子供が欲しい!そう思って一一生懸命取り組んでも、なかなか臨んだように子供はできないもの。子作りのコツがあるなら知りたいと思う人も多いだろう。そこで、妊娠率をアップさせることのできる子作りのコツを紹介しよう。実践すれば、今以上に妊娠しやすくなること間違いなしだ!

子作りのコツってあるの?妊娠率UPする正しい知識を知っておこう!

目次

  1. コツを知ったところで妊娠しやすくなるの?
  2. 妊活の7つの基礎知識と認識
  3. どれくらいの頻度で子作りするのがベスト?
  4. 子作りをしたいなら妊娠適齢期を知ることもコツになる!
  5. お酒&カフェイン飲料は飲まない!
  6. 子作りのコツ!女性がするべき体の準備とは?
  7. 子作りは男性の体も準備が必要
  8. 間違った情報!?男性が禁欲すると精子の質が上がるって本当?
  9. セックスの後すぐ動くと精子が出てしまう?
  10. 35歳までは避妊しなければすぐに妊娠できるのは本当か?
  11. 不妊治療の効果は?
  12. タイミングや回数など適切な情報をもとに楽しく妊活を!

コツを知ったところで妊娠しやすくなるの?

妊娠率アップのために、コツを学ぶというが、実際にコツをまなんだからといって本当に妊娠率はアップルの課という疑問があるだろう。しかし、本当にアップするといえる。妊娠をするためには、女性も男性もそれぞれ健康状態や、子供ができるための準備をする必要がある。

しかし、現状出回っている情報には根も葉もないうわさも 混ざっており、効果のないものまで含まれている。そういった間違った情報をいつまでも実践して健康状態は上がらないし、妊娠率もアップはしないだろう。ただ、実際に効果の見込める情報は沢山ある。それらを実践していくことで確実に妊娠率upにはつながるのだ。

彼女が妊娠した時に男がすべき行動。彼女を不安にさせないためには? | MensModern[メンズモダン]

妊活の7つの基礎知識と認識

【子作りにおける7つの基礎知識①】妊娠の確率が最も高いのは排卵当日ではない!

結婚をして子供がほsくなると、子作りを考えるときに一番必要なのは排卵日の把握と誰しも思うだろう。たしかに、子作りを考えるとまず取り掛かろうとすることに間違いはないのが基礎体温の記録だ。基礎体温を記録し、排卵日を特定してその日に行為を行うことは確かに確率が高そうに思う。

しかし。、実は勘違いも多いのがこの情報だ。実際に行為をするタイミングについてだが、正しいタイミングは排卵日の日ではない。正しくは排卵日の1から2日間で、決して排卵日ではないのだ。排卵日のみ行為を行っても決して妊娠率がアップするわけではないので注意しよう。

【子作りにおける7つの基礎知識②】子作りマシンにならない

結婚して子供が欲しくなると任活をしている夫婦にありがちなのが、妊娠の確率が少ない時期の行為を無意味と感じてしないことだ。しかし、これも間違っている。排卵日以外の行為をないがしろにすると、パートナーが「自分は子作りマシンか」とお互いに思い始めるのだ。

しかし、医学的にも精液は子宮に働きかけて、受精卵を受け入れやすい状態にすることが分かっている。「調節性T細胞」という細胞が増すといわれているのだ。この細胞は、簡単い言うと受精卵が着床しやすいように作用する。そのため、妊娠の確率が低いときの行為は、いざというときの日に向けての体づくりにおいて重要な役割を持っているのだ。

【子作りにおける7つの基礎知識③】一生分の卵子は胎児のときに作られている

加齢によって卵子が老化することも必要な知識になる。精子は正装で毎日作られるが、卵子は生まれる前にすべて作られているのだ。胎児のときに一生分の乱視が作られ、女性の体の中に保存されている。そして、出番を待っている状態だ。つまり、年齢とともに卵子は数が減り、思春期には30万個、35歳では5万個から6万個まで減っていく。

そのため、年齢をかさむと妊娠しにくくなるというメカニズムなのだ。さらに、年齢が高くなるほど体外受精など何らかの治療をする人が増えるのはこの理由もあるのだ。

【子作りにおける7つの基礎知識④】男性が持つ不妊の原因

不妊治療は女性のもの、妊娠できないのは女性に原因があると思われがちだが、実は男性側にも原因があるケースは多い。それは精子の運動率は悪く、十分に泳げていなかったり、数がそもそも少なかったりと様々だ。自覚症状は特になく、精液検査でしかこういったことは特定しにくい。

より妊娠率をアップするのであれば、男性の検査や、男性不妊の専門医が連携しているところでアドバイスををうけたり医療機関にかかることもおすすめだ。

【子作りにおける7つの基礎知識⑤】精子も老化する

卵子については老化とともに、数が減っていくことについて触れたが、実は精子も老化はする。毎日作られるので、女性のように顕著に影響は見られないが、年来が高くなるにつれて、精液量は減少し、精液検査の成績もどんどん下がることが分かっている。またEDにもなりやすく、妊娠しにくくなるケースも多々あるのだ。

【子作りにおける7つの基礎知識⑥】精子はためないこと

よく頻繁に行為をすると精液が薄くなって妊娠しにくいということがいわれるが、精子は通常、毎日1000万個もの数が作られているので、行為の結果で足りなくなったり薄くなることはない。むしろ、新しくできたばかりの精子のほうが妊娠する力は強いといわれている。また、古い精子がたまると、活性酸素をだして新しい精子にダメージを与える危険性もある。

【子作りにおける7つの基礎知識⑦】喫煙は絶対にダメ

喫煙は、男女どちらがしていたとしても妊娠率は半減し、流産を2倍にするといわれている。特に女性は問題視されがちで、男性は軽視されているが、男性の喫煙も影響が大きく、精子液量が減少することが分かっている。また、受動喫煙も当然害があり、妊娠しにくさに影響するので、喫煙はかならず止めよう。

どれくらいの頻度で子作りするのがベスト?

結婚して子供が欲しくなった夫婦が疑問に思うことのなかには、いったいどれくらいの頻度で子作りをするのがベストなのかと悩む夫婦もいるだろう。その頻度については、月経後毎日か2日に1回程度がベストだといわれている。研究によると、毎日子作りをした夫婦と週1回しかしない夫婦では、妊娠の確立に2倍以上の差が出たというデータもある。

精子が卵子にたどり着くまでには、厳しい道のりが待っていることは誰もが知っていることだろう。最初は数億個ある精子も、厳しい道のりの中で卵子にたどり着くころには100個まで減っており、さらに、受精できるのは1個だ。この確率を上げるためにも、回数を重ねて多くの精子を女性の体内に送り込んでおけば、いつ排卵が起きても新鮮な精子が待ち構えられる。

子作りを頻繁に行うことにによって、待ち構えている精子が、いつでも卵子にたどり着けるようにあらかじめ準備しておくこと妊娠の確率は大幅にアップすることだろう。また、先ほどにもあった、毎日写生したほうが、精子の運動率が高まって妊娠しやすくなることもポイントになってくる。

子作りをしたいなら妊娠適齢期を知ることもコツになる!

子作りをしたいのであれば、妊娠適齢期を知ることは重要なことだ。その理由には先ほどの老化による卵子の減少もあるが、別の理由もある。それは、原子細胞に栄養を運ぶミトコンドリアの働きが老化とともに悪くなってしまうからだ。原子細胞が栄養不足になると、受精や着床がうまくいかず、流産もしやすくなる。

また、二つ目の理由に、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分ぴるつりょうが低下するためだ。この分泌量が低下すると、受精・着床しても妊娠を維持する力が低下して、妊娠しづらくなるのだ。

お酒&カフェイン飲料は飲まない!

【子作りのコツ①】カフェイン飲料は飲まない

任活においてこれさえ食べれば、これを飲むと妊娠できないという飲食物はない。1日3回、きちんとバランスいい食生活が望まれる。しかし、その反面妊娠をさせにくい飲み物はある。コーヒーなどのカフェイン飲料は、1日5回以上飲むと妊娠しにくい原因になるといわれている。カフェイン飲料には、紅茶た緑茶、ウーロン茶や、コーラなどにも含まれている。

【子作りのコツ②】お酒もほどほどに

結婚して夫婦二人でお酒をゆっくりかわしたい気持ちもわかるが、アルコールの摂取はほどほどにしたほうが良いといわれている。実はアルコールと妊娠への影響はいまだはっきりしてはいない。しかし、飲酒により、妊娠しにくいという説もあるため、飲酒回数や量はほどほどにしておこう。

子作りのコツ!女性がするべき体の準備とは?

【子作りにおける女性の準備】子作りのタイミングをきちんと考えよう

最も妊娠しやすいのは排卵日から1日から2日間ということが分かったが、そのタイミングで行為をしなければ妊娠率の向上は見込めないだろう。しっかりと妊娠率を向上させたいのであれば、タイミングを計り男性との行為に備えた準備をする必要がある。そのなかでも最も大切なのが自分の排卵日の把握だ。ここからは排卵日を正確に把握する方法を紹介しよう。

【排卵日を正確に把握するコツ①】基礎体温を測る

基礎体温を測っておおよその排卵日を予測することは先ほども少し触れた方法だ。一般的には排卵日は一番基礎体温が下がった日といわれている。しかし、個人差も大きく、体温がガクッと下がった時が排卵日のと人もいれば、その前後で排卵する人もいる。基礎体温だけではある程度の排卵日の範囲を知るだけで、確実に特定をできるわけではない。

【排卵日を正確に把握するコツ②】排卵検査薬の使用

簡単な尿検査でも、排卵日を予測することができ、約1日前に排卵日を特定することができる。基礎体温測定と合わせれば、かなり正確に排卵日を特定することができるだろう。より行為するタイミングや回数を絞り込めるだろう。このアイテムは、薬剤師のいる薬局でも購入が可能だ。

【排卵日を正確に把握するコツ③】病院に行って排卵日を予測してもらう

病院ではより精度高く排卵日を予測してくれる方法がある。それが、エコー検査だ。個人で行うよりも10%から20%ほど制度が高井といわれている。この方法も、行為のより正確なタイミングや行為の回数を定められるだろう。

排卵日のタイミングを知ることで産み分けにも効果がある!

実は排卵日を特定して子作りのタイミングを決めれば産み分けをすることも効果があるといわれている。生まれてくる子供の性別は、成功時の女性の膣内の環境が賛成かアルカリ性かで大きく影響するといわれている。排卵日の2から3日前は賛成になりやすく、排卵日当日はアルカリ性になりやすい。

そのため、女の子が欲しければ排卵日の2から3日前に、男の子が欲しければ排卵日当日にタイミングと回数を増やせば望む性別の子作りができるかもしれないのだ。

子作りは男性の体も準備が必要

子作りのコツにおいては女性だけでなく、男性の体の準備が必要になってくる。それではいったいどんな準備をすればよいのかという疑問も浮かんでくるだろうが、男性のできることは主に体づくりや健康面でのきくばりだ。

【男性の子作りのコツ①】体を作る食事をする

子作りにおいて、男性の役割は大きい。男性ホルモンが正常でなければ、男性らしい体づくりが行われなかったり、生殖能力の低下等を引き起こす。そのようなことがないためにも、バランスの良い食事をとるようにしよう。また、肉や魚などで、良質なたんぱく質を取るようにしよう。

【男性の子作りのコツ②】精子に良い栄養素を摂取しよう

男性の不妊においては、食品添加物による奇形精子の増加や精液量の敵かが問題視されている。精子の正常化に効果的な栄養素を積極的にとる回数を増やすことも必要な子作りにおいては必要なコツになる。必要な栄養素としてはセレン、亜鉛やアルギニンといった栄養素を摂取するようにしよう。

間違った情報!?男性が禁欲すると精子の質が上がるって本当?

任活をしていく上では正しい知識が必要になる。しかし、中には間違った知識が流れていて悪影響を及ぼすこともあるので、それらの知識も整理していこう。まずは、禁欲により精子の質が上がるという情報だが、これが全くそんなことはない。むしろ先ほども言ったように、射精回数が多い方が精子にとってもよいので、これは全くの嘘である。

セックスの後すぐ動くと精子が出てしまう?

結婚してしばらくして任活をするようになる二人にありがちな勘違いが、この情報だ。確かに、精子は出てくるので、おりものシートは欠かせないが、妊娠には影響はない。出ていってしまって行為に意味がないのではと思う人もいるかもしれないが、そんな心配は必要ないのだ。

体内に入った精子は、女性の粘液を通り道にして約2分ほどで卵子に到達する。なので、着替えやシャワーなどすぐに動いたとしても、安心してもらって大丈夫だ。結婚して子供が欲しいと焦る二人にとってはささいなことも心配になるだろうが、些細なことは一度忘れて楽しみながら子作りをすることがコツだ。

35歳までは避妊しなければすぐに妊娠できるのは本当か?

結婚して子供に焦る女性は多くいる。確かに、35歳を過ぎると出産のリスクが高まるといわれているが、では、35歳までに避妊をやめれば簡単に妊娠できるのかというとと答えはイエスとは言い切れない。卵子は年齢と共に減っていき使い切ると閉経になる。

確かに、卵細胞が減るスピードは30代半ばから加速していき、受精できる元気な卵子も減っていく。しかし、35歳になったと途端に、急に卵細胞が減るわけではない。生まれた時から減っていくので、高尾人差があり、40歳でも元気な卵細胞を持っている人もいれば、30台でも機能低下を起こしている人はいるのだ。

不妊治療の効果は?

不妊治療をすれば確実に妊娠できるかといわれればこちらもイエスとは言えない。確かに、現代医学は進歩を続けており、昔に比べれば40代の女性でも妊娠できる人は増えてきていることは確実だ。しかしながら、同じ回数病院で治療を受けたからといって、妊娠できるとは限らない。あくまでも、今よりも任しやすくするのが不妊治療なのである。

夫婦のセックス頻度の平均は?世の中の普通の回数・理想数を調査 | MensModern[メンズモダン]

タイミングや回数など適切な情報をもとに楽しく妊活を!

結婚をした二人にとって妊娠は人生の中でも一大イベントだ。結婚した二人にとっては大きなものだからこそ、子作りの回数やタイミングについては情報をどんどん入れたいと考えるだろう。しかし、正しい情報や正しく理解したうえで使わなければならない知識も多い。楽しく子作りの回数を増やすためにも、正しい知識をもとに、子作りをしていってほしい。


評価 3.8/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ