仕事忙しいと何事もつまらなく感じて、よけいに仕事があうまくいかないことがある。しかし、仕事はやらなければならないもの。どうにかうまく乗り越えたい。そんな仕事の忙しい人必見の乗り越え方とリフレッシュ方法を紹介しよう。仕事のできる人との違いは意外なところにある。

仕事が忙しい時の乗り越え方とリフレッシュ法!できる人との違いや特徴

目次

  1. 仕事が忙しい
  2. 仕事ができない人にはどんな原因があるのか?
  3. 忙しいを乗り越えるためには普段の悪しき習慣を克服していかなければならない!
  4. 仕事が忙しいときはリフレッシュしないとダメ
  5. 仕事の忙しいときの乗り越え方を学ぼう
  6. 仕事の優先順位をつけること!
  7. 忙しいときには周りの人に助けを求める!
  8. 雑用は後回しにする!
  9. 睡眠を取って自分にご褒美を上げよう
  10. 仕事のできる人できない人の何が違うのか?
  11. 仕事のうまい克服方法とできる人との違いを把握して!

仕事が忙しい

仕事が忙しいとやる気が出ないもの。目の前の仕事で追われてしまい。ほかの仕事に手を付けられない状態になることや、プライベートな時間を取ることも難しくなるなどいいことがない。しかし、かといって良い解決方法もなく悩んでいる人も多いだろう。実はそんな仕事ができない人にありがちな、習慣や原因がある。

仕事が忙しいから彼氏ができない。仕事が忙しいからプライベートな時間が取れないは間違い。本当に忙しいをはき違えている人が多いのだ。実際に仕事ができる人は、忙しくともプライベートは充実しているもの。では何が違うのか。その違いや原因、そして忙しいときのリフレッシュ方法を探っていこう。

仕事が遅い人の特徴は?その理由と早くなる・スピードアップする方法 | MensModern[メンズモダン]

仕事ができない人にはどんな原因があるのか?

【仕事ができない人の特徴的な原因①】パニック状態で仕事をしている

仕事ができない人にありがちな原因が、あわててパニック状態で仕事をしていることだ。きつい仕事を要求される環境になると、次から次へと仕事が降りかかってくっる。そんな目の前の忙しさで、頭がパニックになり、混乱状態に陥ることがある。

このような状態になると、目の前の仕事に集中すべきタイミングにも関わらず、次やるべきことはなにか?あの問題はどうすればいいのか?と頭に浮かんではミスをするという悪循環に陥り、仕事の効率が大変悪くなる。混乱状態での仕事を避け、少しの時間でも頭の中で何をすべきかを整理整頓する時間を作り落ち着くことが大切になる。

【仕事ができない人の特徴的な原因②】自分の力だけで乗り越えようとしている

仕事ができない人、忙しい人にありがちな行動が、自分の力だけで乗り越えようとすることだ。乗り越え方自体に間違いがあるわけではない。しかし、課題には、自分の力だけで解決できるものと、そうでないものがある。それなのに、全て自分の力だけで乗り越えようとすると、できないことが増え自信喪失になり、挫折してしまう。

しかし、仕事においてはいちいち挫折してはいられないもの。そんな習慣をいつまでも持っていては仕事はできるようにならない。そんな習慣は手放して、乗り越えられだけの力をつけるとともに、周りに力を借りて仕事をこなすすべを覚えなければ、新しい力を身に着けることもできず、前に進めない。

忙しいを乗り越えるためには普段の悪しき習慣を克服していかなければならない!

仕事が常に忙しいと思っている人や、できない人にありがちなのが、本当に忙しくもないのにそう思い込んでいる人だ。実際に忙しくもないのに、こう思いこむことには、普段の仕事をする上での悪しき習慣があるためだ。そういった習慣を克服することで、仕事ができるようになり、楽しくなる。

【根本的な悪しき習慣や特徴①】仕事のふりをする習慣

まず一つ目の習慣が、仕事のふりをする習慣だ。上司が残っていたら、仕方なく残業につきあう。そんな仕事のふりをしていることがないだろうか。そんな習慣を繰り返してしまうと、本来の仕事が持つ、楽しみを感じることができなくなる。自分の出したい成果が出たのであれば、その日は仕事は終了のはず。

仕方なく残って仕事をするふりをしているくらいなら、早く帰ってプライベートを充実させよう。また、こういったふりが体に染み込んでしまうと、召使になっている感覚を生み出す。自分でのスケジューリングや仕事への達成感を感じにくくなってしまう。スケジュールをし、成果を出して仕事が終われば帰社することにきちんと達成感を感じられる習慣を身に着けよう。

【根本的な悪しき習慣や特徴②】やらされ仕事をする習慣

誰かにやらされているという間隔を感じると、やる気というものはなくなる。やらされて仕事を進めていると、仕事というものはどんどん嫌になっていくものだ。また、誰かから命令されて仕事をしなければならない時もあるが、その時でも「やらされているから仕方なくやる」という考え方は捨てるようにしよう。

やらされ感のある仕事をしていると、アイデアも浮かんでこない。もし誰かの強制で仕事をすることになったとしても、「自分が選択して、やりたいからやるんだ」と考える習慣をつけることで、仕事を楽しく行えるようになる。

【根本的な悪しき習慣や特徴③】昨日と同じことを繰り返す習慣

昨日と同じことの繰り返しで仕事ができている気になると、何も考えないでよいので心地よく、習慣化している人は多い。しかし、この習慣は新しいことにチャレンジする時に大きな課題や阻害のもとになる。同じことを繰り返すと、退屈な毎日になる。退屈なことが続くと、これでいいじゃないかという気持ちが生まれてしまい、チャレンジ精神がなくなるのだ。

チャレンジ精神がなくなると、仕事へのあらたん取り組みもしなくなり、毎日同じことの繰り返しで、さらに退屈を感じるようになる。この習慣が身についてしまうと仕事はできるようにはなれない。一刻も早くこの習慣から抜け出すには、何か一つでも、昨日とは違う仕事をしよう、改善しようと考える習慣が大切になる。

【根本的な悪しき習慣や特徴④】納得した目標なしに仕事をする習慣

納得した目標ななければ、仕事の達成感を感じることも難しくなるだろう。会社から目標が与えられることはあると思うが、それは個人の目標ではない。どこかで、与えられた目標だから仕方ないと受け入れてだらだら仕事をしている自分がいるようでは達成感は生まれない。

会社から与えられた目標からもちろんずれていては、あなたが評価されることはないだろうが、その目標印沿った新たな自分の目標を打ち立てて、それに向かって達成したいと思えるようになろう。そうすることで、努力しているうちに、やりがいや仕事のはり、達成感を感じていくことができる。

【根本的な悪しき習慣や特徴⑤】マイナスの気持ちを引きずったまま仕事をする習慣

仕事をしていればクレームや上司からの無理難題など、嫌なことにあう状況はいくらでもある。それまで気持ちよくしごとをできていたとしても、そんなことが一つでもあればすぐに気持ちは落ち込むことだろう。そうすると、悲しみだけでなく、怒りなどの負の感情が湧き出すことがある。こんな状態で仕事を続けていては、うまくいくわけがないのだ。

これらの気持ちは、仕事への意欲やチャレンジ精神をなくす原因になる。こういった嫌なことは必ず起こることなので、仕方ないと割り切って、引きずられずに気分転換をして、また新たに仕事に取り組むときには、その気持ちを切り替えて取り組む習慣にしなければならない。

仕事が忙しいときはリフレッシュしないとダメ

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法①】体を動かしてみよう

仕事が忙しいときの乗り越え方やリフレッシュ方法についてみていこう。まずは体を動かすことだ。外に出て10分歩くだけでも、脳内の神経伝達物質の放出がか発になり、集中力がアップするといわれている。また太陽を浴びるだけで、脳はエネルギーと気分を改善できる。とにかく体を動かすことは、心にも体にも良い効果をもたらす。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法②】睡眠の重要性

睡眠といっても、この睡眠は10分程度の睡眠のことだ。20分以上の居眠りは、本当に眠くなってしまうので、あくまでも10分程度と覚えておこう。また、ソファやベッドでの睡眠も避けよう。眠気に負けて、起きるのが難しくなるので、椅子の上で目を閉じる程度にしよう。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法③】深呼吸でリフレッシュを

新鮮な空気を送り込むだけでも、リフレッシュには効果がある。中で腹式呼吸は効果が高い。片手を腹部、別の片手を胸部に当てて、5秒間ゆっくりと息を吸い込む。この時、腹部は動いても、胸部は動かないように注意しよう。吸い込んだら、息を止めて、また5秒間ゆっくりと吐き出す。これを5分続けよう。慣れてきたら、吸い込みと吐き出す時間を長くしていこう。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法④】ストレッチで体をほぐそう

方の上げ下げや、腕を回すなどの軽く体を動かすだけでも、リフレッシュ効果はある。血行が良くなり、関節を柔らかくして緊張をほぐしてくれる。また、ストレッチと合わせて先ほどの呼吸をすれば効果はより大きくなる。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法⑤】カフェインを取ろう

コーヒーなどにもリラ㏍数効果があるとされている。カフェインにリラックス効果が含まれているからだ。しかし、だからといって取りすぎも禁物。飲みすぎはイライラの原因にもなるので、その場合ミルクの量を増やしたり、紅茶に変えてみたりすれば効果が見込める。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法⑥】水を飲もう

心身の疲れは脱水上体であることが多い。しかし、これは水を飲めば解決できることもある。水にレモンを入れるのもおすすめだ。栄養面もだが、レモンの香りが神経伝達物質に直接働きかけて、気分をよくしてくれる。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法⑦】間食は低糖で

間食もリラックス効果を得るには最適なアイテムだ。しかし、間食は血糖値を一気に上げないものを選ぼう。ポイントは、糖分を炭水化物を控えて、たんぱく質や繊維を含むものを摂取することだ。これにより、低血糖による集中力低下をふせぐ。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法⑧】音楽で気分転換

音楽にもリフレッシュ効果が見込める。しかし、曲選びは目的によって使い分けよう。リフレッシュさせたいのであればクラシック曲を選ぶことがおすすめだ。

仕事が忙しいときのリフレッシュ方法⑨】笑うことの大切さ

仕事をしていると緊張や疲れから笑うことが少なくなる。しかし、笑うと血の流れが良くなり、体内に酸素が取り込まれてストレスホルモンが減少する。笑うことでリフレッシュ効果があるので、じゅだんを言い合ったり、面白い動画を見たりして笑うようにしよう。

仕事の忙しいときの乗り越え方を学ぼう

仕事が忙しいと、ついつい目の前の仕事で手いっぱいになってしまう。しかし、忙しいときこそ落ちついて乗り越え方を考えなければならない。忙しさは、仕事自体にもあるが、取り組み方が悪いからこそ忙しい状況を作ってしまっていることがある。そうならないためにも、乗り越え方を学んでいこう。

仕事の優先順位をつけること!

どの仕事を先にやるのか優先順位をつけること。これは非常に大切だ。そうすることで、仕事のやり残しや、納期に間に合わないといったトラブルを防鵜ことができる。また、優先順位をつけることは、今の仕事の全体量を把握することにもつながる。

忙しいときには周りの人に助けを求める!

忙しいとわかっているときに陥りがちなのが、自分だけでこの仕事を乗り越えないといけないと思い込むこと。しかし、忙しいときこそ、周りの人に応援を頼むことの必要性がある。また、もし、その仕事が自分のスキルでは片づけられないものである可能性もある。そういう場合は、先輩や上司に力を借りることで、スキルアップにもつながるのだ。

雑用は後回しにする!

優先順位をつけることと重なるが、雑用は後回しにしよう。やるべき仕事に集中して、とにかく仕事を片付けることに専念することも時には大切だ。ミーティングの準備など、仕事が落ち着くまでは他の人に任せてしまうのも一つの方法。

仕事に疲れた時の回復法・解消法!上手な休み方や元気が出る言葉も紹介 | MensModern[メンズモダン]

睡眠を取って自分にご褒美を上げよう

自己管理は自分の仕事の一つでもある。仕事が忙しいとストレスを抱えるもの。ストレスを解消するためにも、体を休めるためにも、睡眠は重要だ。自己管理においては睡眠が重要なのだ。また、体力的には何とかなっても、精神的には追い込まれてしまうことも多い。そんな時には1日1回必ず自分にご褒美を上げるようにしよう。モチベーションにもつながるだろう。

仕事のモチベーションを上げる方法まとめ!下がった時に効く言葉は? | MensModern[メンズモダン]

仕事のできる人できない人の何が違うのか?

【仕事ができる人できない人の違い①】評価基準の違い

仕事ができる人とできない人の違いは何なのかもみていこう。まずは評価基準の違いだ。忙しい人は、忙しいといっている自分が他人によって評価されていると思いがち。できる人は忙しいという言葉は自分の無能をさらけ出していると考えている。

【仕事ができる人できない人の違い②】モチベーションのコントロールがうまい

忙しい人は、睡眠時間を削ったり、運動時間が取れないなどで、無理をしてしまう。それが原因でミスも生まれることもある。これにより、モチベーションも不安定になる。できる人は、適切な運動と十分な睡眠を取れており、体調不良もなく、集中力も高い。乗り越え方を常に生活に取り入れている。

【仕事ができる人できない人の違い③】学習意欲の高さ

忙しい人は、学習時間を撮れていない。いつまでも同じやり方で仕事をしている傾向が強い。しかし、仕事ができる人は、忙しいときでも学習時間を取っている。学んだ知識をもとに、効率的なやり方を探ってチャレンジしているのだ。

【仕事ができる人できない人の違い④】コミュニケーションのうまさ

忙しい人にありがちなのが、ものを頼むのが下手ということだ。結局、誰かに頼まず、自分でやったほうが早いと考えることが多い。しかし、できる人は、他人に頼むのが上手だ。依頼物にかんしても、詳細にイメージを合わせて贈るので、完成物の手直しもない。

【仕事ができる人できない人の違い⑤】リスク回避術

忙しい人は、自分が頼んだ仕事を忘れる。また、頼まれた相手もその仕事を忘れがちになりトラブルが生まれる。しかし、仕事ができる人は、頼んだことは決して忘れず、時折チェックも入れるので、頼まれた側も忘れることがない。

【仕事ができる人できない人の違い⑥】集中できる環境の確保がうまい

忙しい人にありがちなのが、集中できる環境を確保できないことだ。電話や誰かが話しかけるために何度も同じところで手を止めて考えなければならない。仕事ができる人は、集中できる環境を作ることができる。誰も嗜好や作業を邪魔しないので効率よく仕事を進められる。

【仕事ができる人できない人の違い⑦】根回しがうまい

忙しい人は、関係者から異議が出て、トラブルシューティングに奔走しがちだ。仕事ができる人は、根回しがうまく、仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを終えておく。

【仕事ができる人できない人の違い⑧】期待値のコントロールをしている

忙しい人は相手の期待よりも少し低い仕事を行う。そのため、手直しで時間を取られる。褒められることも少ないために、モチベーションも上がらない。仕事ができる人は、相手の期待よりも少し上回る仕事を行うので、手直しが必要にならず、そのため、褒められることも多くモチベーションにつながる。

【仕事ができる人できない人の違い⑨】プライベートを大切にする

プライベートを大切にできない人が忙しい人には多い。プライベートの時間を撮れたらいいな程度にしか考えていないからだ。しかし、できる人はプライベートな時間は絶対に取ると最優先に考えて、その時間を本当に大切にする。

【仕事ができる人できない人の違い⑩】タスクマネジメント

忙しい人は、いきなり仕事に取り掛かる。そして、仕事官僚に近くなったときに、仕事の目的と最終完成物を考える。仕事ができる人は、仕事の初めに仕事の目的と最終完成物を明確にし、仕事に取り掛かる。

仕事のうまい克服方法とできる人との違いを把握して!

忙しい仕事があると、ついつい余裕がなくなって、そのためうまくいかないことも多い。しかし、適度なリフレッシュや仕事の乗り越え方を知ることで、忙しいを少しでも克服できるようになる。また、普段の仕事のこなし方も、できる人との違いを知れば必ず忙しい状況を緩和できるはず。良い方法を知り、とりいれて仕事をこなしていってほしい。


評価 4.7/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ