中学生の睡眠時間は平均どれくらい?勉強の質を高めるには?

中学生の睡眠時間の平均はどれくらいなのか、中学生の子供を持つ親御さんも気になるかたが多いようです。中学生の睡眠時間は、勉強の効率化にも必要になってきて、成長にも関係してくるため重要と言われています。そんな気になる中学生の睡眠時間についてご紹介していきます。

中学生の睡眠時間は平均どれくらい?勉強の質を高めるには?

目次

  1. 中学生の睡眠時間は平均どれくらい?
  2. 「勉強内容など記憶するのに必要」
  3. 「成長ホルモンの分泌を活発化」
  4. 「ストレスにも影響あり!?」
  5. 【睡眠時間だけじゃなく朝起きる時間を決める】
  6. 【睡眠時間が原因で起こる病気予防】
  7. 【勉強能力をアップさせるための睡眠時間】
  8. 【スマホやパソコンの使用は就寝2時間前からNGルール】
  9. 【身長が低いと悩むなら睡眠時間から改善!?】
  10. 中学生も睡眠時間を意識して勉強も快適に!

中学生の睡眠時間は平均どれくらい?

中学生の睡眠時間の平均はどれくらいなのか、親御さんも気になるかたが多いと言われています。中学生では、スマホやパソコンユーザーも増える年齢ということもあり、夜更かししてしまって睡眠時間が足りてない中学生も多いようです。

中学生の平均睡眠時間は、8~10時間ちょっとと言われています。中学生の平均睡眠時間を見ると、そう難しくないことと思われがちですが、実際に中学生のライフスタイルをみると、受験の時期に入る中学生や部活で忙しくなる中学生も多いため、帰宅も遅くなったり睡眠時間を削って勉強なんてこともあります。

睡眠時間を削ってまで、勉強しても集中力が欠けてしまったりすることもあるため、中学生にとって睡眠時間はしっかり取らないといけない重要な成長にも関係してくることです。ストレスがたまりやすくなるのも、睡眠時間が関係してくると言われているため、中学生生活には睡眠時間は何かと大切な時間となるでしょう。

中学生男子のおしゃれファッション特集!人気ブランドやおすすめコーデ紹介 | MensModern[メンズモダン]

「勉強内容など記憶するのに必要」

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ①

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ①は、勉強内容など記憶するのに必要という点についてです。中学生の睡眠時間がここまで重要視されるのも、勉強した内容など記憶する時間でもあるところに理由があるようです。

睡眠時間を取っている間に、勉強したことを忘れてしまいそうで怖いという中学生も少なくありません。でも、実際には、睡眠時間をちゃんと取ったほうが、記憶力アップになったり、記憶の整理の時間として睡眠時間を与えてあげることにもつながると言われています。

受験の季節などは、中学生も睡眠時間を削ってまで勉強している中学生が多いなか、睡眠時間は記憶の整理の時間として注目されるようになり、テストで高い点数を取ったりすることにもつながるため重要となってくるようです。

中学生男子が持つとカッコいい財布は?人気ブランドランキングを紹介 | MensModern[メンズモダン]

「成長ホルモンの分泌を活発化」

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ②

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ②は、成長ホルモンの分泌を活発化する点についてです。中学生は成長期でもあるため、睡眠時間も成長にとって必要な項目の1つでもあるでしょう。

中学生にとって睡眠時間を大切にしなければいけないのには、成長ホルモンの分泌にも関係してくるようです。成長ホルモンの分泌は、22時~26時に分泌されると言われており、大人になってからも質の良い睡眠を取るには、この成長ホルモンの分泌のゴールデンタイムを意識したほうがいとも言われています。

中学生の成長期にも、この成長ホルモンの分泌は大切で、睡眠時間に寄って成長のペースも変わってくるようです。そのため、身長の伸び具合に悩んだりしている中学生は、もしかしたら睡眠時間が少なめという中学生がみられる場合もあると言われています。

中学生男子におすすめの自転車は?失敗しない選び方のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

「ストレスにも影響あり!?」

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ③

中学生の睡眠時間が健康や勉強の効率化に必要なワケ③は、ストレスにも影響あるためというワケについてです。中学生は、思春期にも入り感受性も高くなる時期でもあり、ストレスもたまりやすくなる時期でもあります。

中学生の睡眠時間が足りていないと、ストレスがたまりやすくなるため、睡眠時間はストレス解消の意味でも大切な時間と思っていたほうがいいようです。中学生は、人間関係にもシビアになってくる時期でもあり、学校がストレスに感じてしまうかたも多いです。

また、受験勉強のプレッシャーなどからもストレスがたまりやすくなる中学生も多いため、睡眠時間を上手く活用してストレス解消を意識するのも、勉強効率化につながったり快適に生活しやすくなると言われています。

中学生・高校生はスマホの所持率や使い道は?子供にスマホは持たせるべき? | MensModern[メンズモダン]

【睡眠時間だけじゃなく朝起きる時間を決める】

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策①

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策①は、睡眠時間だけじゃなく朝起きる時間を決める対策についてです。大人になっても同じことですが、中学生の睡眠時間を意識する際には、朝起きる時間も毎日同じの時間に起きるようにすることで、生活リズムが整ってくると言われています。

中学生の睡眠時間を大切に意識するためにも、毎日起きる時間を同じくして生活リズムを整え、夜同じ時間になるべく寝られるように睡眠時間対策をするといいでしょう。そして、朝起きる時間を決めることで、体もそれに慣れてきて自律神経失調症などを防ぐことにもつながる期待が持てます。

自律神経が乱れがちの中学生も、睡眠時間に寄って改善することもよくあると言われています。朝のスタートから改善していくことで、中学生の睡眠時間や健康面も改善につながっていくでしょう。

中学生・高校生のお小遣い相場はいくら?過去の平均額はどれぐらい? | MensModern[メンズモダン]

【睡眠時間が原因で起こる病気予防】

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策②

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策②は、睡眠時間が原因で起こる病気予防対策についてです。先ほどお話しした、中学生の自律神経失調症や乱れは、病気にも関係してくると言われています。

中学生の睡眠時間を大切に、平均睡眠時間である8時間、最低でも7時間は取ることを意識することで、自律神経も整い、成長期に発達すると言われる自律神経系への悪い影響も防げるようです。

中学生の睡眠時間を改善することで、自律神経の乱れや発達が遅れてしまっている状態に起こる起立性調節障害という病気も防げると言われています。この起立性調節障害を患ってしまう中学生には、登校拒否をしたり体調が優れずにめまいに悩まされる症状がでてくるようですので、気をつけたい部分でもあります。

中学生のカッコいい髪型男子編!校則OKな爽やか・おしゃれなスタイルは? | MensModern[メンズモダン]

【勉強能力をアップさせるための睡眠時間】

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策③

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策③は、勉強能力をアップさせるための睡眠時間についてです。中学生の睡眠時間は、勉強の効率化や勉強の質を高めるために必要な時間でもあります。

そのため、中学生の睡眠時間をしっかり取ることを意識して、先ほど話した記憶の整理をする時間である睡眠時間をぐっすり取るようにしましょう。睡眠時間を意識していくことで、学力もアップしていくと言われています。

授業中などに、学校で居眠りをしたりボーっとしたりしてしまうことも、こうした睡眠時間を意識した生活をしていくことで、自然に避けられるようになっていくでしょう。

中学生の入学祝いの相場は?喜ぶプレゼントや贈る金額を調査! | MensModern[メンズモダン]

【スマホやパソコンの使用は就寝2時間前からNGルール】

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策④

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策④は、スマホやパソコンの使用は就寝2時間前からNGルール対策についてです。中学生になると、スマホやパソコンも大人と同じように使い始めるかたも多いです。

そのため、寝る直前までスマホやパソコンをいじっている中学生も少なくありません。勉強のために、パソコンでリサーチなどしている場合もあるため、勉強時間のスケジュール管理も睡眠時間と同じく必要になってくるでしょう。

スマホやパソコンから放たれているブルーライトは、脳を覚醒させてしまい寝付きが悪くなってしまうと言われています。そのため、スマホやパソコンは、就寝2時間前からは使用NGというルールを厳しく作ることで、睡眠時間を妨げずに済む生活ができるようになっていくようです。

子供のスマホを格安で済ませる方法!【小学生~中学生向け機種】 | MensModern[メンズモダン]

【身長が低いと悩むなら睡眠時間から改善!?】

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策⑤

中学生に必要な平均睡眠時間を意識して勉強の効率化を図る対策⑤は、身長が低いと悩むなら睡眠時間から改善していく対策についてです。中学生の睡眠時間が少ないと、成長ホルモンの分泌が低下してしまい、それによって身長の伸びが遅くなったりすることがあると言われています。

そのため、中学生の睡眠時間は身長の伸びるペースにも関係してくると思っても過言じゃないようです。もちろん、身長には遺伝やそれぞれの身長の伸びのリミットなどもあるため、一概には言えませんが、睡眠時間は成長に関係してくるのはあるため気をつけたい部分でもあります。

また、中学生の時期の睡眠時間が少ないと、ホルモンバランスなどにも関係してくるようです。睡眠不足になってしまうと、二次性徴という大人になっていく成長段階で、初潮や精通などが早まることがあるようです。

そして、二次性徴が早めにきてしまうと、大人になったというような感覚が体で察知するのか、成長がストップしてしまうと言われているため、中学生の睡眠時間は成長にとって大切な時間であるのがわかります。

中学生の誕生日プレゼント人気ランキング!男子・女子がうれしいものは? | MensModern[メンズモダン]

中学生も睡眠時間を意識して勉強も快適に!

中学生の睡眠時間は、8時間ほどと言われていますが、受験などで忙しい中学生も多く、理想の睡眠時間が取れていないかたも増えている時代。

是非この機会に、成長のためにも中学生の睡眠時間を意識した生活のための参考になさってみてください。中学生の睡眠時間を大切にし、勉強の効率化につながること願っております。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ