おしゃれなカフェの壁などにあるチョークアートに見とれてしまうことはありませんか?贈答用のインテリアとして、結婚式のウェルカムボード用にご依頼する人も増えているチョークアートの特集です。チョークアートを描く際に必要な道具、描き方のコツも踏まえてご紹介します。

チョークアートの描き方・コツを紹介!かっこよく描くためのポイントまとめ

目次

  1. おしゃれなチョークアートに興味があるのなら
  2. チョークアートって何という方へ
  3. チョークアートはどこから始まったのか
  4. 道具やコツは徐々に進化していった
  5. 日本でのチョークアートの経緯
  6. 結婚式のウェルカムボードとしても描かれている
  7. チョークアートを描く際に準備するもの
  8. チョークアートを上手に描くコツ
  9. チョークアートをさらにカッコよく描くためのひと手間
  10. チョークアートが立体的に見える理由とは
  11. チョークアートのウェルカムボードを描くには
  12. チョークアートが好きになるための心がけ
  13. 描き上げたチョークアートのためのアフターケア
  14. チョークアートの描き方を習得したいと思ったら
  15. 今後も注目されているチョークアートの世界観

おしゃれなチョークアートに興味があるのなら

街のおしゃれなカフェやレストランなどで、最近よく頻繁に見かけるのが「チョークアート」と呼ばれているものです。そのお店の看板としておすすめなメニュ、日替わり、季節のメニューをお知らせするだけではなく、そのお店が持っているポリシーやコンセプトも分かりやすく、快適な居心地さを演出してくれます。今回はそんなチョークアートを描く際に必要な道具、描き方のコツも踏まえてご紹介します。

チョークアートって何という方へ

チョークアートとは、大きい壁、もしくは木版に特殊ペイントを施した「ブラックボード(黒板)」をキャンバスにして、オイルパステルで絵や文字を描いていくアートの手法です。直接パステルで描きつつ指で色を混ぜながらグラデーションを作ル独特な手法で仕上げていくのがコツです。オイルパステルによる立体感と発色が独創的です。

チョークアートはどこから始まったのか

チョークアートの発祥はどこだか分かりますか?実は、英国のパブで看板として使用され始めたことからによるとされています。 パブなどの看板を作っていた英国人がやがてオーストラリアへ移民として渡り、看板職人にとなってよりアーティスティックなカフェや店舗での看板作りとして発展していったとされています。

カフェ風インテリアでおしゃれ部屋にチェンジ!コツやポイントは? | MensModern[メンズモダン]

道具やコツは徐々に進化していった

元々は普通の白墨などのチョークで描かれていましたが、カフェやショップなどの壁などに直接描くようになってからは、外壁での耐久性や色のニーズも高くなり、徐々にオイルパステルを使用して描くことが主流となっていきました。現在では画材や道具の種類に関わらず、黒板や壁面に描くアートを全般的にチョークアートと呼んでいます。

日本でのチョークアートの経緯

日本でのチョークアートの歴史は、最初にオーストラリアへ赴いて技術を学んだ人物が持ち帰ったことからスタートしました。 日本でもチョークアートは認知され、各種教室の受講や資格取得も可能となっています。講師としてチョークアート・レッスンを行っている人々も増え、おしゃれなカフェに出向き直接描いている人もいるくらいです。

結婚式のウェルカムボードとしても描かれている

現在ではカフェの看板、壁だけに限らず、チョークアートそのものを贈答用として承っている業者も存在します。その際は、結構式や披露宴の時に使用するウェルカムボードとしてチョークアートを注文する新婚カップルも増えていて、ますますポピュラーなものとなってきました。

チョークアートを描く際に準備するもの

黒板や壁面に装飾文字やイラストを描くチョークアート、手軽で華やかなアート作品ができあがることで根強い人気となっています。それでは、チョークアートを描きたいと思った時に、まずはどのような道具や画材を準備すればいいのでしょうか?ここでは、チョークアートに必要な道具や備品についてご紹介します。

チョークアートの道具①/ブラックボード

黒板(ブラックボード)は、通常MDFボードと呼ばれる木版に黒板用塗料を塗って加工されています。100均やホームセンターに行けば一通り材料や道具は揃いますので自家製で作ることも可能です。その手間を掛けたくないという方は、既にチョークアート用黒板も販売されています。お好みサイズ分と枚数を揃えておくとよいでしょう。

チョークアートの道具②/オイルパステル

オイルパステル(oil pastel)は、棒状になった油性固形描画材の一種です。 クレヨンの主原料である着色顔料と蝋に加え、液体油と体質顔料を含んだ画材道具です。軟らかく画面上にて伸ばしたり盛ることも可能なので、あらゆる技法に富んでいます。色の種類は多いに越したことはありませんが、12色以上を目安にしましょう。

チョークアートの道具③/マスキングテープ

マスキングテープとは元々は建築現場にて養生用テープとして開発されましたが、今ではおしゃれな小物アイテムとしても脚光を浴びています。チョークアート用ならば通常市販されているもので十分です。壁やブラックボードなどのキャンバス上で汚したくない個所に貼って隠しておきます。塗料がはみ出るのを防ぐのに使用します。

チョークアートの道具④/綿棒

チョークアートを描く際に準備してあると重宝する道具の一つが、それが「綿棒」です。細かい部分の修正をする際に使用するために用意しておけば何かと役に立つツールです。細かい個所の色を混ぜたりする際にも使えます。綿棒はできるだけ用意しておきたい道具です。

チョークアートの道具⑤/筆

チョークアートをきれいに仕上げる際のコツとして筆が活躍します。最後の仕上げの際、筆にて余分な汚れや誤ってついてしまった色を黒い塗料などで綺麗にする際など使えます。他にも綿棒ではぼかしきれない繊細な個所などが生じる時に、筆を使ったほうがより繊細に反応します。

チョークアートの道具⑥/仕上げスプレー

チョークアートを描きあげたら、最後の仕上げのコツとして用意しておきます。描いた絵にスプレーすることによって全体をコーティングして強化します。「高耐久ラッカースプレー」を使用すとよいでしょう。

チョークアートを上手に描くコツ

チョークアートを描こうとしていきなり本番用の黒板や壁に向かうのはちょっと早合点です。まずはきれいに仕上げるための下準備を怠らないことが上達するコツです。ここではチョークアートを上手に仕上げるコツについてご紹介します。

チョークアートが上達するコツ①/デッサンはとても大切なこと

カフェの壁や黒板などにどのような文字や絵を描きたいか?といった細かい仕様については、ラフスケッチで紙上に配置してみましょう。絵画などでもデッサンは重要な役目があるように、チョークアートでもデッサンですべてが決まります。その際の紙のサイズはボードなどの描く対象と同じ縦横比にしておくとイメージしやすくなります。

チョークアートが上達するコツ②/全体バランスや配置の構図を考える

ボードや壁の大きさと比較し、文字や絵の配置ポイントを決める作業をします。その際には垂直・水平・センターを押さえ端正にバランスよく見える工夫をしていきます。もしカフェの壁などの大きなキャンバスを使用するようなら、水平を測るための「水準器」などがあると便利です。ホームセンターなどで手に入ります。

チョークアートが上達するコツ③/常にフォントの研究をしておこう

街のカフェやショップのおしゃれなチョークアートを普段から意識して見るといいでしょう、イラスト部分も大事ですが書体(フォント)の表現が独特なものなどが目立つはずです。海外のフリーフォントでおしゃれなものがいっぱいあります。あらかじめ描きたい文字についてをPCから出力してお手本にするのが一番やりやすい方法です。

絵が上手くなる練習方法は?イラストが上達する描き方の基礎とは? | MensModern[メンズモダン]

チョークアートをさらにカッコよく描くためのひと手間

さらにチョークアートの描き方を上達させたいと思う方には、このような習慣を持つとよいでしょう。ポイントとなるのは、一手間を掛ける時間を惜しまず、それ相応に納得するまでひたすら描き続けていくといった、普段から練習をするということです。

チョークアートがさらに上達するコツ①/描き方の動画を視る

youtubeなどの動画配信サイトには、チョークアートやオイルパステルの描き方のポイントを動画で配信していることが多く、それらを時間の許す限り眺める習慣を持つといいでしょう。他の人がどのような方法で絵や文字を描いているのかが、ストレートに分かります。さらに上達するためには、自分以外のアイデアを知るということです。

チョークアートがさらに上達するコツ②/マイブラックボードを所持する

チョークアートを上手に慣れた手つきで描いていきたいと憧れているのなら、実際のものを手にとって描いていくしか方法はありません。できれば自分用の黒板を一枚用意して、何か事があるたびに描いていく練習をしていくのがおすすめです。普通のチョークなどを使えば、消したり書いたりを繰り返せますの何度でも練習ができます。

チョークアートがさらに上達するコツ③/さまざまなフォントを集める

チョークアートの決め手は、フォントの形や大きさの独創性によってです。普段からフォントについては研究しておく必要性があります。そのためには多くのフォントに触れるしかありません。新聞の折り込みやポスティングの広告など、好きなフォントは切り取ってコレクションすれば自分だけの資料が完成します。

チョークアートが立体的に見える理由とは

カフェやショップの壁に描かれたチョークアートの絵は立体的に見えてくることで惹き立っていますが、このようになぜチョークアートは立体的に見えるのかという理由についてご紹介します。これはすごく単純なことで、絵の中に「シャドウ(陰影)」を入れるように描かれているからです。

黒板のベースと白の厚塗りでシャドウを入れる

元々下地が黒板の暗い色がベースになっているので、色の重ね具合によっては少し陰になる個所が活かされます。さらにグラスや光のあたる部分の描写をする際に、白を熱く塗って微妙な明暗を意識することで立体感が完成していきます。

チョークアートのウェルカムボードを描くには

結婚式の準備をされている方々はそれ相応の忙しさもあると思われます。披露宴なども含めた会場入口に飾るウェルカムボードにチョークアートを取り入れているケースもかなり目立ってきました。ウェルカムボードの役割は、式の当日に忙しい当人たちに代わってゲストを明るく迎えるアイテムとして定着しました。

ウェルカムボードは一生ものである

ウェルカムボードは一生に何度もない瞬間を飾る想い出深いツールとなる大切なものです。もしチョークアートでウェルカムボード作成をしようと考えている場合、一番注意すべき点は、その式をどのようなイメージで成功させたいのかというビジョンが整った上で発注するということです。

その式典に見合ったウェルカムボード制作をする

結婚式や披露宴はカップルが細部にまでこだわって準備します。全体の雰囲気やイメージなどを事前にリサーチした上で、その内容に相応しいウェルカムボードを制作するというのが正統な方法です。特にプレゼントとしてサプライズ用ウェルカムボードを考えているようなら、式が台無しにならない無難なイメージを心がけておきましょう。

結婚式のお祝いプレゼントランキング!おしゃれで喜ばれる贈り物とは? | MensModern[メンズモダン]

チョークアートが好きになるための心がけ

チョークアートが好きになる為にはどの様な心がけやコツが必要なのでしょうか?ここではチョークアートがより一層好きになるための普段の生活などについて簡単に触れていきます。

実は描いていない時に何を感じているかが大事

チョークアートを描く際には、その描く対象やテーマがはっきりと決まってくるのですが、そこに至るまでには普段の生活の中で何をどう見聞きしているかが判断材料になっていきます。チョークアートだから看板だけを見ていればいいのではなく、映画や写真、音楽や本などからのインスピレーションのほうが影響力があると言われています。

講習やスクールに通ってみる

チョークアートは我流からスタートさせることも可能ですが、さらに深みを求めたい方、どこから着手したらよいのか分からない方には、専門のスクールや講習会などに参加することをおすすめします。自分以外の経験者やベテランの方々の意見を参考にしながら、なかなか気づかない点を見出すことで次へと発展していきます。

おしゃれな絵はどうやって飾るといい?モダンな雰囲気のリビング作り! | MensModern[メンズモダン]

描き上げたチョークアートのためのアフターケア

一度完成させたチョークアートが気に入れば入るほど、その質感を長く維持させたいと思うものです。しかしカフェやショップ壁や看板に描かれたチョークアートは、日数や年月が経過するにつれて次第に劣化していくものです。

時折の点検も忘れずに

チョークアートの看板は比較的長く維持できますが、万が一尖ったものが当たったりすると、絵や文字の塗装部分が剥がれてしまうこともあり、意外とデリケートなものでもあります。周期的に点検をしたり、場合によっては専門の業者に依頼して修正などのケアも検討するといいでしょう。

チョークアートの描き方を習得したいと思ったら

カフェやショップのようにおしゃれな絵や文字は描けないけど、できれば自分なりにチョークアートをやってみたい、その世界に一度チャレンジしてみたいと思っている方も多いはずです。ここでは、チョークアートを描きたいと考えたら何をすべきかについてご紹介します。

描き方指南の本を読んでみる

まず一番手っ取り早い方法は、チョークアートの描き方についてマスターできる本を一冊購入して読んでみることです。初心者用のチョークアート、もしくはタイポグラフィの描き方を指南した本はたくさん出回っていますので、実際に手にとって確認してみましょう。

講座やセミナー、スクールに行ってみる

チョークアートを含めた実践方式のものについては、いくら頭の中で構想を描いていたとしても、実際に描かない限り実現しません。一番必要なことは、「たった一枚のものからまず完成させる」という心がけと行動力しかありません。もし自分一人では腰が重いという方は、頻繁に行われている講座やセミナーなどに参加してみましょう。

今後も注目されているチョークアートの世界観

現在ではチョークアートの協会が日本にも3つ団体として存在し人気となっています。それぞれに独自な特徴があり、そこでチョークアートに関することを学んだり、講師として活躍する人も増えているようです。描き手も限られてい足り個性も重視される世界でもある為、益々チョークアートの需要は広まっていくと言われています。今後の人気の広まりにも注目していきましょう。


評価 3.6/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ