メルセデス・GLAの維持費や燃費を購入前にチェック!ベンツ試乗評価まとめ

みなさんはメルセデスベンツの新型GLAをご存知ですか?実はこのメルセデスベンツの新型GLAはメルセデスの中でも特にSUVの入門モデルとして非常に人気があるモデルなのです。今回は、そんなメルセデスベンツの新型GLAについて特集でご紹介していきます。

目次

  1. メルセデスベンツGLAとは?
  2. メルセデスベンツGLAのベースは?
  3. 新型メルセデスベンツGLA誕生!
  4. 新型メルセデスベンツGLAのスペック
  5. 新型メルセデスベンツGLAの装備とは
  6. 新型メルセデスベンツGLAの価格とは
  7. メルセデスベンツGLAの燃費とは
  8. メルセデスベンツGLAの試乗評価
  9. メルセデスベンツGLAの維持費とは
  10. メルセデス・GLAの維持費や燃費まとめ!

メルセデスベンツGLAとは?

みなさんはメルセデスベンツGLAをご存知ですか?メルセデスベンツGLAは、2014年に登場したメルセデスベンツのもっともコンパクトなSUVになります。このメルセデスベンツGLAは、どちらかと言うと、若いファミリー世代に低価格でメルセデスベンツのSUVの醍醐味を味わって欲しいというメルセデスベンツ側のテーマに沿って造られた車と言えます。

またGLAからさらにラインナップが細かく分かれているので、それらをまとめて「GLA」や「GLAクラス」と呼んだりもします。このメルセデスベンツGLAは、デビュー当時は、任天堂の看板キャラクターであるマリオを登場させたことで、話題になり、大変な注目を集めました。

ですので、読者の方の中には覚えている方も多いのではないでしょうか。GLAからは自由にフィールドを駆け巡る車のテーマが伝わってきます。今回はそんなメルセデスベンツGLAの魅力と、維持費や燃費、そして購入した方の試乗評価も含めてご紹介致します。もしメルセデスベンツGLAを今後に購入しようと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

メルセデスベンツGLAのベースは?

では次にメルセデスベンツのGLAのベースについて見ていきます。まず、メルセデスベンツのGLAは、ベンツのエントリーグレードである「Aクラス」がベースになっております。全体のフォルムや形状はGLAの方がアグレッシブな印象を受けます。そのため、GLAに搭載されているエンジンレイアウトやインテリアには共通する部分も数多く見受けられます。

GLAは、近年のハッチバックをベースにしたオンロード向けのSUVとは違い、メルセデスベンツの意思を受け継いだ伝統的なコンパクトSUVになります。外装のデザインは、しっかりしたSUVらしさを感じさせるフォルムでありながらも、どこか都会派SUVとしての顔もちらつかせるような外観になっております。

もちろん、Aクラスがモデルとは言え、SUVであるがゆえ、地上最低高は確保されております。いくらコンパクトな SUVとは言え、全幅では1,805mmを超えているので、そこまでコンパクトというわけではありません。むしろ、日本の道路事情にはちょうど良いか、大きく感じる人もいるかもしれません。

新型メルセデスベンツGLA誕生!

メルセデスベンツから2014年にデビューをした本格的なコンパクトSUVであるメルセデスベンツGLAですが、実は2017年の4月19日にメルセデスベンツ日本が新型のGLAを発表いたしました。

新型のメルセデスベンツGLAは、メルセデスベンツのSUVで共通して採用されている「パンチドグリル」を基本にして、目をひくくらい大きなフォグランプとアンダーガードが特徴的になり、強いオフロード感を出している外装のデザインになっております。

また、GLAのリヤコンビネーションランプには、新型ベンツEクラスにも採用されている「満点の星空の輝き」をイメージした「クリスタルルック」を採用しております。これで、GLAはマイナーチェンジ前よりも後続車への幻惑の低減効果を持たせております。このリヤランプにはベンツのこだわりが見えてきます。

新型メルセデスベンツGLAのスペック

ではここで、新型メルセデスベンツのスペックを発表致します。まずは、パワーアップをした「直列4気筒エンジン」から見ていきます。エンジンの種類が直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン、排気量が2.0リッター、最高出力kW[PS]/rpm が135[184]、最大トルクN・m[kgf・m]/rpmが300[30.6]になっています。

また、トランスミッションが7速GCT、駆動方式がFF・4WDになっております。そして使用燃料が「ハイオク」になっております。また、メルセデスベンツ新型GLAのエンジンには、従来の1.6l直列4気筒ターボエンジンなどに加えて、上記のマイナーチェンジ後のモデルに最適化された2.0l直列4気筒直噴ターボエンジンがラインナップされます。

新型メルセデスベンツGLAのエンジンラインナップとは

ではここで、新型メルセデスベンツGLAのエンジンラインナップをご紹介致します。まずグレード「GLA180」が1.6L直4直噴ターボ(122PS)でFF車になっております。

「GLA250・4MATIC」が、2.0L直4直噴ターボ(211PS)で4WDで、「AMG・GLA45・4MATIC」が2.0L直4直噴ターボ(381PS)で4WDになっております。そして、「GLA220・4MATIC(新設定)」が2.0L直4直噴ターボ(184PS)で4WDの設定になっています。

ナッパレザーとはどんな革?ベンツに使われる高級革の特徴を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

新型メルセデスベンツGLAの装備とは

では次に新型メルセデスベンツGLAの装備についてご紹介していきます。実は今回新型になったメルセデスベンツGLAは、メルセデスベンツ日本の野金太郎社長は4月19日に開催された「メルセデス・ベンツ・コネクション」で、このメルセデスベンツGLAはメルセデスの切り札と話されているくらい、力を入れたモデルになっております。

具体的には、外装のみならず内装についても進化をしております。また、新型のメルセデスベンツGLAには、全グレードに共通して安全装備がすごく充実しております。その安全装備とは、次の通りになります。「アクティブブレーキアシスト」これは、自動緊急ブレーキで追突を回避または被害を軽減するサポート。

「アテンションアシスト」これは、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知し注意を促す装置。「ディスタンスパイロット・ディストロニック」これは、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して、停止する渋滞追従機能になります。

そして「ブラインドスポットアシスト」これは、ドアミラーの視覚範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する装置。「レーンキーピングアシスト」がドライバーの疲労や不注意による走行車線の逸脱をステアリングを微振動させて警告する装置。

「パーキングアシストリアビューカメラ」これは、駐車時のストレスを軽減する装置。「パーキングパイロット」が、縦列駐車や並列駐車にステアリング操作を自動的に行う装置になります。このように新型のGLAには、様々な先進の装備が搭載されております。

新型メルセデスベンツGLAの価格とは

ではここで、新型メルセデスベンツGLAの価格を発表いたします。まず「GLA180」が税込3,980,000円。次に「GLA220・4MATIC」が税込4,490,000 円。「GLA250・4MATIC(受注生産)」が、税込5,130,000円。そして「AMG・GLA45・4MATIC」が税込7,920,000円になっております。

また、新型メルセデスベンツGLAの発売日は、2017年4月19日になっており「GLA220・4MATIC」に関しては、9月以降の発売を予定しているとのことです。こちらも合わせて参考にしてください。

メルセデスベンツGLAの燃費とは

ではここで、新型メルセデスGLAの燃費について見ていきます。まず「JC08モード」で燃費をご紹介致します。まず「GLA180」の燃費が16.4km/l「GLA250・4MATIC(受注生産)」の燃費が14.2km/l、「Mercedes-AMG・GLA250・4MATIC」の燃費が12.3km/lになっております。

あまり新型メルセデスベンツGLAを購入する方で燃費を気にしている方はおそらく少ないとは感じますが、参考にして下さい。

メルセデスベンツGLAの試乗評価

では次に新型メルセデスベンツGLAの試乗評価について見ていきます。実際にメルセデスベンツGLAを購入したユーザーの方に試乗評価を聞くのが、一番参考になりますから、ここではメルセデスベンツGLAのオーナーの生の試乗評価を聞いて参考にしてみましょう。

SUVだけど、SUVっぽくない独特な雰囲気が個性的で気に入ってます。プロポーションのバランスもよく、上品さと存在感が伝わるところが好きです。

今回の試乗評価は、メルセデスベンツGLAの「GLA180」の試乗評価になります。まず、多くのユーザーの方はこの外装のデザインが他のSUVにはないようなデザインでとても好印象との評価がありました。また「乗り心地」ですがコンパクトSUVとしてメルセデスベンツの入門車でありながら、とても素晴らしい乗り心地を実現しているとのことでした。

【エンジン性能:4点】
他のレビューでも書かれていますがやはり出だしの鈍さ、もたつき感がなければ言うことはないです。
まだコンフォートモードのみでの走行ですが、スピードに乗ってからのスムーズな走りはとても爽快です。
スピードの出しすぎに気を付けないといけないぐらいです。高速でも走りがスマートで、エンジンの低回転数で滑らかに走れます。

燃費については、街乗りで約10km/l前後、高速道路ではもっと伸びるかなといった感じの評価が多いですね。いずれにしても、 GLAの購入者の方はほとんど買って良かったとの満足感を得ております。

【燃費:5点】
Cityで9.5km/l、高速道路で16Km/lです。高速道路ですが、初めてカタログ燃費に近い数字に驚きでした。

メルセデスベンツGLAの維持費とは

では続いて、新型メルセデスベンツGLAの維持費についてご紹介致します。まず、新型メルセデスベンツの維持費は自動車税で見ると、搭載されるエンジンが1.6リットルと2.0リットルになるので、日本で乗る分には税金区分は同じで、39,500円になっております。

燃費についてもGlA180と、250ではそこまで変わらないので、維持費についてもそこまで大きく変わるものではありません。つまり、維持費ついては税金面ではそこまで変わらず、それよりは車体の価格の差が大きいと思われます。維持費というよりかは、どのグレードを購入して、オプションをどのくらいつけるかによってその維持費も大きく変わりそうですね。

メルセデス・GLAの維持費や燃費まとめ!

みなさん、ここまでいかがでしたか?メルセデスベンツGLAの新型の情報や維持費、そして燃費について見てきました。その中で、メルセデスベンツGLAは、メルセデスベンツのSUVラインナップの中では、入門モデルの位置付けでありながら、本格的なオフロード性能とかっこいいデザイン性を誇っております。

ぜひぜひ、新型メルセデスベンツGLAのかっこよさを店頭で確かめてみて下さい。きっと、あなたもGLAの虜になるでしょう。入門モデルで乗り心地や内装、外装の質感に手を抜かない姿勢は今後、多くの若者世代もGLAに注目することでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ