猫を飼っていると歯磨きをするべきなのか気になったりしませんか。人は毎日歯磨きするのに猫に歯磨きをさせる飼い主さんは少ないと思います。ただ猫にも歯磨きが必要だとしたら心配ですよね。そこでここでは猫の歯磨きについて説明していきます。

猫も歯磨きが必要?上手なやり方やコツとおすすめグッズを紹介!

目次

  1. 歯磨きをしている猫は少ない
  2. 本来猫に歯磨きは必要なのか
  3. 歯磨きをしないと歯周病になる可能性が
  4. 歯が健康な猫は長生きする
  5. 猫の歯磨きの上手なやり方
  6. 歯磨きのコツをおさえる
  7. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ①フィンガー歯ブラシ
  8. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ②猫口ケア歯ブラシ
  9. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ③デンタケアシリーズ
  10. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ④らくらくデンタルTOYシリーズ
  11. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑤デンタルローションジェル
  12. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑥らくらく歯みがきシート
  13. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑦グリニーズ猫用
  14. 猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑧C.E.T.歯磨きペースト
  15. 猫も歯磨きが必要?のまとめ

歯磨きをしている猫は少ない

口腔内をきれいに保つ為に日課として行うものといえば歯磨きです。人は食事をすれば必ず食べかすが残り歯垢となっていきます。できるだけ虫歯にならない様にしっかりと歯磨きをするものです。ただ歯磨きが必要なのは人だけなのでしょうか。特に家庭でペットとして飼われる猫に歯磨きは必要なのか飼い主さんにとって悩むところではないでしょうか。

自然界で生活している猫は当然ながら歯磨きをする習慣はありません。そう考えると家庭で飼われている猫も歯磨きは必要ないと思えます。ただ家庭で飼われる状態と自然界で生きていく状態ではかなりの違いがあります。そこでここでは猫の歯磨きが必要なのか、もし必要であればやり方など猫の歯磨きについて紹介していきます。

猫おもちゃのおすすめ!ネコが喜ぶボール・ネズミやひとりで遊べるもの! | MensModern[メンズモダン]

本来猫に歯磨きは必要なのか

最初に猫に歯磨きが必要なのか調べていきます。まず歯磨きをしないとどうなるか考えてみます。人であれば歯磨きをしなければ虫歯になるでしょう。虫歯という点を猫に当てはめてみると猫が虫歯になるという話はなかなか聞かれません。この点だけを見てみると猫に歯磨きは必要ないといえます。

ただ猫の口腔内のトラブルで獣医師への相談が多いのはどの様なトラブルかご存知でしょうか。それは歯周病なのです。もちろん人も歯周病にはなりますが歯磨きが習慣化しているので歯周病は虫歯と比べて少なくといえます。ただ猫は歯磨きをする事が少ないので歯周病になりやすいという事になります。

猫シャンプーのやり方・洗い方!安全にできる方法とおすすめ商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

歯磨きをしないと歯周病になる可能性が

続いて歯磨きと歯周病との関係について説明していきます。まず食事をした際の食べかすに菌が付着する事で歯垢になります。この歯垢が虫歯や歯周病の原因になるのですが、ご存知の通りに歯垢は歯磨きできれいにできます。では歯垢からどの様に虫歯や歯周病になるのか疑問に思えます。答えは歯石を放置する事で発生する歯石にあります。

歯石は歯垢を2日から3日放置する事で石灰化します。ただ歯石は無害なので本来口腔内では悪さをしません。ただ歯石の表面には凹凸があるので新しい歯垢がたまりやすくなってしまうのです。この歯石にたまった歯垢が細菌を発生させ歯に悪さをすれば虫歯、歯茎に悪さをすれば歯周病になるわけです。

歯磨きをしない猫は虫歯と歯周病になる可能性があるという事になります。ただ前述で猫が虫歯になるという話はなかなか聞かれないと説明しましたが、正確にはこれまでに猫が虫歯になったという話は1つもありません。それには猫の口腔環境に理由があります。虫歯の原因となる菌は虫歯菌と呼ばれています。

この虫歯菌が繁殖する環境は酸性とされています。人が虫歯になりやすいのは口腔環境が弱酸性である為です。逆に猫の口腔環境は虫歯菌が生息できないアルカリ性という事から虫歯にならないのです。この事から猫の歯に歯垢や歯石が付着しても虫歯ではなく歯周病になってしまうのです。

猫用ブラシのおすすめ人気ランキング!選び方のポイントも紹介! | MensModern[メンズモダン]

歯が健康な猫は長生きする

猫が歯周病になりやすい理由はわかりましたが歯周病は体にどの様な影響を与えるのでしょうか。まずすぐに変化を感じられる症状には口臭があります。細菌が繁殖している状態になるので臭いというまわりが感じる症状があらわれます。次に歯茎が痩せたり下がってきたりしていき痛みともなう出血がおこります。

歯茎に痛みがあるとどうしても食事の量が減ってしまいます。これは猫も人もかわりはありません。食事量が減ると栄養バランスが崩れ体調に影響を与える事になるわけです。またここまで歯周病が進行しても適切な治療を行わないのであれば最後は歯が抜けるという状態になってしまいます。

本来猫は定期的に硬い食べ物を口にして歯垢を落とす様にしています。その為野生の猫が歯周病にかかる可能性は低いのです。ただ飼われている猫は状況が違います。それは食事の違いです。猫を室内で飼うにはキャットフードを食事として与えます。これでは歯垢や歯石を落とすには硬さが足りないのです。この点を考えると飼い猫として育てる為に歯周病にかかりやすくなってしまっているといえるのです。

猫の水飲み・自動給水器のおすすめと、飲まない・飲み過ぎ対策まとめ | MensModern[メンズモダン]

猫の歯磨きの上手なやり方

猫の歯周病を予防するのは飼い主さんの大事な仕事いえます。ただ猫の口臭が気になったと急に歯磨きをしようとしても必ずといって良いほど猫は暴れるでしょう。変に暴れてしまうと飼い主さんだけではなく猫も怪我をしてしまう場合があります。そこで歯磨きのやり方を説明していきます。

猫の歯磨きのやり方①慣れさせる

やり方の1つ目は慣れさせる事です。歯磨きをする為にいきなり口を開けられて歯を触られるのは猫にとって恐怖でしょう。そこで歯に触られる事に慣れてもらう必要があるのです。もちろん素手で触るのではなく指にガーゼを巻いて歯に触れます。また噛まれた場合の事を考えて厚手の手袋をはめてからガーゼを巻いても良いです。

猫の歯磨きのやり方②ブラッシング

ガーゼで歯に触られる事に慣れてきたらブラッシングをはじめます。当然ながら使う歯ブラシは猫用のものにします。人用ではブラシが硬すぎるので歯茎に傷をつけてしまう可能性があります。猫の歯茎は思う以上にデリケートなので、できるだけ優しく小刻みに歯ブラシを動かす様にします。また磨く際は汚れが残りやすい奥歯を特にしっかりと磨いてあげましょう。

猫の歯磨きのやり方③歯石除去

3つ目のやり方は歯石除去です。ブラッシングをしていると歯に付着した歯石を発見する場合もあります。歯石が付着しているなら落としてあげなくてはいけません。そこで歯石を落とす為にスケーラーと呼ばれる道具を使います。ただスケーラーを使う場合は力加減が難しいです。あまりに硬く付着も強いと感じたら動物病院につれていきましょう。

猫と引っ越しするときの注意点まとめ!ストレスの軽減と新居に慣れるまで | MensModern[メンズモダン]

歯磨きのコツをおさえる

猫の歯磨きのやり方を説明しましたが歯磨きにはコツがあります。愛猫が大人しく歯磨きをさせてくれない場合はコツをふまえて行う事で成功する場合もあります。もちろん性格は猫それぞれなので全ての猫にはあてはまるわけではありませんが、コツを意識すると簡単に歯磨きができるかもしれません。

猫の歯磨きのコツ①慣れさせる時期

まず1つ目のコツは歯磨きに慣れさせる時期です。ある程度成長してしまっては難しいですが、愛猫が仔猫であれば永久歯が生えそろうまでにガーゼなどを使って歯を拭いてあげる様にします。仔猫のうちに歯に触られる事に慣れてしまえば大きくなっても嫌がりません。またデンタルケアができるおもちゃもあるのでおもちゃを噛む事にも慣れさせておきましょう。

猫の歯磨きのコツ②歯磨き粉

続いてのコツは歯磨き粉を使う事です。猫の歯磨きは歯垢や歯石を落とす事が目的なので歯磨き粉は必要ないといえます。ただガーゼや歯ブラシを嫌がる場合は歯磨き粉を利用します。猫用の歯磨き粉には猫の好きな味がつけられています。ガーゼや歯ブラシに歯磨き粉をつける事で猫がガーゼや歯ブラシを嫌がらなく可能性があります。

猫の歯磨きのコツ③頻度

3つ目の歯磨きのやり方のコツは頻度です。猫に歯磨きは必要ではありますが頻繁に行っては猫にとってストレスになりかねません。そこで歯磨きは1日に1回にします。歯垢が歯石になるのは早くても2日なので毎日1回の歯みがきで十分といえます。またデンタルケア用のおもちゃを噛んでいる猫であれば、歯の状態を見ながら2日に1回の歯磨きでも良いでしょう。

猫の自動給餌器おすすめランキング!種類別の特徴と選び方のポイント | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ①フィンガー歯ブラシ

ここからはおすすめの猫用歯磨きグッズを紹介していきます。まず1つ目はトーラスのフィンガー歯ブラシです。フィンガー歯ブラシは指にはめて使うのですが、ガーゼ代わりに使うのがぴったりです。猫の歯を磨いてあげるにもガーゼを指に巻くだけでは押さえながら歯磨きをする事になります。

もちろんガーゼを輪ゴムでとめるなど方法はありますが指サックの様にはめれば飼い主さんも楽に歯磨きができます。またトーラスのフィンガー歯ブラシは3色セットになっています。たくさんの猫を飼っていたり使い分けなど使い勝手が良い猫用歯磨きグッズといえます。生地越しに歯の状態も感じられるので磨き残しも少ないでしょう。

猫に牛乳をあげてはダメ?飲ませるときの注意点とおすすめできない理由 | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ②猫口ケア歯ブラシ

2つ目に紹介する歯磨きグッズはマインドアップ・猫口ケア歯ブラシです。猫口ケア歯ブラシは猫の口にあわせて開発された歯ブラシです。猫の口に入りやすい様にブラシ部分は小さく柄に対して15度傾けてあります。角度をつける事で奥歯まで磨きやすい造りになっていますが、ブラシは若干硬めになっているので注意して磨いてあげましょう。

猫の目の色の種類一覧まとめ!目の色が変わる・変化する理由は? | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ③デンタケアシリーズ

おすすめ歯磨きグッズの3つ目はジェックスのデンタケアシリーズです。簡単な歯磨きといえばデンタルケアのおもちゃです。おもちゃを噛む事で歯垢を落としてくれますが、ストレス発散になるのもデンタルケア用おもちゃの良いところです。歯磨きを習慣にしたい飼い主さんにはデンタルケアができるおもちゃは必須グッズといえるでしょう。

ジェックスのデンタケアシリーズには様々な形とサイズがラインナップされています。デンタルケア用のおもちゃは猫がしっかりと噛めるかが大事なポイントです。小さすぎても隅々まで歯磨きができないですし、大きすぎてはあごに負担がかかってしまいます。愛猫にあった形とサイズを選んであげて下さい。

猫の食べ物まとめ!食べていいものとダメなものを徹底ガイド! | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ④らくらくデンタルTOYシリーズ

おすすめ4つ目の歯磨きグッズはペティオ・らくらくデンタルTOYです。らくらくデンタルTOYもデンタルケア用のおもちゃになります。猫だけで遊ぶぬいぐるみタイプのおもちゃに飼い主さんと遊べる猫じゃらしタイプのおもちゃが用意されています。歯磨きをさせながら愛猫と遊ぶ時間を作れる優れものの歯磨きグッズといえます。

猫が臭いときの対策まとめ!ニオイの原因や予防法について紹介! | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑤デンタルローションジェル

猫用おすすめ歯磨きグッズの5つ目はコスモスラクトのデンタルローションジェルです。デンタルローションジェルの特徴は歯周病の原因となるのは菌の繁殖を抑えてくれる乳酸菌エキスが配合されている点です。ジェル状になっているので歯ブラシにつけるだけではなく指先にのせて猫の歯に塗るだけも十分です。また乳酸菌なので愛猫のお腹の調子も整えてくれます。

猫のひげの役割や種類は?切るのがダメな理由と向きでわかる気持ち! | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑥らくらく歯みがきシート

続いて紹介するのはスーパーキャットのらくらく歯みがきシートです。歯磨きグッズの中でもらくらく歯みがきシートは簡単に猫の歯をきれいにできるグッズです。歯ブラシが苦手でもシートであれば歯磨きさせてくれる猫は多いかもしれません。また歯磨きに慣れさせる為にガーゼを歯みがきシート代えても良いでしょう。

猫の名前ランキング!かわいい・かっこいい・和風や変わった付け方も | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑦グリニーズ猫用

7つ目のおすすめ歯磨きグッズはグリニーズのグリニーズ猫用です。おやつを食べながら歯垢を落とすのがグリニーズの特徴です。ただ少し硬めのスナック菓子なので歯周病になってしまっている猫は噛む事が難しいので丸飲みしない様に注意する必要があります。また味の種類も多いので愛猫の好みにあった味をみつけてあげましょう。

靴下猫・足袋猫たちのかわいい画像集!ソックスをはいているみたい♡ | MensModern[メンズモダン]

猫用のおすすめ歯磨きグッズ⑧C.E.T.歯磨きペースト

最後に紹介する猫用のおすすめ歯磨きグッズはビルバック・C.E.T.歯磨きペーストです。C.E.T.歯磨きペーストは口コミで話題を集めた歯磨き粉で口腔内の環境を正常にする働きがあります。特に歯周病の原因になる菌を繁殖しにくい環境にする特徴があります。また味も猫が気に入りやすい味なので歯磨きが好きになる猫も多い様です。

犬と猫が仲良しになる飼い方まとめ!仲良く同居させるためのコツを紹介 | MensModern[メンズモダン]

猫も歯磨きが必要?のまとめ

猫の歯磨きについて説明してきましたが室内で飼われる様になった事で猫には歯磨きが必要になったといえます。自然界で生きる猫と人に飼われる猫では食事の違いから口内環境に変化が起こった為に歯周病になりやすくなってしまっています。歯周病を予防する為にも猫に歯磨きは必要になるわけです。

また猫の歯磨きはやり方に気をつけなくてはいけません。いきなり歯ブラシを使おうとしてもほとんどの猫が嫌がるでしょう。慣れるまではガーゼや歯みがきシートで拭くだけにしてあげます。また長年歯磨きをしていない猫は史跡が付着している可能性もあるので注意しましょう。それでは猫に歯磨きが必要か迷っている人はここでの情報を参考にして下さい。


評価 3.4/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ