カップルや夫婦ならセックスするのは当たり前。でも、たまにはセックスをしたくない時も有ります。男と女でそのしたくない理由も様々。今回はそんなセックスしたくない時の理由や本音を調査してまとめてみました。男女のセックスしたくない時の本音を追ってみましょう。

セックスしたくない時とは?男性・女性別の悩みや理由、本音まとめ

目次

  1. 男女共にセックスしたくない時もある
  2. セックスしたくない理由と本音①:体調が優れない
  3. セックスしたくない理由と本音②:生理中
  4. セックスしたくない理由と本音③:ストレスを抱えてる
  5. セックスしたくない理由と本音④:悩み事がある
  6. セックスしたくない理由と本音⑤:相手に不満がある
  7. セックスしたくない理由と本音⑥:セックスが合わない
  8. セックスしたくない理由と本音⑦:他に気になる人がいる
  9. セックスしたくない理由と本音⑧:浮気している
  10. 男女共にセックスしたくないには理由がある

男女共にセックスしたくない時もある

いろんな理由でセックスしたくない時があるのは皆同じ

男でも女でも、夫婦でもカップルでも、セックスしたくない時があるのは一緒です。どんなに好きな相手でも、心を許しているパートナーでも、様々な理由でセックスしたくない時はあるものです。こればかりは人間ですから致し方ありません。男女ともにセックスしたくないタイミングが一緒ならいいですが、そうはいかないのも人の性ですからね。

今回はそんな男女のセックスをしたくないタイミングの理由や本音を調べてみました。どういった時にセックスしたくないのか、男女間で異なるセックスしたくない理由とは。男女が「今日はイヤだな…」と感じるタイミングや理由に肉薄してみました。あなたがパートナーにセックスを断られたら、この項目のどれかに当てはまっているかも知れません。

性欲がない?!男性の悩みこれって病気?原因と理由、対策は? | MensModern[メンズモダン]

セックスしたくない理由と本音①:体調が優れない

具合が悪い時にセックスしたくないのは男女共通

体調がすぐれない時にはセックスはしたくないですよね。具合が悪い悪い時に迫られても正直言うと「おいおい」という気持ちになるのは男女共通でしょう。わざわざ今セックスしなきゃいけないの?と、腹が立ってしまう理由になりかねません。いくらセックスがしたくても相手が具合が悪い時は控えるべきです。あとから後悔しても遅いですからね。

具合が悪い時にセックスを迫られると「自分の体調よりもセックスが大切なの?」と考えてしまうのは致し方ない事です。パートナーとは信頼が第一ですから、相手が体調を崩しているときに必要な事はセックスよりも思いやりでしょう。求められること自体はやぶさかではないでしょうが、相手との心が通じるタイミングでなければ、何事もNGとなるのは当然でしょう。

セックスしたくない理由と本音②:生理中

女性にとってこのタイミングでセックスはしたくない

これは一般論なので、パターンに当てはまらない事もあるでしょうが、生理中のセックスは大体の女性が嫌がるタイミングです。わざわざ生理中という事を分かっていながらセックスを迫られても女性的には「ふざけるな」という心情になりかねないでしょう。大体生理中はお腹が痛くてイライラしている女性が多いと言われていますので、そのタイミングでわざわざ...といったところでしょうか。

中には生理中になるとセックスがしたくてたまらない女性もいるという事ですが、生理中にセックスするのは色々な意味でもあまりお勧めではありません。別に気にしないもの同士ならいいでしょうが、セックスはパートナーあっての行為ですから、生理云々に関わらず、お互いが気持ちよく肌を交わす事が出来るタイミングこそが適切なタイミングという事でしょう。

セックスしたくない理由と本音③:ストレスを抱えてる

ストレスを抱えているとセックスに向けるエネルギーが沸いてこない

仕事や人間関係、プライベートでの悩み等を抱えている時には、あまりセックスしたいという気にも成れないものです。人間はストレスを抱えている時はどうしても心のバランスが不安定になるものです。そんな時はセックスをするよりもパートナーと話をしたり、お酒を飲んだりと、信頼できる相手だからこそ出来る様な時間を持つ方がいいものです。

イライラしている時にセックスをしても、心が伴って行かない以上気持ちの良いセックスにはならないでしょう。ストレス発散の為にセックスしよう!いくらなんでもそんな気分には成れないものです。パートナーがどういう状態かという事を事前に察知しておいて「ストレスを抱えているんだな」と判断した時はむやみにセックスを迫る様な行為は控えた方が良いかも知れません。

セックスしたくない理由と本音④:悩み事がある

正直言ってセックスどころの話じゃない

前途のストレスよりも更に大きな問題を抱えている場合は、尚更セックスしたいとは思えないものです。セックスしてる場合ではない状況下でセックスを迫られると、最悪の場合呆れられてしまうでしょう。先程から再三に渡り申し上げていますが、セックスはパートナーとの心のやり取りそのものなのです。相手の状況を鑑みてあげることが何より大切な事でしょう。

セックスをしたいという衝動は、生理的な現象ですから、突然セックスしたくなる衝動に駆られるのは悪い事ではありませんし、人間ですから普通の事だと思います。ただ、悩みを抱えているパートナーを目の前にした時は、セックスをするよりも「どうしたの?」と相手の悩み事に耳を傾けてあげる事の方がベターです。そうした一つ一つの積み重ねが大切です。

セックスしたくない理由と本音⑤:相手に不満がある

不満のある相手とセックスはしたくない

セックスを共にする相手に対して何らかの不満を持っている場合も、セックスをしたくないタイミングでしょう。「なんだよ、コイツ」と腹の中で面白くない気分の時に、セックスを迫られても正直イライラするだけです。喧嘩した後の仲直りセックスは盛り上がるとよく言いますが、喧嘩しながらセックスするのはご法度です。セックスで仲直りは出来ませんからね。

喧嘩している時はトコトン喧嘩するのもいいでしょう。お互いが抱えている不満をぶつけあって、スッキリした後にセックスをするなら問題なしです。なあなあにしてセックスを迫るのだけは男女ともにNGという事は絶対に覚えておきましょう。確実に喧嘩がエスカレートします。下手すると別れを切り出される原因にもなりかねませんから、注意しましょう。

セックスしたくない理由と本音⑥:セックスが合わない

男女にとって体の相性は大切。合わない相手とはセックスしたくない

こればかりは相性があるので何とも言い難い所ではあるのですが、体の相性が合わないと、その相手とはセックスしたくなくなるものです。セックスの相性の悪さからセックスレスになり、別れに繋がるケースはかなり多い物です。往々にして言える事は、どちらか一方が相手のセックスに対して不満を感じている場合は、もう一方も不満を感じている場合が多いという事です。

体の相性は心の相性という説もある程で、本当に繋がれる相手だからこそ心も体も通じるのだという事の表れなのかもしれません。セックスに重きを置くかおかないかは人其々なので一概に言えない部分も有るでしょうが、セックスが男女にとって重要なファクターを担っているのは疑いようもない事実です。そこが合わない相手と無理をしながら付き合っていくのはお互いにとって健全では無いのかも知れませんね。

セックスしたくない理由と本音⑦:他に気になる人がいる

気持ちが他へ向いている時はセックスは当然したくない

付き合っていたり、結婚していても、他の誰かに気持ちが向いてしまうという事があるとしたら、それはセックスをしたくないタイミングの一つに当てはまるでしょう。そもそもそんな事があっていい事では有りませんが、誰か他の人に気持ちが向いてしまうという事は、客観的に考えると二人の関係性が破綻しかけているという事に他ならない状況だとも言えるでしょう。

セックスは基本相手の事を好きだから、愛しているからこそ体を交わしたくなるのであって、気持ちがあってこその行為であり、その前提となる気持ちが自分の方向へ向いていない以上、やはりセックスはしたくないと考えるのが当然でしょう。

セックスしたくない理由と本音⑧:浮気している

既に他の相手とセックスしてるなら尚更したくない

これは完全にNGな状況ですね。既に他の人間と浮気しているという事は、セックスの対象ではないという事です。稀に浮気しながらパートナーともセックスをできる器用な方もいるようですが、基本的には他の相手に抱かれているor抱いている以上、他の相手に抱かれるor抱くのは嫌悪感が走るものだといいます。

疑いたくはないですが、複合的に考えてパートナーに浮気の疑いが生じた時は、セックスに対してどの様な態度を取るかも考慮するべきでしょう。もしパートナーがセックスを拒みだしたら、最悪こういったケースも考えられるという事は頭の中に入れておくべきです。

不倫と浮気の違いとは?既婚者妻・交際相手彼女が不倫をする確率 | MensModern[メンズモダン]

男女共にセックスしたくないには理由がある

男女ともにセックスしたくない時はしないのが一番

さて、これまで様々なケースを元に男女がセックスをしたくないタイミングや理由について検証して参りましたが、どのパターンにおいても言えることが「したくない時はしないのが一番」という事です。後半にかけてはセックスをするしない以前の話も含まれていましたが、そこに行きつく前の状況ならばしたくない時はしないのが一番という事です。

セックスは心と心を交わす行為と考えるなら、心が通う適切なタイミングでセックスは行うべきです。お互いが一人の人間である以上、常に心がシンクロするわけではありませんので、すれ違うタイミングもある事でしょう。そういった時は相手の心情を慮り、いたわる事で絆を深めた方が良いでしょう。何事も一事が万事。心のサインをしっかり読み取り、良いセックスが出来るように心がけましょう。


評価 4.1/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ