ネイマール選手の筋肉がすごいと話題になっています。ネイマール選手は身長はそれほど高くありませんが、筋トレをされていて筋肉はすごいようです。今回はネイマール選手にスポットを当て、身長や体重などの情報を紹介し、筋トレ方法を調査していきます。ぜひ、ご覧ください。

ネイマールの身長・体重は?筋肉がすごい!筋トレ方法も調査!【画像】

目次

  1. ネイマールの身長や体重は?筋肉のすごさを紹介
  2. ネイマールのプロフィール
  3. ネイマールの身長は?
  4. ネイマールの身長はホントに173㎝なの?
  5. ネイマールの体重は?
  6. ネイマールは今話題の細マッチョ!?
  7. バランスのよい筋肉をしている
  8. 素晴らしい腹筋を持っている
  9. 緩急をつけた筋トレを取り入れている
  10. ドローインで腹筋を鍛えている
  11. 重たいウェイトは使わず筋トレしている
  12. 神経を鍛えストレッチを行いしなやかな肉体を目指す
  13. ネイマールのすばらしい筋肉画像
  14. プッシュアップで鍛えよう
  15. ドローインで鍛えよう
  16. スクワットで鍛えよう
  17. 【まとめ】ネイマールは身長は低いけどトップ選手だった

ネイマールの身長や体重は?筋肉のすごさを紹介

ネイマールの身長や体重を知りトレーニング方法を見ていこう

皆さんは、サッカーのネイマール選手を知っているでしょうか?サッカー王国ブラジルのエースであり、世界的にも有名なサッカー選手です。さまざまな記録を打ち立てています。ネイマール選手は、あまり身長が高くないのですが、筋トレを行い、しっかりと筋肉を鍛えているようです。サッカーで大活躍できるのも、鍛え抜かれた筋肉があるからでしょう。

今回は、世界的に有名なサッカープレーヤーであるネイマール選手にスポットを当て、身長や体重などの基本的なプロフィールを紹介し、どのような筋トレによって、筋肉を鍛えているかを調査します。テレビなどで、試合の映像を見る限り、細身の体型をされていますが、筋肉はすごいようです。ネイマール選手の筋トレの秘密について見ていきましょう。

ネイマールのプロフィール

名前:ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール
生年月日:1992年2月5日
出身地:モジ・ダス・クルーゼス
国籍:ブラジル
職業:サッカー選手

サッカーに興味がある方なら、ネイマール選手を知らない人はいないでしょう。それくらい、有名なサッカー選手です。ネイマール選手のお父さんもサッカー選手であり、幼いころから、注目された逸材でした。2009年に17歳以下のブラジル代表に選ばれ、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、金メダルを獲得されました。現在はブラジル代表のエースとして活躍されています。

ネイマールの身長は?

世界のトッププレイヤーであるネイマールの身長はどのくらい?

世界を舞台に活躍されているネイマール選手。日本人でもファンが多いようです。ネイマール選手は、小柄なイメージがありますが、身長はどのくらいなのでしょうか?ネイマール選手の身長について調べてみました。ネイマール選手の身長は、公式のプロフィールによると、173㎝だそうです。ブラジル人男性の平均身長は約170㎝です。そのため、ネイマール選手は、平均程度の身長と言えます。

身長の低さを感じさせないテクニックが魅力

サッカー選手の場合、身長が高い選手が多いため、ネイマール選手の身長は、サッカー選手の中ではかなり小柄な部類に入るでしょう。身長は小柄ですが、サッカーのテクニックは巧みで、身長の低さを全く感じさせません。逆に、身長が低いからこそ、すばしっこくドリブルができて、それがネイマール選手の特徴となっています。身長は低くても、テクニックでカバーしているのです。

ネイマールの身長はホントに173㎝なの?

ネイマールの身長には複数の説がある

ネイマール選手の身長は、公式では173㎝と言われていますが、実は175㎝だったり、170㎝だったりと、身長には幅があるようです。サッカー選手の中には身長のサバ読みをしている方もいるので、もしかすると、ネイマール選手も身長をサバ読んでいる可能性もありますが、サッカー選手と並んで立っている所を見る限り、身長は173㎝くらいで間違いないようです。

身長は173㎝で間違いない

恐らく、175㎝というのは、少し高すぎる印象があるので、間違いでしょう。逆に身長が170㎝というもの、画像を見る限り低すぎる感じがします。そうなると、公式で発表されている173㎝という身長が、正しいと言えます。いずれにしても、ネイマール選手の身長は、サッカー選手の身長から見ると、それほど高くはありません。しかし、サッカーの技術が素晴らしいからこそ、身長が低くても活躍できるのです。

ネイマールの体重は?

身長はそれほど高くないネイマール!体重はどのくらい?

ネイマール選手の身長を見てきました。そうなると、今度は体重が気になるのではないでしょうか?ネイマール選手の体重について調べてみました。ネイマール選手の体重は、68㎏だそうです。身長が173㎝であり、体重が63㎏というのは、普通体重になります。ただ、サッカー選手としては、かなり体重は軽いでしょう。身長の高い選手の中には80㎏を超える方も多いので、ネイマール選手は細身の体をしています。

ネイマール選手は、比較的体重が軽いのですが、筋肉はすごいようです。身長が低くても、筋肉がしっかりと鍛えられているので、大きな選手とぶつかっても当たり負けない力があるのです。身長が173㎝の方の標準的な体重は65㎏くらいになるので、体重が68㎏あるネイマール選手は、筋肉質な体をしている可能性が高いです。筋トレをして筋肉を鍛えているからこそ、トップの選手でいられるのです。

ネイマールは今話題の細マッチョ!?

身長は低くても筋肉がすごいのがネイマールの特徴

ネイマール選手の体を見ていくと、割と細身の体をしています。身長が173㎝で、体重が68㎏ですから、ゴリゴリというマッチョではありません。細身の体を持つ細マッチョであることが分かります。日本でも人気の細マッチョですが、ネイマール選手は、普通の細マッチョであるわけではありません。見せかけではない筋肉を持っているのです。サッカーをするために筋肉がしっかり鍛えられているのです。

ネイマール選手は、素早いドリブルが魅力です。このようなドリブルをするためには、全身の筋肉をバランスよく鍛え、実践で使えるようにしなければなりません。また、筋肉をつけすぎて、体が重たくなってしまうと、持ち味であるスピードが失われてしまうので、過剰に筋肉をつけないようにする必要もあります。ネイマール選手は、全身がバランスよく鍛えられ、使える筋肉を持った痩せマッチョなのです。

バランスのよい筋肉をしている

ネイマールは筋肉バランスが大変優れている

ネイマール選手は、全身の筋肉がバランスよく鍛えられています。そして、このバランスの取れた筋肉があるからこそ、ネイマール選手は、華麗なフェイントで相手を抜き去ることができるのです。ネイマール選手がドリブルの際に行うフェイントは、世界一と言われています。素早く動きであっという間に相手を抜き去ってしまう技術は、ネイマール選手の特徴であり、最大の武器です。

サッカー選手は下半身の筋肉が命となっていますが、ネイマール選手は、下半身がとても強いです。相手の選手を抜き去るときに、下半身がしっかりしているからこそ、急激な方向転換にも対応できるのです。また、下半身だけではなく上半身の強さがあるからこそ、激しいドリブルをしても、体の軸がぶれずに、素早い動きに対応できるのです。さすが、世界最高峰のサッカー選手です。

素晴らしい腹筋を持っている

身長が低いからこそ筋肉の密度が高い!

ネイマール選手は、素晴らしい腹筋を持っています。腹筋は主に腹直筋が鍛えらえると、きれいに割れた状態になります。ネイマール選手も腹筋が割れているのですが、腹斜筋や腹横筋と呼ばれる、お腹のサイドの筋肉がしっかりと鍛えられています。腹筋はサッカーをする上でとても大切な筋肉です。体幹が強くなると、相手に押されても倒れにくい体になります。

ネイマール選手は、お腹のサイドの筋肉である腹斜筋や腹横筋が鍛えられているので、フェイントやドリブルをした時に、素早く体を動かせるようになります。ネイマール選手の世界レベルのドリブルやフェイントは、腹斜筋や腹横筋といった、腹筋の筋肉があるからこそ、可能になっているのです。ネイマール選手のフェイントやドリブルの原動力は腹筋の力によって支えられています。

緩急をつけた筋トレを取り入れている

ネイマールの筋肉は緩急をつけた筋トレによって作られている

ネイマール選手の筋トレの特徴は、緩急をつけたトレーニングです。ネイマール選手の画像を見ていくと、実践で使える筋肉が鍛えられているのが分かります。また、筋トレ中の画像を見ると、時に早く、時にゆっくりと、筋トレに緩急をつけていると確認できます。サッカー選手は、緩急をつけた動きをします。そのため、実際の筋トレにも緩急をつけるのが大切なのです。

緩急をつけた筋トレ方法として有名なのは、TRXトレーニングです。TRXトレーニングは、ひも状のベルトを使った、自重でのトレーニングになります。自重でのトレーニングになるので、筋肥大は難しいのですが、しなやかで実践で使うような筋肉をつけるのには効果的です。ネイマール選手も、このような筋トレで、筋肉を鍛えているのではないでしょうか。

ドローインで腹筋を鍛えている

ドローイントレーニングで理想的な腹筋を手に入れた

ネイマール選手は、腹筋が素晴らしく鍛えられていますが、一体どのような筋トレをされているのでしょうか。ネイマール選手の腹筋の筋トレメニューの中に「ドローイン」というものがあります。ドローインというのは、息を吸いながらお腹をへこませる筋トレ方法です。表面の筋肉だけではなく、深層部の筋肉を鍛えられると言われています。

ドローインというトレーニングは、呼吸が非常に大切になってきます。そのため、呼吸を整える訓練にもなるのです。もしかすると、試合中に息切れした時などに、呼吸を整える技術を知っていれば、回復を促すのが容易になるかもしれません。腹筋運動というシットアップやクランチが有名ですが、ネイマール選手はドローインによって、腹筋を鍛えているようです。

重たいウェイトは使わず筋トレしている

ネイマールは主に自重で鍛えている!?

意外な話かもしれませんが、ネイマール選手は筋トレで重たいウェイトを一切使わずにトレーニングをされているようです。ネイマール選手はボディビルダーのように筋肥大を目的としているわけではなく、実践で使える筋肉を最重要視しています。ネイマール選手の画像を見ると分かりますが、太い筋肉というよりも、しなやかな筋肉をしています。使える筋肉を鍛えるのがネイマール選手の目的です。

また、重たいウェイトを使わない理由は、もう一つあります。それは筋肉の回復を考えているためです。重たいウェイトを使って筋トレをすると、筋肉を回復させる時間が必要になります。しかし、サッカー選手の場合、筋肉を回復させるからといって、練習や試合を休めません。ネイマール選手は、筋肉の回復に時間がかかる、重たいウェイトを使ったトレーニングを避けているのです。

神経を鍛えストレッチを行いしなやかな肉体を目指す

ネイマールはストレッチを大切にしている

ネイマール選手は、筋トレと並行して神経系を鍛えるためのトレーニングをしているようです。いわゆるコーディネーショントレーニングという方法です。こちらのトレーニングを筋トレに組み込めば、筋肉を鍛えるのと同時に、神経系を鍛えられます。運動神経などが上がり、サッカーを行う上で大きなメリットになります。神経系が発達しているからこそ、巧みなドリブルを発揮できるのです。

また、ネイマール選手はストレッチをとても大切にしているようです。ストレッチは筋肉を鍛える方法ではありませんが、筋肉の緊張をほぐし、間接の可動域を広げてくれるのです。また、リラックス効果もあります。ストレッチを行い筋肉をほぐしていけば、より一層トレーニング効果が上がるのです。ネイマール選手のケガが少ないのもストレッチが関係しているでしょう。

ネイマールのすばらしい筋肉画像

ネイマールの素晴らしい画像を見てモチベーションアップ

ネイマール選手の素晴らしい筋肉が分かる画像をご紹介します。身長は低いですが、その分密度の高い筋肉で、とてもかっこいいです。まずは、下記の画像から見ていきましょう。適度に発達したバランスの良い筋肉をしています。画像を見る限り、腹筋がしっかりと割れていて、大胸筋も盛り上がっていますね。痩せマッチョという肉体が画像とを通しても伝わってきます。素晴らしいです。

こちんの画像のネイマール選手もかっこいいです。ユニフォームの上からでも、発達した筋肉のすごさが分かります。画像を見る限り、細身の体をしていますが、筋肉はしっかりとついています。ネイマール選手は、主に自重でのトレーニングをされていますが、その筋トレでここまでの体を作り上げるのはすごいの一言です。本当にかっこいい肉体の画像です。

プッシュアップで鍛えよう

ネイマールの肉体を目指すために取り入れたいトレーニング①

ネイマール選手の身長や体重、トレーニングの特徴などを解説し、素晴らしい肉体の画像を見ていきました。今度は、ネイマール選手の筋肉を目指すための、トレーニング方法をご紹介します。ネイマール選手は、主に自重でトレーニングをされているので、自重トレーニングを中心に紹介します。まずは、プッシュアップです。簡単に言えば、こちらは腕立て伏せです。

手幅は肩幅より少し広めに起き、まっすぐ体を伸ばして手と足で体を支えます。肘を曲げて胴体をゆっくりと下げていき、体を下ろし切ったら今度はゆっくりと肘を伸ばして体を上げています。プッシュアップは慣れると負荷が軽くなるので、高回数を行うと良いでしょう。最初は10回を目安にして、徐々に回数を増やしいくと効果的にトレーニングができます。

ドローインで鍛えよう

ネイマールの肉体を目指すために取り入れたいトレーニング②

既に触れていますが、ネイマール選手は、ドローインというトレーニングを行っているようです。ドローインは、筋肥大の効果は薄いですが、通常のシットアップやクランチでは鍛えにくい深層部の筋肉を鍛えることができます。いわゆるインナーマッスルという筋肉です。通常のトレーニングにプラスしてドローインを取り入れば、効果的に腹筋運動が可能になります。

ドローインは息を吐きながらお腹をへこませて、その状態を30秒ほどキープします。この動作を4回程度繰り返すと、深層部の筋肉を鍛えられます。ドローインを行っている時は、呼吸を止めないようにしましょう。立った状態でもドローインは可能なので、空いた時間にサクッとトレーニングしたい時にも有効です。ドローインの参考動画を用意したので、併せて確認してみましょう。

スクワットで鍛えよう

ネイマールの肉体を目指すために取り入れたいトレーニング③

自重トレーニングといったらスクワットが有名です。スクワットで下半身を鍛えていけば、ネイマール選手のようなたくましい下半身に近づけるでしょう。実は、スクワットは非常に運動量があるトレーニングです。カロリー消費が高いので、体作りにはもちろんですが、ダイエット中にも取り入れたい筋トレと言えます。大腿四頭筋呼ばれる大きな筋肉を鍛えれるので、代謝も上がります。

肩幅に足を広げ、つま先をやや外側にします。背筋を伸ばし、手は真っすぐに前に伸ばします。息を吸いながら腰を落とし、太ももと床が平行になるまで体を落としたらゆっくりと元に戻します。20回を5セット程度行うと、良いでしょう。スクワットには注意点があり、ひざがつま先よりも前に出ないようにすると良いでしょう。ひざを痛めるリスクが減ります。

【まとめ】ネイマールは身長は低いけどトップ選手だった

身長の低さを感じさせないネイマールは今後が楽しみなサッカー選手の一人

世界が注目するサッカー選手であるネイマール選手。素晴らしい筋肉を持っていることが分かりました。今回はネイマール選手にスポットを当て、身長や体重などの基本的なプロフィールを紹介し、トレーニング内容について見ていきました。また、ネイマール選手を目指すための、トレーニング方法も解説したので参考にしてみて下さい。ネイマール選手の肉体目指して筋トレに励みましょう!


評価 4.5/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ