沖縄県の翁長知事がすい臓がんで死去!次期沖縄知事の候補には誰がいる?

沖縄県の翁長知事が突然死去されたとのニュースが飛び込んできました。翁長知事といえば日本の長年の問題、沖縄の普天間基地の県内移設に反対を唱えていることで知られている、いわば象徴ともいえる存在でした。67歳の若さで死去された翁長知事。死因はすい臓がんとのことです。気になるのは沖縄知事が死去された後、普天間基地の移設に関してどのような影響があるのか、次の候補にはどんな名前が挙がっているのか、翁長知事の経歴などですよね。翁長知事の経歴や今後の沖縄県知事候補などをまとめました。

沖縄県の翁長知事がすい臓がんで死去!次期沖縄知事の候補には誰がいる?

目次

  1. 沖縄県の翁長知事がすい臓がんで死去
  2. 2018年8月に死去した翁長県知事とは?
  3. 翁長知事の死去に寄せられる悲しみの声
  4. 死去した翁長知事が貫いた基地建設反対の活動
  5. 翁長知事の後任候補は?
  6. 翁長知事の死去のニュースまとめ

沖縄県の翁長知事がすい臓がんで死去

沖縄県の翁長知事が突然、すい臓がんにてなくなったとのニュースが届きました。翁長知事といえば、長年、日本の抱える最重要課題であるともいえる、沖縄県の米軍基地問題に反対姿勢を貫いていることでも知られています。つい最近も普天間基地問題、辺野古への基地移設などで頻繁にメディアにも登場されていました。

そんな翁長知事が、突然すい臓がんで67歳の若さで死去したということで、沖縄県のみならず日本中でその死を悼む声が上がっています。また、まだまだ解決を見せない普天間基地問題や辺野古移設問題についてはどうなるのか、後任となる候補は誰になるのかにも注目が集まっています。

すい臓ガンにより67歳の若さで突然の死去の訃報が伝えられた翁長知事。現在は沖縄の基地問題で中心的ともいえる存在で知られていましたが、それまでにどんな経歴があったのでしょうか。また今後の沖縄の運命だけでなく日本全体にも影響を及ぼすであろう気になる今後の沖縄県知事候補についてを調査してみました。

2018年8月に死去した翁長県知事とは?

沖縄県翁長知事の経歴

沖縄県知事であった翁長雄志さん。生年月日は1950年10月2日です。出身はもちろん沖縄県、真和志村の出身です。翁長知事は幼い頃から政治家の家庭に育ちました。父親である翁長助静は出身地でもある沖縄県真和志村村長を勤めていました。

翁長知事は三男ですが、その兄二人もまた沖縄県で政治に関わっています。一番上の兄は、沖縄県副知事で沖縄県議会の議員を勤めた翁長助裕、二番目の兄は那覇市議会議員の翁長雄治です。翁長知事も知られている通り沖縄知事となるのですが家族で沖縄を地盤として政治にたずさわっています。

幼少期は、沖縄県那覇市大道小学校、那覇市立真和志中学校、沖縄市立那覇高等学校に通い地元沖縄で過ごした翁長知事。1975年に大学は県外の法政大学の法学部へ進学しています。卒業後は若くして政治の道を志します。

翁長知事が沖縄県知事となるまでの経歴として政治家の経歴の始まりは、1985年にまずは那覇市議会議員に当選したことから始まります。一度はその職からは遠のきますが、1989年に再当選するという経歴があります。その後、市議会から県議会へと経歴を移します。

1992年に沖縄県議会議員に初当選した翁長知事。意外なことかもしれませんが、この当時は普天間基地の辺野古移設を推進するという立場であったと言います。また2000年には那覇市長にも就任を果たした翁長知事。この当時も現在とは違い、那覇軍港の浦添移転を推進しました。また、その後は那覇軍港を返還させ、浦添沖を埋め立て新しい軍港の移転へも働きかけました。

その後は、一部の自民党議員から2014年に沖縄県知事選へ立候補要請を受け選挙へ出馬を表明した翁長知事。一部自民党からのみならず、日本共産党・社会民主党・生活の党・沖縄社会大衆党・県民ネットの県政野党四会派で構成された知事選候補者先行委員会からも出馬の要請を受けることになりました。

それまで普天間基地の辺野古移設に賛成の姿勢を推進していた翁長知事ですが、この県知事選出馬を機に、政策を一転し普天間基地の辺野古への移設反対派の立場を推すようになりました。またそれまで市議会・市長時代は自民党に所属をしていましたが、県知事選出馬を機に自民党からは離党し、基地撤去を政策として掲げる共産党との協力関係を貫くことになります。

翁長知事の死去に寄せられる悲しみの声

すい臓がんのため、67歳という若さで突然亡くなった訃報が伝えられた翁長知事。普天間基地の辺野古移設に反対する沖縄県人のみならず日本中からその早すぎる死を悼む声が上がっています。またその死を悼むだけでなく、翁長知事が目指した基地の県外移設について、その意思を絶やさず受け継いでいこうという声も多く上がっています。

翁長知事の死因となったすい臓がんは、がんの中でも発見が難しいことで知られているがんです。臓器自体が体の奥のほうに位置しており見つけにくいことに比べ、自覚症状が怒るのが比較的遅いがんなのだそうです。つまり版権された時点ですでにがんが進行していることが多く、生存率も他の癌に比べて低いのが特徴です。

翁長知事の場合もまだ年齢が若いこともあり、検査はしていたものの発見がもう少し早ければという声も上がるほど。晩年となった姿からはその病状の重さがうかがえます。しかし、そんな中でも最期まで辺野古移設問題には断固反対という立場で政府に働きかけ続けた翁長知事です。

死去した翁長知事が貫いた基地建設反対の活動

政治家になった当初は、普天間基地の辺野古移設を推進する立場であった翁長知事ですが、県知事出馬から沖縄県知事とすい臓がんで亡くなるまでは、その基地の閉鎖、撤去を推し進め、また数々の事故の原因となっているオスプレイの廃止を先頭となり推し進めていました。

また、翁長知事の主張としてよく知られているのが、沖縄県に集中する米軍基地関連施設について根本となっている日本の安全保障に関して、沖縄のみの問題としてとらえるのではなく日本国民全体で考えるべきであるという考えがあり多くの人の支持を得ていました。

日本の安全保障を沖縄県に押し付けている形となっていることを問題として取り上げ、またそれらが沖縄県の発展の妨げになっていることを声高に主張していました。実際のところ、米軍関連施設は現在の沖縄の経済を支えているという側面もありますが、そのような軍事関連施設に依存した体制は長期的に見て沖縄のマイナスになるという考えが翁長知事にはありました。

しかし、現状の通り沖縄には依然として軍事施設が残り、政府は辺野古への基地移設を推し進めていました。しかし、2014年に行われた衆議院議員総選挙では、翁長知事が推薦し、考えを共にする候補がすべて小選挙区で当選という結果を残し、翁長知事の主張は沖縄県民の総意であるとの見方が強まり、政府の政策に反発する動きが強まっていました。

翁長知事自身も、普天間基地の辺野古移設反対を制作の主軸として掲げた選挙で推進派に10万票以上の差をつけて当選を果たしています。これは翁長知事の主張が大多数の県民の意思であるということを示しており、そのため翁長知事の発言は政府との対話においても常に重要視されるものとなっていました。

翁長知事の後任候補は?

しかし、2018年8月に突如志半ばで、67歳という若さですい臓がんのために亡くなった翁長知事。実は亡くなる前から翁長知事の体調不良は公表されており、多くの人から心配する声が上がっていました。同じ年の4月に行っていた検査ですでにすい臓がんがステージ2にまで進行していたという翁長知事。このころからメディアに登場する翁長知事が病気の為かひどく痩せていることにも心配する声が上がっていました。

そして、治療の為に休養を取ったあと復帰はするもの、8月8日には記者会見で副知事らが県知事の代理を務めることが発表されており、翁長知事の体調が相当に深刻なものであるという見方が強まっていました。しかし、多くの沖縄県民が翁長知事の病状回復、職務復帰を望んでいましたが、それはかなわず8月8日に翁長知事はすい臓がんの為お亡くなりになりました。

そこで、注目されるのが翁長知事亡き後、誰が後任を務めるのかということです。また、それは、ただ県知事というポストを引き継ぐだけでなく翁長知事が進めていた普天間基地問題などの諸問題を引き継いでくれるのかというポイントにも当然関心が寄せられています。

通常、選挙法の規定では現職の知事がなくなったケースでは50日以内に知事選を実施し、新しい知事を選出することになっています。今回のケースも9月中旬には選挙が実施される予定です。後任となる新たな候補者として現状名前が挙がっているのが、沖縄県宜野座市市長の佐喜真淳氏の名前が挙がっています。この方は、辺野古への移設を推進する立場で選挙に臨むとみられています。

一方、翁長知事の遺志を受け継ぐであろう普天間基地の辺野古移設反対派の候補としては、現状まだ具体的にがっていません。これは生前、翁長知事が後任として具体的に指名をするなどの行動を起こしてこなかったことが大きな原因とみられていますが、多くの沖縄県民の願いを担うであろう候補となるだけに注目せざるを得ません。

翁長知事の死去のニュースまとめ

突然の翁長知事のすい臓がんによる死去のニュースと、翁長県知事の経歴、その後注目される後任候補についてまとめました。怠惰数の県民の意思である普天間基地の辺野古移設反対の遺志を継ぐ候補者が望まれるところですが、翁長知事の存在が大きかったがゆえになかなか簡単ではないようです。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ