NHKの中堅女性アナウンサー、塚原愛アナウンサーは、かわいいと人気のアナウンサーでした。現在でもかわいい美人アナです。テレビ画面で見ることがありますが、ネット上の画像も多くなく、情報も多くありません。結婚をされているようですが、旦那さん、夫についての情報もおおくないようで、それでも知りたいものです。身長もバストのカップサイズも気になるところです。夫や身長など、塚原愛アナに関する画像も含め、詳細な情報を調べてみましょう。

NHK塚原愛アナが結婚した夫や子供は?身長やカップ、美脚画像も調査

目次

  1. かわいいNHKの塚原愛アナウンサーの結婚は?
  2. 塚原愛アナウンサーのプロフィール
  3. 塚原愛アナウンサーは平成2年(2000年)にNHKに入局
  4. 塚原愛アナウンサーが活躍した番組
  5. 気になる塚原愛アナウンサーのサイズ
  6. 塚原愛アナウンサーは美脚
  7. 塚原愛アナウンサーの結婚と夫の情報
  8. 塚原愛アナウンサーは1男1女の母
  9. 今も活躍中の塚原愛アナウンサー!
  10. 人気番組『チコちゃんに叱られる!』の司会が塚原愛アナウンサー
  11. 塚原愛アナウンサーのモットー

かわいいNHKの塚原愛アナウンサーの結婚は?

NHKの中堅女性アナウンサー、塚原愛さんは、新人時代の若い時から、かわいいアナウンサーとして評判でした。最近は人気番組、5歳の女の子が主役の『チコちゃんに叱られる!』の進行を担当されています。NHKのアナウンサーですから、プライバシーの多くはベールに包まれていますが、結婚、未婚か、結婚されていれば、お子さんの有無も気になります。身長やカップの情報まで可能な限り調べてみましょう。

塚原愛アナウンサーのプロフィール

新人時代から人気アナウンサーとして活躍していた、塚原愛アナウンサーは、現在も中堅実力派アナウンサーとして活躍されています。塚原愛アナウンサーが、どのように子供時代を過ごし成長し、NHKに入局し、アナウンサーとして成長していったか、調べてみましょう。画像も集めて今日までの経緯を確認してみましょう。

塚原愛アナウンサーは帰国子女

塚原愛アナウンサーは昭和51年(1976年)5月24日、東京で生まれています。その後、4歳から10歳までオーストラリアのパースで育っています。そのため、帰国子女で英語が堪能です。高校は私立関東国際高等学校を卒業しています。同校は外国語教育が盛んな高校で、演劇科がある珍しい高校です。多くの女優さん、タレントさんが卒業しています。

塚原愛アナウンサーは上智大学フランス語学科を卒業

塚原愛アナウンサーは関東国際高等学校を卒業後、上智大学に入学しています。それも、名門上智大学の外国語学部に入学しています。英語が堪能な塚原愛アナウンサーですが、フランス語学科に進み平成12年(2000年)に上智大学を卒業しています。塚原愛アナは英語とフランス語に長けたアナウンサーです。

塚原愛アナウンサーは平成2年(2000年)にNHKに入局

塚原愛アナウンサーは、平成12年(2000年)に、NHKに入局しています。研修を終えると岡山放送局に配属となっています。その後、岡山放送局から→大阪放送局→東京アナウンス室→松山放送局→東京アナウンス室と異動しています。NHKは女性アナウンサーでも転勤は避けられないようです。そんな中での子育てはほんとうに大変なようです。

同期の女性アナウンサーは安部みちこアナウンサー

同期の女性アナウンサーは、情報番組『ごごナマ』を担当している安部みちこアナウンサーです。安部みちこアナウンサーも身長が1メートル55センチといわれています。一般的に、女性アナウンサーは高身長のイメージですが、NHKには小柄なアナウンサーもたくさん活躍しています。さらに、安部みちこアナウンサーも塚原愛アナウンサーと同じように、松山放送局勤務の経験があります。

塚原愛アナウンサーが活躍した番組

女性初の『爆笑オンエアバトル』の司会者

塚原愛アナウンサーは、『爆笑オンエアバトル』の司会に抜擢されています。それまで、女性アナウンサーが一人で、バラエティー番組の司会を担当することは多くなく、さらに、人気番組の、オンバトの司会ということで注目を集めました。結局、平成17年(2005年)4月2日から、平成19年(2007年)3月24日まで、番組の司会を努めています。

NHKの看板番組『紅白歌合戦』でもリポーターで出演

塚原愛アナウンサーは平成20年(2008年)の『第59回NHK紅白歌合戦』で、ブラジル移民100周年記念として、紅白歌合戦の生中継がブラジルで行われ、塚原愛アナはブラジルからの中継を担当しています。NHKの看板番組である紅白歌合戦にリポーターで参加できるだけ、実力が備わったアナウンサーです。

塚原愛アナウンサーはシリアスな放送も経験

塚原愛アナウンサーは、NHKEテレのハートネットTVでも活躍されました。番組は障害がある人を取り上げる番組ですから、テーマそのものがかなり深刻です。難しいテーマを順調に進行する役割を受け持つ司会者は、しっかりした進行力を備えた実力アナウンサーしかできない番組です。塚原愛アナウンサーは進行役を無事に努めています。画像は深刻に考えられている表情です。

NHKの事業内容の説明や、NHKの人気番組の紹介を受け持つ『どーも、NHK』の司会役を、平成28年(2016年)4月から翌年(2017年)の3月まで担当していました。タレントさんや、NHKのキャラクター、ドーモくんとの掛け合いをしながら、NHKの活動内容を報告するNHK幹部職員の対応もあって、進行役は実力アナウンサーが努めます。画像は鈴木あきえさんと共演です。

気になる塚原愛アナウンサーのサイズ

塚原愛アナウンサーについては、かわいい、かわいいの評判はありますが、スタイルが抜群や長身の話題は、あまり見あたりません。身長は1メートル54センチでそろっています。テレビ画面から見る限りあまり大きくは感じられませんので、身長については間違いない情報のようです。身長以外についてはなかなか情報は見当たりません。

塚原愛アナウンサーのカップサイズ

塚原愛アナウンサーのカップサイズですが、NHKのアナウンサーですから当然、カップサイズの情報はありません。インターネットでは、Dサイズとの情報が多くあります。塚原愛アナウンサーは、妊娠、出産を経ていますが、テレビ画像から見るかぎり、カップサイズはDカップで間違いないようです。

塚原愛アナウンサーは美脚

塚原愛アナウンサーは美脚の書き込みが多くあります。身長が1メートル54センチですから、美脚のイメージはあまりないのですが、美脚の書き込みは見受けられます。一般的に美脚といえば、背が高くすらりと長く伸びたイメージが美脚といえますが、画像からも塚原愛アナウンサーはバランスが良いスタイルで美脚といわれているようです。

塚原愛アナウンサーの結婚と夫の情報

塚原愛アナウンサーについては、結婚の情報はありますが、旦那さんにあたる夫の確実な情報が見当たりません。塚原愛アナウンサーの結婚相手、つまり夫については調べても明らかなデーターを見つけにくい状況です。あくまで、噂の領域では「2008年頃にオーストラリア人の男性と結婚した」などの書き込みもあるようです。

塚原愛アナウンサーの夫については、情報が見つかりにくいだけに、飲食やファッション関連の青年実業家とかIT企業の経営者ではないようです。有名スポーツ選手でもないようです。一般企業の社員さんという書き込みもあります。塚原愛アナはアナウンサーとはいえNHKの職員さんですから、正確な夫の情報は発表されていません。

塚原愛アナウンサーは1男1女の母

塚原愛アナウンサーは、2013年頃と2016年頃に出産し、産休、育休を取っています。1男1女、2児のお母さんです。2児の母は正式な情報です。育児をしながらNHKのアナウンサーを務めています。最近のアナウンサーは、結婚し、出産してアナウンサーを続ける女性アナウンサーが増えています。母目線のアナウンサーが増えると、アナウンサーの番組への取り組みも広がるはずです。画像はイメージです。

今も活躍中の塚原愛アナウンサー!

塚原愛アナウンサーは『ごごナマごごウタ』の司会を、小堺一機さんとともに担当しています。原則、公開生放送ですから、進行役は責任重大です。中堅アナウンサーの塚原愛アナウンサーだから、こなせる役割ともいえます。演歌や歌謡曲の話題曲を歌手の皆さんと、小堺一機さんとの楽しいおしゃべりとともに、NHKふれあいホールから放送されます。演歌界の大御所を見事にコントロールされています。

NHK総合テレビで放送されている『うまいッ!』は、平成24年(2012年)4月8日から放送されています。日本の「食」に関する情報番組です。地方の特産物を日本全国に広めたり、新しい食べ方や料理方法を紹介する番組です。地方局のアナウンサーも出演することがあり、食の可能性を広める番組です。塚原愛アナウンサーが、進行役を務めています。

人気番組『チコちゃんに叱られる!』の司会が塚原愛アナウンサー

導入部分でも触れましたが、5歳の女児が大人を手玉に取る『チコちゃんに叱られる!』が人気です。チコちゃんのキャラクターも、こましゃくれて面白いのですが、番組の目玉は、ナレーションを担当している、森田美由紀アナウンサーです。ミスNHKのアナウンサーです。そんな番組の司会が塚原愛アナウンサーです。金曜日の夜8時のゴールデンタイムの放送です。実力があるから務まっています。

塚原愛アナウンサーのモットー

塚原愛アナウンサーのモットーは「素直に、正直に、思いやりを持って」だそうです。若かりし日々は、オーストラリア育ちもあったのでしょうか、やや、天然だったそうです。生放送は危ないとの風評もあったようです。しかし、年齢とともに、人生の山を越えたこともあってからか、アナウンス技術も向上し、レギュラーも増えているようです。塚原愛アナウンサーのさらなる活躍を期待しましょう。


評価 4.7/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ