国民的人気アニメのちびまる子ちゃんで放送事故がありました。なんととあるシーンでおばあちゃんが分身して2人になったということらしいのですが作画ミスなのでしょうか。国民的人気アニメちびまる子ちゃんの放送事故について詳しく調べます。

ちびまる子ちゃんで放送事故!おばあちゃんが分身して2人になる作画ミス?

目次

  1. 国民的人気アニメちびまる子ちゃんで放送事故?!
  2. 放送事故が起こったアニメちびまる子ちゃんとは
  3. ちびまる子ちゃんの放送事故は「中野さん、さくら家に泊まる」にて
  4. ちびまる子ちゃんのおばあちゃん分身の放送事故の詳細
  5. 問題のちびまる子ちゃんの放送事故の動画はこちら
  6. ちびまる子ちゃんの放送事故にSNSも騒然!
  7. ちびまる子ちゃんの放送事故、気づかなかった人もいる?
  8. ちびまる子ちゃんの放送事故の原因は作画ミス?
  9. ちびまる子ちゃんのおばあちゃんは双子なのか?
  10. 国民的人気アニメちびまる子ちゃんだけに放送事故は広まった

国民的人気アニメちびまる子ちゃんで放送事故?!

「2018年4月15日の放送で、国民的人気アニメちびまる子ちゃんにて放送事故が!」日本の日曜日にサザエさんと並んでなくてはならないアニメのちびまる子ちゃんで、このような衝撃的なニュースが流れました。一体どういうことなのでしょうか。アニメはニュースなどと違い生放送ではありませんのであまり放送事故というのは起きにくいように思うのですが、本当なのでしょうか。

このアニメ・ちびまる子ちゃんの放送事故、本当だとしたら一体どんな内容だったのか気になりますよね!実際の動画や見ていた人たちの反応、その放送事故の原因などを調査してみました。

放送事故が起こったアニメちびまる子ちゃんとは

放送事故が起こったと、話題になっているアニメ・ちびまる子ちゃん。知らない人はほとんどいませんが、少しだけ概要を押さえておきましょう。

アニメ・ちびまる子ちゃん。原作者は、さくらももこさん。集英社の「りぼん」という雑誌で連載されていて、1990年からフジテレビでアニメとして放送もされています。主人公のさくらももこの相性が「ちびまる子ちゃん」、作者の子供時代がそのままモデルになっています。

アニメの主題歌の「おどるポンポコリン」は昭和から平成の世代まで、国民が歌える歌としてあの「おどるたいやきくん」以来の名曲だといわれているほど。ドラマで実写化もされているなどいまだ放送が続く、日本の国民的アニメですね。

さくらももこの結婚や家族について!現在の活動やエピソードまとめ! | MensModern[メンズモダン]

ちびまる子ちゃんの放送事故は「中野さん、さくら家に泊まる」にて

さて、実際に2018年4月に起こったという、アニメちびまる子ちゃんの放送事故について詳細を見てきましょう。その問題だといわれる放送事故のシーンがあったのは、後半の「「中野さん、さくら家に泊まる」の巻にて起こったといいます。

この「中野さん」とは、主人公のまるちゃんのおじいちゃん、友蔵さんのお友達のおじいさんですね。フルネームは「中野小心(なかのしょうしん)」といい、名前の通りとても恥ずかしがり屋で心配性な性格です。しかし、その引っ込み思案な性格とは裏腹にとてもかけっこが早く、町内会の運動会では優勝したこともあるというエピソードがあります。

とてもいい人でまるちゃんとも仲良しのおじいさん。なんとさくら家にお泊りに来ることになったというお話で、今回の放送事故は起こったんですね。

森迫永依が4か国語ペラペラの二十歳に!実写版ちびまる子を演じた彼女の現在は? | MensModern[メンズモダン]

ちびまる子ちゃんのおばあちゃん分身の放送事故の詳細

その友蔵おじいちゃんのお友達が、まるちゃんの家に泊まりに来たというシチュエーション。問題の放送事故は、ちびまる子ちゃんではおなじみのお茶の間のテレビの前で起こります。放送事故の主人公はまるちゃんのおばあちゃん。なんとお茶の間でおばあちゃんが分身して、2人になったというのです!

そのシーンの流れはこのような感じ。家族で見たいテレビが異なりチャンネル争いが起こりそうになるというシーンです。父ヒロシが見たいのは石原裕次郎のドラマで、まるちゃんやお姉ちゃんは大好きな歌番組が見たいと意見が真っ二つになるというシーンです。

そこで、たまたま泊まりに来ていた中野さん。ちびまる子ちゃんファンならこんなチャンネル争いくらい日常茶飯事なのですが、中野さんはおとなしい平和主義。目の前で繰り広げられるケンカに耐えられず、なんと「囲碁の番組がやっている」と言い出すのです。

なんで囲碁なんだ?!と誰しも思うのですが、中野さんの気持ちを察した優しいおばあちゃんが、懐かしいチャンネルをつまみで変えるタイプのテレビなので、リモコンではなくすくっと立ち上がりテレビの前に近寄って、チャンネルを変えるというシーン。

このシーンのオチとしては、なんで誰も見たいと思っていない囲碁番組なんだ?!とおなじみみんながシーンとなるところなのですが、ここで放送事故が起きるのです!なんと立ち上がってチャンネルを変えに行ったはずのおばあちゃんが、二人に分身しているという事態が!

さくらももこの顔画像を出さない理由は?本名や年齢・家族について調査 | MensModern[メンズモダン]

問題のちびまる子ちゃんの放送事故の動画はこちら

では、アニメちびまる子ちゃんで話題になった、おばあちゃんが分身して2人になってしまったという放送事故の様子を実際に動画で見てみましょう。親子でチャンネル争いをする様子に耐えかねた平和主義の中野さんが、囲碁の番組をやっているといいだし、友蔵が新聞で「ちょうど今やっている」とすかさずチェック。そうすると優しいおばあちゃんが立ち上がりチャンネルを変えに行くというシーンからです。

案の定、囲碁番組に切り替わったテレビを囲み、シーンと静まり返るまるちゃんちのお茶の間。そのシーンとなった作画にご注目!問題のおばあちゃんの分身が見られます。

この問題のシーンは、ほんのちょっとで、そのあとにこの事態を招いた心配性の中野さんは「ワシはなんてことをしてしまったんだぁ」と真っ青になって頭を抱えます。しかし本当に青くならないといけないのは、囲碁番組に切り替えたことよりもおばあちゃんが分身してしまったことなのです!

ちびまる子ちゃんの放送事故にSNSも騒然!

このアニメ・ちびまる子ちゃんでおばあちゃんが分身して2人になるという放送事故のシーンは、当然日本中をざわ使わせました。SNSでも飛び交っていましたね。

分身して2人になったおばあちゃんにこわすぎ!という意見が多数。たしかになじみのあるお団子頭に赤いかんざしの後ろ姿は、どうみてもおばあちゃん。テレビの横に立っているのもおばあちゃん。分身して2人になっていますね。

ちびまる子ちゃんではおなじみのお茶の間での友蔵おじいちゃんとおばあちゃんのツーショットからその放送事故は起こります。一体原因は何なのでしょうか。

中野さんは、シーンとなったお茶の間の空気に顔面蒼白になってしまったのですが、おばあちゃんが分身して2人になっている絵の後なので分身が怖くて、顔が真っ青になって震えているのだ!と言いだす人もいるほどでした。

ちびまる子ちゃんの放送事故、気づかなかった人もいる?

しかし、一瞬だったこのちびまる子ちゃんの放送事故。見ていたけど気づかなかったという人も当然多かったようです。

こんな風にこの放送事故を、ネットのない時代だったらと考察する人まで。たしかに人気アニメちびまる子ちゃんだけに見ている人も多いし、録画技術がなく、ネットのない時代だったら気づいた人のうわさが広まり、大騒ぎになっていたかもしれませんね。

ちびまる子ちゃんの放送事故の原因は作画ミス?

さて、このアニメ・ちびまる子ちゃんのおばあちゃん分身して2人に、という放送事故。一体原因は何なのでしょうか。一番、可能性として多く挙げられているのが「作画ミス」です。

作画とは文字通り、絵を作ること。アニメおいて作画は最も大切な作業であるともいえるでしょう。出来上がった作画をもとに動きを付け、そこに声優さんが声を載せていきます。

このおばあちゃんがテレビ脇とおじいちゃんの横にいるという作画。アニメ・ちびまる子ちゃんにおいてはよくある作画だっただけに、制作関係者や声優さんたちも事前に見ているはずではありますが、だれも気付かなかったのですね。

ちびまる子ちゃんのおばあちゃんは双子なのか?

アニメ・ちびまる子ちゃんの制作関係者からするとこの分身の放送事故はとても不名誉なことでしょう。アニメ・ちびまる子ちゃんであってもなくても主要登場人物が一つのシーンで、二人いるなんて構図はどう考えてもおかしいからです。

しかし、ちびまる子ちゃんは日本中で愛されている国民的人気アニメです。世間の反応としては、これをきっかけにアニメ・ちびまる子ちゃんに対して批判的というよりも、面白がっているようなお祭り騒ぎになっています。

おばあちゃんが分身したということで、ちびまる子ちゃんと並んで人気のサザエさんの波平さんが双子であるように、実はおばあちゃんも双子なんじゃないのか、なんて説も出て盛り上がっている様子です。

国民的人気アニメちびまる子ちゃんだけに放送事故は広まった

単純にうっかりの作画ミスであろうということは、だれの目から見ても明らかな、今回の国民的人気アニメ・ちびまる子ちゃんのおばあちゃんが分身して2人になるという放送事故。これだけの騒ぎになったということはそれだけ多くの人が、アニメ・ちびまる子ちゃんを見ているということ。

またリアルタイムで見ていなくても、ニュースを聞いたら気になってしまうという、ちびまる子ちゃんの認知度が引き起こしてしまった騒動と言えるでしょう。しかし今後はこのようなことがないように願いたいものですね。今後も長くアニメ・ちびまる子ちゃんが続くことを期待しましょう!


評価 3.9/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ