恋愛中の不安感は自分で作り出している?原因と解消方法は?

恋愛中には楽しいことばかりではなく、自分の意に反することも引き起こされてしまうものです。恋愛の不安感は自分で作り出しているのか?と悩み始めてしまいます。恋愛の最中に感じられる不安感からの回避の方法、その原因と解消方法などをご紹介します。

恋愛中の不安感は自分で作り出している?原因と解消方法は?

目次

  1. 恋愛中の不安感で頭がいっぱいになっている方へ
  2. 恋愛は常に不安の中にさらされている
  3. 恋愛が盛り上がるほどやってしまうNG
  4. 恋愛の不安は何が原因か
  5. 恋愛による不安が引き起こすやっかいなこと
  6. 恋の不安を回避・解消する方法
  7. 恋愛を長く継続させる秘訣
  8. 恋愛が真実に変わる時
  9. 例え別れたとしてもこう思えたら安心
  10. 恋愛の不安とともに成長しよう

恋愛中の不安感で頭がいっぱいになっている方へ

恋愛は好きな者同士が惹かれあい楽しいことばかり、辛さなどない世界と思われがちです。しかし幾度かの恋愛を経験していくにつれて、楽しいことばかりではなく不安をいつも抱えながら過ごす日々も知っていきます。恋愛中の不安感で頭がいっぱいになっている方への、解消方法や回避方法はあるのでしょうか?

恋愛は常に不安の中にさらされている

なぜ恋愛すると不安になるのでしょう。それだけ相手が好きだから独占欲も高まります。恋愛感情のない人にはよほどのことがない限り心を支配されません。好きな人だからこそ、自分の動向で何か相手に失礼なことをしたのかなといった不安な気持ちが湧いてしまうものです。

恋愛感情が何なのかわからない!好きという気持ちを確かめる方法は? | MensModern[メンズモダン]

恋愛が盛り上がるほどやってしまうNG

恋愛が順調にいけばいくほど不安になり、起こる必要のなかったことが実際に起こってしまうことがあります。何も問題なかった関係性が崩れてしまう出来事も考えられます。ここでは、順調な恋愛の中で起きる不安に結びつくNGについてご紹介します。不安から生じてしまうNGな言動について、細心の注意を払っておきたいものです。

恋愛NG行動①安心材料を求めすぎる

相手への思い込みが激しくなり、自分が安心できる事象を求めてしまいがちになることがあります。相手の行動や言動に必要以上なほど執着や嫉妬をしてしまいます。相手を考え過ぎるあまり、常に相手にも見返りを求めている証拠です。深い愛情は度が過ぎてしまうと束縛として感じられ、不安やさまざまな障害の原因となってしまいます。

恋愛NG行動②嫌われない行動にばかり気を取られてしまう

好きな相手から嫌われないようしたいと、自分の意思とは違う言動をしてしまうケースがあります。相手に嫌われ自分が不安に陥りたくないと判断し、その場しのぎな行動や嘘を言ってしまうと、やがてすべてが偽りだったのかと誤解されてしまいます。嫌われない作法は大切ですが、自分の真意や理に反してはNGになってしまいます。

恋愛NG行動③常に二人で一緒にいたがる

恋愛が順調になるほど一緒にいたいと思うものです。週末などにお互い一緒に過ごすカップルの姿は決して珍しくない光景です。だからと言って常に一緒がいいと考えてしまいますと、ちょっとの隙間時間でさえも会いたいと思うようになり相手の時間を拘束し出すと、かえって不安が募り危険な状態に陥ります。

恋愛がうまくいかない人に多い理由10選!うまくいくための対処法は? | MensModern[メンズモダン]

恋愛の不安は何が原因か

お互いに好意があり恋愛へと発展したというのに、なぜ不安や不快な気分に苛まれるのでしょうか?根本的な原因があるとしたらその正体を知りたいと思いませんか?ここでは恋愛の不安についての原因、その大元となる心の現象についてご紹介します。

恋愛が不安になる原因①承認欲求

「承認欲求」という言葉があります。相手に自分の存在や価値、考え方を肯定し続けてもらいたい欲のことを指します。恋愛相手ほど認められたいと目指してしまいがちです。自分磨きなどが流行るのも承認欲求を満たすためにあります。ただし承認云々にこだわり過ぎると、時折苦しい気分に陥り相手に不安を募る要因と化してしまいます。

恋愛が不安になる原因②未来への想像力

恋愛をすると相手との将来について案じるものです。未来への期待も膨らむ半面、どうしてか不安も募るという現象が起こります。それは常に漠然とした不安が多いものです。自分の将来設計とのズレや不安感が生じるようになったら、楽観的な気分になれば解消や回避できることがあります。まだ未来は決まったことではないからです。

恋愛による不安が引き起こすやっかいなこと

恋愛による不安がそのままになってしまうと、破局を招く可能性もあります。しかしそれよりももっと怖いのが、恋愛そのものに対する拒否反応やその他関連した「依存症」になることも考えられます。ここでは恋愛の不安が引き起こす依存症についてご紹介します。

恋愛の不安がおこす依存症①恋愛依存症

寂しがりやでいつも不安になってしまう、そんな自分に恋愛対象ができると、他人に頼られる喜びを知り嬉しくなります。しかし過度に相手への要望を求めてしまう傾向が強くなると「恋愛依存症」と化します。当初は相手の幸せを考えていたのに、自分が必要とされていることに満足し、いつしか相手にされなくなることを嫌うのが特徴です。

恋愛の不安がおこす依存症②回避依存症

人間関係が面倒になって回避したくなる癖がある場合、それが極端に兆候として出てくることを「回避依存症」と呼びます。概ね、そのような人は恋愛の難しさに疲弊している場合が強いようです。例え好意的な相手が近づいてきても恋愛に発展することから回避する言動をします。どちらかと言えば事なきを得たいと思うようになります。

恋愛依存症の症状とは?なりやすい人の特徴や治し方・克服方法は? | MensModern[メンズモダン]

恋の不安を回避・解消する方法

それでは恋愛から生じる不安な気持ちを解消したり回避させるための方法はあるのでしょうか?ここでは恋愛によって悩まされる事柄からの回避や解消についての方法案をいくつかご紹介します。

恋愛の不安解消法①生活リズムパターンを把握しておく

不安なものの正体とは、姿が見えない何かがあって「善からぬ思い」が過るからです。少しでも解消するには、できる限り相手の生活リズムやパターンを知っておくとよいでしょう。例えばSNSが日常化しているので、それを利用して毎日の相手の生活時間帯は把握できます。連絡方法も相手のリズムに合わせれば順調に進むことがあります。

恋愛の不安解消法②悩みは常に相談する

恋愛においての悩みは相手の不透明さにあり、それをつい抱え込んでしまうことにあります。つい言いたくても言えなくなってしまうという傾向があって、自分の弱さを相手に見せないように強がってしまうのです。それで何とかなればいいのですが、やがて大きく発展すると破局する原因にもなります。相談事は必ず相手にしましょう。

恋愛の不安解消法③客観的に自分を判断する

まずは自分が持っているつまらないプライドは考えないようにしましょう。誰だって生きている以上は不安や悩みは大小あるものです。珍しいものではないと客観的に考えておきましょう。その上で、感情的になって行動を起こさないよう自制することが、本当の「強さ」です。自分の感情を第三者的に捉えましょう。

両想いになれる恋愛のおまじない15個!片想いで終わらせたくない! | MensModern[メンズモダン]

恋愛を長く継続させる秘訣

なるべくなら不安や悩みの少ない、良好な恋愛関係を続けたいと誰しもが願うはずです。そのような良好な恋愛は可能なのでしょうか?もし可能なら、どのような方法やポイントがあるのでしょうか?ここでは、恋愛が良好に進展する方法について言及していきます。

恋愛を長続きさせるコツ①お互いを干渉しない習慣を作る

お互いにはお互いの生活パターンやリズムがあるのは当然です。その触れてはいけない部分には介入しないことを暗黙の了解にしておく必要があります。暗黙の了解こそ一番難しい点ではありますが、だからこその恋愛ではありませんか?楽しいことばかりではなく、他人同士が心を通わせる修業の場として捉えましょう。

恋愛を長続きさせるコツ②お互いがルールを守る

誰かを好きになるのに理屈はありません。しかしそれでもお互いに付き合うという関係性になる直前には、どちらかが告白するなりのちょっとした儀式めいたことがあったはずです。恋愛こそ「儀式」であり「契約」です。契約とはルールに則って取り交わすものです。一時的な激しい恋ならまだしも、長く続く恋愛にはルールが必要です。

恋愛を長続きさせるコツ③とにかく話し合いを欠かさない

些細なことは早い時期に話し合いで解決する方法を取りましょう。恋愛が短命で終わる原因のワースト1は、話し合うことをしなかった場合です。他人同士です。意思が疎通しないことのほうが多いのは当たり前なことです。それでも一緒にいたいと思うのですから、分からない部分は聞いて話して、その上で解決策を二人で考えましょう。

恋愛が真実に変わる時

付き合い始めた頃はずっと一緒にいたいと幸せいっぱいの気持ちに溢れるものです。しかししばらくすると心が揺れて相手を疑ってしまうこともあります。恋愛はいつでも予測せぬ出来事の連続です。不安はつきものです。だからと言って恋愛が必ずしも不安定のままとは言い切れません。真実に変わることだってあります。

恋愛が真実になると幸せ感は2倍以上になる

真実の愛情があるのなら、相手の成功は「二人の成功」となります。つまり自分のことのように喜べる、そんな気分を感じたとしたら、あなたの恋愛はより真実へと向かっています。例え喧嘩をすることがあっても、あなたは相手を信頼し始めています。可能性を信じ始めています。必ず喜びは2倍以上になって実感することができます。

例え別れたとしてもこう思えたら安心

恋愛が本当に打ち勝つ時、そこには相手へのリスペクトがあります。もし相手の意見に同意できないとしても、相手のことは尊重し、真剣に向き合ってください。その時間の尊さは何ものにも代えがたいことです。

いつまでも心に残したいのが相手へのリスペクト

離れ離れになったとしてもです。元カノ、元カレを軽蔑するような人物は、やがて誰からも評価されなくなります。心から消えることのない二人の関係と時間に、あなた自身はいつまでも敬意を表し続けてください。

恋愛の不安とともに成長しよう

恋愛は一人じゃ出来ないことです。意見の食い違いや価値観の相違はあって当然です。そこをどう受け入れどのように納得するかが恋愛において重要な部分です。長く続けたいのなら信じるしかありません。もう駄目だと感じたら引き際を知るしかありません。人生は一度きりです。自分らしく生きることを忘れないでください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ