皆さんは泉政行(いずみまさゆき)さんという、若き俳優さんの名前をご存知ですか?泉政行さんは、2015年7月に、わずか35歳という年齢で逝去(せいきょ)された才能ある俳優さんです。そのため、芸能活動の期間も、1998年から2015年までと非常に短く、その才能は非常に惜しまれました。そんな泉政行さんの死因が何だったのか?また、泉政行さんの出演作品の紹介や彼女の存在、そして、結婚情報や噂された病気と死因などを中心に、貴重な画像もふんだんに交えて情報を徹底収集してみました。

泉政行の死因とは?病気と最後まで前向きに向き合い生きた若き俳優のすべて

目次

  1. 病気と最後まで向き合った泉政行さん
  2. 泉政行さんのプロフィール
  3. 泉政行さんの主要出演作品
  4. 泉政行さんの結婚情報
  5. 泉政行さんの死因と病気
  6. 結局泉政行さんの死因は何なのか
  7. 泉政行さんの画像集
  8. 泉政行さんは素晴らしい俳優だった

病気と最後まで向き合った泉政行さん

泉政行さんをご存知でしょうか?泉政行さんは、東京ストリートニュースで、読者モデルを務めた新進気鋭の俳優さんです。高校生の頃からモデルを務め、2002年から本格的な芸能活動を行っていたのが、泉政行さんです。しかし、2012年頃に病気で体調を崩し、2015年7月28日、闘病の甲斐もなくご逝去されました。この記事では、最後まで病気と向き合い戦った、若手俳優・泉政行さんの主な出演作品や、画像、結婚情報、また、その死因などを交えて生涯を追ってみました。

泉政行さんのプロフィール

高校生の頃から、東京ストリートニュースで、読者モデルを務めていた泉政行さん。その後、本格的に俳優業にも進出し、若手№1とも称されて、その期待を一身に集めていました。しかし、本人にとって不本意ともいえる35歳での逝去。そんな泉政行さんが、どのようにしてその地位を築いていったのかを、後に、その死因も含めて、調査してみました。

泉政行さんの経歴

突如芸能界に現れ、35歳という若さで、その才能を惜しまれながら、彗星の如く過ぎ去った泉政行さん。そんな泉政行さんの華麗なる経歴をご紹介します。出演作品の情報や結婚情報、そして、様々な噂がある泉政行さんの病名と死因まで、可能な限りの情報を、貴重な画像も交えて収集してみます。

≪泉政行さんのプロフィール≫
愛称:不明
本名:泉政行
生年月日:1980/5/12
現在年齢:(没)年齢35歳
出身地:東京都荒川区
血液型:O型
身長:171cm
体重:不明
活動内容:モデル・俳優
所属事務所:ギフト
親族:両親・姉1人
出演作品:≪モデル≫「東京ストリートニュース読者モデル」≪俳優業≫「ごくせん」(大内政行役)「仮面ライダー555(ファイズ)」(木場勇治役)「科捜研の女」(乾健児役)「グレイトフルデッド」(柳道彦役)

東京都荒川区出身の泉政行さんは、小学生の頃から地元で少年野球に親しんでいたそうです。泉政行さんは、1年生の頃から6年生まで、地元の強豪と呼ばれるチーム内で、ショートのポジションを務めていた、活発なスポーツ少年でした。その反面、虫が苦手という明るいスポーツマンでした。

泉政行さんの主要出演作品

芸能界のみならずファンの間からも、惜しまれつつ、35歳という若さで亡くなった泉政行さん。多くの作品には出演していませんが、泉政行さんの存在感あふれる演技は、非常に高く評価されていました。そんな泉政行さんが、生前に出演された作品について詳しく説明してまいります。泉政行さんの代表作『ごくせん・仮面ライダー555(ファイズ)・科捜研の女』です。

出演作品①ごくせん

読者モデルを経たあと、2002年に泉政行さんは、テレビドラマ『ごくせん』(第1シリーズ)に出演し、華麗なるデビューを果たします。仲間由紀恵さんが主演した作品で、皆さんもご存知のように、社会現象を巻き起こしました。このドラマは、白金学院高校を舞台とした青春学園物で、後に映画化もされています。また、この作品には、後にビッグネームとなる若手俳優さんも数多く出演しています。

≪あらすじ≫創立30周年を迎えた白金高校。その中にあって、3年D組は手の付けられない不良たちの集まりでした。そんな3年D組の担任となった『ヤンクミ』(仲間由紀恵)が、不良という社会的偏見(実はヤンクミは、任侠集団大江戸一家の息女だった)や、いわれのない差別に立ち向かって、泉政行さんを含む生徒たちと共に、突き進む学園物のストーリーです。仲間由紀恵さんの息を飲む大太刀回りも、たいへん話題となりました。恋あり、笑いあり、涙ありの傑作です。

泉政行さんも、3年D組の不良の一人として出演しています。学生役では、沢田慎(松本潤さん)・内山(小栗旬さん)・野田(成宮寛貴さん)・南(石垣佑磨さん)・熊井(脇知弘さん)また、その他キャストとして、中澤裕子さん・生瀬勝久さん・田山涼成さん・宇津井健さんなども出演していました。これらの名俳優陣と共に、泉政行さんは、その地位を固めてゆきます。キャリアが浅いにも関わらず、これだけの俳優に交じっても遜色のない泉政行さんは、特筆ものです。

泉政行さんが出演した『ごくせん』での役どころは、3年D組出席番号6番の大内政行役です。数々のビッグ・ネームに囲まれ、さほど、多くのセリフは無かった泉政行さんですが、泉政行さんのファンの間では「最終回にガン泣きしてる!」と、たいへん話題となっていました。演技では無く『素』が出ていたのではないか?と、もっぱらの噂でした。

出演作品②仮面ライダー555(ファイズ)

2003年に入り、泉政行さんは更なる飛躍を遂げます。仮面ライダー555(ファイズ)への出演を果たし、名実ともに実力派俳優への階段を駆け上ってゆきます。泉政行さんの出世作となった、仮面ライダー555(ファイズ)は、2003年1月26日から2004年1月18日まで、全50話がテレビ朝日系で放送された、ヒーロー物特撮テレビドラマです。仮面ライダーシリーズ初の地デジ放送が、行われた作品でもあります。

この作品の特色は、従来の仮面ライダーシリーズの概念を、全く新しくした!と評価されることです。従来描かれることのない怪人(悪役)側の苦悩(悪人になってしまった)なども描き、時として、ヒーローが(これを退治してしまう)悪人に見えてしまうという、デメリットさえ抱えていました。即ち、単純な善悪論では、割り切れない作品となっていることです。原作者:石ノ森章太郎の奥深さが、十分に伝わる作品となっています。

仮面ライダー555(ファイズ)で、泉政行さんは木場勇治(きばゆうじ)として出演しています。泉政行さんの演じる木場勇治とは、半田健人さんが演じる乾巧(いぬいたくみ)と、双璧をなすヒーローです。裕福な資産家の息子として生まれながら、不幸な事故により両親を失い、自らも怪物となってしまいます。遺産問題で、邪悪な怪物となった自分に苦悩しつつ「心が人間なら人間であるはず」と、信ずる仲間たちとの交流を経て、やがて正義のヒーローへと変身してゆくのです。

≪仮面ライダー555秘話①≫この作品のオーディションで、泉政行さんは最終選考まで残ったそうです、小さな時から、戦隊もののヒーローを務めたい!と考えてきた泉政行さんは、合格通知を知った時に、ヒーロー役の合格だと思ったそうです。しかし、実際には悪役オルフェノク(怪人)役での合格だったそうです。

≪仮面ライダー555秘話②≫しかし、上記の話には続きがあります。仮面ライダー555では、悪役・ヒーローの明確な区別が無かったため、その後、正義役である「仮面ライダーファイズ」「仮面ライダーカイザ」に変身するという設定に変更され、更には、劇場版では、オリジナルライダーである「仮面ライダーオーガ」に変身することとなりました。

≪仮面ライダー555秘話③≫幼少のころから、正義の味方に憧れていた泉政行さんは、この作品で20回ものリテイクを受けたり、撮影日が極寒で、道が凍っていたことも有るなどと、告白しています。更には、過酷な格闘シーンで、顔に大きな傷を受けてしまったことも告白しています。

そして、この作品でも、後に大活躍を見せる俳優さんが、共演しています。その名は、綾野剛さんです。スパイダーオルフェノク(澤田亜希)役での出演です。泉政行さんと共演された「仮面ライダー555」がデビュー作となるそうです。もし、泉政行さんがご存命ならば、大活躍の俳優さんになっていたのではないかと、大変惜しまれています。

出演作品③科捜研の女

泉政行さんが出演した、科捜研の女は、1999年にSEASON・1が放送開始されました。テレビ朝日系で放送されているドラマで、現在、SEASON・18まで制作されています。沢口靖子さん(榊マリコ役)主演の非常に息の長い、テレビドラマの一つといえます。京都府警科学捜査研究所を舞台に、様々な事件や死因を解明してゆく様が、視聴者の支持を多く集めています。このドラマの中で、泉政行さんは、乾健児(いぬいけんじ)役として出演しています。

科捜研の女で、泉政行さんはSEASON・5からSEASON・11に出演し、乾健児(いぬいけんじ)役を見事に演じきっています。科捜研において、「マリコの犬」と呼ばれこき使われているが、パソコンや法医学にめっぽう強く、マリコに足りない部分を補う人物という、難しい役柄での出演です。最終的には、余命宣告を受けた父親を看取るため退職(降板)しました。しかし、この急な降板が、後に様々な病名や死因の憶測を招いてゆきます。

出演作品④グレイトフルデッド

泉政行さんの遺作ともなった作品で、2014年11月に公開されたサスペンス映画です。2012年頃から体調を崩し、闘病生活を送っていたと言われている泉政行さんは、この作品で、柳道彦役を演じています。孤独ウォッチャー女と、孤独死寸前のお爺さんとの戦いを描いた、何とも凄まじい内容の映画です。

この映画は、主演の滝内久美、笹野高史により、人間が持つ本来の醜さや本能が克明に描かれています。今後、日本が迎える超高齢化社会を題材に、無関心社会・無縁社会・孤独死などの非常に重たいテーマに沿って描かれているブラックコメディーです。この中で、泉政行さんは、一服の清涼感を醸し出しているとも言われています。

泉政行さんの主な作品群をご紹介

≪テレビ番組≫「コスモ★エンジェル(小比オビタ役)」「天国のダイスケへ~箱根駅伝が結んだ絆~(松本役)」「冬の輪舞(大丸澄夫役)」「結婚式へ行こう(杉山雄一役)」「サラリーマン金太郎(木村洋役)」「Dr.伊良部一郎(大森尚人役)」≪映画出演≫「ロザリオの雫(紀本義人役)」「ごくせんTHE・MOVIE(大内政行役)」「抜け忍(鎌吏役)」≪舞台作品≫GAKUYA(ライトクリエーターズプロダクション)≪写真集≫「彼のいる風景(朝日ソノラマ)」≪DVD作品≫「イケメン新選組(沖田総司役)」

泉政行さんの結婚情報

類い稀な才能を持ちながら、35歳という若さで惜しまれつつ逝去された泉政行さん。その泉政行さんの、結婚情報や彼女の存在なども非常に話題となっています。年齢的に、結婚しているのではないか?とも、噂されていました。皆さんが気になる、そんな泉政行さんの結婚情報や彼女の存在なども調査してみました。

泉政行さんは結婚していない

泉政行さんは結婚していたのか?と、ネットでも話題となっています。しかし、泉政行さんの、ブログやインスタ・ツイッターなどのメディアも含め、詳しく調査を行いましたが、確かな結婚に関する情報はありませんでした。また、ご本人を初めとする公式な結婚の発表等は、残念ながら見当たりませんでした。

彼女もいなかったという噂が

では、泉政行さんに彼女がいたのか?というネットの話題にも触れておきましょう。こちらも、様々な情報を探してみましたが、浮いた噂の一つもないため、彼女がいたという情報も得ることは出来ませんでした。しかし、若くして逝去されたので、結婚の情報や彼女の画像が、表面に出てこなかっただけなのかもしれません。

結婚をしなかった理由とは

彼女の存在情報や、結婚情報も無い泉政行さんですが、2012年頃に、病気で体調を崩したとの情報は複数存在します。乗りに乗っていた時期に、突如人気ドラマ「科捜研の女」の出演を降板したのも、何か病気が関係しているのかもしれません。また、遺作となった「グレイトフルデッド」(柳道彦役)を2014年11月に発表していることも有って、単に、仕事を優先したから、泉政行さんは、結婚もしていないということなのかもしれません。

泉政行さんの死因と病気

結婚の情報や、彼女の存在も知られていない泉政行さんは、数々の作品に出演し続けていました。しかし、突如35歳で逝去されました。そんな泉政行さんについて、ネットでは、その死因や病気の噂が数多く出ています。ここでは、泉政行さんの死因や病名についての情報を、出来る限り収集してみます。

泉政行さんの死因に繋がった病気とは

泉政行さんは、小学生の頃から野球に親しみ、強豪チームで、ショートのポジションを守るなどの活躍をしていました。そこで、病気とは縁のないものと思われていた、健康的なイメージの泉政行さんですが、2015年7月28日の午後5時35分に、突然の死を迎えました。ネット上では、「肝硬変や白血病・難病だった」などと、様々な病気や病名が挙げられています。泉政行さんの死因に繋がった病名とは何だったのでしょう。

2012年12月に更新された泉政行さんのブログから、病気で闘病しているような語句は見当たりません。しかし、2013年5月に更新された泉政行さんのブログでは、久々の更新ながら「元気に生きていました」という、意味深な発言をしています。次に泉政行さんのブログが更新されたのは、2015年に、事務所サイドの訃報発表という形です。これらのことから遅くとも、2013年頃から、泉政行さんは闘病生活へ向かっていたのでは?と言われています。

死因に繋がった病気①肝硬変

泉政行さんの死因の病名として、最も多く挙げられているのは、肝硬変です。SNSなどで、お酒にまつわる話をしていたり、画像が残っていたと噂されていますが、実際、2007年6月20日の自身のブログでも、ライアーゲームの打ち上げで、朝まで飲み明かしたことなどを、画像と共に明かしています。お酒が好きだった様子から、死因が肝硬変ではないか?と噂されているようです。

泉政行さんの死因ではないか?と噂される肝硬変とは、どのような病気なのでしょう。B型ウィルスやC型ウィルス、または、アルコールなどの摂取により肝臓が傷つけられた状態を修復しようと、私たちの体は頑張ります。その時、線維(コラーゲン)という物質が過剰に生成され、肝臓を覆ってしまい石のように硬くなります。この病気が肝硬変といわれるものです。

肝硬変の症状には、様々なものがあります。首や胸、頬に赤い斑点ができ、掌の両側が赤くなる。また、下腹部が膨張したり、白目が黄色くなる(黄疸)などの症状が、現れると言われています。診断は、肝生検やMR・腹部超音波・腹部CTスキャンなどの画像診断でも行われます。

肝硬変の治療方法は、投薬や各種経口剤治療などを行いますが、症状の改善が見られない場合など、一定の条件下では、肝移植を受けることが出来るようになりました。もし、泉政行さんの死因が肝硬変だったのならば、移植手術待ちだった可能性も否定することは出来ません。

死因に繋がった病気②白血病

泉政行さんの死因に関して、肝硬変に次いで噂の多かったのが、白血病です。この病気は「血液の癌」と言われる非常に恐ろしい病気です。

泉政行さんの死因と噂される白血病とは?どのような病気なのでしょう。私たちの体の中に流れる血液は、大きく3種類で構成されています。赤血球・血小板・白血球をお聞きになったことは多いでしょう。健康な状態ではこの3つの要素がバランスよく作られていますが、このうちの白血球が、突然、癌化して異常に増殖してしまいます。このような病気を白血病と呼びます。

結局泉政行さんの死因は何なのか

泉政行さんの死因について、ブログやツイッター、インスタグラムなど、様々なメディアでも紹介されていますが、結局、泉政行さんの死因は、何だったのでしょう。関係者の談話などを調査してみました。

詳しい死因は明らかになっていない

泉政行さんの死因について、ご本人のブログや、ツイッター、インスタ、SNS・関係者の談話などで、多くの情報を収集してみましたが、その詳しい死因について、確実な情報を得ることは出来ませんでした。

死因が明らかでない理由

では、泉政行さんの死因が明らかになっていない理由はなぜでしょう。それは、泉政行さんご本人のブログやツイッターにも病気の情報が無く、葬儀なども親族だけで行われ、事務所サイドなどからの正式な発表がなかったことです。これらの理由により、泉政行さんの病名や死因の推測が様々になされた様子です。

死因は不明だが難病という噂もある

泉政行さんの死因について、肝硬変や白血病が有力な情報として存在しますが、一部のメディアでは、難病説も唱えられています。これらも、正式な発表が無いため、憶測の域を出ません。

泉政行さんの画像集

ここからは、その才能を惜しまれつつ、病名も死因も不明なまま、35歳という若さで逝去された泉政行さんの貴重な画像をお届けします。私服編・衣装編・笑顔編をどうぞ!

泉政行さんの画像①私服編

泉政行さんは、その活動期間の短さから、さほど多くの画像を残していません。そんな泉政行さんの貴重な私服姿の画像を集めてみました。

泉政行さんの趣味は、カメラ撮影でした。この写真は、愛用の一眼レフと共に撮られたものでしょう。戦隊もので見せた、引き締まった顔も素敵だと言われますが、獲物を狙うような鋭い視線が、また素晴らしいと高評価を得ている一枚の画像です。

愛犬でしょうか?泉政行さんの優しそうな眼差しが、印象に残る笑顔の画像です。撮影時に、20回以上のリテイクを出されてもめげることなく、撮影に臨んだ若者の表情には見えない!と言われている画像の一枚です。

泉政行さんの大きく笑う笑顔の画像も大変人気ですが、こちらの一枚は、「目の奥に潜むやさしさが滲み出ている!」と評価の高い画像です。

泉政行さんの画像②衣装編

役者さんの場合、衣装に身を包み活躍する姿が多いのですが、泉政行さんの場合、戦隊ものでの活躍が多く、衣装を着ている場面は非常に少ないのが特徴的です。こちらも、その貴重な画像を集めてみました。

泉政行さんの「科捜研の女」での白衣姿と、「仮面ライダー555」で、変身前のキッリッと引き締まった顔つきの泉政行さんです。

こちらは、「科捜研の女」収録中の一枚と言われるものです。凛々しいお医者様の衣装は大変好評です。「マリコの犬」と呼ばれる監察医役には、とても見えない一枚です。

泉政行さんの画像③笑顔編

死因も病名も判明せず、逝去された泉政行さん。その才能を非常に惜しむ声は、今も上がっています。そんな泉政行さんの「笑顔」を集めてみました。

冬の日の、素敵な笑顔を振り撒く、泉政行さんの貴重なショットです。八重歯がとても印象的だ!優しさが滲み出ている!などと大変好評な一枚です。

こちらの一枚は、泉政行さんが、やんちゃ坊主っぽく笑う素敵な一枚です。この目線の先に何が有るのか?想像を掻き立てられる!ともっぱらの噂です。

泉政行さんが、プライベートで撮った写真でしょうか?ふんわりと包み込むような笑いに満ち、心の底からの笑顔だ!と評価の高い一枚です。

泉政行さんは素晴らしい俳優だった

いかがでしたか。これまでの調査で、泉政行さんの魅力は少しでも伝わったでしょうか?2002年に彗星の如く現れ、そして、2015年彗星の如く去って行った一人の若者『泉政行さん』。現在でも多くのファンは、その死を悼み、その死因や病名を知りたいと願っている様子です。そんな、人々の心に深く根付いた泉政行さんは、素晴らしい役者だったのでしょう。ご冥福をお祈りしましょう。


評価 4.5/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ