日差しが気になるところでの利用を考えているのであれば、こちらのヒルバーグタープがおすすめだ。

サイズはULと同様で、カラーはグリーン1色のみで、日除けや雨・風除け、A型テントなど用途の幅は広い。ペグやポールは付属しないが、既に持っているものを代用可能なので、使い勝手は抜群といえるだろう。

2位 面積は10ULの2倍の広さ!家族でのキャンプにおすすめ!

ヒルバーグ タープ20 UL(ウルトラライト)

こちらのヒルバーグタープもおすすめだ。何と面積はタープ10ULの約2倍もあり、子供連れにも最適な家族向けのタープとなっている。十分余裕のあるサイズ感なので、非常に使い勝手がいい。広々と使いたい方におすすめで、薄い生地で軽量だが、一般テント素材の4倍の強度を誇るケルロン1200を使っており、経年劣化が少なく強靭とかなり安心できる作りだ。

1位 強度はヒルバーグ製タープの中でも最高クラス!

ヒルバーグ タープ20 XP(エクスペディション)

最後に紹介するヒルバーグのタープがこちらだ。タープ20ULより生地が厚く、一般テント素材の5~6倍の引き裂き強度があるケルロン1800を使用している最強のタープ。ヒルバーグ製品の中でも遮光性が高く、、複数人が入れるサイズ感なので、タープ10XPより広範囲に日陰を作りたいときに最適なヒルバーグのタープとなる。

焚き火をタープの下でする時の注意点!難燃性の高いおすすめも紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヒルバーグのタープを使いこなしてより快適なキャンプ空間を!

タープやテントにこだわって選ぶ人は、こんなヒルバーグのタープはいかがだろうか。とても実用性が高く、また高機能だけというわけでなく軽量で非常に使い勝手が良い製品。ヒルバーグのタープだからこそできることだろう。これを使えば、今後のキャンプ空間もより快適なものになるはずだ。

タープのおすすめランキング!人気ブランドやメーカーを価格・種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ