健康のためにウォーキングを始めようと考えている人は、その距離や時間の目安を知りたい人も多いと思います。ウォーキングの効果を得るにはどれくらいの時間ウォーキングをすれば良いのでしょう。ウォーキングのダイエットやカロリー消費の効果や、その距離や時間を紹介します。

ウォーキングの効果的な時間と距離とは?健康維持におすすめな方法

目次

  1. ウォーキングの効果的な時間や距離とは
  2. ウォーキング効果のメリットとは
  3. ウォーキング効果は距離よりも時間を目安に
  4. 距離よりも時間でウォーキング効果を得よう
  5. 時間を伸ばしていく中で距離が増えてくる
  6. 距離よりもウォーキングはまず時間から
  7. 距離よりも時間のほうがダイエット効果あり
  8. 散歩のような方法で時間と距離を得ても良い
  9. ウォーキングの効果は継続することが大事
  10. ウォーキングの距離と時間を安定させて効果を得る
  11. ウォーキング効果は期間がかかることを覚えておこう

ウォーキングの効果的な時間や距離とは

ダイエットのために、ウォーキングを初めたいと考えている人も多いと思います。実際にウォーキングの効果を得るためには、どれくらいの時間や距離をウォーキングすれば良いのでしょう。

ウォーキングの消費カロリーや、ダイエット効果をしっかりと得るためのアドバイスを紹介します。ウォーキングの時間や距離は、どのようなウォーキングの効果をもたらしてくれるのでしょう。

ウォーキング効果のメリットとは

ウォーキングがダイエットでおすすめされる理由は、まずお金がかからないことや、初心者でも身体への負担が少ないことです。

また、あまり場所を気にする必要もなく、男女関係なく行いやすいダイエットといえます。また、専門的な知識を必要としないのが、ウォーキングの良いところです。

極端な言い方をすれば、ウォーキングは、とにかく歩くだけでダイエット効果が得ることが出来る運動だといえます。

ウォーキング効果は距離よりも時間を目安に

ウォーキングはダイエットの基礎になる運動だといえます。まったく普段から運動をしていない人の場合は、さらにウォーキングの前にストレッチを毎日しっかり行う、というところから始めても良いでしょう。

ウォーキングはその次に行う運動ともいえ、そこからさらに負荷の多いジョギングやランニングへと発展させていくのが、効果的なダイエットの方法だといえます。

そういった中で、まずはウォーキングをやる中で距離で判断するよりも、時間を参考にするのがおすすめです。ウォーキングの距離を計測するには、そのためのアイテムが必要になるので、時間であれば時計があればすぐに確認できます。

運動する時間の効果的な取り方は?有酸素運動20分の本当の意味 | MensModern[メンズモダン]

距離よりも時間でウォーキング効果を得よう

いきなり時間でウォーキング効果を得ようとしても、初心者がいきなり1時間もウォーキングするのはおすすめしません。

まずは、運動不足を解消するために15分以下ぐらいの時間に設定してみましょう。ほとんどウォーキングをしたことがなければ、10分以下ぐらいの時間でも十分です。

そこで行いたいのは、短い時間の中で、しっかりとウォーキングのフォームを確認することです。頭を必要以上に揺らさないこと、目線はまっすぐと前を向いて、呼吸のリズムを崩さないようにすることが大事です。

運動は健康にどんな効果がある?寿命を延ばす身体の動かし方 | MensModern[メンズモダン]

時間を伸ばしていく中で距離が増えてくる

ウォーキングを初めて2週間程度経ってきたら、少しずつウォーキングの時間を伸ばしていきましょう。それにともなって、自然とウォーキングの距離も伸びてきます。

ウォーキングのダイエット効果を得るためには、時間として30分を行うのが理想的になります。ウォーキングなどの有酸素運動は20分ほどの時間を継続すると、脂肪燃焼が得られると言われています。

もし、30分の時間のウォーキングを行って少ししんどいと感じた場合は、まだその時間が長すぎるかもしれません。焦ることはないので、一度元の時間に戻してみても良いですね。

運動は家で静かにできる!筋トレと有酸素運動を組み合わせたエクササイズ20選! | MensModern[メンズモダン]

距離よりもウォーキングはまず時間から

同じ時間でもウォーキングの距離を稼ぎたい場合は、そのスピードを上げる必要があります。しかし、それはウォーキングの負荷を高める効果があり、逆に言えば疲労度も増してきます。

そのため、やはり初めは距離を伸ばすよりも、ウォーキングの時間に慣れることがおすすめです。30分の時間のウォーキングに慣れたら、10分ほどずつ時間を伸ばしてみて、自分の身体を鍛えていきましょう。

理想的な時間としては、1時間のウォーキングが出来るようになったら、それをしっかりと習慣化していきましょう。距離的にも十分稼ぐことが出来ます。

冬におすすめのダイエット方法特集!効果的な運動や食事メニューを大公開 | MensModern[メンズモダン]

距離よりも時間のほうがダイエット効果あり

実際のところ、ウォーキングは距離を稼ぐよりも、時間によってダイエット効果がしっかりと現れてきます。難しいことは考えずに、30分ほどのウォーキング時間を実施したら、ダイエット効果があると考えて良いでしょう。

つまり、ウォーキングに関してはスピードを早めて距離を稼いぐことよりも、時間をしっかりと確保したウォーキングのほうがカロリー消費が期待できます。

長くウォーキングによるダイエットを続けたい場合は、無理しない時間と距離が重要です。そのため、1時間という時間は一つの目安で、これ以上の時間ウォーキングをしなくてもいいといえます。

むしろ、ウォーキングを毎日同じ時間と距離を行うことで、カロリーを消費していくのが大事になります。ウォーキングを一時間行って距離を稼いだら、他のダイエットメニューを行ったり、しっかりとした食事制限を行うほうが理想的かもしれませんね。

運動の種類別消費カロリーまとめ一覧!体重・性別ごとの正しい計算の仕方は? | MensModern[メンズモダン]

散歩のような方法で時間と距離を得ても良い

ウォーキングは時間や距離だけで、ダイエット効果を得るだけのものではありません。ウォーキングにはカロリーを消費するだけでなく、ストレス解消や生活習慣病の予防につながります。

例えば画像のように、犬との散歩のような形でウォーキングを楽しんでもいいといえます。黙々とウォーキングをこなすのが苦手という人も多く、音楽を聞きながらも良いですが、愛犬との散歩をウォーキングと考えても良いでしょう。

また、ウォーキングにはストレス解消によって、自律神経のバランスを整える働きがあります。ダイエットにおいてカロリーを消費したい場合は、こういった自律神経が安定していることによる、ホルモンの分泌も重要になってきます。

カロリーを消費して、脂肪を燃焼させてくれるのには、ホルモンの働きが不可欠です。ストレスがたまっていると、脂肪を分解してくれるホルモンの分泌が減ってしまうため、なかなかダイエットが成功しない原因になるんです。

ウォーキングも効果を得ようとするあまり、時間や距離を意識しすぎて、リフレッシュにつながらないものはNGといえます。ウォーキングをしたことで、気持ちが晴れやかになる。そんなウォーキングの時間や距離にするのがおすすめです。

運動前の食事メニューのおすすめ紹介!脂肪燃焼に効果的な食材とは? | MensModern[メンズモダン]

ウォーキングの効果は継続することが大事

ウォーキングの効果は、長期的に安定したダイエット効果が得られるものという点です。つまり、短期的に一気にカロリーを消費して、大きくダイエットしたい場合には適していません。

ウォーキングのもっとも望ましい効果は、運動を習慣化させてくれるという点です。ウォーキングのダイエット効果は短期間では実感出来ないかもしれませんが、それを3ヶ月、半年と続ける中で必ずしっかりとした成果が現れるダイエットなんです。

ダイエットには「痩せるため」という目的と「太りにくくするため」という2つの目的があります。ウォーキングはこの二つの目的を果たせるものであり、そこにプラスで筋トレなどを行うのが理想的なんです。

活動量計のおすすめブランドランキング!人気のリストバンド型など紹介 | MensModern[メンズモダン]

ウォーキングの距離と時間を安定させて効果を得る

ウォーキングが他のダイエットメニューと比べて、好まれている理由は、やはり継続させて安定した運動量を得られる点です。

ウォーキングの距離は万歩計やアプリなどを利用して確認するのもおすすめです。ウォーキングの距離的な目標に「一日一万歩」というのは、多くの人が目標にしている距離です。

また、活動量計と言われるような、時計のような形をしていて自分のウォーキングの距離や時間を記録してくれるものもあります。

こういったものを使って、自分のウォーキングの時間や距離、そしてその効果をチェックするのも、前向きにウォーキングを続けることが出来るコツだといえます。

心拍計付き腕時計の人気おすすめ特集!活動量計を付けるメリットは? | MensModern[メンズモダン]

ウォーキング効果は期間がかかることを覚えておこう

ウォーキングの効果や、その時間と距離について紹介しました。重要なのは、ウォーキングの距離や時間は少しずつ伸ばして、1時間という目標に持っていきましょう。

そして、ウォーキングの効果はいきなり現れるものではなく、期間が必要であるということも覚えておきましょう。短期間で痩せたいという目標であれば、もっと運動量の多いランニングや縄跳び、また水泳などのほうが効果的だといえます。

ウォーキングの効果は、運動を習慣化させることです。また、男女年齢関係なく、誰でもすぐに始められる運動であるということが大きなメリットです。すべての運動の基礎にもなるので、そこから様々な運動につなげていくのがおすすめですね。

ウォーキング前には、しっかりとウォーミングアップを行ってストレッチを行いましょう。そして、ウォーキングは、ストレスを解消させて、リフレッシュするようなメニューにしましょうね。


評価 4.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ