カエレバ製のFitbitBlazeは、ランニング中の心拍計のほかに飲んだ水の量の記録であったり、睡眠時間の計測などを行うことができます。そんなFitbitBlazeをさらに便利なものにするために、Fitbit専用アプリがリリースされています。睡眠の分析機能などがさらに強化されているのだとか。ということで、Fitbitアプリの睡眠分析などの使い方を3分でご紹介してみます。

Fitbitのアプリの使い方を3分で解説!睡眠分析が更に強化されてすごい

目次

  1. Fitbitアプリを3分で解析!睡眠分析機能などがさらに強化された!
  2. 3分で解説するFitbitアプリの使い方!まずはアプリでできることとFitbitBlazeについて
  3. Fitbitアプリで詳細な測定データを確認可能!ごく詳細なデータまで分かるのがすごい!
  4. アプリでFitbitの設定も可能!アラームや音楽の設定など
  5. 友達との触れ合いとアドベンチャー体験などの機能について
  6. まとめ:スマホで使えるFitbitアプリはFitbitを使う上で必須!

Fitbitアプリを3分で解析!睡眠分析機能などがさらに強化された!

便利なFitbit専用アプリの機能や使い方を3分で解説

ランニングなどを行っている方は、心肺の計測などを行うために専用のデバイスを使用していることも珍しくないでしょう。例えばFitbitBlazeというウェアラブルデバイスがあり、心肺の計測はもちろんのこと、飲んだ水の量を記録させられたり、睡眠時間の計測などを行うこともできます。

そんなFitbitBlazeですが、専用のFitbitアプリを利用することで更にいろいろなことができるのです。睡眠の分析機能などが搭載されており、その性能がさらに強化されたのだとか。一度アプリを使用すれば、Fitbitアプリが無くてはならないほど便利であることが分かるでしょう。

それでは、Fitbitアプリの実際の使い方や性能が上がったという睡眠の分析機能などはどんなものになっているのでしょうか。ということで、Fitbitアプリの睡眠の分析機能などの使い方や、その他の搭載されている機能について3分で解説していきます。

Fitbitの製品を徹底比較!AltaやChargeなど購入前に確認 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

3分で解説するFitbitアプリの使い方!まずはアプリでできることとFitbitBlazeについて

それでは早速、Fitbitアプリの使い方や搭載されている機能などについて3分でご紹介していきましょう。まずはFitbitアプリで何ができるのかということについてで、大きく分ければ「歩数などのデータの確認」「Fitbitの設定」「Fitbitを使用している友人とのコンタクト」「ソロアドベンチャーなどのその他の機能」の4つになります。

まずFitbitアプリは、ウェアラブルデバイスのFitbitBlazeのための専用アプリとなっています。FitbitBlazeとは日常でスポーツをしている方向けの腕時計型デバイスで、例えば歩数や距離、消費カロリーの記録を始めとして、ランニングなどの有酸素運動の統計をリアルタイムで確認できるなどの機能を備えています。

他にも睡眠時間を計測して、アラームを設定することができるなどスマホに頼らない活躍を見せてくれるほか、iphoneやAndroidスマホ、パソコンとのワイヤレス接続などを行うこともできるのです。スポーツ向けのため汗や水などの生活防水にももちろん対応しています。

Fitbitアプリで詳細な測定データを確認可能!ごく詳細なデータまで分かるのがすごい!

では次に、Fitbitアプリの4つの機能について詳細に紹介していきます。まず最初に紹介する最も重要な機能が、Fitbitで記録したデータをアプリでも確認することができるというものです。FitbitBlazeなどでは、ご紹介した歩数や距離の計測、ランニング中の心肺計測などができます。

しかし、欠点としてデバイス上では詳細な記録したデータを確認することができません。その点Fitbitアプリを使用すれば、細かなデータまで確認することができるようになります。データの確認には、アプリを起動して表示されるメニューの「ダッシュボード」から見られます。

アプリでは、Fitbitで計測した全てのデータを確認することができます。例えば歩数や移動距離から始まり、消費カロリーや睡眠時間、心拍数に飲んだ水の量や食べた食事のカロリーなどなどとにかく全てです。デバイスで計測したデータをアプリでも確認できるのは当たり前と思われるかもしれませんが、すごい所はごく詳細なところまで確認をすることができるということです。

例えば心拍数のデータを確認すると、毎日の心拍数の推移がグラフとして表示されます。加えて下部にある日付ごとの心拍数から1つ選択すると、時間ごとの変化が確認できます。そしてグラフの心拍数をタップすると、その時点の心拍数が表示され拍数が大きければ「有酸素運動ゾーン」などと表示されるのです。これによって、その日のいつに激しい運動をしたか、どれだけ心拍数が上がったかなどをすぐに理解できます。

そして睡眠の分析では一週間ごとに睡眠時間を記録することができ、アプリ上では上部に一週間の睡眠時間のグラフが、下部には前日の何時に寝たかと当日は何時に起きたのかや、その週の平均の睡眠時間が表示されます。グラフには週ごとの目標の睡眠時間が分かりやすく線になっており、日ごとに達成できているかどうかが確認できます。

アプリでFitbitの設定も可能!アラームや音楽の設定など

2つ目のFitbitアプリでできることは、Fitbitの設定になります。Fitbitは歩数や心拍数などの様々なデータを計測することができますが、細かな設定をデバイスで行えないのが欠点とされています。それを補って詳細な設定をアプリの方でしてあげられるというわけです。

Fitbitの設定は、アプリのトップの一番右のメニューにある「アカウント」から各種設定ができ、例えばランニングなどをするのであればどれくらいの距離を走るのかの目標の設定、起床のためのアラーム時間の設定、アクティビティ中に流す音楽などを設定できます。

他にも、Fitbitデバイスのデザインを変更させることなどもできます。設定も知っておきたいという方は、デバイス側の設定だけでなくアプリでもできる設定について覚えておくことをおすすめします。

友達との触れ合いとアドベンチャー体験などの機能について

3つ目のFitbitアプリの機能は、Fitbitを使用している友達とコンタクトを取ることができるというものになります。アプリを起動させたメニューにある「友達」をタップすると、現在の友達リストなどが表示されます。友達から検索されることに同意しておけば、探したり探させたりすることが可能になるのです。

右下の友達追加のボタンをタップすると、まだ探すのを許可していない場合は「連絡先を読み取るのを許可してください」などと表示されますので、下の「有効にする」をタップして許可しておきましょう。

友達の追加はフェイスブックやEメールなどからすることもできます。追加ができればメッセージを送ったりスコアを送信したりといったことができ、追加できた友達からのメッセージなどは事前に通知を許可しておけばスマホのロック画面に表示されます。

ガイダンスやアドベンチャーチャレンジなどのその他の機能

最後に、それ以外のその他の機能についてです。アプリのメニュー画面の真ん中にある「ガイダンス」のアイコンをタップすると、FitbitStarというアプリと連携をしてエクササイズのビデオを視聴することができるようになります。家の中でできる手軽なエクササイズばかりですし、動画横にエクササイズの時間と消費カロリーなども書かれていますので参考にできます。

最後にメニューの中の「チャレンジ」のアイコンでは、様々なアクティビティに参加することができます。例えば平日にできる「平日チャレンジ」と週末に行う「週末チャレンジャー」というものは友達や家族と競って運動をすることで、より多くの運動を促すといったものになっています。

「ソロアドベンチャー」というのはある目的地に行ってみるとというもので、「バーナル滝」や「ニューヨーク市3.1マイル」などがあります。それぞれ目標の歩数も表示されていますので、それを一日でクリアできればそのアドベンチャーはクリアしたということになるようです。

まとめ:スマホで使えるFitbitアプリはFitbitを使う上で必須!

Fitbit専用のアプリの使い方や何ができるのかなどについて3分でご紹介しました。Fitbitデバイスは様々なデータを記録することができますが、ご紹介しました通りデバイスから見られるのは簡単なデータまでで、詳細なデータを確認することはできません。しっかりと自分のアクティビティのデータなどを確認したいのであれば、Fitbitアプリはなくてはならないものでしょう。

加えてその表示されるデータも非常に詳細なところまで確認することが可能なようでした。歩数に移動距離を記録することはもちろんのこと、心拍数のデータを日付と時間ごとに確認、どこが一番心拍数が多くなっていたかを一目で理解できますし、睡眠分析に関しても設定した目標が達成できているか否かなどをすぐに確認可能です。

また、Fitbitデバイスやアプリだけでなく、コンピューターからもスコアや目標、進捗などを確認することができるようです。毎日スポーツをしており健康的な生活のためにFitbitデバイスを利用している方には、専用アプリはあって決して損のないものになるでしょう。


評価 4.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ