ジーンズのロールアップのおしゃれなやり方!裾や丈感がポイント?

ジーンズのロールアップはジーンズの裾を折って履くだけですが、それだけでオシャレでこなれた印象になります。ロールアップをマスターするためにどのくらいの幅で折り返すか何回折り返せばいいのかなど基本から着こなしから紹介したいと思います。

ジーンズのロールアップのおしゃれなやり方!裾や丈感がポイント?

目次

  1. ジーンズのロールアップとは?
  2. ジーンズのロールアップの着こなし
  3. ジーンズをロールアップする役割
  4. ジーンズの丈を調節する
  5. ジーンズをロールアップをして足首を見せる
  6. ジーンズをロールアップをして靴を目立たせる
  7. ジーンズをロールアップする幅
  8. ジーンズをロールアップさせる位置と回数
  9. ジーンズのロールアップの注意点
  10. ハイカットの靴とロールアップの合わせ方
  11. ジーンズのロールアップのまとめ

ジーンズのロールアップとは?

「ジーンズを折って履くだけ」それだけのことなのに、ロールアップにするとかなりこなれた、おしゃれな印象がでます。しかし、ロールアップに抵抗がある人が多いのも事実なようです。文字通り、ジーンズを折って履くだけですが、これでオシャレに見えるならしめたもの。ジーンズのロールアップの着こなしから見ていきましょう。

ジーンズのロールアップの着こなし

ロールアップする際に、手持ちのジーンズをどのくらいの幅で折るのか、どこまで折るのか、折る回数など素朴な疑問が湧き上がってくるかもしれませんね。

ジーンズのロールアップをマスターすると持っている服の印象がガラリと変わるはずです。服を新しく買うよりも効果的で印象的です。

ロールアップをすると足首が見えて涼しげ、そして靴の印象が強くなりますね。こちらの方のスカーフの赤と靴の赤をアクセントに持ってきてさらにおしゃれな印象になります。持っている服の印象も変わります。

こちらも、やはりロールアップで足首が見えて涼しげ、ジーンズとコンバースともとてもよく合っています。やはり、足を長く見せる効果があるようです。着ている服が全体的にブルーのイメージなので足首が見えることで爽やかな印象です。

ロールアップされたジーンスの間から覗く少し派手な靴下が可愛い印象です。一瞬で服のイメーイを変化させます。ロールアップしない手はありませんね。

ロールアップのやり方は?印象を左右する折り方でイケてるメンズに! | MensModern[メンズモダン]

ジーンズをロールアップする役割

ジーンズの裾を折って履くだけそれだけですが、ロールアップはおしゃれな人だけの特権ではありません。ロールアップは難しい、ジーンズをロールアップするはチャラいなんて間違った印象を持つ人もいます。しかし、ファッションは置いておいたとして、ジーンズのロールアップは機能的です。

まず、靴を目立たせることができますね。自慢のブーツやスニーカーを目立たせたい時には、迷わず、手持ちのジーンズをロールアップしてみましょう。

ロールアップすることでジーンズの丈が短くなり足を長く見せる効果もあります。そして、全身のバランスを整える効果もあります。お金をかけずにスタイルアップの効果が期待できます。ジーンズを折りまげるだけで服の全体的な雰囲気も変わります。

ちなみに、ジーンズでけではなくロールアップはチノパンやカーゴパンツにもオススメ。丈の調節に関してはロールアップで全て解決するのではないかというほどにいい仕事をしてくれますよ。

ロールアップは若い人だけのものではありません。大人のジーンズのロールアップも素敵です。ぜひ積極的に挑戦してみましょう。

ちなみに長いジーンズでなくても、このようなハーフパンツをロールアップするのもおしゃれ。ロールアップは何でしてもおしゃれに見えますね。

スキニーのロールアップのやり方!ダサくならないポイントは? | MensModern[メンズモダン]

ジーンズの丈を調節する

ロールアップすることで丈を調節するとは実に機能的なことです。ジーンズを折りまげるのですから、必然とジーンズは短くなります。

パンツのシルエットは基本的に、裾はすっきりと折った方が格好よく見えます。お直しに出して長いジーンズをカットしてもらい丈を合わせるのもいいですが、ロールアップをするとすぐに丈がちょうどよくなりますよ。おしゃれで経済的です。

こちらのスタイリングも、このロールアップ一折りがないとダボダボのジーンズを履いている印象になってしまいます。このようなロールアップですとジーンズの裾から足首を出すことに抵抗がある人もトライしやすいでしょう。着ている服がワンランクアップして見えます。

ジーンズを少しだけロールアップして、全体のバランスをとるのも素敵。ロールアップした部分からおしゃえがにじみ出ます。

実際、こちらのジーンズはロールアップしないとかなりダボダボで長いはずですが、ロールアップすることでジーンズの丈はちょうどよくなります。

ジーンズをロールアップさせることでお直しに出すことなく丈を合わせられて、おしゃれになるので一石二鳥です。

ジーンズをロールアップをして足首を見せる

足首が見えるところまでジーンズをロールアップをして、夏ならそのまま足首を出して季節感を出したり、冬なら靴下の柄や色をわざと見せて、おしゃれ度アップが狙えます。

ジーンスをロールアップさせると裾が上がり足首が見えるだけで涼やかな印象で、自慢のスニーカーに目がいきやすくなりますね。色気までも出てきます。

ジーンズをロールアップすると真っ白なスニーカーがさらに引き立ちます。こちらの方のニット帽とスニーカーの白が絶妙ですね。やはりあえてジーンズをロールアップするのは夏のおしゃ手には不可欠な要素です。

夏、ジーンズをロールアップさせる場合は靴下を完全に靴から見えないように、浅い靴下を履いておくのもオススメです。ただ、あえて見せるというコーディネートも素敵です。

冬はこんな風にロールアップさせたジーンズからノルディック柄の靴下を合わせて季節感を演出できます。ジーンズをロールアップさせると寒いので、靴下でしっかりおしゃれをして防寒までしておきましょう。

ジーンズと靴の間に隙間ができるので、派手な色の靴下を選んで、さらにおしゃれ上級者を目指してみるのもいですね。見せるためにわざとジーンズをロールアップするのも技もありです。

ジーンズをロールアップをして靴を目立たせる

ロールアップしてジーンズの丈を短くすることで靴に目がいくようになります。スニーカーやブーツなどお気に入りの靴を目立たせましょう。

ブーツだったりスニーカーだったり、カラーも色々。ジーンズをロールアップさせて思い思いにおしゃれを楽しんでみましょう。おしゃれな人はジーンズのロールアップを楽しんでいるようです。

赤とブルージーンズのコントラストが鮮やかです。おしゃれな人がジーンズをロールアップするには靴を目立たせる効果を狙っているのかもしれませんね。

ロールアップしたジーンズに赤いブーツが印象的です。少しだけロールアップしているので、こちらの方はジーンズの丈がどうこうというよりは、ファッションとしてジーンズをロールアップさせています。

個性的なスニーカーもジーンズをロールアップすることでさらに目立ちますね。ロールアップさせてハイカットの部分までスニーカーの柄を見せています。一点、おしゃれポイントを絞って、そこにフォーカスさせる効果があります。

リンスカラー(濃い色)のジーンズも色落ちしたジーンズもどちらでも似合います。ただ、ジーンズをロールアップするだけでやはりスタイルアップ、垢抜けの効果が狙えますね。

ジーンズをロールアップする幅

ジーンズのロールアップで大切になってくるのは、まくる幅、位置、まくる回数です。一通り見ていきましょう。ただ、まくるだけの行為ですが、回数や幅など細かい部分にこだわると、無難にジーンズのロールアップのおしゃれが楽しめます。初心者さんは参考にしてみてください。

ジーンズのロールアップは一般的には2〜4センチ程度を目安にまくっていくと失敗はないようです。わからなければ、気持ち細いかな?程度にまくっておくのが無難です。ロールアップ部分は細すぎてゴワゴワするのはだめですが、程度な細さならまず大丈夫です。

あえて、ジーンズをロールアップする幅を少し太めに折り返してみると、かなりオシャレ上級者の感じが出てきます。ジーンズのロールアップは靴とのバランスを見ながら幅を決めるのが大事です。

少し慣れてきたら、ジーンズの裾を少しだけロールアップさせてみましょう。2〜4センチが基本みたいですが、1センチだけでもジーンズをロールアップさせると急に垢抜けます。

ジーンズをロールアップさせる位置と回数

ジーンズのロールアップのまくる位置としてはくるぶしの辺り、もしくはその少し上がベストだと言われています。でも、やはり全体のバランスをみて調整するのが大切です。

一番細い、足首を見せていきましょう。もちろん、厳密なものではないので少し高くても低くても大丈夫です。ジーンズの裾がくっしゃくしゃにならない程度のところでロールアップしておきましょう。

ジーンズをくるぶしく上くらいまでロールアップさせるとジーンズの下の靴下の柄も目立ちやすいのかもしれませんね。

ロールアップさせる回数としては、こちらも厳密なものではないですが、2〜3回がいいようです。たくさんまくりすぎるとロールアップした部分がへんに重なって、かっこいい着こなしとは程遠いものになってしまいます。

ジーンズをロールアップする回数が増えそうな時は、幅を少し太めに取るなどして調節をするとカッコよくおさまります。

ロールアップの回数にこだわらなくても1回でもおしゃれです。ロールアップする回数が1回の場合はきちんと丁寧にジーンズを折り曲げましょう。また、幅はこのように大きくおっても、細めにおってもおしゃれですが、ジーンズの丈がくしゃくしゃにならないように調整しましょう。

ジーンズのロールアップの注意点

ジーンズのロールアップについて注意点をあげたいと思います。ジーンズをロールアップすること自体は難しいことではありません。でも、ファッションは本当に細かいところに現れるので、細部に手を抜かないようにしましょう。

ジーンズのロールアップの注意点としてはただ一つ、ロールアップをする時はピシっとキレイに折り返してください。ジーンズを適当にくっしゃっと折り返さないようにしましょう。

靴とのバランスを見ながらきちんとジーンズをロールアップさせていきましょう。一番足が長く見えるい位置や靴が格好良く見える位置などを注意深く見極めていきましょう。

あえてジーンズの裾をくしゃくしゃにするロールアップは、慣れてから存分におこなえばいいんでしょう。まずは、ピシッと綺麗にジーンズをロールアップすることを心に留めておきましょう。

ちなみに女性のファッションでは、こんなにジーンズをロールアップさせるのも流行っていますが、メンズのジーンズでは無理ですね。

ハイカットの靴とロールアップの合わせ方

ブーツやコンバースのオールスターなどのハイカットの靴とジーンズのロールアップはどんな風に合わせるのか悩むところかもしれません。一般的には、ロールアップしたジーンズの裾と少し靴とかぶせるとおしゃれな着こなしになります。

ジーンズの裾と靴が少しかぶるあたりでロールアップをするとバランスが取りやすくなります。折り返す回数が1回でも素敵ですね。

コンバースのハイカットはジーンズのロールアップのコーディネートにもってこいです。いっきにこなれたオシャレな印象になります。

少しかぶせるのはブーツの場合も同じです。靴のラインまでジーンズをロールアップすると覚えておくと目安になっていいかもしれませんね。

このように、ハイカットの靴を履いていても、ジーンズをロールアップすると足を組んだ際に靴下が見えます。やはり、ジーンズのロールアップのファッションには靴下のおしゃれも気を抜けませんね。

デニムのおしゃれなロールアップ!やり方やおすすめコーデなど徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

ジーンズのロールアップのまとめ

ジーンズのロールアップには、足を長く見せるなどのスタイルアップの効果の他に、丈をすぐに調整できる実用的な部分があります。オシャレで実用的。ぜひ賢く活用してみましょう。

もう手持ちのジーンズの丈はあっている。でも、ロールアップしたいときは、すこしだけ、ジーンズをロールアップさせてみましょう。

こんな風に裾をすこし、折り返すだけでも着ている服の印象が全く違います。ジーンズのロールアップは難しいという先入観を捨てて、スタイルアップも狙えて、オシャレなこなれ感が狙えるロールアップをぜひトライしてみましょう。

そしてやはりジーンズのロールアップで忘れてならないのが、靴下のおしゃれ。ロールアップしたジーンズから見せても見せなくても、靴下の意識も抜かりなく行いましょう。そして、お気に入りの靴を履いて、ジーンズのロールアップでお気に入りの靴をさらに目立たせましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ