夫婦間のセックス頻度は普通はどのくらいなのかご存じでしょうか。セックスの回数なんて考えた事もなかったという人もいるかもしれませんが、夫婦間のセックス頻度は実は想像以上に重要なものかもしれません。今回は一般的な平均回数や、理想のセックス回数についてご紹介します。

夫婦のセックス頻度の平均は?世の中の普通の回数・理想数を調査

目次

  1. セックス頻度はどのくらい?夫婦の平均や理想回数とは
  2. 恋人時代に比べて夫婦のセックス頻度は減るもの?
  3. セックス頻度は円満な夫婦関係に重要なもの
  4. 日本の夫婦のセックス頻度は世界でも最下位
  5. セックス頻度の低い日本の夫婦は満足度も低い
  6. 世の中の夫婦のセックス頻度の平均は月に1回
  7. セックス頻度が低いのは夫婦共働きで忙しいから
  8. 夫婦のセックス頻度の理想の平均は週1回程度
  9. 頻度は上げたいけれどセックスの誘い方がわからない
  10. 平均的なセックス頻度を知って理想の夫婦生活を

セックス頻度はどのくらい?夫婦の平均や理想回数とは

結婚後の夫婦生活において、自分達のセックス頻度は多いのか少ないのかといった事を考えた事はあるでしょうか。実は日本の夫婦のセックス頻度は世界でも最下位だと言われており、少子化問題にも拍車をかける結果となってしまっている様なのです。

しかしそれならばどのくらいのセックス頻度であれば平均的なのか、普通の夫婦のセックス回数はどのくらいなのかといった事はなかなか人には聞きづらい話題でもありますよね。回数が多すぎても驚かれてしまいますし、少なすぎても不仲なの?と思われてしまいそうです。

そこで今回は夫婦間における普通のセックス頻度や、理想的なセックスの回数などについてをまとめてご紹介していきたいと思います。目を向けず放置しているとセックスレスになってしまう場合もありますが、今まさにお悩み中だというご夫婦は必見ですよ。

セックスの頻度、カップルはどれくらい?平均回数や長続きするコツを調査 | MensModern[メンズモダン]

恋人時代に比べて夫婦のセックス頻度は減るもの?

お付き合いを始めたばかりの頃はお互い好きだという気持ちも強く、言葉で伝えるだけでは物足りずに情熱的なセックスをする事もあったのではないでしょうか。もちろん若さもありますが、結婚後にセックス頻度が減ったという夫婦も少なくないのでは?

当然情熱が長続きして結婚後にも普通に恋人時代と変わらない様なセックスを続けているという夫婦もいるものです。しかし大抵の場合は忙しさや毎日顔を合わせているマンネリ感から、自然とセックス頻度が下がってしまう事が多い様です。

セックスの頻度が減ったとしても円満な夫婦生活を続ける事ができていれば問題ありませんが、セックスレスになるという事は夫婦間のスキンシップの回数も減る事となり、コミュニケーション不足となってしまう夫婦も出てきてしまうのです。

毎日行ってきますとただいまのキスをしている、という日本人夫婦はあまり多くないかもしれません。海外と違いハグの習慣も無い日本人は、セックス頻度が落ちてしまえばスキンシップの回数も減ってしまうのが自然な流れと言えるのではないでしょうか。

セックスレスで離婚を考える前に!原因や夫婦の解決方法について調査 | MensModern[メンズモダン]

セックス頻度は円満な夫婦関係に重要なもの

セックスとはあくまで妊活の為の手段であり、必要が無ければ行わなくていいという淡白な考え方の人もいるかもしれません。しかし夫婦円満に生活を続けていく為には、やはりセックスの回数というのはある程度意識しておいた方が良いのではないでしょうか。

セックスは妊娠する為の手段というだけではなく、パートナーへの愛情表現の手段でもあるものです。相手を思いやりながら接するというのは、簡単な様でいて長く一緒の時間を過ごしているとついつい疎かになってしまいがちな部分かもしれません。

更にはセックスレスが原因で不倫に走ってしまう、という男女も少なくありませんよね。やはりセックスの回数が平均よりも少ないと感じたら、意識的にパートナーとの触れ合いをしていく事が大切なのではないでしょうか。

セックスレスの原因が妻の時は?本音や拒否する原因・理由を調査 | MensModern[メンズモダン]

日本の夫婦のセックス頻度は世界でも最下位

そんな夫婦間のセックス頻度ですが、実は世界的にみるとランキングの中でも日本は最下位だと言われているのです。無暗に多ければ良いというものではありませんが、最下位と言われてしまうとやはり普通より明らかに少ない事がわかりますよね。

世界的に見て1位のギリシャが年間で140回近いセックス回数であるのに対して、日本は50回にも満たない回数であるという事がわかっているそうです。1位との差がおよそ3分の1と考えると、やはりかなり少なく感じられますよね。

セックスしたくない時とは?男性・女性別の悩みや理由、本音まとめ | MensModern[メンズモダン]

セックス頻度の低い日本の夫婦は満足度も低い

回数が少なくてもセックスに対する満足度が高ければ問題無いかもしれませんが、残念ながら日本の夫婦のセックスに対する満足度はこれまた最下位という結果が出されており、ほとんど満足していない状態である事がわかっています。

日本の夫婦間のセックスの満足度が低い理由としては、やはり日本人の性に関する知識の乏しさも挙げられているのだとか。当然ながら学校などではセックスに関する詳細な授業を行われる事なんてありませんよね。

若者は雑誌やAVなどでセックスに関する知識を身につけていくしかなく、時に間違った知識のままにセックスに挑んでしまうので、女性が嫌がる行為もわからないまま男性が思い込みだけで先走ってしまうパターンも少なくない様です。

特にAVでは女優さんが演技をしているという事を理解できず、同じ事をすれば女性を喜ばせる事ができるんだ、AVの中で行われている事は全て普通の事なんだと思い込んでしまい、結果として正しいテクニックが身に付かない事もあるのだとか。

結局はセックスの経験を積んでいくしかテクニックを上達させる方法は無いかもしれませんが、お互いに楽しめないセックスを続けて改善できないままの状態では、自然とセックスレスになっていってしまうのも仕方の無い事なのかもしれません。

セックスレスとは期間や定義がある?原因と夫婦でできる解消法・対処法 | MensModern[メンズモダン]

世の中の夫婦のセックス頻度の平均は月に1回

そんな夫婦間のセックスの平均的な頻度はといえば、大体の夫婦が月に1回程度という回答をしている様です。これを多いと感じるか少ないと感じるかによって、自分達のセックスの回数が多いか少ないかがわかってくるのではないでしょうか。

お互いが性に対して淡白でありこの回数で満足している、月に1回のセックスであってもその1回でたっぷりと愛情を注ぎ合い、充実した時間を作れているというのであれば問題無いかと思います。けれどどちらかが不満を抱えていた場合はどうでしょうか。

日本の夫婦の平均的な回数ではあるものの、もしも月に1回だけのセックスに心当たりがあるという人は、改めて夫婦間でお互いに不満を抱えている点は無いかどうかをしっかりと話し合う事も必要となってくるかもしれません。

セックスレスの原因と対処法は?夫婦別に妻側・夫側の理由をまとめ | MensModern[メンズモダン]

セックス頻度が低いのは夫婦共働きで忙しいから

日本の夫婦間のセックス頻度が低い理由の一つには、夫婦共働きの家庭である為にゆっくりとセックスをしている様な時間を作る事ができていないというものもある様です。お互いの休日が別々であれば、それだけすれ違いも多くなりますよね。

お互いが土日休みの夫婦であったとしても、平日は目一杯働いて疲れている場合には休日はセックスなどせずにゆっくり過ごしたいと考える場合もあるかもしれません。しかしその考え方こそがセックスレスへと繋がっていくのではないでしょうか。

どれだけ結婚生活を長く続けていても、定期的にセックスをしている夫婦はやはり一緒の生活に甘えすぎず努力を続けていると考えられそうです。義務的にするものではありませんが、スキンシップを取ろうという努力はやはり必要なものです。

夢占いのセックスや性行為の意味は?夢に関する12のまとめ | MensModern[メンズモダン]

夫婦のセックス頻度の理想の平均は週1回程度

ちなみに夫婦間の理想的なセックス回数の平均は、週に1回という回答が多かった様です。世界的に見れば平均して週に3回くらいはセックスをしたいと考えられている様ですが、多忙な日本人が努力できる最低ラインがこの平均回数なのかもしれません。

更に週に1回くらいはしておかないと…と妥協案としてセックスをするのではなく、その1回をどの様に楽しむかといった工夫を続けていく事がマンネリ防止となり、週末の1つの楽しみにも繋がっていく事もあるかもしれませんよね。

パートナーを楽しませる、満足させるといった努力をお互いが続けていく事でセックスも義務的なものではなくなり、自然と平均以上に回数が増えていく事もあるかもしれません。身体の相性というのも夫婦にとっては大切なものなのです。

頻度は上げたいけれどセックスの誘い方がわからない

しかし平均くらいにはセックス頻度を上げたいと思ってはいても、実際にパートナーをどう誘えば良いかわからないという人も案外多いのではないでしょうか。性に対してあまりオープンではない日本人の悩みどころでもありますよね。

露骨に「セックスをしよう」と誘うのもアリかもしれませんが、これではムードも台無しですよね。それよりも夫婦間で「これをしたらセックスの合図」といったものを作っておく事ができれば、お互い誘いやすいのではないでしょうか。

普段はあまりお酒を飲まないけれど夕食にお酒を出す、寝室の小さなライトをつけておく、お気に入りの寝間着を身につけておくなど、どんな事でも良いのです。それらが普通に合図として定着すれば、お互いに雰囲気を察して心の準備をする事もできるかもしれません。

ただしお互いの体調や気分なども考慮して、今日はちょっとやめておきたい…という反応をされた場合には素直に引き下がる事も大切です。どちらかの気が乗らないのに強行をしてしまっても、夫婦間の空気を悪くしてしまうだけです。

平均的なセックス頻度を知って理想の夫婦生活を

夫婦間の平均的なセックス頻度や理想的なセックスの回数についてなどをご紹介してきましたが、自分達のセックス頻度は平均回数と違いはあったでしょうか。夫婦ごとに環境も違えば回数の多さは一概に言えませんが、やはりスキンシップは大切なものです。

長く夫婦生活を続けていればマンネリになり愛情が冷めてしまう事もあるかもしれませんが、だからこそお互いが努力をして熱を冷ましてしまう事が無いよう心掛けていく事が、円満な夫婦生活を続けていく秘訣なのではないでしょうか。

自分が不満に思っている事も口に出さなければ相手には伝わらない事が多いものですし、お互いに改善して欲しい点を挙げていけば双方が楽しめるセックスをする事もできるのではないでしょうか。理想や平均回数を参考に、充実した夫婦生活を送りましょう。


評価 4.6/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ