SONYのFS5はどんなカメラ?特徴や価格・操作方法など徹底調査

一眼レフカメラでムービーを撮る映像制作が増加の一途を辿る中、人気を集めているのがSONYの「PXW-FS5」です。FS5は35mmのイメージセンサーを搭載したビデオカメラであり、操作性の良いNDフィルターもあるなど、SONYのカメラではかなりの優れものです。

SONYのFS5はどんなカメラ?特徴や価格・操作方法など徹底調査

目次

  1. SONYのFS5、その特徴や操作性を徹底解剖!
  2. 小型で軽量、本体重量はわずか800g!
  3. 多彩なボタンと操作感バツグンのスマートグリップを採用!
  4. 4K(超高解像度)・スーパー35mmCMOSセンサーを搭載!
  5. FS5の価格を検証!
  6. マルチフォーマット記録・更に記録メディアにSDメモリーカードを採用!
  7. NDフィルターが別物?電子式可変NDフィルターで露出調整の幅が広がる!
  8. ワンプッシュで呼び出せるピクチャープロファイルが便利!
  9. ネットワーク機能を使えば、撮影した映像の転送も可能に!
  10. FS5の弱点とされるEVFとは?
  11. SONYのFS5は使いやすく機能も豊富なカメラ!

SONYのFS5、その特徴や操作性を徹底解剖!

SONYから発売されたビデオカメラ・FS5は、軽くて手持ち撮影がしやすい事から人気があります。撮影用カメラは機能の豊富さから重くなりがちですが、この弱点を克服しているのは非常に嬉しいですね。

今回はFS5が持つ特徴や操作性、価格について徹底解説していきます。これを読めば皆さんも撮影や映像制作に興味を持つようになり、FS5などSONYのカメラが欲しくなるかもしれません。

小型で軽量、本体重量はわずか800g!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!①

FS5は業務用のXDCAMでありながら、本体重量はわずか800gしかありません。グリップ・ハンドルを簡単に着脱出来るようになっており、オマケに軽いので手持ち撮影がしやすいです。またドローン・ジンバル・スタビライザーといった、外部装置に接続したまま操作出来る設計になっています。カメラによる空撮まで出来る事で、より撮影の幅が広がる気がします。

FS5の筐体は4つのパーツから構成されるモジュラーデザインを採用しています。それぞれカメラボディ・ハンドル・レンズ・グリップとなっており、使用シーンに応じてパーツを自由に着脱する事が可能です。外部のアクセサリーを柔軟に取り付けられるので、より自由な撮影が出来るでしょう。

4K対応カメラのおすすめ特集!テレビがなくても使える人気機種の選び方 | MensModern[メンズモダン]

多彩なボタンと操作感バツグンのスマートグリップを採用!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!②

SONYはFS5に、自社独自の技術であるスマートグリップを採用しました。このスマートグリップでは、多彩なボタンと操作感バツグンなダイヤルを配置した事により、カメラを握った状態でも様々な設定変更が可能です。各機能について説明すると、まず合計3つ備わっているアサインボタンには、ユーザーの好みのメニューを登録する事が出来ます。

人差し指の位置に配置したアサイナブルダイヤルからは、アイリス(絞り)操作などに加えて電子式可変NDフィルターの濃度を調節する事も可能です。カメラの重心近くに配置する事で安定性を高めたグリップは、ボタン1つで自由に角度調整する事が出来るので、撮影中のアングル変更も簡単に行えます。こうした自由度の高い操作感は、SONYならではのアドバンテージと言っていいでしょう。

4K(超高解像度)・スーパー35mmCMOSセンサーを搭載!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!③

FS5の撮像素子は総画素数約1160万画素、おそらくSONYが用意出来るものでは最高レベルでしょう。またSONYはFS5に4Kスーパー35mmCMOSセンサーを搭載。これは有効画素数約830万画素に加え、基準ISO感度3200の好感度やトータルラチチュード14stopを実現しています。これらの機能により、小型・軽量ながらSONYがこれまで培ってきた高画質技術を活用しています。

またレンズマウントにはEマウントを採用し、動画撮影に適したレンズを数多くラインナップするEマウントレンズ群が使用可能な他、別売アダプターを使う事でAマウントレンズにも対応します。これによってSONYが培ってきたマウント規格での撮影も可能です。FS5にはEマウント用Gレンズ「SELP18105G」を付属しているので、滑らかな電動ズームによる光量が落ちない「開放F値4」を実現しています。

FS5の価格を検証!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!④

FS5はSONYのビデオカメラの中でも高性能かつ使いやすいですが、価格はどれ程なのでしょうか?それについても検証してみました。価格ドットコムによると、68万円から72万円前後とされています。業務用カメラだと価格が100万円を超える事は珍しくないので、むしろFS5は安い方だと見るべきでしょう。

とはいえ、70万円台だとしても高いと感じるのは事実です。SONYにとっても価格問題は避けられない事だと感じられます。もう数万円安くなれば、FS5に限らずSONYのカメラを利用する人がもっと増えるかもしれませんね。

マルチフォーマット記録・更に記録メディアにSDメモリーカードを採用!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!⑤

FS5は記録フォーマットにXAVC Long GOP、AVCHDを採用しています。この記録媒体により高画質を維持しながらも圧縮効率を高めており、4K:100Mbps、HD:50Mbpsを最大ビットレートとして本体内部で記録する事が出来ます。特にHD撮影時には10bit422記録による色再現・諧調を実現しており、幅広い映像表現に対応しています。

4K撮影でも1つのメディアに131分(128GBメモリ使用時)という長時間記録が可能なので、高画質な撮影だけでなくメディアコストを大幅に抑えられます。また記録メディアには、汎用性に優れる上にSONY規格共通のSDメモリーカードを採用しています。FS5にはカードスロットが2つあるので、2枚連続記録の「リレー記録」や2枚同時記録の「同時記録」といった方法も使えます。

NDフィルターが別物?電子式可変NDフィルターで露出調整の幅が広がる!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!⑥

SONYのFS5は、電子式可変NDフィルターを大判カメラとしては世界で初めて採用しました。このNDフィルターの操作方法は今までのSONYのカメラとは違い、プリセットとバリアブルの2種類となっています。プリセットは前もって調整、バリアブルはダイヤルで段階式にフィルターを入れる事です。バリアブルは過去のSONYのカメラだと3段階式になっていましたが、FS5ではより細かい調整が可能になっています。

FS5のNDフィルターは、従来通り段階式にNDフィルターを入れる事に加え、絞りを調整するような自然な感じで露出を抑える事が可能です。ただし、ビデオはシャッタースピードを固定にする必要がありますので、昼間など屋外の白飛びしやすい環境では絞りとISO感度で調整するしかありません。屋外の撮影ではISO感度を最低値に設定しましょう。

ワンプッシュで呼び出せるピクチャープロファイルが便利!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!⑦

FS5でも特にキモとされている機能がlog撮影です。log撮影(SONY機はS-logと言う)はカラーグレーディング(様々な色調設定の総称)などを前提として、映像制作に適した設定です。今までのSONYの機種だとメニューの奥深くにカメラが潜り込んでいる事が多かったんですが、FS5だと「P-PROFILE」というボタンをワンプッシュするだけで、ピクチャープロファイルの選択画面に行けます。

これなら撮影時に余計な時間を取られなくて済みます。非常に便利な機能と支持する声が多く、S-log素材と普通の撮影素材を交互に撮れる事から、カラーグレーディングの素材が予想以上に充実したという感想まであります。

ネットワーク機能を使えば、撮影した映像の転送も可能に!

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!⑧

FS5では本体内蔵のWi-Fiや有線LAN端子を通じて、各種ネットワーク機能を使う事が出来ます。またSONYが提供しているアプリ「Content Browser Mobile」を使う事で、カメラ映像の確認またはモバイル端末からのカメラ操作を行えます。この機能は、市販のモバイルルーターなどを介したストリーミング映像出力や収録済みクリップのファイル転送にも対応しています。

FS5はカメラ本体に有線LAN端子を備えているので、ストリーミング映像出力とファイル転送は有線LANに接続していても実行出来ます。ネットワークと繋げる事でFS5の使い勝手が更に上がりますね!

FS5の弱点とされるEVFとは?

SONYのビデオカメラ・FS5が持つ特徴を紹介!⑨

多くのデジタルカメラに搭載されている「EVF」という装置。これはFS5最大の弱点とされています。どういう事なのか順を追って説明しましょう。EVFとは「Electric ViewFinder(電子ビューファインダー)」の略で、イメージセンサーが捉えた画像を小型液晶画面などに表示する装置の事です。この装置を固定する部品が少ないのが、FS5の弱点として挙げる声が実際にありました。

しかし、FS5は手持ち撮影を前提とした設計になっているので、固定撮影に不向きなのは仕方ないと思います。FS5の撮影には角度を頻繁に変える必要があるので、生物の撮影にこそ真価を発揮するのではないでしょうか。迫力や躍動感のある映像をたくさん撮ってみてくださいね。記録だけではなく記憶にも鮮烈な形で残るハズです。

全天球カメラの選び方は?4K対応などおすすめ機種の性能・価格を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

SONYのFS5は使いやすく機能も豊富なカメラ!

SONYのビデオカメラ・FS5の特徴や操作性、価格などについて解説してきました。超高画質な映像の撮影や自由なカスタマイズが売りなFS5は、多くの人に手にして欲しいカメラです。SONY独自の技術を採用した事でより使いやすくなり、撮影が便利かつ楽しくなっていくハズです。ビデオカメラの購入を検討している人は、FS5も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ