NHKも小田切千アナウンサーと聞いて、NHKのど自慢のアナウンサーとすぐに理解できる方はそれほど多くないはずです。一見は地味な感じのするアナウンサーですが、生放送で放送する、NHKのど自慢を進行する司会役閉じて実力を遺憾なく発揮しています。ナレーション技術も高く、実力が認められています。多くの人が一度はテレビ画面で観たことがあるアナウンサーです。その小田切千アナウンサーの、結婚の有無や子どもさんや出身地や出身大学や身長までも、詳細に調べてみましょう。

NHK小田切千アナウンサーは独身か結婚して子供がいる?身長や出身大学も調査

目次

  1. NHK小田切千アナウンサーは独身か結婚して子供がいるか大調査!
  2. 小田切千アナウンサーのプロフィール
  3. 日本全国を飛び回る小田切千アナウンサー!
  4. 小田切千アナウンサーのファンは多い!
  5. 小田切千アナウンサーの身長は?
  6. 俳優もいけそうな小田切千アナウンサー
  7. 小田切千アナウンサーは結婚して子供さんも
  8. 小田切千アナウンサーはブログもGOOD!
  9. 小田切千アナウンサーのモットー
  10. 小田切千アナウンサー「千」の由来
  11. 小田切千アナウンサーの今後に期待!

NHK小田切千アナウンサーは独身か結婚して子供がいるか大調査!

日曜お昼の定番のテレビ番組といえば、NHKの長寿番組「NHKのど自慢」です。その看板番組の司会を務めているのが、小田切千アナウンサーです。小田切千アナウンサーをすぐに思い出せる人は、のど自慢ファンか、小田切千アナウンサーの個人的なファンでしょう。それでも、一度は見たことのあるアナウンサーです。その小田切千アナウンサーのプロフィールの紹介です。

小田切千アナウンサーのプロフィール

小田切千アナウンサーは神奈川厚木市出身

小田切千アナウンサーは、昭和44年(1969年)9月13日生まれで、神奈川県厚木市で育っています。神奈川県出身です。地元の秀才が集う神奈川県立厚木高等学校に進学し卒業しています。高校時代は演劇部に在籍して、演劇に励んでいたそうです。厚木高校出身者には、政界や財界に有名な方々が多くいますが、芸能界にも女優の名取裕子さん、俳優の六角精児さん、音楽では、いきものがかりの水野良樹さん、山下穂尊さんも厚木高校の卒業生です。

小田切千アナウンサーは駒澤大学出身!

小田切千アナウンサーは、厚木高等学校から箱根駅伝や東都大学野球で有名な駒澤大学に進学し、卒業しています。駒澤大学は曹洞宗の文禄元年(1592年)に設立した吉祥寺が起源の由緒ある大学です。仏教界や仏教学者に駒澤大学出身者が多くいます。ミュージシャンでは、大沢誉志幸さん、久保田利伸さんが駒澤大学出身です。話題のお笑い芸人、あばれる君も駒澤大学卒です。大御所、萩本欽一さんが駒澤大学に入学したことが話題になりました。

同期アナにクボジュン

小田切千アナウンサーは、NHKに平成6年(1994年)に入局しています。同期入社のアナウンサーは、NHKで活躍後フリーアナウンサーになった久保純子さん、今もニュース報道に携わる三上弥(みかみわたる)アナウンサーや、髙橋美鈴アナウンサーなどが同期で、活躍されています。初任地は長崎放送局で、その後→大阪→東京アナウンス室→水戸→東京アナウンス室→日本語センター→東京アナウンス室と、異動しています。

日本全国を飛び回る小田切千アナウンサー!

NHKのど自慢のアナウンサーは全国を回るNHKの顔

小田切千アナウンサーはNHKのど自慢で活躍中です。NHKのど自慢、を担当した歴代のアナウンサーの中には、その後国会議員になった、元祖NHKの顔といわれた、宮田輝アナウンサーや、昭和45年(1970年)4月から17年間にわたって、司会を務め、NHKのど自慢の人気を不動にした、金子辰雄アナウンサーがいます。小田切千アナウンサーの前任も人気アナウンサーだった徳田章アナウンサーです。

小田切千アナウンサーの決め台詞「明るく楽しく元気よく」

小田切千アナウンサーの、のど自慢の決め台詞は「こんにちは、明るく楽しく元気よく」です。この言葉の通り、明るく楽しく番組を進行する小田切千アナウンサーです。前日の予選にも参加していて、出場者の事前チェックを完璧に準備しています。最近は、NHKのど自慢の予選会にも出られないほど人気ですが、小田切千アナウンサーの努力もあるはずです。

小田切千アナウンサー色が出た「NHKのど自慢」

「NHKのど自慢」は、NHK、日本放送協会が長年放送する視聴者参加の音楽番組です。昭和21年(1946年)に、ラジオで放送開始以来、今日まで続く長寿番組です。世界的な日本の大発明、カラオケに通じるものがあるともいわれています。人前で歌う楽しさが味わえる、他に同じような番組がないユニークな番組で、長く愛されている人気番組です。小田切千アナウンサーになっても、人気番組です。

何となく気になるのど自慢のおじさん

NHKのど自慢といえばこの方です。鐘を鳴らす、秋山気清(あきやまきせい)さんです。れっきとした音楽家です。昭和42年(1967年)に、東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業しています。打楽器奏者です。平成14年(2002年)2月から「NHKのど自慢」の鐘を担当されています。因みに鳴らしている鐘は、チューブラーベルという、楽器です。

小田切千アナウンサーのファンは多い!

NHKのど自慢で、合格の鐘が鳴った参加者の方が喜びからか、小田切千アナウンサーに抱きつく場面がしばしばありますが、中には若い女性もいます。ある種、番組の流れのようにも見えますが、合格は喜びに違いありません。実際に鐘の数を決めているのは、専任のスタッフですが、身近な小田切千アナウンサーに抱きつきたいほどうれしいのでしょう。若干演技過剰とも思える参加者もいますが、小田切千アナウンサーが好かれている証拠ともいえます。

日本の人気実力音楽プロデューサーの松尾潔(まつおきよし)さんも、自分が出演した「NHKのど自慢チャンピオン大会2017」での、小田切千アナウンサーの進行を神技級と絶賛しています。そして、自らがファンであると公言されています。業界の第一線のプロが見ても、小田切千アナウンサーのアナウンス術は確かなのです。

画像は、星野源さんと小田切千アナウンサーの2ショットのスナップです。二人ともに輝くような笑顔です。俳優で歌手の星野源さんよりも、小田切千アナウンサーの笑顔の方がインパクトが強烈です。ツイートのコメントでも元気が出たという書き込みがあります。小田切千アナウンサーの笑顔は元気が出るようです。

小田切千アナウンサーの身長は?

小田切千アナウンサーの身長について公表された身長のデーターはありませんが、情報を集計すると1メートル66センチだそうです。生放送の、のど自慢でゲストの歌手と並ぶとだいたい、そのくらいの身長であることは理解できます。身長166センチは、公表された身長ではないようですが、外れた数字ではないようです。

俳優もいけそうな小田切千アナウンサー

小田切千アナウンサーの特技は、演劇経験を活かした百面相だそうです。確かに、画像からは、その一端がうかがえます。その他にも、鍋料理を作ることもすきなようです。さらに、各メーカーののり塩味のポテトチップスの利き食いもできるそうです。食べ物に関する趣味が多いようです。日本全国を回ると各地の美味しい食べ物が味わえるようです。

小田切千アナウンサーは結婚して子供さんも

小田切千アナウンサーは、NHKのご自身の紹介サイトで、自分の心身リフレッシュ術は「出張先への移動中の読書やゲームと、子供とトランプで遊ぶ時間」とあります。子供さんがおられることをご自身が認めておられます。子供さんがおられることは、ご結婚されているようです。離婚の情報は全くありません。

NHKのど自慢は、日本全国を回りますので家庭を留守にしがちで、結婚して子供さんがいると一緒に過ごす時間は短くなりそうです。それでも、NHKの顔として、のど自慢の司会を務めている姿は、子供さんや結婚された奥さんにとっては誇りになっているはずです。大企業で世界一の放送組織のNHK職員で、NHKのアナウンサーですから結婚していても不思議はありません。

小田切千アナウンサーはブログもGOOD!

NHKのアナウンサーは喋りは当然ですが、ナレーションも引き受けます。日頃から活字に触れていることもあって、文章術にも長けたアナウンサーが多くいます。小田切千アナウンサーも文章が達者なアナウンサーです。NHKオンラインの「NHKのど自慢ブログ」に、毎週、訪ねた土地の話題を中心にブログを載せていますが、写真といい文章といい、ついつい読み込んでしまいます。

小田切千アナウンサーのモットー

小田切千アナウンサーのモットーは、NHKの自己紹介サイトでは「わたしのモットー、とにかく笑顔。 笑顔でいられれば、何でも切り抜けられる・・・と思っています。」と、あります。確かに、NHKの人気番組「のど自慢」の司会者が仏頂面では頂けません。画像の笑顔は、観る側も笑顔にさせてくれます。笑顔は元気になります。

小田切千アナウンサー「千」の由来

小田切千アナウンサーご自身もお名前の「千」に誇りを持っていて、自慢でもあるようです。「わたしがちょっぴり自慢したいこと『千』という名前。この名前にまつわるエピソードは本当に多いです。」と、千を大変お気に入りのようです。確かに「千金」や「千畳敷」や「千両箱」など、千は縁起が良い文字のようです。

小田切千アナウンサーの出生名は「秀一郎」だったそうです。その後、秀一郎では、漢字でも苗字と名前で6字は長いと、ご両親が判断され3歳の時に、強引に「千」に変更したようです。その後「千」を戸籍変更までして、現在は千が戸籍名です。字画も15画で良いそうです。千の由来は中国の小説『千里走単騎』だそうです。

小田切千アナウンサーの今後に期待!

今や、NHKの日曜の顔として全国を飛び回る人気アナウンサーの小田切千さん、東京集中の傾向が強い放送業界ですが、毎週、日本の一地方から生で放送する「のど自慢」は、地方でも大変な人気です。番組からプロになった歌い手さんも多く、番組の人気がわかります。そんな、NHKの番組に相応しい、庶民的で誰からも愛されるアナウンサーが小田切千さんです。今後の活躍を期待しましょう。


評価 4.2/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ