結婚する意志が固まったら「婚約」をすることになると思いますが、現実問題「婚約とは」どのようなものなのでしょうか?結婚との違いや定義、そして意味などをまとめていきます。婚約とは何か?迷った時には、ぜひ、参考にしてみてください。結婚生活にも花が咲くでしょう。

婚約とはいつから?結婚との違いや定義や意味などメリットまとめ

目次

  1. 婚約とは一体何か?
  2. 婚約とは?入籍まで期間はどのくらいなのか?
  3. 婚約とは?婚約期間の平均について
  4. 婚約の定義とはどのようなものか?
  5. 婚約とは?婚約に義務はあるのか?
  6. 婚約とは?そのメリットについて
  7. 婚約と結納に違いはあるの?
  8. 正式結納とは?
  9. 婚約とは?婚約式という儀式もある
  10. 婚約とは?結婚との違いとは何か?
  11. 婚約することで豊かな結婚生活が送れる!

婚約とは一体何か?

一言で婚約と言っても良く分からないですよね。なんとなく結婚と似ているような気がしますが、改めて定義と問われると、答えに詰まってしまいます。では、婚約とは何か?これを見ていきましょう。

そもそも婚約とは「結婚の約束をする」という行為です。しかし、結婚のように婚姻届けを役所に提出するような決まりは、婚約にはありません。婚約とはあくまで結婚の約束になります。つまり、あくまでお互いの中でのことになります。一般的には、一人がプロポーズをして、もう一人がそれに承諾したら、婚約したことになります。

婚約期間の平均はどのくらい?過ごし方やメリット・デメリットは? | MensModern[メンズモダン]

婚約とは?入籍まで期間はどのくらいなのか?

婚約とはあくまでも口約束ですから、結婚へ向けて準備をする必要があります。では実際にプロポーズをして婚約した場合、結婚まではどのくらいの期間がかかるのでしょうか?この項目では、婚約とは何か?そして平均の婚約期間について迫りたいと思います。

婚約とは?婚約期間の平均について

いざ結婚となると、準備することは非常多いです。例えば両家の両親への挨拶は必須でしょうし、当然結婚式の準備もあります。つまり、やるべきことがたくさんあるのです。では婚約とは何かを考えた時、実際の婚約から結婚までの期間はどのくらいなのでしょうか?婚約から結婚までの期間は、平均すると6カ月前後が多いようです。

およそ50%の方が、婚約から結婚まで半年程度と考えています。やはり結婚となると、それぞれの家の事情や仕事の都合などを考慮する必要がありますから、婚約とは何かを考えた時、ある程度の期間が必要になると言えそうです。但し、人によってこの考えはさまざまなので「これくらいの期間が絶対に必要!」というものはありません。

婚約指輪はどの指につける?はめる指には意味があるって本当? | MensModern[メンズモダン]

婚約の定義とはどのようなものか?

婚約とは「将来の伴侶を決めて、結婚の約束をする」ことです。多くの場合は、婚約する二人以外にも、将来二人が結婚することを知っている関係者が多くいます。婚約とは何かを考える時、その定義は非常に曖昧なものになります。多くが口約束であるため、しっかりとした定義を探すのが難しいの婚約の意味や違いと言えるでしょう。

婚約とは?法的にはいくつかの判断基準がある

婚約とは、主に結婚する二人の合意が第三者(この場合は「親」「兄弟」「友人」「勤務先」などを示します)に秋からにされたかどうかが一つの定義となっています。婚約とは口約束になるので、結婚する二人以外にも婚約の事実を知っている方がいるかどうかは重要になってきます。

婚約とは二人の同意に基づいて行われたが重要

婚約の定義としてもう少し詳しく見ていきましょう。婚約とは「結婚する二人の同意に基づいて新たな生活関係が形成されたかどうか」も重要になってきます。また、継続的な「性関係」があったかも一つの定義として見られているようです。婚約とはなかなか難しいものです。

婚約とは?成年者であることも重要!

結婚は18歳以上であれば可能ですが、婚約の定義の一つとして、結婚する二人がその合意の意味を判断できる成年者であるかどうかも大切な条件になってきます。また婚約とは何かを見ていくうえで、父母に言われて簡単に交際を絶てるかどうかも重要な意味を持ってきます。婚約とは紹介した条件のような定義があるようです。

婚約祝いのプレゼントの選び方とおすすめは?お祝いマナーも紹介! | MensModern[メンズモダン]

婚約とは?婚約に義務はあるのか?

婚約に義務は発生するのでしょうか?定義や意味を見ていくと、婚約とはただの口約束ではないことが分かったと思います。結婚する二人がお互いに誠意をもって交際を続けるということが大切なのです。婚約とは法的には一種の契約を結んだ状態になります。

つまり、婚約には義務が発生するのです。正当な理由もなく、簡単に婚約を破棄することはできません。もしも一方的に婚約を破棄すると、財産的損害の賠償や、精神的損害の賠償(慰謝料)を請求されることもあります。

婚約期間はいつからいつまでなのか?

婚約期間とはいつからはじまるのでしょうか?いつからかというと、結婚をしようとプロポーズをした瞬間に始まります。明確にいつからというと、線引きが難しいですが、一般的にはプロポーズをした時が婚約の始まりといってもよさそうです。ではいつからいつまでが婚約期間なのでしょうか?

いつからというのがプロポーズをした瞬間なら、いつまでというのは、入籍した時までです。婚約とは何かをみていくと、いつからいつまでというのは曖昧な部分が多いですが、一般的な婚約期間の終わりは「入籍した時」です。「結婚式を挙げるまで」「同居を開始するまで」ではないので注意しましょう。

婚約とは?そのメリットについて

婚約とは「結婚の約束をする」ことです。将来結ばれるわけですから、強い覚悟が必要になります。では、具体的なメリットとはあるのでしょうか?実はきちんとメリットはあります。意味や定義があるのですから、しっかりと婚約することはメリットのある行為なのです。そのメリットについて見ていきましょう。

婚約とは?お互いの気持ちを高めるメリットがある。

婚約の意味や定義を考えいくと、やはり義務が発生することが分かります。いつから始まるのかの項目でも紹介した通り、プロポーズした瞬間から婚約は始まります。すると、結婚する二人の気持ちを確認でき、意識を高め気を引き締められるというメリットがあります。

メリットはそれだけではありません。二人の意思を固めることで、破局を防止できます。家族や親族に前もって報告しておくと、結婚までの道のりが円滑にあり、後の結婚生活をスムーズに始められます。これもメリットと呼べるでしょう。

婚約と結納に違いはあるの?

結納とは婚約したとこと「儀式」として執り行う日本の慣習です。よって両者に違いはありません。婚約を儀式として行うのが結納になります。結納には「正式結納」と「略式結納」の二つがあり、それぞれに違いがあります。それぞれの違いを見ていきましょう。

正式結納とは?

正式結納は「仲人(なこうど)」と呼ばれる人が、結婚する二人の両家の間に入ります。仲人は両家を往復して9つの結納品(目録)や結納金などを届けます。厳格な儀式という側面が強く、しっかりと結納を行い、婚約したい場合には有効な、日本古来の方法です。

略式結納とは?

これに対し、略式結納とは仲人がつきません。お互いの家族がどちらかの家や、ホテル、料亭などで会って、結納品や結納金を渡すという方法になります。略式なのですが、結納であることには違いないので、しっかりと婚約をしたい場合には有効な手段と言えます。仲人がつかないので、比較的取り入れやすいと言えるでしょう。

最近は結納は行わない?

近年の婚約には「結納」を行わないケースも増えています。とはいっても結婚することは発表したい。そんな方たちに人気があるのが、身内だけの食事会や、親しい友人を招待しての婚約パーティーです。このようなパーティーを行うことで、二人が婚約したことを公にするケースが増えています。

婚約とは?婚約式という儀式もある

婚約式は主にキリスト教に基づく宗教儀式です。将来結婚することを神様と家族や信者の前で誓うのが婚約式になります。これは結婚する二人がキリスト教徒でなくても行えます。この場合は自分たちと近しい間柄の第三者の前で結婚の誓いを交わすことになるのです。この時婚約指輪などの交換をされても良いでしょう。

婚約指輪はいらない派が多い?男性・女性それぞれの本音を調査! | MensModern[メンズモダン]

婚約とは?結婚との違いとは何か?

日本の法律では「結婚」したことで夫婦であるとみなされます。婚姻届けを役所に提出することで成立しまう。よって口約束である婚約とは決定的に違いがあります。結婚は法律上の夫婦を意味しますが、婚約はまだ、お互いが他人と言う状態です。婚約とはあくまで結婚を前提に約束した状態であるので、結婚との間に違いがあるのです。

婚約期間のない結婚はない

中学生の恋愛ではないので、いきなり知らないもの同士が結婚するということは、基本的にはありえません。まずは恋人として絆を深めてから結婚へステップアップしていくのです。結婚するまでには段階があります。恋人同士の関係から婚約者同士の関係になり、その後結婚し、夫婦となっていくのです。よって、婚約期間のない結婚は普通はありえないのです。

契約を交わす「婚前契約」というものもあります

日本ではまだ浸透していませんが「婚前契約」とうう契約があります。これは結婚を約束した二人が交わす契約書です。契約書には子どもを作る計画やライフスタイル、家族や親族との付き合い方など、どのような内容であっても盛り込めます。

欧米では4組に1組のカップルが「婚前契約」をされるようです。このような書面で契約を行うと、決意をしっかりと固めることができ、実際に婚前契約で結婚したカップルは、後の離婚率が普通に比べて低いというデータもあります。

婚約することで豊かな結婚生活が送れる!

婚約の意味や定義、そしてメリットなどについてみてきました。婚約にはさまざましきたりや形、スタイルがあるようです。日本古来の「結納」。欧米で有名な「婚前契約」など、婚約の形はさまざまです。しっかりと婚約することで、結婚する二人の意識を高められるというメリットもあります。豊かな結婚生活を送るためにも、もう一度婚約について考えてみましょう。


評価 4.7/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ