背中の角栓。背中の汚れが気になる人は意外と多いものだ。しかし、角栓がなぜ背中に詰まるのか、原因までは知る人は少ない。効果的な改善方法や対処法を知るためにも、まずは背中の角栓の原因から知る必要がある。背中をきれいにするために角栓の原因と対処法をみていこう。

背中の角栓の取り方!原因と効果的な改善・対処方法について調査

目次

  1. 背中の角栓!そもそも角栓とは?
  2. 背中に角栓ができる原因
  3. 背中の角栓を放っておくとニキビの原因にも!
  4. 背中の角栓改善方法!効果的な背中の洗い方
  5. 背中の角栓改善のためにはボディソープの見直しも!
  6. シャンプーやリンスの洗い残しに注意を!
  7. ピーリング作用の入った化粧水で背中の角栓改善を!
  8. 背中を洗う上での注意点
  9. 食事や生活習慣から背中の角栓を改善する!
  10. 効果的な背中の角栓の取り方・対処方法
  11. ひどい場合は病院に行くことも検討して
  12. 適切な対処をしてきれいな背中に!

背中の角栓!そもそも角栓とは?

角栓とは、古く硬くなり、厚くなってしまった確執と、過剰に分泌された皮脂がまざいあってできるもののことをいう。背中はもちろん、顔や胸元などにもよくできるもので、本来であれば、ターンオーバーにより自然と剥がれ落ちるものなのだ。しかし、何らかの原因で、ターンオーバーの周期が乱れたりして、剥がれ落ちず肌にとどまるので、このように硬く厚くなる。

毛穴周辺の確執が硬くなると、毛穴をふさいでしまい、毛穴奥から分泌される皮脂がスムーズに排出されなくなってしまう。そうすると、毛穴内部にとどまるひしと、硬く厚くなった角質が混ざり合い、固まってしまって角栓となるのだ。

しかし、こう見ると体に悪影響しかない角栓に見えるが、実は健康的には必要なものなのだ。実は角栓には肌を守る役割がある。毛穴はふさがれていないと、外部の菌が毛穴に入り、炎症を起こす可能性がある。良い角栓はこれを防ぐために、肌の健康に一役買ってくれているのだ。

背中に角栓ができる原因

【背中に角栓ができる原因①】背中は皮脂分泌量が多いため

それは、背中に角栓ができる原因は何なのかみていこう。背中に角栓ができる原因に考えられるのが、まず一つ目が背中はもともと皮脂の分泌量が多い箇所であるためだ。皮脂が分泌される皮脂腺は、手の平と足の裏意外に体中にある物で、数はその個所によって違う。一般的には頭、顔、胸、背中の順で皮脂腺が多いといわれている。

したがって、皮脂腺が多い背中は、体の中でも皮脂の分泌量が多い箇所になるということになる。うまく確執が剥がれ落ちず、固まってしまうと、背中のひしと混ざり合い角栓になりやすいのだ。

【背中に角栓ができる原因②】ターンオーバーの遅れも原因のひとつ

本来、角栓になる前の、皮脂と混ざり合う前の古い角質は、その時が来ると自然に剥がれ落ちるものなのだ。正しいターンオーバーができていれば、元気で新しい角質は押し上げてくれ、古い角質が肌にとどまることはない。しかし、何かしらの原因で肌の健康がそがれ、正常にターンオーバーができず、その結果角栓へとなってしまう。

背中の角栓を放っておくとニキビの原因にも!

角栓を放っておくと、ニキビなどの肌トラブルの原因になることもある。角栓は、毛穴詰まりを起こすからだ。角栓で毛穴がふさがられると分泌された皮脂が逃げ場を失い、毛穴内部にどんどんたまってしまう。その毛穴内部に、ニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌といった菌が繁殖することで、肌の健康を阻害し炎症を起こしてニキビとなるのだ。

背中の場合は、ほとんどがマラセチア菌が原因となる。この菌はどちらも人の肌には存在する菌で常在菌と呼ばれる。本来であれば、これらの菌が皮脂を分解して終わりなのだが、角栓によって皮脂がたっぷりあり、それを菌が分解すると、閉じ込められた毛穴の中で、炎症を起こしてニキビになるのだ。

背中が汚いのは毛穴の汚れが原因か?!その正体と対策・対処法について | MensModern[メンズモダン]

背中の角栓改善方法!効果的な背中の洗い方

それではここからは、背中の角栓の効果的な対象法を探っていこう。まずは背中の洗い方だ。背中を洗うときには、しっかりと泡立てた泡を手に広げて、背中を撫でるようにして優しく洗うのがベストといわれている。手が届かずタオルを使うときでも、極力優しく洗うことを心がけよう。

タオルを使う際には、けっして両端を持ってごしごしと洗うのではなく、少し背中を丸めてタオルを滑らせる程度にとどめておこう。プラスで、湯船につかったり、シャワーで背中をきちんと洗い流せば、肌あれを起こさず健康的で効果的に汚れを落とすことができる。

背中の角栓改善のためにはボディソープの見直しも!

角栓を取り除く、また角栓によりニキビを発生させないためには、なによりも背中をきれいに保つことが必要になる。そのためには、肌を洗うボディソープにも気を付けるとよい。おすすめは「クレイ」などの吸着成分が含まれているものだ。一般的に毛穴の汚れを取りやすいといわれており、クレイはアレルギーも起こりにくく健康的でなめらかさも抜群といわれている。

これをボディソープに使えば、毛穴のつまりや古い角質を吸着できると同時に、夏場のきになる匂いの元も吸着して洗い流すことができる。敏感肌や乾燥肌にも効果があるので、このボディソープを使って優しく洗い流してあげよう。

合成界面活性剤が含まれるものは避けよう!

合成界面活性剤とは、本来では混ざり合うことのない水と油を増せるものをさす。洗剤や、もちろんヴボディソープなどにも使われることがある。しかし、その中には、肌に刺激を与える合成界面活性剤が使用されているため、肌機能を弱めてしまうものもある。その結果、ターンオーバーの乱れにつながることもあるので、これらが含まれるものは避けよう。

シャンプーやリンスの洗い残しに注意を!

意外と見落としがちなのが、シャンプーやりんすの濯ぎ残しだ。こういった濯ぎ残しが肌に付着していると、せっかく切れ印い肌を洗っても、肌を詰まらせる原因になる。効果的に、この濯ぎ残しを避けるには、まず頭から洗い、次に体wお洗うことによって濯ぎ残しをふせぐことができる。

背中に低刺激なオーガニックシャンプーもおすすめ

使うシャンプーの種類にも注目しよう。もし、濯ぎ残しで背中の角栓がやニキビができていると感じているなら、オーガニックシャンプーに変えるだけでも効果がある。通常のシャンプーよりは、価格が少し高めにはなってしまうが、肌への低刺激なものも多いので、一度自分に会いそうなものwお探してみてもよいだろう。

ピーリング作用の入った化粧水で背中の角栓改善を!

入浴後などの葉だが清潔な状態の時に、角質を柔らかくするピーリング要素の入った化粧水を背中に吹きかけるのも効果的な対処法だ。これは保湿対策にもなるので、かなり効果的だといえる。本来のターンオーバーや体を洗うことでキチンと角栓が外れるようになっていれば、肌トラブルはk¥置きにくいので、この化粧水であるべき状態に戻すことができるのだ。

背中を洗う上での注意点

背中をあらう上での注意点もある。背中に角栓が詰まると、ボディタオルやナイロンタオルで、ごしごしと念入りに洗うことをしようと考える人もいるが、実はそれは間違った洗い方。鼻でもそうだが、肌を強くこすっても、毛穴に詰まった角栓を取り除くことは出いない。肌を強くこすることで、角質層が傷ついたり、必要な皮脂まで洗い落とす可能性もある。

そうすると、かえって肌が乾燥したり、その影響でさらに皮脂の分泌が過剰になる可能性もあるため、注意が必要だ。

食事や生活習慣から背中の角栓を改善する!

【生活から見直しを!背中の角栓改善方法①】脂っこい食事は避ける

背中の角栓の対処法として、普段の生活から見直すことで、改善と予防をすることができる。まずは食生からみていこう。食事において、フライやてんぷらなどの脂っこいものを食べ続けていると、背中の角栓の原因になることを知っているだろうか。脂っこいものを食べた後に、顔がてかるのとおなじように、脂っこいものを食べ続けると皮脂の分泌量が増える。

適度な量を超えると栄養のバランスもあるく、そのけか肌トラブルを招きかねないので、脂っこいものは取りすぎに注意しよう。

【生活から見直しを!背中の角栓改善方法②】肌の保湿を心がけよう

角栓は、余分な皮脂が原因なので、ついつい洗い流すことをゆうs年して考えがちだ。しかし、角栓をきちんと取りたいのであれば、適度な保湿も必要になる。肌が乾燥しているということは、肌のバリア機能が十分ではないということ。そのバリア機能を高めるため、急いで細胞を作るが、その細胞は未熟な細胞。この未熟な細胞では古い角質を押し出せないのだ。

そのため、古い角質は剥がれ落ちず、角栓になってしまう。また、乾燥がひどいと、皮脂の分泌が活発になってしまう。適度は保湿は、肌を乾燥から守り、過剰な皮脂分泌や角質を剥がれ落とす作用にも貢献するので、しかりと行おう。

【生活から見直しを!背中の角栓改善方法③】ストレスも角栓の原因に

ストレスは自律神経の乱れを起こす可能性がある。自律神経の乱れは、肌の不調を起こす可能性がある。リラックスしている時間は、肌が休まるとき。しかし、ストレスを抱え込むと、このリラックスしているときも神経が過敏になり自律神経が乱れる。そうすると、本来肌にとって休むべき時間や、働くべき時間に大きく影響し、角栓など肌トラブルの原因になるのだ。

【生活から見直しを!背中の角栓改善方法④】適度な運動を習慣化する

やはり適度な運動は、どんなことにも良く作用をするものだ。適度な運動は、心身ともにリラックス効果やリフレッシュ効果が望め、ストレスの軽減効果もある。また、運動自体が血行を良くする効果があり、ターンオーバーを正常化させる。適度な運動は心地よい疲労感と、睡眠にも影響するので、肌にとっても良いことばかりなのだ。

【生活から見直しを!背中の角栓改善方法⑤】紫外線にも気を付けよう

強い紫外線は、実は服を通り抜けて肌に悪影響を及ぼす。よく顔の紫外線ケアはするだろうが、実は服を着ていても、背中などにも紫外線は当たっているのだ。紫外線によって肌がダメージを受けると、角質が硬くなったり、ターンオーバーが乱れる原因になる。UV効果のある日傘を使うだけでも違うので、紫外線には気を付けよう。

効果的な背中の角栓の取り方・対処方法

【健康的で効果的な角栓の取り方①】オリーブオイルを使った取り方

一般的には、角栓はターンオーバーを正常化することで、自然と剥がれ落ちるのが理想になる。しかし、やはり急なパーティなどで背中を見せる機会があるから、今すぐにでも処理したいときもあるだろう。そこで、効果的な角栓の取り除き方を紹介しよう。まずはオリーブオイルを使った方法だ。

荒あらかじめ清潔にしておいた手に、オリーブオイルを広げて、手で円を描きながらマッサージするように塗る。多くの人が自分でやるには難しいので家族にやってもらおう。オリーブオイルが背中になじんだら、ティッシュでおさえて余分な脂を落とし、残らないように石鹸で洗い落とす。最後に、冷酒タオルをあてて毛穴を閉め、化粧水で保湿して完了だ。

【健康的で効果的な角栓の取り方②】蒸しタオルを使った取り方

電子レンジで蒸しタオルを作ろう。この時できるだけ、洗濯洗剤や柔軟剤の残っていないタオルを使うようにしよう。蒸しタオルを用意している間に、背中に保湿クリームや乳液を塗り、背中に温かい状態のタオルをあて、しばらく蒸す。その後、タオルで乳液などを優しくふき取り、最後に冷水で絞ったタオルをあて毛穴を引き締め、保湿ケアをしよう。

【健康的で効果的な角栓の取り方③】オロナインと毛穴パックを使った取り方

応急処置として効果の高い方法がこれだ。まずは手と背中を清潔にしよう。そして、背中の角栓が気になる箇所にオロナインを塗る。そのまま10分から15分程度馴染ませ、温かいタオルなどで優しくふき取り、最後に鼻用の毛穴パックで気になる角栓を取り除く。角栓が、かなりごっそりと取れるので、逆に毛穴が開きっぱなしになるので、本当に応急処置として使おう。

ひどい場合は病院に行くことも検討して

背中の角栓は気になると自分で取ろうとしてしまいがち、また、時間をかければしっかりとケアできるものではあるが、ニキビにはしたくない、急な用事で背中を見せる機会があるから取り除きたいということもあるだろう。しかし、そのために処置をしてよりひどい大きな角栓ができることもある。どうしても肌ケアをしたいのならば、皮膚科に行くことも検討しよう。

背中の筋肉の効果的な鍛え方!簡単・おすすめのトレーニング方法紹介 | MensModern[メンズモダン]

適切な対処をしてきれいな背中に!

適切な対処をすれば角栓はかなり取り除くことができる。また一度、ターンオーバーなどの正常な機能とサイクルを取り戻せば、ニキビの心配も減り角栓も適切に自然に処理をしてくれる。適切な対処で、肌機能を正常に戻し、きれいな背中を勝ち取っていこう。


評価 3.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ