上司や親戚へ送る結婚内祝いのお礼状のマナーや書き方についてまとめました。結婚内祝いに添えるお礼状に役立つ文例や書き方のマナーをチェックしておけば、上司や親戚に失礼にならず送れます。結婚内祝いの書き方のマナーを取り入れていきましょう!

結婚内祝いのお礼状のマナーや書き方ガイド!使える文例集も!

目次

  1. 結婚内祝いのお礼状の書き方や文例を知りたい!
  2. 結婚内祝いとはどんなもの?
  3. 結婚内祝いのお礼状のタイミングは?
  4. 結婚内祝いのお礼状の書き方のマナーは?
  5. 結婚内祝いのお礼状で避けたい忌み言葉のマナー
  6. 上司へお礼状を送る場合の書き方の文例
  7. 親戚に送るお礼状の書き方の文例
  8. 友人に結婚内祝いのお礼状を送る時の文例
  9. 結婚内祝いにつけるのしはどうする?
  10. 結婚内祝いの相場を知りたい!
  11. 結婚内祝いの定番!人気店のスイーツ
  12. 肉系グルメも結婚内祝いに人気
  13. 使い回しが効くタオルセットも結婚内祝いの定番
  14. カタログギフトが結婚内祝いにおすすめ!
  15. 結婚内祝いのお礼状のマナーや文例を参考にしよう

結婚内祝いのお礼状の書き方や文例を知りたい!

上司や親戚などへのお礼状はマナーが必要

上司や親戚などから結婚祝いをもらった場合、結婚内祝いと一緒にお礼状を送るのがマナーです。結婚内祝いのマナーがしっかりできていないと上司や親戚に対して失礼にあたることになり、結婚後の付き合いにも師匠できる場合があるので要注意。不安な時は、結婚内祝いのお礼状のマナーや文例をチェックしておくことが大切になります。

これからもお世話になるような上司や親戚には特に結婚内祝いのお礼状には気をつけておきたいですよね。マナーに厳しい上司の場合、お礼状のマナーができていないと今後の会社での立ち位置も変わってくることがあります。上司や親戚にしっかり良い印象を残せるように素敵な結婚内祝いとともにお礼状を送りたいですね。

結婚内祝いのお礼状の書き方のマナーや文例をチェックしよう

「結婚内祝いのお礼状ってどう書けば良いの?」「結婚内祝いのお礼状を書く時に役立つ文例やマナーを知りたい!」という時に役立つ結婚内祝いのお礼状についてまとめました。事前に結婚内祝いのお礼状の文例やマナーをチェックしておけば安心。上司や親戚など、もらった人が喜んでくれるような結婚内祝いやお礼状を送って新婚生活をスタートさせましょう!

結婚祝いのお礼状例文まとめ。親戚・上司やはがきでのお礼状の書き方 | MensModern[メンズモダン]

結婚内祝いとはどんなもの?

結婚祝いへのお返し

そもそも結婚内祝いとは何なのでしょうか?内祝いとは内=家の中でお祝い事があった時に親戚や知り合いなど親しい人と共にお祝いの席をもうけ、その手土産として渡していたものです。

現在では結婚祝いをもらった時のお返しととらえるのが一般的。昔と今とでは結婚内祝いの意味合いが微妙に異なりますが、一緒にお祝いをしてくれた人へ感謝の気持ちを伝えるのが大きなポイントになります。

お礼状も送って感謝の気持ちを伝える

結婚内祝いを送る時はお礼状も欠かせません。お礼状に感謝の気持ちをしたためて結婚内祝いと一緒に送ることで相手への感謝も気持ちをしっかり伝えることができるようになります。結婚内祝いにお礼状がついていないと、相手に対して失礼になってしまうことがあるの気をつけましょう。素敵なお礼状を書いて、結婚内祝いに添えたいですね。

結婚祝い金の相場・平均金額は?結婚式を挙げない場合の渡し方 | MensModern[メンズモダン]

結婚内祝いのお礼状のタイミングは?

結婚内祝いのお礼状はなるべく早く送るのがマナー

結婚内祝いのお礼状はなるべく早く送りましょう。結婚祝いをいただいた時点ですぐにお礼状を送ることで相手へ誠意を伝えることができるようになります。お礼状がいつまでも届かないと相手も「結婚祝いはどうなったのかな?」と心配になってしまいますし、失礼な人だなと思われてしまうことがあるのでお礼状を送るタイミングには十分気をつけましょう。

結婚内祝いは後にしてお礼状だけ先に送ってもOK

結婚内祝いと一緒にお礼状を送ることができれば配送の手間がかからなくて良いですが、結婚式や新婚旅行などがあるといろいろと準備が大変で結婚内祝いまで手が回らないことがありますよね。そんなときは結婚内祝いは後にしてお礼状を送るだけでもOKです。まずはお礼状を送って感謝の気持ちを伝えてから、結婚内祝いを送っておきましょう。

結婚内祝いの準備がなかなかできない、お礼状も書く時間がない、というときは電話などでとりあえず感謝の気持ちだけでも伝えておくことが大切。結婚祝いをもらってから数日以内には連絡を取るようにしてくださいね。

結婚内祝いのお礼状の書き方のマナーは?

お礼状の書き方の基本の構成

結婚内祝いのお礼状は慣れていないとどうやって書けば良いのか迷ってしまいますよね。そんな時に役立つお礼状の基本の構成をチェックしていきましょう。まずは頭語と時候の挨拶から始め、結婚祝いをもらったことへの感謝の気持ちを伝えます。また、結婚内祝いも贈る場合はその旨を記しましょう。

後から結婚内祝いを贈るなら、そのことをしたためておくと良いですね。最後に今後もお付き合いをお願いする旨を記し、結びの挨拶や結語、名前などでしめます。これがお礼状の基本構成になるので、お礼状を書く時は参考にしておきましょう。

封書で手書きにしよう

結婚内祝いのお礼状は基本的に封書で手書きにするのがマナーです。字に自信がないから、手書きが面倒だから、ということでパソコン打ちにすると無機質な雰囲気があって相手に対して失礼になってしまうことがあるので気をつけましょう。

なるべく丁寧な字で相手への感謝も気持ちを伝えるように手書きをすると誠意が伝わるのでおすすめ。相手がもらって嬉しいお礼状にしてくださいね。

結婚内祝いのお礼状で避けたい忌み言葉のマナー

お礼状に忌み言葉を書くのはマナー違反

お礼状を書く時に気をつけておきたいのが忌み言葉。お礼状に忌み言葉を入れるのは不吉なことを連想させ、マナー違反になってしまいます。「こんな常識も知らないのか」と思われてしまうことがあるので、忌み言葉は入れないように気をつけてくださいね。

お礼状で避けておきたい忌み言葉は、「痛む」「死ぬ」「別れる」といった不吉な言葉が中心。また、「重ねる」「戻る」といった離婚を連想させるような言葉も避けたほうが無難です。「重ねる」はついつい使ってしまいがちなので、気をつけてくださいね。

重ね言葉の避けよう

「ますます」や「しばしば」といった重ね言葉も避けましょう。不幸なことが繰り返すことを示してしまうので、おめでたい結婚内祝いにはふさわしくありません。重ね言葉はうっかり使ってしまいがちなので、文面を考える時は重ね言葉が入っていないかどうかチェックしておきましょう。

上司へお礼状を送る場合の書き方の文例

上司への結婚内祝いのお礼状は時候の挨拶を入れて書き出そう

それではまず、上司へ結婚内祝いのお礼状を贈るときの文例を見ていきましょう。目上の上司にはしっかりとした形式のお礼状を送るのがマナー。まずは「謹啓」といった言葉から始め、「新緑の候」といった季節に見合った時候の挨拶を入れます。「〜様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます」と入れ、結婚祝いをもらったお礼をしてください。

今後の抱負とお付き合いをお願いする文面を入れる

「お礼のしるしに心ばかりの品物をお贈りさせていただきます」というように結婚内祝いを贈る旨を伝え、これからの新生活の抱負を記します。最後に「末筆になりますが〜様のご多幸を心よりお祈り申し上げます」といった結びの言葉を入れ、「敬白」で締めたら完了。形式にしっかりこだわってお礼状を書くことが重要なポイントになります。

親戚に送るお礼状の書き方の文例

親戚への時候の挨拶は上司へ送るよりもカジュアルな書き方でOK

続いては親戚へ送る結婚内祝いのお礼状をチェックしていきます。親戚へ送る場合のお礼状は上司よりも若干カジュアルでOK。親しい親戚であれば、親しみを込めたお礼状にすると相手への感謝の気持ちが伝えやすくなります。はじまりは「拝啓」にし、「桜の便りが聞かれる季節ですがみなさまはどうお過ごしでしょうか」というように時候の挨拶を入れてください。

親戚に新居へ来てくださいとう旨も伝える

結婚祝いをもらったことに対する感謝も気持ちと内祝いを贈る旨を記したら、新居へ立ち寄ってください、といった旨も伝えましょう。近しい親戚だからこそ、これからも家族の一員として仲良くしたいきたいという気持ちを伝えることが大切になります。

「これからも二人で助け合い温かい家庭を築きます」というように今後の抱負を伝え、これからのお付き合いをお願いする文面も添えましょう。最後に「敬具」で締めて終わりです。

友人に結婚内祝いのお礼状を送る時の文例

友人へのお礼状はフランクな書き方で大丈夫

近しい友達の場合は、時候の挨拶など堅苦しい文面にしなくてOK。結婚祝いをもらったことに対する感謝も気持ちをフランクに伝えれば大丈夫です。友達なのに急に堅苦しい文面にすると違和感がありますよね。いつも会話をしているようなフランクな雰囲気でお礼状を書いて、結婚内祝いに添えると親しみを感じられるお礼状になります。

これからもよろしく、という気持ちを込めて

「この前は結婚祝いをありがとう!」「ささやかな物ですが、お礼の品を贈ります」「これから二人で力を合わせて素敵な家庭を築けるように頑張ります!」「これからもどうぞよろしくお願いします」といったようにシンプルな構成でOK。これからも夫婦共々よろしくお願いします、という気持ちを込めてお礼状を書きましょう。

友人へ送るお礼状の場合は、デザインに一工夫加えるとさらに素敵。上司や親戚へ送るお礼状の場合はシンプルなデザインが良いですが、親しい友人の場合は可愛らしいデザインが入っていると素敵な印象になります。便箋などにこだわって、おしゃれなお礼状に仕上げてみてはいかがですか。

結婚内祝いにつけるのしはどうする?

のしは結切りの水引にする

結婚内祝いを贈る時に気をつけておきたいのがのし。のしの付け方が間違っていると思わぬ恥をかいてしまうことがあります。のしの水引は結び切りにしましょう。結び切りは「ほどけない」という意味がこめられているので、夫婦の絆を表すのにふさわしい水引。間違えないように気をつけてくださいね。

のしも表書きの書き方マナー

のしの表書きには「結婚内祝」といったように書きましょう。水引の下に新姓と夫婦2人の名前を記入します。名前は入れず、新姓のみでもOK。好みに合わせて選んでくださいね。

結婚内祝いの相場を知りたい!

結婚内祝いは結婚祝いの1/3が相場

結婚内祝いを選ぶ時に悩むのが予算相場。どのくらいの値段の結婚内祝いなら良いのでしょうか?一般的に、結婚内祝いは結婚祝いの値段の1/3くらいが良いとされています。それよりも高すぎても低すぎても相手に対して失礼になってしまうことがあるので気をつけてくださいね。

結婚祝いをいただいたら、だいたいの値段を予想して結婚内祝いの予算を決めていきましょう。どうしてもわからない場合は、あまりこだわりすぎず相手への感謝の気持ちを伝えられるような品物にするのがおすすめ。

複数名からの結婚祝いは気持ちで返そう

複数名からもらった結婚祝いの場合は、高額である場合があ1/3の値段とは言え、お返しに困ってしまうことがありますよね。そんな場合は無理をせず、個々に返しやすい内祝いの値段を設定して贈りましょう。大切なのは結婚祝いをもらったことに対する感謝の気持ちです。相手が喜ぶような結婚内祝いを送ってくださいね。

結婚内祝いの定番!人気店のスイーツ

スイーツ好きな人への結婚内祝いに

結婚内祝いの定番として人気を集めているのがスイーツ系の品物。小さな子供がいる家庭や、スイーツ好きな人への結婚内祝いにぴったり。スイーツと一口に言っても洋菓子や和菓子などバラエティ豊かな種類がそろっているので、相手好みのものを選ぶように厳選するのがおすすめです。

近年は結婚内祝い用のパッケージも豊富に揃っているので、そういったスイーツギフトを活用するのも良いですね。「ありがとう」「感謝」といった印字がされているスイーツもあるので、感謝のメッセージを伝えたい時に取り入れるのがおすすめ。さまざまなバリエーションの中からぴったりのスイーツギフトを選んでください。

見た目も華やかだと喜ばれる

味はもちろんのこと、見た目も華やかなスイーツだと相手もきっと喜んでくれるはず。可愛らしい缶を使ったパッケージであれば、スイーツを食べ終わった後にいろいろな用途で活用できるので便利です。味だけでなく見た目にもこだわって、素敵なスイーツギフトを結婚内祝いにしてはいかがですか。

肉系グルメも結婚内祝いに人気

上司や親戚にもおすすめな肉系グルメ

上司や親戚などから高級感のある結婚祝いをもらった場合は、同じように高級感を感じられる肉系グルメを結婚内祝いにしてみてはいかがですか。すき焼きやしゃぶしゃぶ、鉄板焼きなどいろいろな調理で楽しむことができる肉系グルメは定番の人気なので、きっと相手も喜んでくれるはずです。

上質な肉を選ぼう

結婚内祝いとして肉グルメを選ぶ時はワンランク上の上質な物を選ぶのがおすすめ。せっかく肉グルメを贈ったとしても美味しくないものだと相手をがっかりさせてしまうので気をつけましょう。ブランド牛を使っていたり、こだわりの製法で作られていたりと結婚内祝いにふさわしい高級感のある肉グルメを活用してくださいね。

使い回しが効くタオルセットも結婚内祝いの定番

気軽な結婚内祝いに最適

気軽な結婚内祝いにしたい時はタオルにしてみてはいかがですか。タオルは使い回しが効いて何枚あっても困らないので結婚内祝いの定番として人気を集めています。

素材やブランドにこだわろう

タオルを選ぶ時は素材やブランドにこだわると結婚内祝いにふさわしいギフトになります。おしゃれなデザインがほどこされていたり、肌触りがとても良かったりと、随所に丁寧なこだわりを感じられるタオルであれば感謝も気持ちをしっかり伝えられるのではないでしょうか。

カタログギフトが結婚内祝いにおすすめ!

上司や親戚などいろいろな人に送りやすいカタログギフト

どんな人にも贈りやすい結婚内祝いとして人気なのがカタログギフト。予算の範囲内でいろいろな種類の品物がカタログに並んでいるので、何を贈るか迷ったときに最適です。

好みのものを選びやすい

カタログギフトの魅力は相手が好みの品物を選べるということ。カタログからどんなものを選ぶのかワクワク感も楽しめます。ぜひカタログギフトも活用してみてはいかがですか。

出産祝いはカタログギフトがおすすめ?人気の理由と商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

結婚内祝いのお礼状のマナーや文例を参考にしよう

結婚内祝いのお礼状はマナーをしっかり守ることが大切。相手に感謝の気持ちを伝えられるように、素敵なお礼状を書いて結婚内祝いに添えてくださいね。


評価 4.3/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ