革靴・カジュアルなものでおすすめは?メンズブランドまとめ!

フォーマルなシーンで履くことが多い革靴ですが、実はデニムやチノパンなどのカジュアルなスタイルに合わせるのもおすすめです。足元を革靴にするだけで大人っぽさを演出することもできます。今回は、カジュアルな場面で使えるおすすめのメンズブランドを紹介していきます。

目次

  1. 革靴・カジュアルなものでおすすめは?
  2. カジュアルに履けるデザートブーツの定番
  3. カジュアルに履けるチロリアンシューズが定番品 
  4. イエローステッチが映えるドイツ発祥の革靴
  5. アメリカを代表する労働者のための革靴
  6. ハンドソーンウェルテッド製法にこだわる革靴メーカー
  7. 英国製カントリーブーツの最高峰 
  8. グッドイヤーウェルト製法の最高峰と称される革靴
  9. ジェームス・ボンドも愛用した英国製革靴
  10. カジュアルな革靴のまとめ

革靴・カジュアルなものでおすすめは?

カジュアルなスタイルに革靴を合わせる際のポイントとしては、丸みがあるデザインでテカリがそれほどない革靴がおすすめです。デザインがシャープすぎたり、表面があまりにもテカっているとデニムやチノパンと合わせた時に革靴だけが浮いてしまいバランスが悪くなってしまいます。

ここでは革靴・カジュアルなものでおすすめなメンズブランドを8つセレクトしました。カジュアルシューズの定番とされるものから、これから注目されてくるであろうブランド、英国の老舗メーカーの革靴を一挙に紹介していきますので、お気に入りのカジュアルな革靴のブランドを見つけてください。

革靴のメンズブランドでおすすめは?人気ランキングご紹介! | MensModern[メンズモダン]

カジュアルに履けるデザートブーツの定番

クラークス(Clarks)

クラークスは1825年にイギリスで創業した老舗の革靴メーカーです。伝統工芸と革新的な技術を融合させることで、常に業界に刺激を与えてくれているブランドのひとつです。クラークスはシンプルなデザインと色と素材のバリエーションが豊富なのでカジュアルなスタイルにも合わせやすいのが特徴です。

カジュアルな革靴の定番「デザートブーツ」

クラークスの定番モデルと言えば、やはりアッパーがスエード地の「デザートブーツ」です。足元にアクセントを入れたい場合は、明るいサンドスエードの革靴がおすすめで、全体的にシックにまとめたい場合はブラウンスエードのデザートブーツがおすすめです。

ロングセラーを続けるカジュアルなモデル「ワラビー」

デザートブーツに並んで人気があるのが「ワラビー」です。50年以上前に販売が開始されたモデルですが、古さを感じさせないデザインで今でも十分に使える革靴です。シンプルでありながらカジュアルにもジャケパンにも使える汎用性の高さがクラークスの人気の秘密です。

カジュアルに履けるチロリアンシューズが定番品 

パラブーツ(Paraboot)

パラブーツはフランスの靴職人であったリシャールポンヴェール氏が1908年に開いた小さな靴工房から始まりました。ブランドの名前は、原材料のゴムをブラジルのパラ港から仕入れていたことに由来しています。現在ではフランスを代表する靴メーカーとして世界中で愛用されています。

パラブーツのメンズ革靴の定番「ミカエル」

パラブーツを代表する靴がチロリアンシューズの「ミカエル」。もともと登山用に製造された革靴ということもあり防水性や耐久性に優れているので、街中でカジュアルに履くだけでなくアウトドアな場面でも活躍する使えるメンズシューズです。

爆発的ヒットを起こしたカジュアルなメンズ革靴「シャンボード」

シンプルでありながら上品さを兼ね備えたモデルが「シャンボード」。数年前に日本でも爆発的なヒットを起こしたパラブーツの定番モデルとして記憶に残っているメンズも少なくないかと思います。カジュアルなスタイルにも合わせやすいおすすめの革靴です。

革靴!安いのにおしゃれでかっこいいコスパ最強ビジネスシューズ | MensModern[メンズモダン]

イエローステッチが映えるドイツ発祥の革靴

ドクターマーチン(Dr Martens)

ドクターマーチンはドイツ軍の軍医として働いていたクラウス・マーチンが作り出した靴・ブーツのブランドです。ドクターマーチンの特徴はなんといってもアッパーの周囲をぐるりと囲む黄色いステッチと通称バウンシングソールと言われる厚底です。

カジュアルな黄色いステッチがブランドのアイコン

黒地に黄色のステッチはインパクトが強いのですが、革靴とパンツの色を黒で統一すると全体のバランスが良くなるのでおすすめです。ちなみに、ドクターマーチンは世界で初めてソールにエアークッションを入れたブランドとも言われており、見た目に反して履き心地は快適です。

さりげなくDrマーチン感を出したい方におすすめのカジュアルな革靴

ドクターマーチンはブラウン系のラインナップも多くあり、こちらもカジュアルなスタイルに合わせるのにおすすめです。実は女性の愛用者も多く、おしゃれに履きこなすことができれば女子からの評価も上がるのでおすすめのメンズブランドのひとつです。

スーツに合う靴はやっぱり革靴?おすすめメンズブランド&選び方 | MensModern[メンズモダン]

アメリカを代表する労働者のための革靴

レッドウィング(RED WING)

1905年に米国ミネソタ州で創業したレッドウイング。堅牢性とデザイン性を兼ね備えたワークブーツとしてアメリカのみならず世界中で愛用されています。主に労働者のための革靴を製造していたブランドですので、ジーンズなどカジュアルなスタイルとの相性も抜群です。

キング・オブ・ブーツと呼ばれたメンズの革靴ブランド

キング・オブ・ブーツという称号を得ているレッドウィング。このブランドの定番モデルといえば、やはり「クラシックワーク」でしょう。経年劣化による色の変化を楽しめるのもレッドウィングの革靴が多くのメンズを虜にする理由のひとつです。

レッドウイングはブラックの革靴も渋い

レッドウィングの革靴はブラウンだけでなくブラックもジーンズやチノパンなどカジュアルスタイルに使えるのでおすすめです。ただ、6インチや8インチのブーツになると、履いたり脱いだりするのに時間がかかるので、その日の予定に合わせて使い分けるといいかもしれません。

ハンドソーンウェルテッド製法にこだわる革靴メーカー

ジャランスリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA)

ジャランスリウァヤは1919年にインドネシアで創業した靴工場で、もともとは外国人向けの軍用靴の製造をしていました。現在では、リーズナブルな価格でありながら履き心地と耐久性に優れた「ハンドソーンウェルテッド製法」の革靴を販売しています。

カジュアルなデニムスタイルにも合わせやすいウイングチップ

ジャランスリウァヤはカジュアルな革靴も多く製造されています。おすすめなのがウイングチップの革靴で、デニムに合わせてもしっくりくるデザインです。最近では取り扱いがあるセレクトショップも増えてきていますので、気になる方はこのブランドをチェックしてみてください。

カジュアルスタイルに合わせやすいローファー

様々なカジュアルスタイルに合わせやすいのがローファーです。デニムでもチノパンでもどちらでも合わせることができます。インドネシア製の革靴ではありますが、細かなディテールや仕上げの美しさは英国製の高級紳士靴と見まがうほどのクオリティですのでおすすめです。

英国製カントリーブーツの最高峰 

トリッカーズ(Tricker's)

1829年に英国中東部のノーサンプトンに創業したトリッカーズは、最高級靴を製造するメーカーとして世界中で知られています。トリッカーズはハンティングに使用するカントリーブーツを製造していた歴史があるので、カジュアルなスタイルにも合わせやすいモデルが多くあります。

街履きにおすすめの革靴「カントリーブーツ」

トリッカーズの定番モデルと言えば「カントリーブーツ」です。履き続けていくうちにソールが柔らかくなって、足にどんどん馴染んでくれるのでカジュアルな革靴の中でもおすすめです。履くほどに味が出て落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるので、デニムなどとの相性も抜群です。

カジュアルに履きこなせる英国靴の名門ブランド

カジュアルなスタイルだけでなくキレイめなスタイルに合わせるのに使える品格漂うドレスシューズも多くラインナップされています。英国王室御用達ブランドのトリッカーズですが、日本のセレクトショップなどと積極的にコラボするなどしてメンズのファッション業界を盛り上げてくれています。

グッドイヤーウェルト製法の最高峰と称される革靴

エドワードグリーン(Edward Green)

1890年に創業したエドワードグリーンは、英国ノーサンプトンに本拠を置く靴メーカーです。「でき得る限りの上質を求める」という哲学のもと紳士用の革靴を作り、その品質の高さゆえにウィンザー公やアーネスト・ヘミングウェイといった名だたる著名人にも愛用されてきました。

カジュアルに履くなら「マルヴァーン」のブラウン

エドワードグリーンの王道モデルと言えば「チェルシー」ですが、カジュアルなスタイルに合わせるのであればウイングチップの「マルヴァーン」のブラウンがおすすめです。エレガントなシルエットの靴ですので、カジュアルに履きこなすには上品なパンツに合わせるのがベターでしょう。

カジュアルに履く革靴なら「ドーヴァー」がおすすめ

エドワードグリーンの中でデニムなどと比較的合わせやすいのがUチップシューズの「ドーヴァー」です。グッドイヤーウェルト製法の革靴の最高峰として歴史に名を刻んでいるブランドですので、カジュアルなスタイルだけど足元で引き締めたいという時に使える一足です。

ジェームス・ボンドも愛用した英国製革靴

チャーチ(Church's)

1873年に靴作りの町として有名な英国ノーサンプトンで創業したチャーチ。イギリスを代表する革靴メーカーのひとつで世界中のセレブたちが愛用しています。チャーチの革靴は、映画007シリーズでジェームス・ボンドが着用していることでも有名です。

雨の日にも使える革靴「バーウッド」

ブリティッシュ・カントリーの趣もある「バーウッド」は無骨さを兼ね備えたフォルムになっているので、カジュアルなスタイルに使えるチャーチの革靴です。ちなみに、バーウッドのアッパーにはポリッシュドバインダーカーフが使われているので雨に強いという特徴があります。

「グラフトン」ならカジュアルスタイルにもマッチ

チャーチの革靴の中でも名作と言われているのが「グラフトン」です。このモデルを一足持っておくと、チノパンにもデニムに使えるのでおすすめです。最近では、ジャケパンやカジュアルなスタイルにも合わせやすい型の革靴を出してきていますのでチェックしてみてください。

革靴のお手入れ方法まとめ!簡単にできるお手入れセットってある? | MensModern[メンズモダン]

カジュアルな革靴のまとめ

汎用性の高いクラークスのデザートブーツがおすすめ

カジュアルなシーンに履ける革靴の定番と言えば、やはりクラークスのデザートブーツ。どんな服装にも合わせやすいデザインですし、スエードの革靴であれば汚れも味になっていきます。まさに20世紀を代表するカジュアルな革靴ですので、1足持っておくとあらゆる場面で重宝します。

足元で勝負するならトリッカーズの革靴

無骨ながらも上品さを兼ね合わせたデザインがトリッカーズのカントリーブーツは足元で勝負するにはもってこいの革靴です。今回はカジュアルに使える革靴をいくつか紹介してきました。ぜひお気に入りの革靴を見つけてみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ