ヘアカラースプレーと聞いて、どう使うの?ヘアスプレーとカラーリングの違いは何?と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。そもそも、ヘアカラースプレーって普段あまり使うことのないアイテムですよね。おすすめアイテムや使い方をわかりやすくまとめてみました。

ヘアカラースプレーで簡単アレンジ!おすすめのアイテムや使い方まとめ

目次

  1. ヘアカラースプレーって何?
  2. 普通のカラーリングとヘアカラースプレーの違いって何?
  3. ヘアカラースプレーの種類ってどれくらいあるの?それぞれの使い方を教えて!
  4. ヘアカラースプレーを使うことによって髪への影響は?
  5. ヘアアラースプレーの基本的な使い方!簡単な方法は?
  6. ヘアカラースプレーの使い方!どんな時に使うと良い?
  7. ヘアカラースプレーの使い方の応用!簡単なアレンジって?
  8. ヘアカラースプレーのおすすめメーカーってある?
  9. ヘアカラースプレーを使用するにあたって注意することって何?
  10. ヘアカラースプレーで簡単アレンジを楽しんじゃおう!

ヘアカラースプレーって何?

ヘアカラースプレーとは、髪の表面のみに着色することのできる染料のことを言います。髪の内部まで浸透しないので、その日のうちの洗髪することで、染料を落とすことができます。

染料がその日のうちにしか持たないことから「ワンデーヘアカラー」または「ワンデータイプヘアカラー」とも呼ばれています。部分染めや髪の毛先だけなど、染めたい部分をその日だけのアレンジとして、簡単に自由自在にできるのが特徴です。

普通のカラーリングとヘアカラースプレーの違いって何?

美容室で使われているカラー剤には大きく2つに分かれます。美容室で扱う日持ちのするカラー剤はどちらも医薬部外品という分類に属します。そのうち、多く使われているのがアルカリ性のカラー剤です。

色の種類はその人の髪色などに合わせたものを美容師さんが配合して独自の色に仕上げます。アルカリ性のカラー剤は色持ちがよいのですが、髪が傷みやすいというデメリットがあります。

美容室でもう1つ使われているのが酸性のカラー剤。髪を傷めにくいのですが、色持ちがしにくく、カラーチェンジもしにくいデメリットがあります。

いずれにしても、美容室で使用されているカラー剤は、髪の内部に染料を浸透させ、長い期間色持ちをさせています。カラー剤を使用した後はトリートメント剤で仕上げることが多いため、髪が傷みにくいのです。

ヘアカラースプレーは一時的に髪の表面のみに染料を付着させる特徴があり、トリートメント剤は一切含有していません。ヘアカラースプレーは化粧品という分類に属し、その日1日だけ髪色を変えたおしゃれを楽しみたいという時におすすめのアイテムです。

ヘアカラースプレーの種類ってどれくらいあるの?それぞれの使い方を教えて!

一口にヘアカラースプレーと言っても、実は種類は大きく3つに分かれます。使用用途がそれぞれ違いますので、自分に合った目的のものを使用しましょう。

それぞれの特徴を簡単にご紹介しますので、ヘアカラースプレーを使ってみたいという方は、こちらを参考にしてみてください。

1.オシャレ染めタイプ

豊富なカラーバリエーションがあり、一時的に黒髪からヘアカラーを楽しみたいという方におすすめ。校則や職場での規則が厳しい方、何らかの理由でヘアカラーを長期間維持できない、その場だけで楽しみたいならばオシャレ染めを検討してみてはいかがでしょうか。独特な臭いがあるため、使用する際には喚起を忘れないようにしてください。

2.黒染めタイプ

こちらは、オシャレ染めとは真逆で、一時的に明るい髪から黒髪にしたい時にお勧めのアイテム。ただし、あまり髪色が明るいと、黒く染めにくいかもしれません。

3.白髪染めめタイプ

普段は黒髪なのに、ふっとそこだけ白髪を発見してしまった!なんていう時に使いたいタイプはこちらがおすすめ。外出前に鏡の前でささっと、簡単にスプレーができるので白髪が気になりだしたら1本は持っておくと良いかもしれませんね。

ヘアカラースプレーを使うことによって髪への影響は?

あまり頻繁にヘアカラースプレーを使いすぎると髪にヘアカラースプレーのカスが残り、シャンプーをしても落ちなくなる場合があります。また人によっては皮膚が弱くかぶれてしまう原因にもなりますので、頭皮に付着させないようにしましょう。

ヘアカラースプレーのカスが残ったまま紫外線を浴びると、髪が乾燥してくし通りが悪くなり、切れ毛や枝毛の原因になります。あまり長時間放置せずにしっかりと髪を洗浄し、トリートメントや保湿剤などをつけてヘアケアをするようにしましょう。

メンズ整髪料の種類は豊富!おすすめのジェルやスプレーは? | MensModern[メンズモダン]

ヘアアラースプレーの基本的な使い方!簡単な方法は?

こちらの章では初心者でも簡単にできる、ヘアカラースプレーの基本的な使い方やアレンジ法をご紹介します。是非参考にしてみてください。

ヘアカラースプレー使用する前にまずは、最低限これらのものは準備しましょう。【準備するもの】フェイスタオル、サランラップ、ケープまたは襟エプロン、ビニール手袋、ドライヤーなどです。必要に応じてビニールキャップもあると良いでしょう。

1.手順!まずは身体にかからないようにする

まずは身体にかからないように、タオルやラップなどで体を覆うようにします。ケープがあるとベストですね。首周りは特にスプレーがかからないように、しっかり覆うようにしましょう。

2.手順!スプレーのかけ方

スプレーは髪から15㎝ほど離して、上から下にかけていくようにしましょう。髪を全体的に染めたいならば、後頭部から襟足にかけてスプレーをしていくときれいに染まります。このときに頭皮にかけないように注意してください。

スプレー後は1分間は放置しておくようにしてください。また、色ムラが出た場合は、再スプレーをするようにしましょう。

ヘアカラースプレーの使い方!どんな時に使うと良い?

シャンプーやトリートメントで落とせる、その日だけ染めたい!そんなヘアカラースプレーの用途は主に大きなイベントやライブがあるときがほとんどだと思います。

学生の方は、文化祭などのイベントでも使用する傾向にあるようですし、最近ではハロウィンなどの仮装やクリスマスなどのイベントでも多用されるようになりました。

イベントだけでなく学校の校則や企業の規則が厳しく、プライベートのおしゃれとしてヘアカラースプレーのアレンジ楽しんでいる方もいるようです。

学生の頃、学校の校則が厳しく、普段はカラーリングやパーマをかけられず、夏休みに入るとおしゃれとして使用したり、ライブや夏だけのイベントにヘアカラースプレーを使用したという方も多いのではないでしょうか。

ヘアカラースプレーはその日1日だけのオリジナルのアレンジができるメリットがあるので、気分によって部分染めをしたり、カラーを変えたりとアレンジをするのもありでしょう。自分に合った色や使い方を見つけて、うまくアレンジができると、おしゃれの幅も広がってきます。

前髪が薄いと感じている男性必見!原因と対策・髪型アレンジを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヘアカラースプレーの使い方の応用!簡単なアレンジって?

自分のヘアスタイルをアレンジしながら、ヘアカラースプレーを楽しめたら外出やイベントでもテンション上がること間違いないですよね。ヘアカラースプレーを使って自宅でも簡単にアレンジができる方法ってどんなのものでしょうか。

ヘアカラースプレーを使用すれば部分染めも自由自在。染めたい部分の毛先にシュッと吹きかければ、簡単にその日だけのメッシュが出来上がります。毛先だけを染めたい場合は、根元をアルミホイルかラップでくるんでからスプレーをするようにしましょう。

ヘアカラースプレー初心者の方は、ビニールキャップにスプレーをかけたい場所に穴をあけておき、穴から一部の紙を外に出しておき、そこからヘアカラースプレーをかけるとうまくいきます。

ヘアカラースプレーの扱いに慣れている方はグラデーションにしてみたり、何色も使用して、毛先や場所によって色を変えたりしている方もいます。

軟毛向けのワックス紹介!おすすめの商品と髪質の見分け方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヘアカラースプレーのおすすめメーカーってある?

ヘアカラースプレーの多くは学生の方が使用するということもあって、1本1000円以下で販売されていることが多いようです。その中で多く使用されているヘアカラースプレーはこちら。

1.1日だけのオシャレ染め

株式会社ルービーズ・ジャパンより販売されているヘアカラースプレー。全12色と抱負なバリエーションで1本702円(税込み)と価格もお手頃なことから、校則の厳しい学生さんには人気のカラースプレーと言えます。

。内容量は160㎖です。髪の長さにもよりますが、男性であれば髪の長さは短い方が多いと思いますので、使い方次第では1本で長く使えると思います。

2.黒染めタイプ

普段髪を明るくしている方で、一時的に黒く染めたいという方におすすめの黒染めのタイプのヘアカラースプレー。学生の方だと、校則は厳しくないのだけれども、就職活動の時期だったり、大事な場面で使用するという傾向にあります。おすすめメーカーはホーユーの1日だけの黒染めスプレーはムラが少なく色を戻せて、次のカラーも楽しめます。

うるおい成分やごわつき防止の黒染めを求めている方は「Paltyの1日だけの髪の色もどし」がおすすめ。シャンプーで洗い流した後も、髪が傷みにくく、人気の商品です。

3.白髪染めタイプ

これは、学生さんよりも社会人の方に多いと思います。きれいな黒髪だったのにある日ふと鏡を見たら、生え際に白髪がある!なんて経験があると思います。そんな時には白髪染めがおすすめ。

ハラ株式会社販売の「染っ女」は雨や雪時の湿気に強く、色落ちがしないメリットがあります。「染っ女」という商品名でなんとなく女子のイメージがありますが、男性のみなさんにもおすすめの商品です。

ヘアカラースプレーを使用するにあたって注意することって何?

ヘアカラースプレーは自宅にいて、誰にでも簡単にスプレーをすれば髪を自由自在に染めることができる便利なアイテムですが、使用するにあたって、注意しなければならないことがありますので参考にしてみてください。

1.スプレーする際には必ず換気を

ヘアカラースプレーの中には多少臭いがするものもあります。スプレーを行う際には必ず換気をするようにしましょう。窓がある部屋、または換気扇が回せる場所で行うのがベストです。

2.ヘアカラースプレーは髪が乾いた状態でする

ヘアカラースプレーを髪にスプレーする際には、必ず髪は乾いた状態でするようにしましょう。髪がぬれたままの状態でスプレーを行うと、色ムラが出やすくなるほか、髪が傷みやすくなります。

3.皮膚への塗布は肌を痛める原因に

ヘアカラースプレーをする際にもっとも注意しなければならないのが、スプレーが肌に付着することです。特に頭皮にスプレーをしないようにしましょう。頭皮にスプレーが付着するとスプレーのカスが毛穴に詰まって、落ちにくくったり、髪を痛める原因になります。

また、前髪や顔の周りの髪にスプレーをする際には顔の周りをタオルやラップなどで覆うようにしましょう。こめかみにはハードクリームを塗っておくことをおすすめします。

4.雨や雪などの天気の悪い日は使用を避けること

ヘアカラースプレーは湿気や濡れている髪に弱いというデメリットがあります。髪が濡れているままヘアカラースプレーを使用すると、色落ちする原因になるので、雨や雪が降っている日の使用を避けるようにしましょう。その日にどうしても使用したいならば、色落ちして汚れてもいい服装を選ぶようにしましょう。

5.素手でヘアカラースプレーを使用しない

めんどくさいからと、素手のままでヘアカラースプレーを使用していませんか?特に慣れていない方が素手のままヘアカラースプレーを使用すると、多くが手にヘアカラー剤がついてしまうということです。

手についてしまうと意外と落としにくく、手のタンパクが反応して爪までも染まってしまうことがあるので、必ず手袋をしましょう。

6.肌に合わない場合は即使用中止しよう

ヘアカラースプレーを使用する前に必ずパッチテストを行ってください。ヘアカラースプレーは肌に刺激のある成分が入っているものも多く、皮膚の弱い方やアレルギーのある方は使用をしないことをおすすめします。

また、ヘアカラースプレーを使用していると頭皮や周囲の肌がかゆくなったりかぶれたりするという方がいます。肌にちょっとでも異常を感じたら即使用を中止し、医療機関に診てもらうようにしましょう。

ヘアカラースプレーで簡単アレンジを楽しんじゃおう!

ヘアカラースプレーで簡単アレンジ、使用の仕方や注意したいことをご紹介しました。ヘアカラースプレーと言えば、やはりイベントでの使用が多いですよね。使用の仕方によって普段のおしゃれとしても、アレンジの仕方によってバリエーションも広がってくると思います。

パーティやイベントなどのヘアスタイルにマンネリ化してしまったという方は、ヘアカラースプレーで思い切りヘアカラーを変えてアレンジしてみるというのも方法です。

そして普段、校則や企業の規則が厳しく、なかなか髪を染められないという方も、ヘアカラースプレーをうまく使用して普段使いしてみてはいかがでしょうか。1日だけヘアカラーを変えて気分転換をぜひ楽しんでみてください。


評価 4.6/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ