動画を結合するおすすめ無料ソフト一覧!初心者でも簡単にできる方法を解説

スマホなどで簡単に動画を撮影することができるようになりましたが、ただその動画を見るだけでなく他の動画と結合させるともっとクオリティがアップします。複数の動画を結合させて一つにできるソフトなどがあると便利ですね。そんな動画の結合などができる無料のソフトなどはあるのでしょうか。ということで、動画の結合ができる無料のおすすめソフトや簡単に結合させられる方法などについてまとめてみました。

動画を結合するおすすめ無料ソフト一覧!初心者でも簡単にできる方法を解説

目次

  1. 複数の動画を結合させよう!おすすめの無料ソフトと簡単にできる方法
  2. 初心者でも動画結合が簡単「Renee Video Editor」
  3. 使いやすさ抜群の動画編集ソフト「Filmora for Windows」
  4. 結合ソフト「Freemake Video Converter」
  5. 異なる動画形式でも結合可能な「Any Video Converter」
  6. まとめ:動画結合ソフトはどれも使いやすくて高機能!

複数の動画を結合させよう!おすすめの無料ソフトと簡単にできる方法

普段はパソコンやスマホ、ビデオカメラ、やiPadなどのガジェット類を使用すれば、誰でも手軽に動画を撮ることができるようになりました。動画を撮影した時にサッとスマホなどを用意すれば、欲しい動画の素材をすぐに作り出すことが可能になったと考えると、とても便利ですね。

そんな様々な動画複数の動画を一つに結合することができれば、単体の動画よりもクオリティは高くいろんな動画を作ることができるようになります。前述のとおり動画を撮影するのは簡単にできますが動画を結合するとなると動画編集ソフトが必要です。

では、動画を結合させることのできる無料のソフトには、どんなものがあるのでしょうか。また、動画編集をしたことのない初心者でも動画の結合は簡単にできるのでしょうか。ということで、動画の結合ができるおすすめの無料のソフトや、初心者でも簡単にできる方法などについてご紹介します。

動画を復元する方法スマホ編!完全に削除しても復活するアプリはある? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

初心者でも動画結合が簡単「Renee Video Editor」

それでは早速、動画の結合ができる無料のソフトをご紹介していきましょう。まず最初にご紹介するのは「Renee Video Editor」というフリーソフトです。「Renee Video Editor」はほぼすべてのWindowsに対応しており、無料で使用できる、動画内の不必要な部分を削除させられるなどの機能を持っています。

そんな「Renee Video Editor」での動画の結合をさせるには、まず結合させたい動画をパソコンに入れておいてから、インターネットからソフトをパソコンにインストールし、ソフトを起動させます。すると動画編集の項目が分かりやすく表示されるので、その中から左下に出てくるであろう「結合」をクリックします。

すると別のフォームが表示されるので、今度は左上部にある「ファイルを追加」をクリックし、パソコンに保存してある結合させたい動画をすべて選択してエンターキーを押すか、右下の「選択」をクリックしましょう。

ここからは動画の結合に入り、1つずつ削除させたい部分と残したい部分を決めていきます。右側に出てくる開始点と終了店のバーを動かせば、どこから初めてどこで終わりたいかを簡単に決められます。左側にある「削除」で動画の削除、「上へ」と「下へ」で動画の順番も変えることができます。

動画の使う部分を選択できたら、下部にある「出力設定」で動画の出力形式を選択しましょう。「mp4」「amv」「avi」などなど多数の形式の中から選べます。決められたら、その下の出力先を選択、確認して最後に右下の「開始」を押せば動画の結合をしてくれます。設定した出力先に結合された動画があれば成功です。

使いやすさ抜群の動画編集ソフト「Filmora for Windows」

次にご紹介する「Filmora for Windows」は、動画の結合や分割、回転などの基本的な編集内容から、動画キャプチャー、「モザイク効果」、「逆再生」などの高度な編集まで行うことが可能です。更に初心者にも使いやすい簡単編集モードと高度な編集をしたい方向けの高度編集モードの2つから選択できるのも特徴です。

「Filmora」で動画の結合を行うには、まず「Filmora」をパソコンにインストールしてから起動させ、パソコンに入れておいた結合したい動画ファイルを フォーム真ん中の「メディア」をクリックし、左上にある「追加」からソフトに追加します。次に、結合させたい動画を画面下にあるタイムラインにドラッグアンドドロップします。

次に、結合する動画を編集していきます。タイムラインに追加された動画に、右側に表示されるプレニュー画面を見ながら、切り取りや回転などをさせたり、テキストなどを追加させたり、結合する動画の間に切り替え効果を入れるなどして編集していきます。

動画の結合に関する作業が完了したら、「メディア」のあった項目の中から「作成」をクリックして、保存する画面に入ります。左上部にある「出力」を選択すると動画を保存する形式等が選択できます。左側で形式を選び、右側で保存先を設定したら右下の「作成」をクリックすれば完了です。

動画から音声を抽出する方法!高音質の無料アプリやフリーソフトは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

結合ソフト「Freemake Video Converter」

250種類以上の動画フォーマットに対応

「Freemake Video Converter」は、PC、AndroidにiPhone スマホ、テレビなどどんなマルチメディアでも再生できるよう250種類の動画フォーマットに対応しています。使用するには、まずインターネットから「Freemake Video Converter」をインストールして起動させましょう。

Freemakeアイコンが表示されたら、クリックしてツールを使えるようにします。次に、左上部にある青色の「+ビデオ」ボタンをクリックして、今までの動画結合ソフトと同じように、パソコンに保存しておいた結合させたい動画をすべて選択して追加します。

結合する前に動画の不要な部分を削除させたい場合は、ビデオの横にある緑色のはさみのアイコンをクリックします。次に、画面下のボタンを使用して、削除したい場所を決定します。真ん中のはさみをクリックして「OK」を押せば、結合に必要な部分だけを保存できます。

動画のカットが終わったら、最初のフォームに戻ります。そして右上の端にある「ファイルを結合」は複数のファイルがある時だけ使用でき、動画のプレビューを見ることができるようになりますので、オプションを有効にします。

動画の出力形式を選択するには、画面下部の丸い「to(動画形式名)」をクリックすれば選択できます。形式の洗濯が終了したら、「変換する」ボタンを押して動画ファイルを結合させられます。終了したら、動画を保存させるかパソコンのプレイヤーで再生させるなどで出来具合を見ることができます。

異なる動画形式でも結合可能な「Any Video Converter」

無料版の「Any Video Converter」は、はAVIやWMV、FLVやMPEG、SWFなどなど様々な動画形式のものを使用でき、異なった形式の動画ファイル同士でも簡単に追加して結合することができます。結合と分割に反転、回転や画像と文字入れなど結合以外の動画編集もお手の物です。

まずは「Any Video Converter」をパソコンにダウンロードとインストールさせましょう。次に左上にある「動画追加」のボタンをクリックすればコンピュータ上から動画を選択できるので、結合したい動画を全て追加させるか、ドラッグ & ドロップで入れます。

結合させる動画ファイルを追加したならば、画面下部にある「全てのファイルを結合」ボタンをクリックしてください。次に画面の右上にAppleやAndroidのアイコンがありますので、それを選択すれば出力するプロファイルが一覧で表示されます。その中から出力させたい動画ファイルの形式を選択しましょう。

動画の出力形式まで選択できたら、出力プロファイルの隣にある「変換」のボタンをクリックすれば、ソフトに追加した動画を結合させ始めます。時間が経過して結合が終了した後、どれかの動画を右クリックして、「出力ファイルのフォルダを開く」を選択すれば、結合し終わった動画を再生させられます。上手くいっていれば完了です。

まとめ:動画結合ソフトはどれも使いやすくて高機能!

動画を結合させられるフリーソフトで結合させる方法、手順などについてご紹介しました。いくつか無料のソフトをご紹介しましたが、大方の方法はソフトをインストールしてソフトに動画を追加し、結合のアクションをして出力の形式と保存先を設定すれば、簡単にできるようでした。

また、ご紹介したソフトはどれもただ動画を結合させるだけでなく、音声の抽出やテキスト、ものによってはアクションの追加などもすることができます。動画の編集をしてみたい方は是非とも試してみてください。

このほかにも、WindowsムービーメーカーなどWindowsユーザーならばパソコンにインストールされているであろうソフトでも動画の結合は可能です。そういったソフトならば良いのですが、「Filmora for Windows」などは無料で使用できる期間に限りがありますので注意が必要です。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ