可憐で華麗、多くのファンを魅了する夢の世界・宝塚。退団後はそのスキルを活かして芸能界で再び脚光を浴びる宝塚OGも。意外と知られていない宝塚OGと元タカラジェンヌ、今回は宝塚を退団したOGや元タカラジェンヌの情報をまとめてみました。

宝塚OGと元タカラジェンヌ情報まとめ!所属事務所についても調査

目次

  1. 宝塚OG・元タカラジェンヌの現在
  2. 憧れの宝塚・卒業後のOGや元タカラジェンヌのその後
  3. 宝塚を卒業して大検や国家資格に挑むことも
  4. 宝塚OG情報・女優【天海祐希】
  5. 宝塚OG情報・女優【黒木瞳】
  6. 宝塚OG情報・女優【檀れい】
  7. 宝塚OG情報・女優【八千草薫】
  8. 宝塚OG情報・女優【蘭寿とむ】
  9. 宝塚OG情報・メイクアップアーティスト【矢吹翔】
  10. 宝塚OG情報・女優から芸大、音楽講師【三矢直生】
  11. 宝塚OG情報・医師【芽衣かれん】
  12. 宝塚OG情報・政治家【扇千景】
  13. 宝塚OG情報・フットジェンヌ考案者【初嶺麿代】
  14. 宝塚OG情報・スクール講師【遠野あすか】
  15. 宝塚OGと元タカラジェンヌの情報まとめ

宝塚OG・元タカラジェンヌの現在

華麗な世界観で多くのファンを魅了する宝塚。タカラジェンヌといえば憧れの存在。そんな夢の世界に入団したタカラジェンヌもいつかは卒業するときがきます。今回は宝塚OGと元タカラジェンヌの情報を調査!所属事務所や意外な職業など驚きの連続です。

芸能界にも宝塚OGや元タカラジェンヌがいる

芸能界でも宝塚OGと元タカラジェンヌという人は多数います。宝塚で培った演劇の技術を活かして女優になった宝塚OGや元タカラジェンヌも。有名なところでは天海祐希や黒木瞳、檀れいなども宝塚OGで元タカラジェンヌ。

宝塚にゆかりのある事務所に所属することも

宝塚を卒業した宝塚OGや元タカラジェンヌはそのまま宝塚にゆかりのある事務所に所属することもあります。そこで映画やドラマなどに出演することも。しかし大手事務所に所属せず、小さな事務所に所属したり、女優以外の道を進む宝塚OGや元タカラジェンヌもたくさん!

宝塚出身の女優まとめ!退団後も活躍する有名人のタカラジェンヌ時代は? | MensModern[メンズモダン]

憧れの宝塚・卒業後のOGや元タカラジェンヌのその後

憧れの世界に飛び込んだあとはさまざまな活躍を経て卒業となります。宝塚退団後は女優になるイメージもありますが、それ以外にもさまざまな職業についている宝塚OGや元タカラジェンヌも。もちろん結婚して芸能の舞台から退いたOGや元タカラジェンヌがいるとの情報も。

宝塚OGと元タカラジェンヌ・スキルを活かした活躍

宝塚OGと元タカラジェンヌ、舞台や映画・ドラマなどで演技を魅せる職業に転向した人もいますが、宝塚時代に培ったスキルを活かして他の道に進んだOGや元タカラジェンヌも。厳しい世界と言われる宝塚。歌唱力や演技力はもちろん、厳しい礼儀作法があることで有名です。

宝塚OGと元タカラジェンヌ・メイクやスタイル維持を活かしたその後

ファンを魅了する世界・宝塚はタカラジェンヌのルックスにも惹かれます。特徴のあるメイクや抜群のスタイル、それらを維持するために努力したノウハウを活かしてメイクアップアーティストやフィットネススタジオを開くOGや元タカラジェンヌがいるとの情報もあります。

宝塚を卒業して大検や国家資格に挑むことも

宝塚を卒業したOGと元タカラジェンヌ。女優など表舞台に進んだり結婚して家庭に入る人も。それ以外にも学業に専念しているOGや元タカラジェンヌがいるとの情報もあります。

宝塚OGと元タカラジェンヌ・中卒や高校中退扱いの場合も

タカラジェンヌになるためには宝塚歌劇団団員の養成所である宝塚音楽学校に入学することが必須。宝塚音楽学校の入学資格は義務教育終了から高卒にあたる15歳から18歳まで。そのため中卒や高校中退で宝塚音楽学校に入学することもあります。

宝塚卒業後に資格取得するOGや元タカラジェンヌたち

宝塚歌劇団団員として華々しい舞台で活躍したあと、卒業後は大検や各種資格を取得する宝塚OGや元タカラジェンヌも。大検だけでなく国家資格を取得したOGや元タカラジェンヌもいます。大検や国家資格だけでなく大学に入学した元タカラジェンヌも!宝塚OGと元タカラジェンヌのその後の情報をまとめてみました。

はいだしょうこは元宝塚の娘役だった!当時の成績や退団まで! | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優【天海祐希】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・元月組トップ男役

宝塚OGで元タカラジェンヌといえば女優の天海祐希。元月組所属でトップ男役でした。現在では女優として幅広く活躍しています。

宝塚退団時には多くの注目を浴びたタカラジェンヌのひとり

多くのファンを魅了する宝塚のトップスター。退団するときにはニュースに取り上げられるほどの人気!そんなトップスターのひとりが天海祐希。月組所属でトップスターに上り詰めた天海祐希はわずか2年で退団してしまいます。

さらに天海祐希はタカラジェンヌの退団で定番になっている大きな羽を付けなかったことでも有名。タカラジェンヌ退団時には大きな羽を背負い、派手にフィナーレを送るのが通例となっていました。しかし天海祐希はこの羽を拒否。それが通ってしまうほどの大スターだったんです。

宝塚OG・天海祐希の所属事務所

月組所属でトップ男役だった天海祐希。現在は女優として活躍しています。天海祐希の所属事務所は音研。宝塚のトップスターだった天海祐希、退団が決定した後は数々の芸能事務所からの勧誘がありました。

当初、石原プロモーション入を希望した天海祐希ですが男性俳優専門のために断念。その後フライングボックスに所属、2003年には現在の所属事務所である音研に移籍。

天海祐希の宝塚時代がもはや伝説?かっこいい上に美しい!画像付で紹介! | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優【黒木瞳】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・元月組トップ娘役

天海祐希同様に宝塚退団後に女優として活躍しているOGで元タカラジェンヌが黒木瞳。元月組所属でトップ娘役だった黒木瞳。彼女も元タカラジェンヌだったんです。

記念受験として受けた宝塚に合格

宝塚に憧れる女性は多く、狭き門と言われる宝塚音楽学校の受験倍率は毎年数十倍!元タカラジェンヌの黒木瞳はここで大きな伝説を作っています。元々音大への進学が決まっていた黒木瞳、記念受験として宝塚音楽学校を受験。もちろん記念受験なので受かることを考えていませんでしたが、なんと見事合格!

記念受験ということで厳しいレッスンを積んだわけでもなく、バレエは1習慣ほど習っただけとの情報も。それなのに宝塚に受かる黒木瞳、その才能は素晴らしいの一言です。そして入団からわずか2年という速さで月組のトップ娘役に。

宝塚OG・黒木瞳の所属事務所

宝塚OGで元タカラジェンヌの黒木瞳。退団後は女優としてドラマや映画、CM、映画監督などで現在も活躍中。1990年には結婚、娘もいます。黒木瞳の所属事務所は宝塚退団後はオフィス稲垣でしたが、社長が逝去したことで事務所を廃業。2011年からは現在の事務所であるポエムカンパニーに所属しています。

大地真央は宝塚時代に黒木瞳と名コンビだった?若い頃の画像・人気まとめ | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優【檀れい】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・元月組と星組トップ娘役

舞台やドラマ、映画、CMで活躍中の女優・檀れい。彼女も宝塚OGになります。若い世代には檀れいが元タカラジェンヌだったことを知らない人も。

月組と星組・両方でトップ娘役に

宝塚OGで元タカラジェンヌだった檀れい。宝塚に入団当初は月組でしたがその後星組に移動。入団から数年、あまり大きな役もなく目立ちませんでしたが1999年には月組トップ娘役、その後2003年に星組トップ娘役に。宝塚入団したときの成績は最下位だった檀れい。しかし7年目にはトップ娘役になっています。

宝塚OG・檀れいの所属事務所

舞台や映画、ドラマなどで女優として活躍している檀れい。所属事務所は松竹芸能の連結子会社である松竹エンタテインメント。松竹芸能といえばお笑い芸人が所属している事務所のイメージですが、檀れいが所属する松竹エンタテインメントは主に俳優をマネジメントしている事務所。

檀れいの宝塚時代の評判は?生い立ちや同期が誰かなど調査! | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優【八千草薫】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・清純派娘役として人気

良妻賢母のイメージが強い女優・八千草薫も宝塚OGで元タカラジェンヌ!当時は清純派娘役として大人気だったそうです。「お嫁さんにしたい有名人」に選ばれるほどの人気なんだったとか。華やかなものに憧れて宝塚音楽学校を受験しました。

コミカル役から清純派への転向

宝塚時代には清純派娘役として一時代を築いたともされる八千草薫。しかし入団した当初は狸役などのコミカルな演技が当たり役でした。転機が訪れたのは1952年の『源氏物語』。『源氏物語』の初演で紫の上の幼少時代・若紫を演じたことで大絶賛!これによって清純派娘役の代名詞として歩んでいきます。

宝塚OGとして女優として可憐なイメージは健在

宝塚退団後は女優に。数多くのドラマや映画で活躍する名女優に。その美しさと柔らかい雰囲気はおっとりした良妻賢母役がぴったり。現在でも可憐で清楚なイメージの八千草薫は素敵なおばあちゃん役で大人気です。八千草薫の所属事務所は柊企画。

宝塚の娘役のかわいい画像まとめ!歴代の美しすぎる写真を厳選紹介 | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優【蘭寿とむ】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・花組トップスター

宝塚花組トップスターの男役として人気だった蘭寿とむ。現在では女優や歌手として活躍しています。宝塚退団が2014年ということもあり、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。宝塚では幅広いジャンルに出演、ゲームコラボシリーズの『戦国BASARA』や『逆転裁判』では主演を努めています。

宝塚過去最高倍率の首席合格

超難関校として知られる宝塚音楽学校。受験では数十倍の倍率で毎年世間を賑わしています。蘭寿とむが受験した1994年は過去最高倍率の48.25倍!凄まじい倍率のなかで蘭寿とむは主席合格しています。さらに入学から宝塚を退団するまで首席を譲らなかったとの情報も。

退団後は宝塚OGとして舞台やドラマで活躍

一度も首席を譲ることなく2014年に宝塚を退団した蘭寿とむは舞台やドラマで活躍する女優となっています。退団後は女優になると決めていなかったものの、ダンス&ソングのエンターテインメントショー「ifi(イフアイ)」に出演したことで女優としての道を進む決意を固めました。

2016年には帝国劇場で上演されたミュージカル『天使にラブソングを~シスター・アクト~』では森公美子とのダブルキャストで主演。テレビドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』では独身グルメ女子会メンバーの山本望海を演じています。所属事務所はジーアールプロモーション。

宝塚の歴代トップスター年代別まとめ!現役の男役・娘役のトップは? | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・メイクアップアーティスト【矢吹翔】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・トップアーティスト『CHIHARU』

現在トップメイクアップアーティストとして有名なCHIHARU。実は彼女も宝塚OG。元タカラジェンヌで花組男役の矢吹翔が退団後はトップメイクアップアーティスト・CHIHARUとして活躍中!

宝塚に19年在籍した元タカラジェンヌ

宝塚に所属する団員のほとんどが7年ほどで退団。なかには天海祐希のように2年で退団するタカラジェンヌもいます。しかし彼女は宝塚に入団してから19年も在籍し、現役で活躍したベテラン男役の元タカラジェンヌ!宝塚ファンであれば誰もが知っていると言っても過言ではありません。

宝塚時代の芸名は矢吹翔。ベテラン男役として数多くの舞台に出ています。入団当初は雪組に、1997年には花組に組替えしています。芸名の由来が『あしたのジョー』からあやかった、との情報もありますがこれは間違いで、「翔」の字をつけ、そのあとに名前に合う名字をCHIHARUの実母が考えたのが正解。某テレビ番組内で間違った情報を紹介され、自身のTwitterで苦言を呈したことも。

宝塚時代に培ったメイク法

宝塚OGで元タカラジェンヌのCHIHARU。宝塚でのヘアメイクは先輩から一度教わるだけであとは独学。CHIHARUはこのときに培ったメイク法によってヘアメイクに目覚め現在はトップメイクアップアーティストの道を歩んでいます。

メイクは誰かの真似をするのではなく、自身の骨格やパーツに合ったメイク法が重要だということを宝塚時代に学び、研究。その成果がトップメイクアップアーティスト・CHIHARUとして大成功したのです。

宝塚のメイク方法は?男役・娘役風のやり方と崩れないテクニックは? | MensModern[メンズモダン]

宝塚OG情報・女優から芸大、音楽講師【三矢直生】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・歌が好きで歌の道を歩む

宝塚退団後に大検など資格を取得する元タカラジェンヌがいるなかで、東京芸術大学声楽科に進んだのが三矢直生。宝塚花組で男役のスターだった彼女は歌うことが一番好き、と公言。その言葉通りに宝塚退団後も歌の道に進んでいます。同期には黒木瞳や真矢みき、涼風真世。宝塚OGとして素晴らしい歌唱力を今尚披露されています。

芸術分野で日本最高峰の東京芸術大学

受験倍率数十倍の宝塚音楽学校、それに負けず劣らず狭き門が東京芸術大学。芸術の分野では日本最高峰とも。そんな難関大学に挑んだ三矢直生。宝塚で培った歌唱力をもってしても並々ならぬ努力が必要だったと思われます。

元タカラジェンヌは歌手であり女優であり音楽講師

狭き門である東京芸術大学に入学。在学中には宝塚歌劇団の音楽講師を努めています。現在も宝塚歌劇団の音楽講師を務める傍ら、聖徳大学音楽講師も努めています。芸大入学以前は宝塚退団後に歌手や女優としての活動も。所属事務所は東宝芸能。

宝塚OG情報・医師【芽衣かれん】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・花組娘役は救命救急医に

宝塚で花組娘役だった芽衣かれん。多くのファンを魅了し、華やかな世界へと導いたタカラジェンヌ・芽衣かれんは宝退団後、医師・銘苅美世として奮闘しています。2013年には精神科医としての傍ら、救命救急の研修も行いました。

医療に関心をもったのは宝塚での出来事がきっかけ

宝塚退団後、医師になろうと決心したのは在団中に慰問した特別老人ホームがきっかけ。元々おじいちゃんっ子だったこともあり、特別老人ホーム慰問の際に老人医療に興味を持ちました。それから宝塚を退団、医師になるために猛勉強することに。

想像を絶する苦難の道

タカラジェンヌになるためには宝塚音楽学校に入学することが必須。銘苅美世が宝塚音楽学校に入学したのは17歳、高校中退でした。そのため医師になるにはまず大検を取得、その後猛勉強の末に2001年東海大学医学科に入学しました。2008年には医師国家試験に合格、現在では医師として活躍されています。東京都石橋区の病院理事を努めているとの情報も。

宝塚OG情報・政治家【扇千景】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・一番の出世頭?

若い世代にはあまり知られていない扇千景。彼女も元タカラジェンヌ。1952年宝塚音楽学校に入学、その後宝塚歌劇団で娘役として活躍。1957年には結婚のために宝塚を退団しました。結婚後は女優として、そして政界への道を歩みます。宝塚OGでは一番の出世頭ではないかとも言われています。

元タカラジェンヌ・宝塚から政界へ

宝塚退団後、結婚した扇千景はしばらく芸能の世界に足を踏み入れることはありませんでした。しかし単発ドラマを出演したことをきっかけに女優として再デビュー。映画やドラマ、CMなどで活躍、1977年には政治家としての道を歩みます。

初代国土交通大臣

1977年に政界入りした扇千景。2007年まで参議院議員を努め、2001年には国土交通大臣も努めています。いまでこそ当たり前のようにある国土交通大臣。実は扇千景が初代国土交通大臣だったのです。それまでにも2000年から建設大臣や国土庁長官、運輸大臣、北海道開発庁長官なども努めています。

宝塚OG情報・フットジェンヌ考案者【初嶺麿代】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・宙組男役で活躍

1998年に発足された宝塚宙組。ここで男役として活躍していたのが初嶺麿代(はつねまよ)です。宝塚に入団した当初は雪組に所属していましたが、宙組が設立されたことで宙組に異動。男役だけでなく娘役や少年役なども演じ、中性的な魅力でファンを魅了していました。現在はフットジェンヌプロデューサーの肩書を持ち、フィットネススタジオなども手がけています。

未来のタカラジェンヌを育成

宝塚退団後は多くのOGや元タカラジェンヌがそうであったように女優として映画やドラマで活躍していました。それまでの経験を活かし、2014年に女性の美と健康をサポートするフィットネススタジオ「Dance & Fitness Studio HatsuNe」を開校。

「Dance & Fitness Studio HatsuNe」では宝塚歌劇団に憧れる女性のための「宝塚受験芸能」コースも。このコースからは2016年2名、2017年には5名の宝塚音楽学校合格者が輩出されています。

足裏フィットネス・フットジェンヌプロデューサー

未来のタカラジェンヌを輩出するかたわらでタカラジェンヌ流フットケアメソッド・フットジェンヌをプロデュースしています。足裏を刺激することで健康スリムになれると話題!数々の独自のメソッドはテレビや雑誌などで取り上げられるほど注目されています。

現在はフットジェンヌプロデューサーの肩書とBESJピラティストレーナーの資格を持ち、ホリプログループのステラキャスティングに所属。

宝塚OG情報・スクール講師【遠野あすか】

宝塚OGで元タカラジェンヌ・星組トップ娘役

2006年星組トップ娘役として活躍した遠野あすか。宝塚歌劇団入団当初の1998年に宙組、2001年には花組に異動。そして2006年に星組へ異動してトップ娘役に就任!同期生には音月桂やうたのお姉さんでお馴染みのはいだしょうこも。

宝塚退団後は女優

2006年、シアター・ドラマシティ公演『ヘイズコード』で星組トップ娘役となった遠野あすか。『さくら/シークレットハンター』では宙組出身者で初めてのトップ娘役ということもあり話題に。その後2009年に宝塚を退団、所属事務所を東宝芸能に舞台中心の女優として映画やドラマなどで活躍しています。

宝塚受験スクールの講師

宝塚退団後に女優としての道を歩んでいる遠野あすかですが、現在では宝塚を受験する女性のためのスクール「クラレス: Classy Lessons(クラッシーレッスンズ)」を設立、講師として活躍しています。宝塚OGとして、元娘役トップとして受験に必要な上質なレッスンを行っています。

「クラレス」では代表を努めながら講師としても活躍していますが、他にも宝塚OGで元タカラジェンヌの白華れみや南風里名、煌月爽矢、鶴美舞夕、音花ゆりなどが講師として参加しています。2018年度の受験合格者は6名。

宝塚OGと元タカラジェンヌの情報まとめ

宝塚を退団したOGや元タカラジェンヌ、そのまま芸能事務所に入って女優の道を進む人も。それ以外にも医師や政界、美容の世界へ進んだOGも多数!宝塚退団後の元タカラジェンヌたちは培ったスキルを活かして第二の人生を歩んでいます。


評価 3.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ