デスノートのエルの年齢や本名など正体まとめ!最後の言葉・名言も紹介

デスノートの最重要人物である「エル」について紹介します。主人公の夜神月と頭脳戦の死闘を繰り広げた人物であり、デスノート作中きっての切れ者として有名なキャラクターです。そんなエルの正体、年齢、本名、最後の言葉等の名言を、より深く知っておきましょう。

目次

  1. デスノートのエルの正体を探ろう!
  2. エルが登場する「デスノート」という漫画について
  3. デスノートにおけるエルの立ち位置は?
  4. エルの人物像は?デスノートのキャラの中でも謎が多い!
  5. デスノートでのエルの活躍!「キラを追い込んだ!」
  6. エルの後継者がデスノートを裁く?エルの後継者について
  7. エルの正体は?デスノート原作では名言されていない?
  8. 気になるエルの本名や年齢は?デスノートの最大の謎!
  9. デスノートで公開されていないエルの情報について
  10. 漫画版デスノート以外のエルについて
  11. デスノートのエルの最後の瞬間は?最後の言葉とは?
  12. デスノート主人公「夜神月」からみたエルは?
  13. デスノートにおけるエルの人気は?
  14. デスノートのエルを深く知ろう!「エルの名言」は?
  15. エルをより理解してデスノートの世界を満喫しよう!

デスノートのエルの正体を探ろう!

今回は、デスノートの最重要キャラクターの一人、「エル」の正体や名言について紹介します。キラのライバルとして描かれているエルは、デスノートの中でどのような役割を持っているのでしょうか。また、デスノートに登場した当時から謎が多いエルの本名、年齢などの個人情報はどのようにして知ることができるのかも見ていきましょう。

エルは初登場時から本名、正体などを一切明かしておらず、年齢についても不詳の状態でした。そのようなエルはデスノートでも重要な役割を持っています。エルの正体を探ることで、デスノートのことをより深く知ることができるのです。また、エルの死に際のメッセージの謎や、名言を知っておくことで、デスノートをさらに楽しめます。

夜神月とはどんな人物?デスノートで最強のキラの性格・スペックまとめ | MensModern[メンズモダン]

エルが登場する「デスノート」という漫画について

そもそも、「デスノート」という漫画はどのような漫画なのでしょうか。デスノートは、大場つぐみ氏(原作)小畑健氏(作画)によって、週刊少年ジャンプ(集英社)から連載された漫画です。2003年に連載が開始し、2006年に連載が終了した漫画です。日本に多大な影響を与えた大人気漫画としれ知られています。

デスノートという、名前を書くと人を殺すことができるノートを拾った夜神月が、デスノートの持ち主の死神「リューク」と共に、世の中の犯罪者を裁いていく漫画です。その独特な世界観から、連載終了した現在でも人気は高いです。原作のデスノートを元にアニメ、テレビドラマ、映画、派生作品等多彩なメディアで活躍されていました。

デスノートにおけるエルの立ち位置は?

では、エルはデスノートにおいてどのような立ち位置なのでしょうか。エルは、夜神月の最初のライバルキャラとして登場します。夜神月のデスノートによる殺戮を食い止めるために、探偵役としてコミックス第一巻から登場しました。当時は名前だけ出ていた状態でしたが、徐々に正体を明かし、最終的には夜神月の前に姿を現します。

正体を明かした当時のエルは、とにかく謎に包まれていました。しかし、そのミステリアスな雰囲気と容姿が、「主人公のライバルとしてふさわしい」との評判で、デスノ―トの代表的なキャラクターの一人として数えられています。夜神月の永遠のライバルとして、キラの捜索に乗り出す頭脳戦は、多くの人をわくわくさせたはずです。

エルの人物像は?デスノートのキャラの中でも謎が多い!

まずは、エルの人物像について、詳しく見ていきましょう。デスノートでエルが登場した当時は、ダボダボのジーンズに白いTシャツ。ボサボサの黒髪で目にクマがある、非常に不潔そうなキャラでした。しかし、その後のデスノートにおいてのエルのセリフや考察力を見て、読者は一瞬で「ただモノではない」という印象を持ったはずです。

エルの正体は、世界の警察権力のトップです。様々な世界の事件を解決した探偵として登場します。FBIすらも、エルの捜査には手が出せないほどです。デスノートでエルが出てきた当初、エルが警察のトップという事以外は、謎に包まれていました。年齢や本名は不詳で、わかるのは警察内部で通じる「エル」というコードネームだけです。

エルは、デスノートの作中でも変人としても知られ、捜査中は常に甘いものを食べている偏食家です。デスノートの作中では、ズバ抜けた頭脳は早い段階で魅せていますが、その後、どのようなことをしても天才並みの実力を発揮することもあります。例えば、日本最高学力の大学の入学試験を満点で合格したり等、天才として確立しています。

デスノートでのエルの活躍!「キラを追い込んだ!」

探偵としてのエルは、大量殺人犯であるキラを追い込むために、デスノートの作中で夜神月をマークしていました。夜神月もエルを出し抜くために様々な対策を練りました。その頭脳戦は見ていて爽快なものだったでしょう。エルは、それほどまでにキラを追い込んでいたのです。そして、デスノートの存在を発見するまでに至ったのです。

このように、エルは夜神月を様々な手段で追い込み、一度は夜神月にデスノートを手放させています。しかしその後、原作デスノートは再び夜神月の手に渡り、最後はキラのデスノートによって、名前を書かれて死亡してしまいます。しかし、エルは死んでなおキラを追い込むことに成功しており、エルの後継者がキラの前に立ちはだかります。

エルの後継者がデスノートを裁く?エルの後継者について

エルはキラによって殺されました。厳密に言えば、死神がデスノートにエルの名前を書き込んだため、結果オーライのような勝利でしたが、エルは、その時すでに「自分の後継者」を見つけていました。「ニア」と「メロ」という、のちに夜神月を追い込む存在です。この2人も、エルやキラに対抗する頭脳を持っているのです。

結果、この2人は夜神月を最後まで追い込み、最終的には勝利して、デスノートの物語に終止符を打ちます。生き残ったのは頭脳明晰なニアのみですが、彼らはエルと同等の力を用いて、夜神月から勝利をもぎ取ったのです。エルの死後、エルの後継者として大切に育てられてきたのです。この2人も、エルによって生き方を教わったといえます。

エルの正体は?デスノート原作では名言されていない?

そんな謎の多いエルですが、デスノートの作中ではとうとう様々な謎を残したまま最後を迎えました。エルの本名や年齢がわかったのはデスノートが連載終了したその後のメディア等で発覚したのです。エルの正体が「警察のトップで、世界で活躍する探偵」ということはわかるのですが、年齢や本名といったエル自身のことは謎のままでした。

デスノート本編において謎を残したまま死ぬことで、読者からはその後も強い印象を残させることに成功することができたとも言えます。年齢や本名を伏せたまま最後に命を絶ったことで、エルはその後も読者の心にしっかりと残っていたのです。エルの補佐であるワタリにも自身のことを「竜崎」と呼ばせる等、徹底的に本名を隠していました。

気になるエルの本名や年齢は?デスノートの最大の謎!

デスノートで繰り広げられる月やエルの頭脳戦よりも、「エルの正体は?」と、別のことに気にしていた人もいるのではないでしょうか。原作を読んでも最後まで分からず仕舞いで、デスノートの漫画版しか見ていないという人はエルのことを知らないままのはずです。デスノートの楽しさを広げるため、エルの正体について考えていきましょう。

まずは、エルの「本名」についてです。当然、本名はデスノート原作では紹介されていません。紹介されたのはデスノートが連載終了した後、「DEATHNOTE HOW TO READ 13」という、デスノートのその後を描いた作品の袋とじの項目で明かされました。エルの本名は「L Lawliet(エル・ローライト)」と言います。

エルの本名もそうですが、年齢も気になっている人がいるはずです。エルの生年月日は1979年10月31日です。そして、2004年の11月5日に命を落としたため、エルの年齢は「25歳」となっています。夜神月よりかはちょっとだけ年上ですが、若くして探偵として世界に通じる功績を出したのは、素直に称賛に値できるでしょう。

デスノートで公開されていないエルの情報について

デスノートにおけるエルの正体、年齢、本名等、ちゃんと探せば公開されている情報以外のエルの非公開情報も紹介します。エルの情報として、デスノートのスピンオフも含め、公開されていない情報もたくさんあります。例えば「血液型」「国籍」「出生」「家族」等の情報です。これらの情報は、2018年現在でも不明のままです。

デスノート本編作中では、一時はキラの疑いが晴れた夜神月と友達になりそうな雰囲気でした。しかし、エルには他の友達はいないのでしょうか。デスノート作中ではそのような描写はなく、補佐のワタリ以外の人間関係は薄そうな印象です。エルの家族情報、出生、国籍等、エルについてわからないことは非常に沢山あるのです。

漫画版デスノート以外のエルについて

エルの正体、年齢、本名等は漫画版では明らかになりませんでした。そして、最後はキラに殺されてしまいます。しかし、漫画以外のメディアでのエルは一体どうなっているのでしょうか。まず、映画版では、エルはキラである夜神月に「勝利」しています。その際デスノートに名前は書かれたので、相打ちといったような状態となります。

キラに勝利したのですが、デスノートに名前が書かれたことにより残りの寿命はすぐそこまで来ている、エルの最後までの期間を描いた映画が、デスノートのスピンオフ作品「L change the WorLd(エル チェンジザワールド)」です。キラの事件が終息したとしても、エルはまだまだ探偵として活躍し、デスノートの世界観を広げるのです。

デスノートのエルの最後の瞬間は?最後の言葉とは?

漫画版デスノートでは、エルは「キラ」に敗北してしまい、デスノートに名前を書かれて死んでしまいます。それまでに壮絶な死闘を、頭脳戦という形で繰り広げていたエルの死亡は、デスノート読者にとっては大きな衝撃だったはずです。そんな最強のライバルキャラであるエルの死に際はどのようなものだったのか、見ていこうと思います。

エルは死神レムによってデスノートに名前を書かれ、心臓麻痺で死亡します。その際のエルの言葉は「やはり私は……間違って……なかった……が……ま……」です。前半は「やはり私は間違ってなかった」と解釈できますが、「が……ま……」とは、一体どのような意味が含まれているのでしょう。死に際にもエルは謎を残したのです。

デスノート主人公「夜神月」からみたエルは?

デスノートの主人公、夜神月は、ライバルであるエルのことをどう思っていたのでしょうか。エルは、夜神月のことを「友達として」思う場面がありました。もちろん、夜神月がキラでないという前提での話ですが、夜神月はエルのことを友達としては見ていなかったと言えます。むしろ「絶対に潰す」という気構えで臨んでいたでしょう。

夜神月は、デスノート作中で、早速エルの罠に嵌ります。時間差の放送で、「エル」の偽物をデスノートで殺してしまうのです。それによって、日本の関東でのみ放送されている時間でエルの代役を殺してしまい、自分の居場所を突き止められます。それによりエルをライバル視し、「新世界の神」になるための弊害として認めるのです。

デスノートにおけるエルの人気は?

最後の最後に、自分の言葉で表現することが出来なかったのでしょう。死にゆく瀬戸際だったので、仕方がありません。この最後の言葉は、デスノート最大の謎となっています。一説では「が、ここは負けか」と言いたかったのではないかと言われています。原作の大場つぐみ氏は「読者の想像に任せる」というコメントを残しています。

デスノートでのエルの人気は、どのようになっているのでしょうか。デスノート原作では、人気投票が行われていません。ネット上で、デスノートの人気投票が行われている結果では、エルは夜神月を凌ぎ、一位に輝いています。また、「エル派」「キラ派」という派閥もあり、やはりエルと夜神月が人気の大部分を占めていると言えます。

デスノートのエルを深く知ろう!「エルの名言」は?

デスノート作中で、エルは様々な名言を残しています。その名言を紹介します。名言を知ることで、デスノートという作品について知ることができるのです。また、エル自身についても深く知り、デスノートの自分だけの世界観を広げていきましょう。

「私はLです」

エルだけでなく、デスノート全般の名言として数えられます。エルがあらかじめ夜神月に自分の正体を明かすことによって、夜神月の動揺を誘う心理戦に用いられました。この方法で夜神月を動揺させ、その結果、その日の帰宅後に夜神月は「くそっ!やられた!」と、動揺してしまったことに対して悔やんでしまいます。

月くんがキラであっては困ります。月くんはわたしのはじめての友達ですから。

友人である夜神月がキラでないということを信じたかったために出た、エルの唯一と言っていいほどの感情的なセリフです。デスノートの中で感情的にならないエルですが、非常に素直な一面もあり、友人を犯罪者だと思いたくない気持ちも表れている名言です。キラである夜神月も、少しだけ動揺していました。

エルをより理解してデスノートの世界を満喫しよう!

デスノートのエルの正体や名言、死に際の最後の台詞を紹介しました。デスノートの世界は独創的で、繰り広げられる頭脳戦は、バトル物の漫画と同じくらいわくわくしたはずです。デスノートの世界をより深く知るには、最重要キャラクターであるエルの秘密をより深く知ることで、さらに楽しむことができるはずです。

エルの正体や年齢、本名等はデスノート作中では公開されていなかったため、知らなかった人は多かったはずです。デスノートをより深く知るためには、やはり主要人物の秘密は知っておきたいと思うでしょう。全てを知った今、もう一度デスノートの漫画を1巻の初めから見ることで、新たな発見を、自分の目で確かめてみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ