サンダルの靴擦れに悩む男性は結構多いと言われています。素足で履くサンダルなだけに痛い靴擦れになりやすく、予防対策方法も知って、早く治す方法も知っておきたいものです。サンダル選びにも注意が必要です。そんなサンダルの靴擦れ予防対策について、詳しくみていきましょう。

サンダルの靴擦れ対策徹底ガイド!痛い靴擦れ予防や治す方法はある?

目次

  1. サンダルの靴擦れ予防対策!痛いと感じる前にすること
  2. 靴擦れの原因がサンダルの場合の対策・予防方法は?
  3. 痛い靴擦れをする前にサンダル選びで予防対策
  4. 自らサンダルを細工して靴擦れ予防対策する方法もある?
  5. サンダルは裸足で履くから靴擦れしやすい
  6. 要注意!サンダルの靴擦れが原因の閉塞性動脈硬化症
  7. 新しいサンダル購入する際には夕方がベスト
  8. サンダルの痛い靴擦れにはアルコールで予防対策?
  9. バンドエイドはサンダルの痛い靴擦れ対策必需品
  10. サンダルの靴擦れが原因の水ぶくれはどうしてなる?
  11. サンダルで出来た靴擦れの水ぶくれを治すまでの時間
  12. 放置で治す!?サンダルの靴擦れの湿潤対策とは
  13. サンダルの靴擦れの水ぶくれがつぶれた時の対策方法
  14. 早く治すには靴擦れしたサンダルは暫くお休み
  15. サンダルの靴擦れを再発予防する対策方法
  16. 健やかに靴擦れ知らずのサンダル生活をエンジョイ

サンダルの靴擦れ予防対策!痛いと感じる前にすること

サンダルの靴擦れは、女性だけではなく男性も悩んでいる方が結構多いと言われています。靴擦れになると痛いだけではなく、見た目も痛々しい印象を与えてしまうため、予防対策を知っておくことで靴擦れの軽減も可能と言われています。

サンダルの靴擦れ予防対策は、まず痛いと感じる前にすることがあるといいます。サンダルを履いていて、サンダルの生地が皮膚にあたっていて、擦れる感じがすると感じた時には要注意です。

それは、サンダルの靴擦れになる直前とも言われており、そのまま放置してしまうと痛い靴擦れになってしまいます。歩いていて、サンダルが擦れている感じがしたら、靴擦れになる前に前もってバンドエイドなどを擦れている感じがする部分に貼ってしまうと予防対策につながると言われています。

靴擦れの原因がサンダルの場合の対策・予防方法は?

靴擦れの原因がサンダルにある場合には、やはりサンダルが自分の足に合っていないことが多いと言われています。サンダルのデザインだけを重視して購入してしまうと、歩いていても靴擦れになってしまい、カッコ良く履けなくなってしまいます。

サンダルのデザインも様々ですが、サンダルの底の部分が固めの作りになっていると、足に負担がかかりやすく靴擦れの原因を招くことも有ると言われています。

サンダルの素材もなるべく柔らかいサンダルを選ぶことで、痛い思いをせずに済むため、サンダル選びは、靴擦れの予防対策方法のひとつとして大切なポイントとなるでしょう。

メンズのビーチサンダルで人気は?おすすめのブランド・アイテムまとめ | MensModern[メンズモダン]

痛い靴擦れをする前にサンダル選びで予防対策

サンダル選びのポイントとして、サイズが合っていることは第一条件になると言われています。サンダルの靴擦れの予防対策方法として、足の甲とサンダルの形も深く関係してくるため、自分の足に合ったものを選ぶことは重要な予防対策方法となるでしょう。

かかとに多少なりともカーブがあるサンダルを選ぶのも、靴擦れで痛い思いをせずに済むための予防対策方法となります。土踏まずとサンダルの足裏にあたる部分が合っているかどうかチェックしながら、サンダル選びをするのも靴擦れの予防対策方法のひとつとして大切な部分です。

自らサンダルを細工して靴擦れ予防対策する方法もある?

お気に入りのサンダルで、靴擦れするのをわかっていても如何しても履きたいという場合には、自らサンダルを細工することも可能と言われています。


細工と言っても、サンダルを作り直すわけではなく、サンダルの素材をソフトにしてくれる専用スプレーなどを使って柔らかくする対策方法もあります。こういった専用のスプレーは、靴屋さんや靴の修理専門店などで販売しているようです。

また、人によっては左右の足のサイズが多少違うため、いつも同じ足が靴擦れしてしまいがちになる方も多いです。こういった事を予防するためにも、シューストレッチャーを使用してサイズを合わせるのも靴擦れ予防対策方法になります。

靴修理専門店でも、頼むとお手頃な価格で直してくれるところもあります。また、自分で出来る道具なども靴屋さんで販売しているところも多いです。ドラッグストアでも、靴擦れ対策の商品も増えていて、バンドエイドなど絆創膏にしても、様々な目的に特化した構造になっているものも増えています。

サンダルは裸足で履くから靴擦れしやすい

サンダルは、殆どの場合ソックスなど履かずに裸足で履くため、サンダルが合っていないと直ぐに靴擦れしてしまうことが多いです。そんな裸足で履くサンダルの靴擦れを避けるためにも、ワセリンやドラッグストアなどで販売している靴擦れ対策専用保護パッドなどを前もって使用するといいでしょう。

サンダルのデザインによっては、靴擦れ対策専用保護パットを使用することも難しい場合もあります。そういう場合は、ワセリンなどを靴擦れの部分に塗って、少しでもサンダルからの刺激予防をするといいでしょう。

浴衣の季節!男性も下駄の靴擦れに注意

夏のシーズンは、盆踊りや花火大会など浴衣を着ておでかけする機会も増えます。サンダルの靴擦れだけではなく、下駄による靴擦れに悩む男性も増えているといいます。せっかくの浴衣デートに、痛い思いをしながらデートは嫌ですよね。

下駄は、健康に良いという話もありますが、毎日履いているわけではないため、下駄も靴擦れしやすいといいます。浴衣と下駄を履く日がわかっていれば、何回か下駄を履いて慣らしておくのも靴擦れ予防対策になるでしょう。普段下駄を履いて歩くのは難しいですが、お家の中や近くまで買い物に行く際に下駄を履いて出かけてみるのも慣れるためにいいかもしれません。

ワセリン以外にも石鹸を使って靴擦れ予防?

サンダルの靴擦れ予防だけのために、ワセリンを購入するのは面倒という男性の方もいらっしゃるようです。そういう方は、石鹸をぬって、皮膚とサンダルとの摩擦を予防し滑りをよくするといいます。

ただし、サンダルの素材に影響与えてしまうようなら石鹸はおすすめできません。大丈夫なようなら、肌とサンダルの摩擦予防のためにも靴擦れ予防対策になると言われています。

チャコのサンダルでおすすめアイテムは?特徴やサイズ感・人気デザイン紹介 | MensModern[メンズモダン]

要注意!サンダルの靴擦れが原因の閉塞性動脈硬化症

サンダルの靴擦れは、たかが靴擦れと思っていると大変なことになる場合もあると言われていますので要注意です。閉塞性動脈硬化症という怖い病気になってしまうこともあるので気をつけましょう。

閉塞性動脈硬化症とは、足の動脈がつまってしまう症状を起こす病気であり、ソックスを履くだけでも痛みを起こしてしまうといいます。サンダルの靴擦れをきっかけに、こういった動脈の病気につながることもあるため十分に気をつけなければならないようです。

サンダルの靴擦れが治らない場合は病院に診てもらおう

サンダルの靴擦れが、7日ほどで治らない場合には、皮膚科などで診察してもらうのがベストでしょう。化膿してしまわないようにするためにも、早めに病院に診てもらったほうがいいようです。

靴擦れ部分だけではなく、足全体に影響してしまい取返しのつかない病気になってしまうこともあるため、早めに病院に診てもらいましょう。

新しいサンダル購入する際には夕方がベスト

足のむくみは、女性だけではなく男性にもあるといいます。新しいサンダルを購入予定の場合には、なるべく足が最もむくんでいる時間帯である夕方を狙って、サンダルショッピングに行きましょう。

そうすることで、サンダルも靴擦れしないようにするための自分に合ったサイズを選びやすいと言われています。仕事帰りに時間がある時なども、足がむくんでいることが多いため、サンダル購入の際には、靴擦れ対策にも足のむくみを意識して、予防対策方法を上手く活用していきましょう。

サンダルの痛い靴擦れにはアルコールで予防対策?

サンダルの靴擦れは、裸足なだけに痛いです。痛いのを少しでも緩和させるためにも、自分でアルコールスプレーを作って、サンダルに吹きかけることで、サンダルの素材もソフトになりやすいと言われています。

ドラッグストアなどでも購入できる消毒などに使うようなアルコールと水道水を同じ割合くらいの量を使用します。このアルコールと水道水を、スプレーボトルに注いで、それをサンダルの中にスプレーしましょう。放置時間は、20分くらいです。

放置したら、次のサンダルの素材を伸ばして再度スプレーします。そして、サンダルが湿っている状態の時にこすりましょう。次に、綿100%のソックスに、アルコール水スプレーをつけて浸すくらい付着させます。

そのソックスを履いて、靴擦れの原因であるサンダルを履いてアルコール水が乾燥するまでそのままサンダルを履くと、素材が柔らかく靴擦れ予防対策方法となるでしょう。

レザーサンダルのメンズコーデ・着こなしまとめ!おすすめブランドは? | MensModern[メンズモダン]

バンドエイドはサンダルの痛い靴擦れ対策必需品

靴擦れと言えば、バンドエイドを張って痛い部分を治すまで凌いでいる方をよく見かけます。この方法は、最も手っ取り早い方法とも言えるでしょう。

男性も、鞄にバンドエイドは数枚常備しておくことで、いざという時にサンダルの靴擦れになってしまった場合の痛い状態を予防できると言われています。バンドエイドも、普通のバンドエイドは勿論、靴擦れ専用のクッションタイプになっている商品もあります。

靴擦れが痛い場合には、やはり見た目など気にせずに治すことを第一に考える必要があります。悪化してしまわないようにするためにも、バンドエイドはサンダルの靴擦れの救世主となるでしょう。

サンダルの靴擦れが原因の水ぶくれはどうしてなる?

サンダルの靴擦れが原因で、水ぶくれになってしまうことはよくあることと言われています。サンダルの靴擦れが水ぶくれになってしまうと、サンダルを履くことも痛いため歩くのも嫌になってしまいます。

靴擦れになってしまい、傷がついてしまった部分から液のようなものが出てきて、これがたまってしまい水ぶくれになるといいます。特に、かかと部分や親指や小指などが靴擦れしてしまうと、水ぶくれになりやすいようです。

サンダルで出来た靴擦れの水ぶくれを治すまでの時間

サンダルで出来た靴擦れの水ぶくれを治すまでの時間は、どのくらいかかるのかも知っておきたいものです。サンダルの靴擦れでも、軽いものなら数日で水ぶくれも治ると言われています。

長くても7日間ほどみれば、だいたいサンダルの靴擦れから出来た水ぶくれは治るようです。水ぶくれが破れてしまった場合には、サンダルの靴擦れによる水ぶくれを治すまで時間を要するかもしれません。

サンダルはいつから履けるの?気温や種類別の目安を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

放置で治す!?サンダルの靴擦れの湿潤対策とは

サンダルの靴擦れによる水ぶくれを潰してしまうと、細菌の原因になってしまい靴擦れ部分も悪化してしまいます。サンダルの靴擦れによる水ぶくれは、潰したくても我慢して放置しておくと治るのも早いといいます。

水ぶくれの状態は、ある意味潤っている状態になり、この潤いを保った状態でいると早く治す対策にもなると言われています。モイストヒーリングとしても知られていると言われています。

サンダルの靴擦れの水ぶくれがつぶれた時の対策方法

仮に、サンダルの靴擦れの水ぶくれがつぶれてしまった場合の対策方法として知っておきたいこともあります。水ぶくれを潰したわけじゃないのに、知らぬ間に潰れてしまっていたということも良くあります。

水ぶくれが潰れてしまった場合には、しょうがないので、細菌が入らないようにする対策を練ることが必要になってきます。この後でも詳しくご紹介していきますが、傷口をバンドエイドで保護することも第一に出来る対策と言えるでしょう。

早く治すには靴擦れしたサンダルは暫くお休み

サンダルの靴擦れを早く治すためには、靴擦れの原因となったサンダルを履くのを暫くお休みすることがベストな対策方法と言えるでしょう。

お気に入りのサンダルだとしても、靴擦れしていては痛いため履かないのがベストです。靴擦れに慣れるために同じサンダルを履き続ける方も少なくないようですが、早く靴擦れを治すためにはおすすめできないと言われています。靴擦れしたら、その部分を水洗いしてあげることも大切です。

そして、水洗いした後にバンドエイドで保護してあげましょう。バンドエイドは、毎日取り換える必要はなく2日に1度のペースで十分と言われています。

また、意外かもしれませんが、消毒液は使用しないほうがいいようです。消毒液を使用しないことで、モイストヒーリングの効果をアップさせるため皮膚が復活して治すまで、ほぼ自然治癒力に任せる感じになります。

サンダルの靴擦れを再発予防する対策方法

サンダルの靴擦れは、再発しやすいと言われています。特に同じ部分は再発しやすいようです。サンダルの靴擦れが出来やすい部分を把握しているのなら、少しでも違和感を抱いたら直ぐにバンドエイドで保護することを意識しておきましょう。

バンドエイドが皮膚の代わりになってくれて、摩擦から守ってくれるため靴擦れ予防だけではなく、靴擦れの再発予防にも役立つと言われています。

おすすめ①バンドエイド「キズパワーパッド」で自然治癒力発揮!?

ジョンソン エンド ジョンソンから発売しているバンドエイド「キズパワーパッド」は、サンダルの靴擦れ予防や対策にもおすすめのバンドエイドと言われています。

水ぶくれなどになる傷から出てくる液をキープしながら、自然治癒力を利用して靴擦れなどを治すためのバンドエイドで綺麗に治していくと評判です。

おすすめ②ドクターショール「靴擦れ・まめ保護ジェルパッド(指用)」

ドクターショール「靴擦れ・まめ保護ジェルパッド(指用)」は、女性だけではなく男性でもこういった保護ジェルパッドなら指用なので使用しやすいと言われています。

クッションタイプになっていて、ジェルで構造されているのもドクターショール「靴擦れ・まめ保護ジェルパッド(指用)」の特徴です。防水効果も高いほうなのでサンダルの靴擦れには嬉しいおすすめされています。

靴擦れしそうと思ったら直ぐに、このドクターショール「靴擦れ・まめ保護ジェルパッド(指用)」を貼ってあげることで、靴擦れ予防対策にもなるでしょう。

メンズサンダルおしゃれな人気ブランド特選!夏の足元を快適に | MensModern[メンズモダン]

健やかに靴擦れ知らずのサンダル生活をエンジョイ

サンダルの靴擦れは、裸足で履くサンダルなだけに、靴擦れもしやすいと言われています。そんなサンダルの痛い靴擦れ予防対策方法には、日頃からバンドエイドやワセリンなどを常備しておくことで、いざという時に保護出来るようです。

サンダルも気持ちよく履いて、ライフスタイルをエンジョイするためにも、靴擦れ知らずの毎日を送られること願っております。


評価 4.0/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ