筋トレの成果が出るのはいつ?変化を実感するには時間がかかるって本当?

筋トレって成果が出るまでなかなか時間がかかりますよね。今回は、筋トレの成果はいつでるのか、その筋トレの効果を実感するにはどのくらい時間がかかるのかなど、筋トレの成果にまつわるお話しをご紹介したいと思います。筋トレの成果でお悩みの方はぜひ参考にして下さい。

目次

  1. 筋トレの成果でお悩みではないですか?
  2. 目に見えて筋トレの成果が出るのは数ヶ月かかる!
  3. 筋トレの成果は実は性別によっても異なる!
  4. 筋トレの成果はトレーニングの一貫性も大切!
  5. 筋トレで成果を得るには忍耐期間も必要!
  6. 筋トレの成果を上げるにはスケジュールの管理も必要!
  7. 筋トレで成果を上げるには食生活もポイント!
  8. 筋トレで成果を感じる前に挫折しそうなら画像をみよう!
  9. 筋トレで成果を上げるには睡眠もポイント!
  10. 筋トレの成果が出るのはいつ?効果的な筋トレのまとめ!

筋トレの成果でお悩みではないですか?

みなさん、筋トレの成果でお悩みではありませんか?男子なら一度は必ず筋トレにチャレンジするはずですが、そんな筋トレもなかなか成果がでないと、悩んだあげくに筋トレの効果を実感せずに止めてしまう方がいらっしゃいます。

そんな方に向けて、筋トレは一体どのくらいの期間や時間をかけて、筋肉の変化を実感するのか、どのくらい筋トレをしたらよいのかなど、その期間に至るまで、ご紹介できればと思っています。もし、筋トレの成果で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目に見えて筋トレの成果が出るのは数ヶ月かかる!

筋肉は、実は筋トレを開始してから約1週間経過すると、成長をみせます。しかし、約1週間では筋肉量は着実に増えているのですが、実際は目に見えないのです。ですので、1週間で筋肉がつかないという事で、諦めてしまうのです。

ですが、きちんと筋トレを行い、また食生活や、生活習慣も意識することで約1ヶ月もあれば、男性であれば約0.5〜1kgの筋肉の増量が期待できるのです。ですので、ここからお届けするのは、実際に筋トレの成果をいち早く発揮するためのコツをご紹介したいと思います。みなさんも筋トレで成果を出しましょう。

筋トレの成果は実は性別によっても異なる!

みなさん、ご存知ですか?筋トレの成果って実は性別によっても異なるのです。ですので、今回は性別によってどう筋トレの成果の実感の仕方が異なるのかを見ていきたいと思います。まず、性別で筋トレの成果を実感するまでの期間が違うのは、「ホルモン」の影響が考えられます。

例えば、男性の方がテストステロンというホルモンの分泌が激しいので、成長ホルモンの生成にも大きく関与するのです。男性ホルモンの一種である、テストステロンが筋肉の増強にも深く関わるのです。ですので、この点からも女性の方が、筋肉がつきにくい環境にあることが理解できます。

また、女性と男性の筋肉の違いについて、上半身の変化も関係しています。というのは、人間は12〜18歳のちょうど思春期の頃にかけて、男女の体の違いが目立つようになります。男性が、より胸や肩、腕に筋肉がついてきて、明らかに筋肉質になるのです。

男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンを受容する受容体の量が上半身に数多く、確認されているので、その結果、女性よりも筋肉質に変化するのです。これらの違いから、男性よりも、女性の方がどうしても筋肉がつくのに、時間がかかります。ですので、男性と女性の違いでも筋肉がつく期間が異なるという事を事前に理解していきましょう。

筋トレの成果はトレーニングの一貫性も大切!

実は、筋トレにかける期間や時間も確かに、筋肉量を増やす上には重要ですが、ただ筋トレをやみくもにやれば良いいというわけでもありません。ここでは、筋トレの一貫性の大切さのお話しをしていきたいと思います。筋トレの成果を実感するためには、ある程度筋トレに一貫性をもたないといけません。

例えば、筋トレをして筋肉量を増えさないといけないのに、ランニングやエクササイズばかりをやっていると余計に筋トレの成果を実感するまでに時間がかかってしまいます。あくまで、筋トレで筋肉を増量させることを目的にしましょう。筋トレ重視の考え方に変更しましょう。

また、時には筋トレで十分な効果を得たい場合には、限界まで筋肉を追い込むことも必要です。というのは、筋トレにおいて、筋肉は限界まで追い込んで、筋肉疲労を感じるようにならないと、筋肉は思った通りに成長してくれません。筋トレで筋肉自体にある程度、ダメージが与えられ、筋肉の自己修復力を高めいくのです。

そして、その過程で筋肉量が増していきます。このような筋トレがより高い成果を生むのです。もしいつもあまり筋トレで筋肉に負荷をかけていないなと感じる方は、少し筋トレのメニューを見直してみましょう。

筋トレで成果を得るには忍耐期間も必要!

筋トレで筋肉量を増加するには、目に見える筋肉の変化を感じるまで時間がかかります。ですので、筋トレでは忍耐力も必要なのです。よく、ちまたのサプリメントや広告には、筋肉量がすぐに上がりますなどと、書かれており、そえを見てしまうと、すぐに筋トレの成果がでるのかと勘違いをしてしまう方もいらっしゃいます。

確かに、糖質制限などのきついトレーニングも同時に行うと、一気に筋肉量が増すます。しかし、大切な体あっての筋トレですから、リズムを整えるためにも、規則正しい生活リズムの中で、徐々に筋トレで筋肉をつけていきましょう。ですから、ある程度の期間を見て筋トレを行うことをおすすめします。

筋トレの成果を上げるにはスケジュールの管理も必要!

筋トレの成果を上げるには、実はきちんとしてスケジュール管理も必要なのです。例えば、筋トレのメニューを1週間、毎日、別のメニューを行うことでも、飽きにつながらず、効果的に筋肉量を増やすことができます。

筋トレは、筋肉ごとにローテンションを組み、トレーニングすると、筋肉量に偏りなく期間中効果的に、鍛えることができるのです。月曜日は、下半身の筋肉、火曜日には背筋、水曜日は、上腕筋など、木曜日は上腕三頭筋など、曜日ごとにスケジュールを決めて、筋トレするのも一つです。

筋トレで成果を上げるには食生活もポイント!

筋トレで成果をあげるには、実は食生活も関係しています。食生活は、筋肉をつくる大切な栄養源を補給する最大の機会です。筋トレのみよりも食生活を組み合わせていち早く目に見える筋肉量を変化させてしまいましょう。具体的な食生活のコツは、筋肉を形成する元になる、たんぱく質を増やしていくという事です。

少なくても、体重1kgに対して、1.5kgは摂取するようにしましょう。また、糖質制限などのダイエットが流行っていますが、極端に炭水化物を減らすと体調不良を訴える方もいらっしゃるので、1日に必要な炭水化物はきちんと摂取するようにしましょう。また、バランスの取れた食生活には野菜も大切です。

例えば、大豆・いんげん豆・鶏肉に含まれる「ビタミンB1」は、疲労回復や疲れをとってくれる効果があります。お肉だけでななく、これらの野菜もメニューに取り入れると良いでしょう。

また、体内の活性酸素を除去してくれるリコピンという成分を含む「トマト」なども取り入れて、免疫力をアップさせながら、たくましく強い体を目指し、筋トレにおいても体の疲労回復につながり、筋トレで早期に筋肉の変化を実感することができます。

筋トレで成果を感じる前に挫折しそうなら画像をみよう!

続いては、筋トレで成果を感じる前にどうしても挫折しそうになったら、ぜひ筋トレのやる気を上げる画像をみましょう。例えば、有名アスリートの筋肉や筋トレの画像、もしくは好きな芸能人の筋肉や筋トレ画像、海外有名アスリートの筋肉や筋トレ画像、海外セレブの筋トレ画像。

そして、筋トレで疲労し疲れたときは本屋さんに駆け込んでも、様々な筋トレ雑誌や、芸能誌を見れます。そこには数多くの仕上がった筋肉の画像や筋トレの方法も掲載されているはずです。もし、あなたが筋トレで疲弊してしまったのなら、自分の目標とする人物を決めるのも一つの方法です。

「あの画像のような筋肉を手に入れたい、あの人のような筋肉をつけたい、あの人と同じ筋トレをしよう」そう思うことは、モチベーションを上げる上でとても重要です。こんように、筋トレのやる気をあげて、再度筋トレに望むことも時には必要です。

筋トレで成果を上げるには睡眠もポイント!

筋トレで、筋肉の変化を感じるトレーニングをする上で、重要なことはもう一つあります。それは、「十分な睡眠をとる」という事です。なぜかというと、夜の10時〜深夜の2時にかけて、人間に必要な成長ホルモンが出るからです。

この時間帯に就寝することができれば、体を健康に保てるだけではなく、筋肉に必要な成長ホルモンの分泌を促してくれます。日中、しっかりトレーニングした日は、十分に睡眠をとるようにしましょう。

また、余談ですがストレスで生まれるコルチゾールというホルモンは、筋肉を分解する作用があります。ですので、ストレスを増加させないことも生活を送る上で重要なことです。みなさんも、良質な食事と良質な睡眠をとって、効果的な筋トレを行いましょう。

筋トレの成果が出るのはいつ?効果的な筋トレのまとめ!

筋トレはすぐに効果が出るものではなく、目に見える効果が現れるまで約1ヶ月の期間が必要です。ですので、焦って筋トレをしても成果は出にくいでしょう。まずはご自分にあったトレーニングをみつけましょう。

大切なのは、曜日によって鍛える筋肉の場所を変えたり、飽きないような工夫と、食生活において、たんぱく質を増やすとともに、活性酸素を除去し疲労を回復させるような野菜を多く取り入れて、疲れにくくそしてトレーニングを継続しやすい体作りも同時に進めてみましょう。

そうすることで、食事と筋トレの相乗効果でより筋肉がつきやすくなります。また、筋肉の成長を促す成長ホルモンを分泌させるために少なくても夜の10時〜深夜2時までには就寝するようにしましょう。今回は、筋トレの成果が出るのはいつ?より効果的な筋トレ方法をお届けしました。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ