本切羽(本開き)とは何?読み方は?スーツの着こなし術紹介

ファッションの流行りはサイクルすると言われていますが、ワンポイントのオシャレとして本切羽が流行っています。紳士服に詳しい方はご存知かもしれませんが、本切羽(本開き)とは何なのか、読み方は、オシャレな着こなし方は…そんな本切羽を解説していきます。

目次

  1. 本切羽(本開き)とは
  2. 既製品の袖口は本切羽なのか
  3. 本切羽(本開き)の由来とは
  4. 本切羽(本開き)のメリットとは
  5. 本切羽(本開き)のデメリットは
  6. 本切羽(本開き)はこだわりのオシャレ
  7. 本切羽(本開き)仕様のスーツの着こなし術
  8. 本切羽(本開き)仕様のジャケットの着こなし術
  9. 本切羽(本開き)はオーダーで
  10. 最後は楽しく着こなす

本切羽(本開き)とは

本切羽とは、スーツの袖ボタンを開け留め出来る仕様で読み方は「ほんせっぱ」と読み、別名は本開きと言い「ほんびらき」と読みます。本切羽・本開きはビジネスシーンにおいて実際に開け締めすることは少ないですが、カジュアルな服装が認められている職場ではボタンを一つ開けてさりげないオシャレ演出をされる方もいらっしゃる様です。

kwymtkmさんの投稿
12599057 441717036029321 78732847 n

裁縫技術が高まり少しづつ既製品でも見られるようになりましたが、本切羽仕様のスーツはオーダーメイドが多いです。こだわりポイントとして好む方が多くいらっしゃる様です。ひと昔前はオーダーメイドスーツは高級なイメージがあるので、スーツを着こなしてるやり手感がありますよね。

flathead1996さんの投稿
16465606 1156445787801570 7435578521071648768 n

既製品スーツでも本切羽が増えてきていますが、普段からスーツを着ている人のオシャレではなくジャケットにも本切羽仕様の製品が増えています。仕事着にスーツを着る人だけのオシャレではなく、普段着る服にジャケットを選んでいる方も楽しめるオシャレです。

既製品の袖口は本切羽なのか

既製品で見られる袖口は、本切羽に対して「切羽なし(読みは「せっぱなし」)」「開き見せ(読みは「あきみせ」)」と呼ばれている仕様が多いです。。切羽なしとは、袖を開け締めすることが出来ない仕様でついているボタンは飾りです。ボタンホールかがりをして上からボタンをつけたり、直接ボタンをつけるのが一般的です。

supremo_ginza_officialさんの投稿
18298611 1510063065702265 2459051768336613376 n

既製品のスーツはサイズが決まっているので着る人がスーツに合わせてサイズを選びますが、どうしても袖丈の長さが合わない場合があります。袖丈の調整の際、切羽なしは袖直しが比較的に簡単なので既製品には切羽なしが多いのです。また、ボタンホールを開ける必要がなく、工程によるコストカットが出来るのも切羽なしが多い理由の一つです。

shinsaibashireformさんの投稿
18013116 120161548532605 6647356532247756800 n

本切羽(本開き)の由来とは

ヨーロッパではジャケットは上着でシャツは下着とし、スーツのジャケットは脱がないのが一般的でした。人前でジャケットを脱いで下着姿になる訳にはいけませんよね。そこである職業の人が困ってしまいます。

barasso_azabu10さんの投稿
17817920 141298513071105 8145331015015989248 n

それはドクターです。患者の診察の時や手術の時に、どうしても袖をめくる必要があったのです。そこで、袖をめくれる様に本切羽仕様のジャケットを仕立ててもらった訳です。ここから本切羽はドクタースタイルとも呼ばれます。

mayumi2205さんの投稿
17818493 506903353033744 8872595684058988544 n

ジャケットの袖にボタンがあるのが気になる人もいらっしゃると思いますが、スランスの皇帝ナポレオンが袖のボタンをつけたと言われています。スーツの源流はフロックコートと言われ、軍服にも用いられていました。ナポレオン軍がロシアへの進軍の際、寒さで兵隊が袖で鼻水を拭いていました。その鼻水のついた袖口を見て、袖で鼻水を拭けない様にボタンをつけたと言われています。

本切羽(本開き)のメリットとは

本切羽のメリットとしては、オーダーメイドスーツという主張が出来る事です。既製品でも本切羽が増えているとお伝えはしましたが、やはり、オーダーメイドは高級志向品です。本切羽=オーダーメイド品という思いはあります。そんな本切羽仕様のジャケットを着ていたら注目をあびる事でしょう。

hiro_bee3さんの投稿
16122668 1515308648509840 5832518347622711296 n

袖をめくることが出来る本切羽は、夏の暑い時や手が汚れる作業をする時、手を洗う時に活躍します。ドクタースタイルと言われる本切羽の使い方に近いですね。

hijikatahiroshiさんの投稿
17494842 417301225287041 3725796864134479872 n

本切羽(本開き)のデメリットは

本切羽仕様にするデメリットは開く機会が意外と少ない事です。ビジネスシーンにおいてボタンを開けて取引先にいく事はないですよね。一日でスーツを着ている時間はほぼ仕事の時間だと思います。クールビズが定着しノーネクタイは認められてはいますが、袖をめくる事は認められていないかなと思います。

オシャレポイントとしての本切羽ですが、本切羽を知らない人が意外と多いのです。待ちに待ったスーツを受け取り、こだわりの本切羽を見ながら優越感にひたります。ですが、人前に出ても気づかれないんです。何せ、本切羽を知らない人が多いんです。袖を強調して興味を引いても価値は伝わりにくいです。

本切羽(本開き)はこだわりのオシャレ

本切羽は、オーダーメイドならではのこだわりを持てます。ボタンホールの糸を一か所だけ変えてみるのもオシャレです。特に第一ボタンにこだわる人が多いですね。色を変えたボタンホールがチラッと見えるのはワンポイントになります。

rakkyo_chanさんの投稿
13118336 1525887524386549 680917554 n

袖を軽くめくるのもオシャレポイントです。オーダーメイドで仕立てたスーツですので、袖をめくるのを前提に裏地を少し明るめな生地にするのも良いです。また、時計やカフスのアクセサリーを際立たせるポイントにもなります。

kwymtkmさんの投稿
12599057 441717036029321 78732847 n

本切羽(本開き)仕様のスーツの着こなし術

まずは、スーツの着こなしをお伝えしようと思います。一般的な服の流行りと違いスーツのデザインはある程度決まっているので、流行はデザインのサイクルになっています。以前はノータックのスラックスでスリムデザインのスーツが人気でしたが、今はタック入りスラックスにクラシックデザインのスーツに人気が移っている様です。ベストを揃えたスリーピーススーツも人気です。

eastwest112さんの投稿
14540640 170052390112668 1099776726042411008 n

スーツ、ワイシャツ、ネクタイの三点をトータルでコーディネイトします。生地柄にはストライプやチェック、無地がありますが同じ生地柄で三点を揃えてしまうとしつこく感じます。三点の中から二点を同じ生地柄にし、一点の違う生地柄でアクセントをつけます。

riki.saito_0727さんの投稿
18298638 412813509088938 6806136727242014720 n

色合いは近い系統色で合わせるとまとまりが出ます。スーツの色はおとなしい色が多いですので、ワイシャツかネクタイの色を明るくしても遊び心があると思います。

shinobu_pianoさんの投稿
18251428 1328277720596076 6647873259763138560 n

本切羽仕様のスーツにはやはりカフスがおすすめです。こだわりのオシャレとしてお伝えしましたが、やはり、本切羽仕様で袖がめくれるのであればカフスです。切羽なし仕様だとどうしてもカフスが見える機会が少ないです。ワンポイントとしてあえて見せちゃいましょう。後は、ベルトと靴の色は合わせる事で足先までまとまりが出来ます。

本切羽(本開き)仕様のジャケットの着こなし術

普段から着る服としてジャケットは組み合わせやすいと思います。デニムパンツやチノパンでカジュアルに、スラックスと合わせてフォーマルに着こなしても良いです。色も2、3色でまとめると統一感があってオシャレに見えます。

jferry__shigaryuoさんの投稿
18161367 122980158253346 5170436232567586816 n

インナーも清潔感のある白Tからボーダーやワイシャツが合わせやすいです。ワイシャツは襟の形が色々あるので合わせるのが楽しいですよ。ネクタイが無くてもオシャレに見せてくれるボタンダウンカラーや、おすすめは第一ボタン部に二個ボタンがついているドゥエボットーニカラーです。

サマージャケットには本切羽仕様が多いようです。めくった袖がカジュアル感を出し、時計などのアクセサリーが顔を出すのオシャレです。スーツでは袖を開ける事は少ないかもしれませんが、ジャケットだとオシャレの一つとして考えやすいですよね。

本切羽(本開き)はオーダーで

オーダーメイドでスーツを作る事は高級志向ではありますが、敷居が高い気がしますよね。ですが、昔ながらのフルオーダーだけでなく、今ではイージーオーダーやパターンオーダーで比較的簡単にスーツを作ることが出来ます。

havilahmodeさんの投稿
13696679 1129945537051266 780507611 n

採寸から裁縫まで一から作り上げるフルオーダーと違い、イージーオーダーは裁縫工場に何百パターンある各部の型紙から着る人の体に合った型紙を使いオーダーメイドします。型紙を専用に作ることが無いのでフルオーダーより安く作れます。

prime__menさんの投稿
18161765 1511653535565852 7980542581681422336 n

パターンオーダーはゲージ服と呼ばれるサンプルのスーツを試着し、既存サイズの中から体形に合った服を選びます。そこから、袖丈や着丈などを部分的に調整をします。そして、生地やボタン数を決めます。

n.brunchさんの投稿
14574050 1175738142473470 3390609344247627776 n

後は、オプションをどうするか決定し完了。出来上がりを待ちます。本切羽はこのオプションで有り無しを選びます。それにもう一点プラス要素で、ボタンにこだわりを持たせても良いです。既製品はポリエステル製が多いですが、水牛ボタンに変えてみるのもおすすめです。

価格もフルオーダーだと大よそ20万円程度からのところ、イージーオーダーでは5万円から20万円程度、パターンオーダーは3万円程度からとなっています。価格的にもオーダーメイドスーツに挑戦する場合はパターンオーダーがおすすめです。

mimy.homeさんの投稿
18380616 1718068761824794 2815896269971521536 n

また、スーツに合わせてワイシャツもオーダーメイドしてしまうのもトータルな着こなしが出来ます。買物ついでに紳士服を眺めるのもいろいろな生地など見れるので楽しいですよ。

最後は楽しく着こなす

着こなしは服の流行を読み、情報を集めていく事にあります。せっかく仕立てたスーツなのでばっちりと着こなしたいですよね。ネットでオーダースーツを扱うお店も増えていますが、やはり一度目で見て生地を触ることが一番です。販売員もプロのはずです。プロに採寸や生地の特徴を聞いてみるのも一つの情報です。

本切羽は時間とお金をかけたオーダーメイドならではのこだわりであり、色々な見せ方を楽しめます。本切羽仕様のスーツを一着持ってみても良いかなと思います。本切羽やスーツの着こなし術についてお伝えしましたが、これからのスーツ選びの参考にして頂けたらと思います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ