アウトドアにおすすめのメキシカンラグ特集!キャンプがおしゃれに楽しめる

みなさんはたまに、キャンプに行かれますか?その際にメキシカンラグは使用されますか?メキシカンラグは、使い道も非常に多種多様で、アウトドアを行う際に非常に便利なのです。今回は、そんなメキシカンラグの特徴と、キャンプがおしゃれになる方法を特集致します。

アウトドアにおすすめのメキシカンラグ特集!キャンプがおしゃれに楽しめる

目次

  1. メキシカンラグって?
  2. メキシカンラグの上手な選び方とは
  3. おしゃれなメキシカンラグの使い方!
  4. おすすめのメキシカンラグ「エルパソ」
  5. おすすめのメキシカンラグ「ネイティブ柄ラグマット」
  6. RUG&PIECEネイティブ柄メキシカンラグマット
  7. エルパソネイティブ柄メキシカン玄関マット
  8. エルパソマヤ・モダンピローズクッションカバー
  9. RUG&PIECEネイティブ柄ランチョンマット
  10. アウトドアにおすすめメキシカンラグまとめ!

メキシカンラグって?

みなさんはアウトドアに行かれる機会はありますか?最近ではアウトドア女子やキャンプ女子など、様々なジャンルが登場してきており、女子と一緒にキャンプに行かれる機会のある方も多いと思いますが、いかがでしょうか?今回はそんなアウトドアシーンやキャンプシーンで大活躍する「メキシカンラグ」についての特集です!

メキシカンラグは、アウトドアでも使用できますし、あえてメキシカンラグを家庭で採用している方もおります。非常に幅ひろい使い方があるのも、魅力なのです。そもそもメキシカンラグとは何でしょうか?メキシカンラグとは、キャンプラグの一種で、いわゆる「ラグマット」になります。

ただ、キャンプラグの中でもメキシカンラグは、非常に個性的な柄でありますし、ナチュラルテイストのアウトドア用品とすぐに馴染みます。このようなメキシカンラグをキャンプやアウトドアに取り入れることによって、とても華やかな雰囲気になりますし、印象をがらりと変えることができます。

例えば、色味を合わせることで、一定の統一感が生まれたり、テントの前室に敷くことで、ちょっとしたおしゃれな雰囲気を作ることができるのです。また、今回の記事では、メキシカンラグのおすすめ商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

メキシカンラグの上手な選び方とは

ではここで主に、キャンプで使用するメキシカンラグの上手な選び方をご紹介していきます。まず、メキシカンラグはブランケットとして、そして時にはマルチカバーとして、使い方は様々です。

そんなメキシカンラグ生活を送る為に、外すことができない上手な選び方や、おすすめの選び方をまずご紹介していきます。さてメキシカンラグを選ぶときは、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?早速見ていきましょう。

メキシカンラグの大きさはあっている?

まずキャンプやアウトドアでメキシカンラグを使用する際に、気をつけないといけないことがあります。それはメキシカンラグの大きさです。よくメキシカンラグは見た目が華やかですので、外見に一目惚れをして、購入をされる方が多いです。

ですが、外見ばかり気にしてしまうと、どうしても後から後悔することにもなるので、しっかりとまず自分がメキシカンラグを使用する場面を想像して、何を目的に使用するのかを考えてみてください。

以外とあるミスですが、使う部分の面積とメキシカンラグを使用する面積があっていなくて、思っていたより小さかった、もしくは思っていたより大きかったとの後悔をする場合があります。ですので、メキシカンラグを使用する場合は、あらかじめ、メジャーで寸法を測ってちょうど良いサイズを選ぶことが重要です。

参考までに、「テント内やシェルター内で使う場合」は、テントの床を全て覆えるサイズのもの、また一枚でなくても複数組み合わせて、対応してもOK。次に、「テーブルやチェアで使用する場合」は、大きめのサイズですと地面についてしまうので、小さいサイズを選ぶと良いでしょう。また、テーブルやチェアに使うラグやブランケットは小さくてもそこまで問題はありません。

メキシカンラグは使用用途にあっている?

続いての、おしゃれなメキシカンラグの上手な選び方ですが、使用用途はあっているか?ということです。例えば、ホットカーペットの上に敷く場合は、ホットカーペット対応ものでないと、いけません。そして、テントであればある程度厚みがあって肌触りの良いもの、テーブルクロスとして使用したいのなら、洗濯が可能なメキシカンラグでないといけません。

このように、自分が使用する目的によっても素材や、サイズ、厚みを気をつけないといけないので、おしゃれさだけ追求していると、再三のことながら機能性が十分に発揮できないでしょう。しっかとと用途を偉び、その用途にあったメキシカンラグを選ぶことです。

では用途に合わせた素材の選び方の例を見ていきましょう。まず、「テント・シェルター」の場合ですが、お座敷スタイルに使うなら、厚みがあり、肌触りが良いものを!その際は、念のため、ホットカーペットに対応しているかも見た方が良いです。

次に、「テーブル・チェア」の場合は、汚れてしまうことも想定して、洗える素材やサイズがベストになります。ですので、この場合はメキシカンラグの洗濯表示ラベルを見て、洗えるかどうかを判断する必要があります。

無印のキャンプ場がおしゃれ過ぎる!口コミと魅力を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

おしゃれなメキシカンラグの使い方!

ではここで、数多くの、キャンパー達が実践しているおしゃれなメキシカンラグの使い方の例をいくつかご紹介します。これを期にメキシカンラグを購入をして、キャンプやアウトドア、または私生活を楽しみたい人はぜひ参考にしてください。

そして、今日からあなたのおしゃれなキャンパー仲間の一人になりましょう。では、早速おしゃれなメキシカンラグの使い方を見ていきます。

メキシカンラグをワンポイントとして投入する

ではまず、メキシカンラグのおすすめの使い方ですが、ワンポイントとして使用するです。これはどういうことかと言うと、おしゃれなキャンプサイトを作るのに、小物を同一のカラーで統一するというテクニックがあるのですが、確かにカラーを統一すると、きれいに小物達がまとまり、また色が主張せずに良いのですが、どこか一点に主張が欲しい場合があります。

そんな時は、床に使用するキャンプサイトのメキシカンラグの色を小物と同じ色にしながらも、ワンポイントでトーンは同じだけど、色を変えることによって、キャンプサイト内にアクセントをつけることができます。

また、メキシカンラグは柄物にすることで、とてもおしゃれにまとまります。おすすめの色はオレンジや赤等の暖色系は、ポップな印象になりアウトドアもより一層楽しむことができるのです。

あたたかさが増すテント内メキシカンラグコーデ

キャンプサイトにメキシカンラグを敷く場合は、ぜひこちらも暖色系をおすすめします。テント内に敷くだけで、そこはまるで温かなおしゃれ寝室に生まれ変わります。さらにベッドカバーとしても、メキシカンラグにするだけで、シンプルになりがちなテント内でも、温かみが増して、外国にきたかのような異空間を実現することができます。ぜひこちらの方法もおすすめします。

おしゃれなメキシカンラグはキャンパー女子に習え!

これまで、キャンプやアウトドアというと、男子のイメージが強かったですが、最近では雑誌等での特集もあり、キャンパー女子やアウトドア女子が増えてきました。

それまでの概念として、男子のアウトドアではワイルドな料理やキャンプそのものを楽しむ傾向にありましたが、キャンプやアウトドアに女子が増えてきたことによって、キャンプサイトのアレンジや、楽しさが一層増していきました。

やはり、女子のコーデは全て参考になりますね。ですので、雑誌でもインターネットでも良いので、なるべく多くの女子の行うメキシカンラグのコーデを見てみると良いでしょう。男子のみなさんも結構参考になる機会が多いですよ。

おしゃれなキャンプグッズ特集!テーブルなどセンスが良いアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

おすすめのメキシカンラグ「エルパソ」

ではここからは、おすすめのメキシカンラグをご紹介していきます。まず最初にご紹介するのが「エルパソ・メキシカンラグマット・ブランケット」になります。このメキシカンラグマットは、サイズが216cm×150cmで、重量が2,070gとなっております。

また、素材はアクリル90%、ポリエステル10%になります。厚手のアクリルベース生地で出来たアメリカンな印象のラグマットになっております。

このラグマット一つあるだけでも、すごく印象が変わります。価格も非常にリーズナブルな、3,980円程になっております。カラー展開も、豊富でどれもカラフルなので、好みを選べるのも良いですね。ワンポイントにぜひこちらもおすすめしたいメキシカンラグになります。ぜひご検討ください。

おすすめのメキシカンラグ「ネイティブ柄ラグマット」

続いてのおすすめのメキシカンラグですが「RUG&PIECEネイティブ柄メキシカンラグマット」になります。こちらの商品の特徴は、ネイティブ柄になっており、どんなキャンプ道具や、キャンプサイトにもぴったり合うデザインと柄になっております。シンプルなデザインでありながら、色合いが非常に独特ですので、存在感はとても高いです。

また、定番人気のラグマットですので、メキシカンラグ選びに、失敗はしないのではないでしょうか。サイズは、215cm×145cm。素材は、アクリル70&%、その他30%になっております。大きさ的には、二人がけソファにもぴったりのサイズです。その他にも、車のシートに敷いても可愛いですし、使い方は何通りもあります。ぜひ、好きなようにアレンジをしてみてください。

RUG&PIECEネイティブ柄メキシカンラグマット

続いてのおすすめメキシカンラグですが「RUG&PIECEネイティブ柄メキシカンラグマット215cm×150cm」になります。さきほどのメキシカンラグよりもサイズが大きいですので、よりゆったりと二人がけソファや、テントの床面、そして車のシート、自宅のリビングなどにもタイプできるモデルになっております。

ベースカラーは、アイボリーですが、非常にカラフルなメキシカンカラーになりますので、室内やテント内が非常に明るくなります。使い方のアレンジは自由です。素材はアクリル素材ですので、自宅でのお洗濯は可能ですが、ぜひドライクリーニングをおすすめします。

洗濯後は、必ず形を整えてから、自然乾燥で対応してください。また、色柄の特性上、洗濯をすると、色落ち・色移りの可能性があります。デザインが非常にかっこいいですので、ぜひお試しください。

エルパソネイティブ柄メキシカン玄関マット

続いてのおすすめのメキシカンラグマット「エルパソネイティブ柄メキシカン玄関マット」になっております。玄関マット用に作られておりますので、サイズが100cm×50cmになっております。もちろん、玄関マットとして自宅で使用するのもありですが、キャンプやアウトドアでテーブルクロスとして使用するのもとてもおしゃれで良いですよ。

キャンプの雰囲気もぐっとあがります。素材がアクリル90%、ポリエステル10%になっております。価格は3,426円ほどで、ネットショップ等で購入することができます。一つあると、キャンプやアウトドアの雰囲気を一瞬で変えることができるので、おすすめ致します。

エルパソマヤ・モダンピローズクッションカバー

続いてのおすすめのメキシカンラグですが「エルパソマヤ・モダンピローズクッションカバー」になります。こちらの商品の特徴は、なんといってもクッションカバーですので、車の中やテントの中で、よりおしゃれに雰囲気をアレンジできるおすすめグッズになっております。

サイズは45cm×45cm、素材はウール80%、その他が20%になっております。裏側はマジックテープになっていて、着脱が非常に簡単です。またカラー展開は、全部で10色もあるので、好きなカラーを選ぶことができます。雰囲気作りにいかがでしょうか?

RUG&PIECEネイティブ柄ランチョンマット

続いてのおすすめのメキシカンラグの特徴ですが、「RUG&PIECEネイティブ柄メキシカンラグランチョンマット」になります。この商品の特徴は、ランチョンマットですので、お食事の時にとても重宝しますし、そして食事の時間をより華やかにすることができます。ですので食事の時間を華やかに演出したい人に効果的と言えます。

またサイズは、47cm×33mですので、コンパクトなサイズである為にちょっとバックに詰めておけばいつでも使用することができますし、便利ですよね。もちろんランチョンマットとして使用する目的だけでなく、マルチにご使用いただけますので、ぜひおすすめ致します。

こちらの商品は、ネットショッピング等で、1,200円前後で購入することができます。素材は、アクリル70%、ポリエステル30%になっております。ベースカラーは、レッドで裏面がブラックになっております。ぜひご検討ください。アクリルですので、洗濯は可能です。ただ、カラフルな商品ですので、色落ちに気をつけてください。

アウトドアにおすすめメキシカンラグまとめ!

ここまでいかがでしたか?アウトドアや、キャンプにおすすめのメキシカンラグについて特集でお届け致しました。メキシカンラグはとても華やかなデザインですので、テント床にアクセントとして使用するのも良いですし、ソファや食事の際のテーブルにアクセントとして使用することもできます。とても使い道が豊富で、便利なおしゃれアイテムになります。

またメキシカンラグを選ぶ際はぜひ大きさや、自分で洗濯は可能かどうか、そして使用する用途は明確かを、きちんと確認をして、購入されることをおすすめ致します。

もし、デザイン性にだけ気が惹かれて購入してしますと、洗濯できなかった、そして大きさが合わなかった等の、問題がおきてもったいない思いをしてしまいますから、きちんと確認をしてから購入をしましょう。おしゃれな道具を揃えて、キャンプを楽しみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ