ゴルフを始めた人がまず最初に直面する問題はスライスだろう。実はほとんどの人が経験するスライス。最初からうまくゴルフをできる人はまれで、ドローボールを打てる人はまれなのだ。そんなスライスを引き起こす原因とは何なのか。その直し方や回z念方法を解明していこう。

ゴルフでスライスの原因と対策は?直し方・改善する方法を徹底調査

目次

  1. そもそもゴルフのスライスって何?
  2. スライスががもたらすゴルフへの影響
  3. スライスの原因はまずはゴルフクラブのメカニズムを知ることから
  4. スライスになる原因って何?
  5. スライスの原因がグリップにあり!グリップの直し方
  6. スイング時の体の開きに問題が!スライス改善方法
  7. ゴルフスイングの練習からスライスを直す!腰は開いても肩は開かない!
  8. ゴルフボールの右側をインパクトする練習を!
  9. フォロー側でゴルフボールを打つ練習を!
  10. スライスを克服して楽しくスコアアップを!

そもそもゴルフのスライスって何?

ゴルフ初心者の多くが最初に直面する問題といえばボールがまっすぐ飛んで行かないこと。特にスライスして狙ったところに飛んでいかないことが度々あるだろう。そもそもスライスとは何かというと、ゴルフボールが飛び出した後に利き手側の方向にカーブを描いて飛んでいてしまうことをいう。

逆に利き手とは逆にカーブを描いて飛んで行ってしまうことをフックという。弾道としては好ましくなく、ミスとして扱われるのがこのスライスとフックになす。

スライスががもたらすゴルフへの影響

ではこのミスとして扱われるスライスはゴルフにどのような影響を及ぼすのだろうか?まずは飛距離への影響だ。弾道が大きなカーブを描くものになるので、そのぶん狙った位置に対しての飛距離は落ちてしまう。大きくカーブを描けば描くほど、より狙いの位置とは違ったポイントに落下しやすく、飛距離も短くなるのだ。

さらに、スコアにも大きくかかわってくる。スライスは大きなカーブを描くがゆえに、最悪の場合OBや池に落下する可能性も高くなる。そうするとスコアが加算されてしまい、ゴルフスコアに大きく影響を与えるだろう。スライスを直すということは、飛距離を伸ばすだけでなくスコアを伸ばすことにもつながるのだ。

スライスの原因はまずはゴルフクラブのメカニズムを知ることから

初心者がスライスを起こす原因には、ボールを打つ瞬間のインパクト時にある。フェースがスクエア(目標の方向)になっておらず、開いて当たっていることを認識する必要があるのだ。自覚しなければならないことは、ゴルフのクラブは野球のバットとは違って、打点がグリップの延長線上にないことである。

そして、重心もシャフトの中心でなく、後方にずれているために、クラブフェースは開く方向に回ろうとし、何も考えずに振り上げると葉^府バックでフェースが大きく開くことになる。また、棒を振ると単純に考えれば簡単そうであるが、ゴルフクラブの場合、とくに 初心者は状態よりもクラブが遅れて降りてくる。

そうすると、インパクト時にフェースが開きやすくなってしまうのだ。一度、テニスラケットや団扇などをクラブヘッドに見立てて振ってみると、自分のフェースがどこを向いているのかわかりやすくなるだろう。これらのメカニズムによりスライスが起きやすい。

ゴルフの初心者におすすめの練習は?打ちっぱなし・練習場での基本とコツ | MensModern[メンズモダン]

スライスになる原因って何?

基本となるスライスのメカニズムについては触れたが、スライスは他にも人によって生じる原因が違う。それぞれのスイングや角原因を洗い出して直し方を見なければ修正できないので、直し方を見るためにも原因を洗っていこう。

【ゴルフのスライスの原因①】グリップ

まずは、グリップの握り方だ。スライスに悩んでいる人の多くが、グリップから間違っているがためにフェースが開きやすくなっていることがある。通常、何も考えずにグリップすると、左手よりも右手が体から遠くなる。そして、右腕が左腕の上になり、どうしても右肩が前に出てからのたいんが左に向いてしまう。

肩のラインが左に向くということは、いくらフェースをスクエアに合わせても、そもそも方が開いているのでフェースは開いているも同然なのだ。

【ゴルフのスライスの原因②】プッシュスライスになっている

スイング中の体の動きにも原因が挙げられる。一つ目が、プッシュスライスになていることだ。プッシュスライスは要は、右に打ち出し、右へ曲がるようになってしまっているということ。この原因は、スイングトップで切り返してからダウンスイングにかけて、シャフトが寝た状態で降りてくるために起きる。

地面に対して水平で寝た状態でシャフトが降りてくることで、ヘッドの気道が極端なインサイドアウトになることで、必然的にボールは押し出される形で右へ打ち出されてしまう。

【ゴルフのスライスの原因③】ストレートスライスになっている

スイング中の体の動きで、ストレートスライスになっていることも原因の一つだ。まっすぐ打ち出し、右へ流れる状態のことである。打ち出しはまっすぐであっても、右へとボールが曲がる人は、グリップから見直す必要がある。

先ほども言ったように、ゴルフクラブは野球のバットと違ってシャフトの延長線上に打点がない。シャフトの延長線上より少し上に位置し、ヘッドの後方に重心が位置する。そのため、スイング中にクラブは、シャフトwお中心に右に回転しようとする力が常にかかっている。そのため、フェースは右を向きやすいというメカニズムなのだ。

【ゴルフのスライスの原因④】引っ張りスライスになっている

テークバックでクラブを飛球線方向に対してインサイドに引きすぎていると、このような引っ張りスライスになる。つまり、左にボールを打ち出しているにもかかわらず、右へとボールが流れてしまうのだ。インサイドに引けば引くほど、ダウンスイングでアウトサイドから降りてくる度合いが強くなるのでこのようになる。

【ゴルフのスライスの原因⑤】振り遅れ

スライスの原因には振り遅れも原因の一つだ。早く振ろうとしすぎて、ヘッドが遅れてしまう現象のことをいう。例えば、実際にこんなゴルフクラブは存在しないが、20メートルのゴルフクラブがあるとしよう。もしこれをスイングしようとすると、本来はゆっくりなスイングになるはずだ。

しかし、早くスイングしようとすると、ヘッドが遅れてしまう。体は回転しているにもかかわらず、腕の振りがついてこずに、結果的に、ヘッドも遅れて入ってしまうので、このような振り遅れが生じるのだ。

ゴルフのアドレス基本まとめ!手の位置や構え方でミスを少なくする方法 | MensModern[メンズモダン]

スライスの原因がグリップにあり!グリップの直し方

スライスの原因は以上のようは、ゴルフのスイングやグリップなど多くの改善点があることが分かった。それでは、これらの改善点お直し方や対策をそれぞれみていこう。まずはグリップの直し方だ。グリップの直し方を知ることでフェースの開きを直すこともできる。

グリップの直し方はまず左手は左腕のまっすぐ上から降ろす「左の上腕は左胸の上」になる。反対の右の腕は下から回してくるようなイメージで、グリップした左手に右手を添える。これにより、右肘は軽く曲げられた感じになり、右胸の下に来る。「左腕は胸の上、右腕は胸の下」という感覚になれば、かなりフェースは改善されるはずだ。

スイング時の体の開きに問題が!スライス改善方法

【スイング改善方法とコツ①】プッシュスライスの場合

スライスがスイング中にある場合の対策もみていこう。まずは、プッシュスライスの場合だ。原因は極端なインサイドアウトにあるので、対策方法としては、ダウンスイング時に左手の甲の向きを意識してみよう。左手の甲が上を向けば向くほど、シャフトは寝て降りてくることになる。

シャフトを立てるためにも、自分の正面側へ左手の甲を向えkルようなイメージでダウンスイングをしてみよう。意識を変えることで、シャフトの向きがみるみる変わるはずだ。

【スイング改善方法とコツ②】ストレートスライスの場合

スイング中、シャフトを中心に右に回転しようとする力を制御するためには、左手でグリップしたときに、こぶしは2つ見えるくらいに握って、テークバックででーすが開きにくいようにすることで対策することができる。この時、グリップエンドの向きや右手は常に上に向いていることも合わせて意識しよう。

【スイング改善方法とコツ③】引っ張りスライスの場合

この時の対策としては、まずコツとしてhテークバック中に一切フェースを開かずに、とにかくフェースを閉じることを保つようにしよう。フェースを開かせないコツとしては、腰の高さにテークバックするまで、クラブを上半身の正面にキープすることだ。

また、壁を背にして、30センチくらい壁からお尻を離した状態でスイングをしてみよう。クラブが壁にあたらずに、スイングをできていれば正しくフェースを閉じた状態でスイングができていることになるので、これらの対策やコツを試してみてもよいだろう。

【スイング改善方法とコツ④】振り遅れの場合

振り遅れの場合も上記のようなスイングの姿勢を保つことは必要なコツになるが、さらに対策を上げるのであれば力を抜いて、打ち急がないことだ。コースに出ると、どうしても体に力が入ってしまって、打ち急ぐ形になってしまう。しかし、力が入って打ち急いでしまうと、ショットが振り遅れてスライスをしてしまう。

打ち急ぐと特に頭や目が打つよりも先に目標を向いてしまって、腰や腕が遅れてしまう。その結果フェースが開いた状態で、インパクトを迎えでスライスする。とにかく気持ちを落ち着かせてゆとりを持つことがコツだ。これらのコツと対策をもとにスライスを直していってほしい。

ゴルフスイングの練習からスライスを直す!腰は開いても肩は開かない!

ゴルフにおいては、日ごろから練習を重ねることでスイングも正しくできるようにある。そのため、上記のような対策はもちろん、練習の内容もスライス対策のものを考えて実施しなければならない。ゴルフの練習においても見直していこう。まずは、肩の開き具合を意識して変える方法だ。

振り遅れに通じるが、インパクト時に体が開いてしまう、つまり上半身と下半身の動き方のタイミングがおかしいとスライスをしやすくなる。上半身と下半身が一緒に回ると、インパクト時には体の正面からボールがずれてしまっている。ボールを正面でとらえられるように意識をまず変えて練習をしよう。

ゴルフボールの右側をインパクトする練習を!

インパクトの意識を変えて練習するのも効果的な対策だ。インパクトポイントを右側にずらして打つことだ。アドレスの時に、ヘッドをボールの30センチ右側にセットする。そこからスイングを始めて、構えた位置までヘッドを戻すつもりでスイングをしてみよう。右側にヘッドをセットしていると、その時点で方は閉じた状態になっているはずだ。

ゴルフのルールまとめ!初心者が覚えておきたい基本と楽しくプレーする方法 | MensModern[メンズモダン]

フォロー側でゴルフボールを打つ練習を!

インパクト時に、体の正面でボールを打つことがスライスを防ぐ方法になる。そのためには、肩は開かないようにしてインパクトをする必要があるが、振り遅れるという人は頭を残してフォロー側でボールを打つイメージでスイングをしてみよう。そうすると、フェースが返り始めてからインパクトするので、ボールのつかまりは良くなる。

ゴルフスイングの正しい体重移動は?上達へのポイントと簡単なコツまとめ | MensModern[メンズモダン]

スライスを克服して楽しくスコアアップを!

ゴルフにおいてスライスは、飛距離やスコアを悪くさせる原因にしかならない。もちろん、ゴルフを早くうまくなるためにはスライスを早く克服できれば理想だが、なかなk初心者のうちは克服は難しい。ゴルフの練習からスイングやグリップに気を付けて、ゴルフのスイングをイメージしてスライスをうまく克服してほしい。


評価 4.5/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ