自転車用テントは、自転車ツーリングなどに欠かせない長距離走行や自転車での旅のお供にあると便利なアイテムです。自転車用テントの選び方や旅に必要な装備なども予め知っておくことで、いざという時に役立ちます。そんな自転車用テントのおすすめ商品をご紹介していきます。

自転車用テントのおすすめを紹介!旅に必要な装備と選び方のポイントを紹介!

目次

  1. 自転車用テントのおすすめ選び方ポイント
  2. 自転車ツーリングに知っておきたいテントの積み方
  3. 意外と知らない自転車用テントを張るルール!?
  4. メリットあふれる便利な自転車用テントの魅力
  5. 【ビッグアグネス フライクリークUL2EX】
  6. 【ニーモ イクイップメント ブレイズ 1P】
  7. 【モンベル U.L. ドームシェルター 2型】
  8. 【Motomo ウルトラライトテント UL】
  9. 【バンドック ソロドーム 1】
  10. 【NEMO Equipment タニLS 1P】
  11. 【スノーピーク ファル Pro.air2】
  12. 【アライテント エアライズ2】
  13. 【モンベル ムーンライトテント1型】
  14. 【モンベル クロノスドーム 1型】
  15. 自転車用テントを活用しアウトドアの旅へ出発

自転車用テントのおすすめ選び方ポイント

自転車用テントは、自転車ツーリングの際にあると便利なアイテムであり、普段のキャンプ用のテントとはちょっと違う選び方ポイントがあるようです。自転車への積み方などにも気をつけなければいけないため、重量も関係してきます。

基本的に、自転車用テントの選び方ポイントとして気をつけたいのは、重量が3kg以下の自転車用テントを選んだほうがいいということと、コンパクトサイズに収納できるように横幅のサイズにも注目したほうがいいと言われています。

自転車用テントを選ぶ際に、横幅をチェックするときには、45cmよりも狭めのサイズを選ぶのも、快適な自転車移動にも大切なポイントとなってくるでしょう。自転車走行をする環境にもよりますが、積み方も十分に意識しておいたほうがいいと言われています。

自転車用テールライトのおすすめを紹介!夜間移動に安全なライトの選び方 | MensModern[メンズモダン]

自転車ツーリングに知っておきたいテントの積み方

自転車ツーリングの際には、自転車で全て移動となることが殆どのため、それには荷物の積み方も知っておいたほうがいいでしょう。バランスを崩さないためにも、自転車用テントがいくら軽量のものでコンパクトサイズに収納できるからといっても、少しずれてしまったりすると、荷物が落下してしまう恐れもあるため注意が必要です。

自転車用テントの積み方として、左右の荷物のバランスを考えるのが鍵となるようです。自転車用テントがどこまでコンパクトサイズに収納できるかにも寄りますが、後ろ側に積むかたもいらっしゃれば、バックパックに収納するかたもいらっしゃいます。

最もおすすめされている自転車用テントの積み方は、左右のバランスが取れるようにテントを横に積むのがベストな積み方と言われています。自転車の種類に寄っても、クロスバイクなどに乗られているかたは、キャリアも必要になってくるため、予め荷物の積み方だけでなく、自転車に荷物を積むための収納ボックスなどキャリアも用意しておく必要があるようです。

ランドナーは旅におすすめできる自転車!長距離向きロードバイクの魅力とは | MensModern[メンズモダン]

意外と知らない自転車用テントを張るルール!?

意外と知らない自転車用テントを張るルールについてもみていきましょう。普段何気に乗っている自転車も、旅となるとテントを用意したりテントを張る場所などのことも考えなければいけません。

自転車での旅なら、どこでもテントを張っていいという考えのかたが、結構多いと言われていますが、マナーとして、キャンプ専用の場所にテントを張るのが決まりとなっているようです。

キャンプ場など予約したりしていないという場合、公園などについテントを張って、少しだからいいやと油断してしまうと、公園の管理者などに注意されたり法律上で禁止されている場所でのテントを張っての宿泊は、何かとトラブルに巻き込まれる恐れもあると言われています。

そのため、予めこういった公園などでテントを張って自転車ツーリングの旅を計画されている場合には、目的地やテントを張る予定の場所の管理者などに予め問い合わせをして確認したほうが良いそうです。

折りたたみ自転車の最軽量は?コンパクトなおすすめ商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

メリットあふれる便利な自転車用テントの魅力

自転車用テントが注目されるようになったのも、自転車ツーリングなどをするかたが以前に比べて増えているのも理由の1つとなっているようです。自転車も、ママチャリだけじゃなくクロスバイクやマウンテンバイクなど、本格的に自転車でアウトドアを楽しまれるかたも増えています。

自転車用テントがあることで、自転車ツーリングも安心した長い旅を自転車と共に楽しめるのも魅力となっているでしょう。また、自転車ツーリング中に自転車用テントを張って、キャンプ場などでの同じ趣味仲間などと話したりする機会も増えると言われています。

自然に囲まれアウトドアを楽しむ空間は、アウトドアファンにとって極上のストレス解消となるでしょう。中には、自転車用テントを準備して、日本縦断したり色々な旅のスポットを自転車で楽しむかたもいらっしゃるようです。

自転車のパンクの修理値段はどのくらい?各社の料金・相場を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

【ビッグアグネス フライクリークUL2EX】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ①

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ①は、ビッグアグネス フライクリークUL2EXです。ビッグアグネス フライクリークUL2EXは、ビッグアグネスのULシリーズで最も注目されている人気自転車用テントです。

ビッグアグネス フライクリークUL2EXは、1,198gと軽量に出来ていて、自転車ツーリングにおすすめのテントと言われています。設営もシンプルで簡単にできるのも、ソロキャンプや自転車ツーリングに欠かせない魅力のポイントとなるでしょう。

ビッグアグネス フライクリークUL2EXのサイズは、278cm×107~132cm×97cmで、ハーフメッシュとソリッドナイロン素材となっています。ビッグアグネス フライクリークUL2EXの気になる価格は、52,000円前後で通販にて販売しています。

かっこいい自転車特集!おしゃれな定番からマニアックまでおすすめの選び方 | MensModern[メンズモダン]

【ニーモ イクイップメント ブレイズ 1P】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ②

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ②は、ニーモ イクイップメント ブレイズ 1Pです。軽量サイズでも、ゆったりまったりできる自転車用テントをお探しのかたにおすすめなのが、ニーモ イクイップメント ブレイズ 1Pです。

ニーモ イクイップメント ブレイズ 1Pは、耐久性に優れていて丈夫で、設営も簡単です。自転車にも簡単に積みやすい軽さで、770gほどの重量でできています。ニーモ イクイップメント ブレイズ 1Pのサイズは、211cm×76cm×104cmで、20Dナイロンとメッシュ素材となっていて、フライシートは、10DSilとPUナイロンで出来ています。

ニーモ イクイップメント ブレイズ 1Pの気になる価格は、56,000円前後で通販にて販売しています。収納専用バッグも付属されているので運びやすいと人気です。

ふるさと納税で電動自転車がもらえるのは?還元率が高い自治体を調査 | MensModern[メンズモダン]

【モンベル U.L. ドームシェルター 2型】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ③

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ③は、モンベル U.L. ドームシェルター 2型です。人気アウトドアブランドのモンベルからも、自転車用におすすめのテントが発売されています。

モンベル U.L. ドームシェルター 2型は、軽量で820gほどの重量で出来ています。小さいサイズながらも、モンベル U.L. ドームシェルター 2型はテント内でゆったりまったりできるデザインになっています。

耐水性も優れているため、軽い雨降りにも対応してくれるでしょう。モンベル U.L. ドームシェルター 2型の素材は、15Dバリスティックエアライトナイロンリップストップを採用しています。モンベル U.L. ドームシェルター 2型の気になる価格は、42,000円ほどで通販にて販売しています。

自転車のギアの正しい使い方!仕組みや変わらないときの修理法も調査 | MensModern[メンズモダン]

【Motomo ウルトラライトテント UL】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ④

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ④は、Motomo ウルトラライトテント ULです。雨などにも強い自転車用テントをお探しのかたにおすすめなのが、Motomo ウルトラライトテント ULです。

Motomo ウルトラライトテント ULは、フロアシートは耐水圧が3,000mm、フライシートは耐水圧が8,000mmと耐水圧にこだわりのある自転車用におすすめのテントとなっています。

紫外線対策にもUVカットコーティングがされているため、夏の自転車ツーリングにも快適に使用できるでしょう。Motomo ウルトラライトテント ULの重量は1.7kgほどで、サイズは215cm×105cm×100cmとなっています。Motomo ウルトラライトテント ULの気になる価格は、10,000円ほどで通販にて販売しているようです。

Tokyobike(トーキョーバイク)自転車の魅力!特徴と乗り心地は? | MensModern[メンズモダン]

【バンドック ソロドーム 1】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑤

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑤は、バンドック ソロドーム 1です。バンドックと言えば、自転車ツーリングやソロキャンプをされるかたに大人気のブランドです。

バンドック ソロドーム 1は、自転車ツーリングにおすすめのテントであり、機能性にも優れていると評判いいです。通気性にも優れているため、暑い日の自転車ツーリングにも快適に過ごせるでしょう。

バンドック ソロドーム 1の重量は1.8kgほどで、サイズは、200cm×150cm×110cmとなっています。バンドック ソロドーム 1の気になる価格は、9,000円前後で通販にて販売していて人気です。

コスパの良さに定評のあるバンドックなだけに、バンドック ソロドーム 1は自転車用テントとしてチェックしておきたい1品となるかもしれません。

自転車のペダル交換のやり方・必要な工具まとめ!コツやポイントは? | MensModern[メンズモダン]

【NEMO Equipment タニLS 1P】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑥

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑥は、NEMO Equipment タニLS 1Pです。夏に自転車ツーリングを頻繁にされるかたにおすすめなのが、NEMO Equipment タニLS 1Pです。

NEMO Equipment タニLS 1Pは、薄手の素材となっているため、寒い季節には向いていませんが、夏には快適に過ごせる自転車用テントとなるでしょう。NEMO Equipment タニLS 1Pの重量は1.09kgほどで軽量サイズです。

NEMO Equipment タニLS 1Pのサイズは、105cm×202cm×103cmで、気になる価格は52,000円前後で通販にて販売しています。

自転車の空気の正しい入れ方は?おすすめのポンプと使い方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク ファル Pro.air2】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑦

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑦は、スノーピーク ファル Pro.air2です。スノーピーク ファル Pro.air2は、設営にかかる時間がほんのわずかと言われる、テントの設営が苦手なかたにおすすめの自転車用テントです。

スノーピーク ファル Pro.air2は、自転車で長旅をした後ゆっくりテント内で過ごしたいかたの味方となってくれるテントになるでしょう。スノーピーク ファル Pro.air2のサイズは、143xm×245xm×110cmで、重量は1.7kgほどです。

スノーピーク ファル Pro.air2の気になる価格は、50,000円ほどで通販にて販売しています。スノーピーク ファル Pro.air2は、インナーテントを取り外すとシェルターとしても使用が可能のため、季節に寄って使い方を変えられるのも嬉しい魅力となるでしょう。

電動自転車のバッテリーまとめ!選び方や寿命・長持ちさせる方法は? | MensModern[メンズモダン]

【アライテント エアライズ2】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑧

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑧は、アライテント エアライズ2です。エアライズは、軽量モデルが多く、設営もシンプルで簡単と評判がいいです。

アライテント エアライズ2は、自転車ツーリングだけではなく、オプション品などを揃えることで登山にも最適なテントに変身してくれると言われています。アライテント エアライズ2のサイズは、100cm×205cm×100cmで、重量は1.36kgほどとなっています。

アライテント エアライズ2の気になる価格は、47,000円前後で通販にて販売しているようです。アライテント エアライズ2は、2人用なので1人での自転車ツーリングで荷物や自転車を収納するのにもゆとりを持って使えるテントとなるでしょう。

自転車サイクルパンツでおすすめは?本格的からカジュアルなものまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

【モンベル ムーンライトテント1型】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑨

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑨は、モンベル ムーンライトテント1型です。商品名からも魅力を感じさせてくれるモンベル ムーンライトテント1型。

モンベル ムーンライトテント1型は、月夜を見ながら簡単に設営ができるという余裕の簡単設営が魅力のテントでもあるようです。重量の面では、他の自転車用テントに比べて重めではあるものの、快適に過ごしやすいテントとして人気です。

モンベル ムーンライトテント1型の重量は2.3kgほどで、サイズは220cm×110cm×110cmとなっています。モンベル ムーンライトテント1型の気になる価格は、21,000円ちょっとで通販にて販売しています。

折りたたみ自転車の最小・最軽量まとめ!持ち運びに便利でカバンにも入る? | MensModern[メンズモダン]

【モンベル クロノスドーム 1型】

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑩

積み方・収納も簡単!旅のアイテム自転車用テントのおすすめ⑩は、モンベル クロノスドーム 1型です。風の気になる季節や急な雨などに備えたいという時でも安心して使える防水機能と防風機能が優れている自転車用テントのモンベル クロノスドーム 1型。

モンベル クロノスドーム 1型は、自転車用テントとして愛用者が多く、ソロキャンプに使用するかたも多い人気のテントです。モンベル クロノスドーム 1型のサイズは、220cm×100cm×105cmで、重量は2.19kgほどとなっています。

モンベル クロノスドーム 1型の気になる価格は、22,000円前後で通販にて販売しています。専用収納バッグも付属されていて、色使いも爽やかで綺麗なテントです。オレンジとスカイブルーから選べて、どちらもインスタ映えもしそうな自転車用テントとなるでしょう。

自転車のグリップを交換する方法は?外し方からつけ方までまとめ | MensModern[メンズモダン]

自転車用テントを活用しアウトドアの旅へ出発

自転車用テントは、自転車で旅をする人達にとって欠かせない便利なアイテムです。天気が読めない環境での自転車ツーリングなどでも、安心して使える防水機能や防風機能に優れているテントも多く販売されています。

是非この機会に、自転車用テントをお探しのかたは、選び方ポイントや積み方などを参考になさってみてください。素敵な自転車の旅につながるテント選びにつながること、心より願っております。


評価 4.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ