燃費が国内トップクラスに低い事で有名なトヨタのアクア。燃費がいい車で有名です。しかし同じアクアでもグレードは複数あり、購入する際にはグレードを選ばなければいけません。今回はそんなアクアのグレード毎の違いと比較おすすめを紹介したいと思います。

アクアのグレード毎の違いまとめ!おすすめグレードの選び方・価格調査!

目次

  1. アクアとはどういう車か?
  2. アクアの特徴は?
  3. アクアはハイブリッド専門グレード
  4. アクアのグレードは車高が低め?
  5. プリウスとアクアの比較は?
  6. アクアと他社グレードのライバル
  7. アクアのグレードで違いは?
  8. アクアの基本グレードはL
  9. アクアの標準グレードはS
  10. アクアのGグレードは上級
  11. アクアグレードGソフトレザーセレクションとは?
  12. アクアのSUVグレード「Crossover」とは?
  13. アクアはグレードによって選べるカラーが違う?
  14. アクアのおすすめグレードはS?
  15. アクアはグレードが選びやすい

アクアとはどういう車か?

アクアは2011年からトヨタが製造・販売しているハイブリッド車で、同系統の車では販売以来トップクラスの売り上げが続いている人気車種です。トヨタと言えば人気の車がたくさん存在しますが、その中でも特に人気が高い看板クラスの売り上げを誇ります。分類上は「小型自動車」に分類されます。5ナンバーということですね。

車体自体はコンパクトですが、グレードによってはSUVに近い種類もあるなど選択肢が豊富で老若男女問わず使いやすい車と言えるでしょう。価格もコンパクトカーらしく170万円台から購入することができ、誰でもオーナーになりやすいと言えますね。

アクアの特徴は?

そんなアクアの最大の特徴は「燃費の良さ」です。ガソリンを使う車の中では一時期世界で最も低燃費だったこともあり、非常に経済性が高いエコカーだと言えます。燃費が最もいいのは最廉価グレードの「L」で、なんとkm当たりの燃費は38.0Lという抜群の燃費を誇ります。アクアで最も他車と違いがあるポイントです。

またアクアはコンパクトカーながら重心が低く、エンジンなどの主要なパーツができる限り中央寄りに設計されており、地面に吸い付くような走りを体感できる仕様になっています。コンパクトカーでこれだけスポーティな走りを体感できる車はアクアを置いて他にはないでしょう。このことからアクアはどんな目的でも使いやすい車だと言えます。

トヨタのコンパクトカーおすすめ人気ランキング!燃費や中古車価格を比較! | MensModern[メンズモダン]

アクアはハイブリッド専門グレード

ちなみにアクアは「ハイブリッド専門カー」と謳われているだけあってエンジンのみのグレードは存在せず、ハイブリッドグレードのみの車種になっています。これはトヨタが販売している世界初のハイブリッドカー「プリウス」の成功を踏襲しているものと思われます。「ハイブリッド専門」と言われると最先端感が強いですからね。

現在アクアのグレードには前輪駆動タイプである「2WD」タイプしかラインナップにはありません。バッテリーが大きくて余分なスペースがないためですね。しかしプリウスには最近4WDグレードが登場しましたし、今後発表されるアクアの新型グレードには4WDグレードも登場するかもしれません。雪国の人たちにとっては待望ですね。

トヨタのハイブリッド車の一覧と価格や燃費の評判のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

アクアのグレードは車高が低め?

アクアを購入する際に気を付けて欲しいポイントが「車高の低さ」にあります。アクアは一般的なコンパクトカーよりも車高が低く作られており、室内もコンパクトに設定されています。そのため雪国や起伏の激しい道が多い地域に住んでいる人は下を擦る可能性があるので購入前にしっかりチェックした方がベターだと思いますね。

ただ車高が低いということはその分スポーツカーのような重心の低さを体験できるということでもあり、コンパクトカーにスポーツ性を求める人であればこの車高の低さは嬉しいですよね。ただ後述しますが、アクアにはSUVタイプのグレードも用意されているため、グレードを選べばオフロードでも十分に使用できます。

プリウスとアクアの比較は?

トヨタのハイブリッドカーではプリウスとアクアが人気を二分している状況です。この2つのハイブリッドカーにはどのような違いがあるのでしょうか?まず見た目で言うとプリウスの方が全長が長いハッチバック式の見た目ですが、アクアはいわゆるコンパクトカー然とした見た目をしていますね。大きい車が好きならプリウスでしょう。

そしてハイブリッドカーで大事な燃費の面。燃費はアクアのLグレードは38.0km/Lなのに対しプリウスの最廉価グレードEが40.8km/Lとプリウスが比較的上回っています。

しかしプリウスEグレードが2,429,018円からなのに対し、アクアは1,785,240円とおよそ60万円ほどアクアの方が安くなっています。また車体もコンパクトなため運転に慣れていない人でも安心感が強いですね。「とりあえずハイブリッドカーに乗ってみたい」という人にとってはアクアの方が取っつきやすいと思います。ハイブリッドカーの入門用ということですね。

アクアと他社グレードのライバル

フィット

ではアクアと競合する他社のハイブリッドカーとの比較はどうなのでしょうか?まずはホンダが発売している「フィット」のハイブリッドモデルです。フィットハイブリッドのベースグレードは価格が1,699,920円でアクアの同グレード帯よりも値段は安くなっていますね。

またフィットはアクアと同じコンパクトカーに分類され、サイズは同じくらいですが、フィットの方が車内が比較的広く居住性が高くなっています。燃費はアクアグレードLが38.0km/Lなのに対し、フィットのベースグレードが37.2km/Lとわずかにアクアに軍配が挙がる形です。運動性能はアクアの方が上でしょう。

ノート

日産が販売している次世代型ハイブリッドカー「e-POWERノート」もアクアのライバルと言える存在です。「e-POWER」は電気自動車に近いシステムを搭載しており(実際はハイブリッド)、エコ性と静音性に長所があるコンパクトハイブリッドカーですね。

「e-POWERノート」は価格が1,772,280円とアクアと同価格帯で燃費は37.2km/Lとなっています。燃費と運動性能ではやはりアクアの方が一枚上手かなという印象ですが、上記のような静音性と新システムを利用したエコ性でノートとの選択になるでしょう。

デミオ

マツダから販売されているコンパクトカー「デミオ」もアクアと競合する可能性の高い車です。デミオにはハイブリッドではなく、「ディーゼルエンジン」を利用して軽油とガソリンを併用するタイプの車種があり、こちらはエコ性も高く、かつディーゼルのパワーが楽しめる仕様になっています。

燃費能力ではアクアは大幅に上回りますが、パワーの面ではデミオに軍配が挙がるでしょう。また見た目はアクアがコンパクトなのに対し、デミオはフロント部分に丸みがあり迫力と力強さを感じさせる車体になっています。アクアとは全く違う方向性と言ってもいいでしょう。

やはりアクアは燃費性能が高い?

同社製品であるプリウスには劣りますが、他社のコンパクトカーグレードと比較すると、アクアはやはり燃費性能が非常に高いことが分かります。いかにも「ハイブリッド」という燃費の良さを体感できるのでハイブリッドカーは初めての人にはやはりアクアがおすすめですね。

トヨタのハイブリッド車の一覧と価格や燃費の評判のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

アクアのグレードで違いは?

トヨタ車の中には同じ車でもグレード数が多く迷ってしまう車種もありますが、アクアは比較的グレードの数が少なく選びやすくなっています。基本的なグレードは4つ。廉価グレードの「L」と標準的なグレード「S」、上位グレードの「G」、SUVグレードの「Crossover」に分かれています。

それぞれに価格や装備が違い目的に合わせて車種を選べるようになっていますね。アクアはわりと車種ごとの目的やメインターゲットがはっきりしているので選びやすいと思いますよ。ハイブリッド車しかないのでガソリン車と比較して迷うこともありません。

アクアの基本グレードはL

アクアのベースグレードであり、一時期世界最高の燃費の良さを発揮していたグレードが「L」になります。オプションなどがほとんどついていないシンプルな構造なのでこの燃費の良さを実現できています。価格は1,785,240円とかなりリーズナブル。まさにハイブリッドカーの入門用と言えるでしょう。

ただアクアの他グレードに比べて機能面での物足りなさは否定できません。標準搭載されているリアの窓は今どき珍しい「手動式」(バーをクルクル回して開けるタイプ)ですし、内装も決して高級とは言えません。詳しくは後述しますがボディカラーの選択肢も少ないです。最低限アクアの機能を楽しみたい人にはおすすめとも言えますけどね。

アクアの標準グレードはS

アクアのグレードで最も高い売り上げを記録しているのは「S」グレードになります。アクアSグレードはいわゆる標準的な装備を全て備えており、アクアの魅力を十分に楽しめるため最も人気となっていますね。ステアリングにもパネルスイッチが装着され、内装外装にメッキ加工がされるなどLより機能面で明らかに上回っています。

機能が増えている分燃費は34.4km/LとLグレードより劣っていますが、Lグレードでもオプションを付ければこれくらいの燃費になるので標準的な燃費機能と言ってもいいでしょう。価格は1,886,760円でLグレードと比較して10万円ほどしか変わらないのでSの方がコスパが良くておすすめです。

アクアのGグレードは上級

アクアのグレード「G」はSをさらに機能面で向上させた上級グレードになっています。運転席にアームレストが追加、シートが高級なスエード調のファブリック、ステアリングが本革巻き、自動運転補助システムの「クルーズコントロール」が付くなど機能面で大幅に高級感がアップしていて他のグレードと違いを見せています。

さらにトヨタが誇る安全装置も標準搭載されています。レーダーで自動的にハイビームを切り替えてくれるシステムや、衝突の危険があるときの警報や自動ブレーキ、車線を読み取って意図していない車線変更に注意を促す警告システム、前方の車の発進を知らせるシステムなど安全装置が多数標準搭載されています。このことから年配の方にもおすすめできるグレードです。

アクアグレードGソフトレザーセレクションとは?

アクアのグレード「G」には「ソフトレザーセレクション」なるバージョンも存在しています。ソフトレザーセレクションは基本となる「G」グレードの装備に加え、その名の通り「ブラックソフトレザー」と呼ばれる合成皮革を使用しており、高級車感がよりアップしたグレードに仕上がっているため車内に特別な違いを作りたい人におすすめです。

ソフトレザーセレクションの価格は2,089,800円。Gグレードが2,062,800円と差は約2万円で比較的変わらないため、実際に触ってみてより高級感を感じたならばソフトレザーセレクションを選んでみるのもおすすめですね。機能面はGとソフトレザーセレクションで大きな違いはありません。

アクアのSUVグレード「Crossover」とは?

一般的には街乗りメインで使用されることが多いアクアですが、2017年6月のマイナーチェンジでSUVタイプの車種がリニューアルされました。名前は「Crossover」。SUVとはよりオフロードなどワイルドな使い方ができるようになっているタイプの車種で、近年人気を高めています。アクアのようなコンパクトカーもSUVタイプの車が増えてきましたね。

上記しましたがアクアは比較的車高が低くオフロードでの使用には向きません。しかしこのCrossoverはアクアの他グレードより車高が30mm高くなっており、悪路や雪道でも問題なく使用できるカスタマイズが施されています。デザインもサイドドアにワンポイントカラーが施されたりフロントにエアロ調のパーツが使われるなどよりスポーティに乗りこなせるのでおすすめです。

SUVの燃費比較まとめ!ハイブリッドで燃費がいい車はこれ! | MensModern[メンズモダン]

アクアはグレードによって選べるカラーが違う?

アクアの4つのグレードを紹介しましたが、アクアを選ぶ際に重要となる要素が「ボディカラー」です。アクアはカラーパターンが豊富なことで有名で、実際に街などでカラフルなアクアを見た事がある人も多いかと思います。そのカラーは全て含めると18種類にも及び、他のアクアオーナーと「色被り」することが比較的少ないため違いを作りやすいです。

しかしそのボディカラーはグレードによって選べる種類が異なるのでアクアを購入する際はこのボディカラーも含めてグレードをチョイスすべきでしょう。GがSUV専用色のベージュ以外全て選択可能で、標準グレードSも13色から選択可能となっています。Crossoverは専用色ベージュを含む14色から選べますね。

しかしLは最廉価グレードだけあって白、黒、シルバーの3色しか選べず、カラーの選択肢が狭いので注意が必要です。基本的な色のみでいいのであればLでもいいのですが…アクアの他の車との違いである「色」を選びたいのであればS以上のグレードを選択したほうがいいでしょう。

アクアのおすすめグレードはS?

上記に紹介してきた要素からアクアのおすすめグレードはSだと言えるでしょう。価格が安いのはLですが、いかんせん機能と選べるボディカラーがもの足りません。Sは値段も高くありませんし、アクアの燃費性能を運動能力の高さを体感したいならSがベストだと感じますね。

もちろん予算に余裕があり、より高級感で違いを出したいならGグレードも十分におすすめです。雪国やアウトドア好きの方にはCrossoverもいいですね。L以外であれば目的や用途に応じて選べばアクアはどのグレードもクオリティ高く仕上げられているのでおすすめです。

アクアはグレードが選びやすい

紹介したようにアクアは燃費が良く、コンパクトカーのわりにスポーティな走りを楽しめる国内トップクラスの人気を誇る車種なのでハイブリッドカーに乗った事がない人はまずアクアでその走りを体感してみてはいかがでしょうか?


評価 4.7/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ