DIYで机・デスクの作り方!用途別に安くておしゃれなアイデアまとめ

机をDIYしてみたいと考えたことはありませんか?材料や工具にお金が掛かるからと渋っている方にもおすすめな安くて簡単に作れる机を探してみました。一般的な机からちょっと変わったユニークな机まで。ぜひ机のDIYに興味がある方は参考にしてみてください。

目次

  1. 机をDIYしたい
  2. DIYってそもそも何のこと?
  3. 机作りの基礎イメージ
  4. 机をDIYするときに揃えておきたいグッズ
  5. せっかくならおしゃれな机をDIY
  6. 初心者でも簡単に作れる机2種
  7. 便利な家具を使った机のレシピ
  8. DIYに慣れて来たら挑戦したい机3選
  9. おしゃれが際立つ変わり種の机DIY術
  10. カウンター風テーブルをDIY
  11. ローテーブルもコツを掴んでDIY
  12. 机と合わせて椅子も作りたい
  13. 番外編・机をリメイクする方法
  14. ユニークな素材を使ったDIY
  15. かゆい所に手が届くDIYを楽しんで

机をDIYしたい

好みの机が見つからない方へ

家具の中でなくてはならない机。好みの物を見つけるのって大変ですよね。大きさにデザイン、値段と考えていくと選択肢が減ってしまうのも悲しいところです。そこで流行りのDIYで机を作ってみてはいかがでしょうか。

インテリアに合わせて自作するのがおすすめ

インテリアに合わせて自作できる机はおしゃれで安く仕上げることにも繋がります。そこで初心者でも簡単に作れる机の作り方をまとめてみました。天板と足になる部分さえあれば机作りは完了しているようなものです。ぜひ好みのデザインを浮かべながらチャレンジしていきましょう。

DIYってそもそも何のこと?

Do It Yourself=自分でやること

DIYはここ数年で幅広い層に関心を寄せられています。小物からベッド、机などの大きな家具まで自身で作る方も多いです。日曜大工という言葉ならピンとくる方も多いですよね。DIYという言葉は日曜大工のみでなく幅広いシーンで使われているので覚えておくと良いですよ。

最初から上手くなくても大丈夫です

DIYが初めての方は難しいと捉えてしまいがちですが安心してください。最初から上手な物が作れる方はいません。1つづつ上達していくのでまずは1つでも作ってみることが大切です。簡単な図が書ける方なら大抵の家具は作ることができますよ。

やりたい気持ちが趣味に繋がる

DIYは継続性の高い趣味ですから始めると色々な物を作りたいと考えるはずです。最初は作り方がわかる物や簡単な物を作ると思いますが、徐々に自分好みのインテリアに合わせた物を作るようになります。こうなると次々に良い案が浮かぶので長いスパンで楽しむことができるのも魅力です。趣味がわからない方やこれからの趣味を考える方にもDIYはおすすめですよ。

DIY初心者でもできる作り方は?失敗してしまうポイントと対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

机作りの基礎イメージ

机をDIYするときに

初心者がDIYする物として机はもってこいの題材です。ホームセンターで道具を集めやすく、簡単なパーツで出来上がるからです。注意するポイントは上部の板と足部分の開き具合です。ローテーブルであれば細すぎる足以外で問題はないのですが、椅子を使うような机は上部の板を支えるためにやや太目かつ安定した作りにしなければなりませんよ。

パーツごとの書き出しを

次に簡単に作れるとはいっても必要な情報を書き出していくことも重要です。大まかな情報で構わないので上部の板を縦横、幅は何ミリか足はどんな角材にするのかを決めておくだけでも自分のイメージをつかみやすくなります。木目調を活かすときには木材の種類まであらかじめ知っておくと予算が組みやすいですよ。

足が4本・天板1枚

机は足の部分を上部の板に釘またはねじで止める必要があります。釘はトンカチだけで済むので安価で良いのですが曲がってしまったり、上手く固定できないなどのことが起こります。そこでDIYに慣れるまでは道具は増えますが電動ドライバーを使った固定方法を覚えていくことがおすすめですよ。

机をDIYするときに揃えておきたいグッズ

DIYを始める前にまずは工具の確認をしていきましょう。机など木材を使った家具を作るときには電動の機械に頼ると楽ができます。ホームセンターなどにも手頃な価格で置いてありますから参考に集めてみてくださいね。

電動ドリル

電動ドリルは刃を変えることで穴の大きさ、深さなどが変えられます。固定したい木材の厚みに合わせて歯を選んでください。最初から4本ほど歯が付いている電動ドライバーがありますからそちらを買うと良いですね。作る物に応じて歯を買い足していくと使わないで放置されることが少なくなりますよ。

木工用ボンド

DIYに欠かせない木工用ボンドは固定した場所を埋めることにも使えます。あらかじめ固定する前に塗るなどさまざまな場面で使えるのもおすすめです。これは余談ですが、木工用ボンドは錆や汚れ落としにも使えるので1つは常備しておきましょう。100円ショップでも売っていますがホームセンターの方が安く買える場合もあります。

スケール

物作りには正確さも大切です。そこでスケールが必要になります。15cmの短い物でもいいのですが、机など大きさのある物は長いスケールの方が図りやすいですから用意しておきましょう。DIYをする目的で購入する場合には直角スケールが2つあると便利です。

電動のこぎり

電動のこぎりは自分好みの木材を用意したい場合に用意すると良いでしょう。ホームセンターなどではサイズを指定すると切ってくれるサービスもありますから沢山切り落とすわけでないのならばそちらを利用するのも手です。しかしDIYを趣味にすると木材の切り落としや微調整で使いたくなりますので用意しておいても損はありません。

お好みで集めたい工具

電動サンダーと呼ばれるやすり掛けに使う工具は広い面積にもってこいの道具です。余裕がある場合には持って置くといいですよ。買うのはちょっととためらってしまう方もいますがそんなときにはレンタルで必要かどうか確認してみるのもおすすめです。場所は限られますがデスク型の作業場を貸してくれるお店もあるのでチェックしてみてはいかがですか。

DIYで作業台の簡単な作り方まとめ!作業がはかどる手作りアイデア集 | MensModern[メンズモダン]

せっかくならおしゃれな机をDIY

本格的に机のDIYを始めるならおしゃれな机にしたいですよね。そこでおしゃれにみせる机の紹介です。木材とスチールのように異素材で作ったり、形にこだわるとぐっと印象が変わります。ぜひ試してみてください。

スチール素材の机はかっこいい

スチール素材は棚などに使われるため机にする場合にはぐらつかないよう足に気を付けることと上板の重さで歪が起きないように注意しましょう。木材の色に合わせて落ち着いた色合いで仕上げるとシックなインテリと相性が抜群ですし、シルバーで無骨さを表してみてもかっこいいですね。

ホテル風デスクは本の収納にも

ホテルの一室にあるような本が入る机もおしゃれです。引き出し型に作るときには幅をきっちり作らないと開け閉めができなくなるので慣れるまでは蝶番を使った上に引き上げるタイプのデスクにすると安心です。上板、収納スペース、足が4本のイメージで書き出すと形が捉えやすくなります。

初心者でも簡単に作れる机2種

初心者がDIYをするときには安く、簡単であることが第1条件となることが多いですよね。机は簡単にDIYできる家具の1つですがその中でも特に作り安さに考慮した物を探してみました。

ウォールデスクがおすすめ

おしゃれなカウンターテーブルが欲しい方にもおすすめなウォールテーブルは壁に側面を固定していくだけなので簡単な机となっています。作り方は等間隔に机の支えとなる木片をビスなどで固定すれば良いだけです。木片が傾くとがたがたと不安定になり危険ですからマスキングテープなどで目印を付けてから作りましょう。足の部分に掛ける木材費がないことから比較的安く作れます。

椅子を使った簡単DIY

ベッドに脇に置くミニデスクなどを椅子で作る方もいます。椅子の形にもよりますがインテリアにあった上板をねじで固定していくだけでできるので数分で仕上がるのもポイントです。ペンキなどで色を変えるとおしゃれさも増してくるはずですよ。こちらも少ない材料で作れるのでお安くなっていますね。

便利な家具を使った机のレシピ

ここでは安く手に入る材料やいらない家具を使った机の作り方をご紹介いたします。自宅に使っていない物があったらぜひ机に作り替えて再利用していきましょう。便利に家財を使えば安く完成させるだけでなくエコにも繋がります。

すのこを使って

ベットを作ることや棚を作るなどで知られるすのこはもちろん机のDIYにも使えますよ。買ってきたままでは隙間が空きすぎているのでパーツごとにばらして並べ固定していきます。足を付けるときには、すのこが薄いので割れないよう注意しましょう。すのこは1枚100円~とお安くなっています。

カラーボックスはDIYの強い味方

カラーボックスほど安くておしゃれな万能家具はありません。棚としての使い方しかしていない方は損をしていますよ。シンプルに左右にカラーボックスを置き天板を上から固定して机として使う場合や、向きをそれぞれ変えて収納を増やすなどバリエーションも豊富です。パソコン用の机として使う時にはワイドタイプのカラーボックスがおすすめですね。

木箱もおしゃれ

キャンプで良く見かける木箱もローテブル向きの素材です。これは1つ1つ固定してしまっても良いのですが、ばらしておいた方が収納後の持ち運びに便利です。木箱を使ったDIYの注意点は上板のサイズです。ぴったりよりやや多きめで厚みのある板を選ぶと箱感がなくなりおしゃれですよ。

DIYに慣れて来たら挑戦したい机3選

DIYに慣れている方やコツが掴めつつある方にはもうワンランク上の凝った机に挑戦してみてはいかがでしょうか。ただDIYするのではなく作り方をシンプルに、使いやすい構造を重視していくとワンランク上の机になること間違いなしですよ。

パソコンデスクは使いやすさを重視

パソコンを仕事で使う方は使いやすい机にこだわっていますよね。ケーブルがなくならないような収納だったり、広さが確保できる机だったりさまざまですが、シンプルな上板、足4本をベースに支えの板を足元か上板の真下に配置すると重さのある木材でも安定してくれます。大きな家具を作るときには支えを増やす構造を取り入れてくださいね。

キッズ用の机も作れるパパに

DIYの完成度が上がると子供に机など家具を作ってとお願いされることも多くなりますよね。子供好みの机をDIYするときにはサイズ感を重視しましょう。大人と違い足の短い子供は机の高さが高すぎると正しい姿勢で勉強ができません、もちろん子供は成長しますからある程度大きめに作る必要があります。そこで机の足の長さをきっちり図ってぴったりの物を作ってあげましょう。

家にある材料で

家にある使わないベビーベッドや、たんすなどを使ってDIYできると脱初心者です。いらない家具を机にするのは想像力がないと難しいですから日常で目にする机の形をじっくり観察してみましょう。こことあそこを壊して、あれを残したら作れるかもと考えることができると使わない家具も有効活用できるようになります。

おしゃれが際立つ変わり種の机DIY術

机をDIYするというと足を4本、上板を買ってと考えてしまいがちですが、観点を少しだけ変えてみると簡単に机が出来上ります。狭いスペースしかない方でも広い机が用意できちゃいますよ。

押入れを机に変身!?

押入れを改造して机にしてしまうという方法です。意外でしたか?工具を使うDIYが多い中で視点を変えることでほとんどいじらずDIYできてしまうのです。この場合は押入れの戸を外して明かりを中に入れ込む作業だけなので賃貸でも安心ですね。カラーボックスやスチール棚で整頓すると収納の多い机に早変わりです。

天板×すのこでDIY

すのこの使い方次第でおしゃれな机ができます。それがすのこの棚を足代わりにするという手です。すのこ単体では強度に欠けますが棚として作りかえることにより上板を乗せても大丈夫な強度となります。すのこの隙間や底面など様々な部分が見えるためウッドバーニング風の塗装をするとナチュラルなインテリアと相性が良いですね。

男前のインテリアにしたい!100均DIYの作り方とまとめ! | MensModern[メンズモダン]

カウンター風テーブルをDIY

おしゃれなカフェ風の机をDIYするときには板材の色味に着目してみましょう。作り方は簡単で2本の足と壁にぴったり板材を付けることです。インテリア映えするカフェ風テーブル作りの参考にしてみてくださいね。

板はホームセンターでも

ホームセンターで売っている板材はおしゃれな物もありますが、自然な風合いを活かした物が多いため自分でペイントするか二スなどで艶出しをした方が良いでしょう。撥水加工を施しておくとカップの水滴で劣化するのを防げます。2本の足はパイプなどの異素材を使うと個性が際立ちます。

机は塗装で味を出す

塗装というのは色を付けるだけではなく、ビンテージ感を出すことや高級感ある塗り方をするという意味があります。インテリアを意識した塗装は机の存在が上手く溶け込むためにも必要なことなんですよ。特におしゃれを意識したカフェテーブルはテーマに沿っDIYしてくださいね。

ローテーブルもコツを掴んでDIY

キャンプにぴったりローテーブルの作り方

こちらは折りたたみの椅子の足部分を使った折りたたみできるローテーブルです。キャンプなどで使うことの多いローテーブルはアウトドア用に1つあると便利ですね。すのこと折りたたみ椅子で出来たローテーブルなら穴を開ける道具、結束バンドがあれば万一壊れても修復可能ですよ。

足部分で変わる利便性に注目

こちらはバーベキュー用に使う机をDIYしているところです。上に板材を乗せていくことで重さのある食材などが置けるようになります。真ん中の空きの部分もそれぞれの板材と組むことで強度が増すので作業台として使えるのもポイントです。しかし足は折りたたみの物ですから1点の重心をかけるような使い方ができないのがデメリットですね。

おしゃれなインテリアとして

インテリアとしてのかっこいいローテーブルの作り方は見せる収納を作ることです。例えばリモコンなどがしまえる収納を作ることや机の下を上手く使う収納がこれに当たります。上と底のない箱に足を付けるイメージで作ってみてください。広い机の場合は中央部に支えとなる板を入れることをお忘れなく。

机と合わせて椅子も作りたい

椅子の作り方

机の作り方やおすすめのスタイルをご紹介してきましたが、机に合う椅子の作り方も覚えておきましょう。すのこを使った椅子ですが、中板を入れるので頑丈ですよ。サイズもお好みで調整してみてくださいね。すのこを切った後はやすり掛けを忘れずに行わないとささくれで怪我をする元ですよ。

番外編・机をリメイクする方法

塗装でイメージを変える

今ある机をプチDIYしたいときには塗装を変えるのがおすすめです。ペンキなどが塗ってある場合にはやすりなどで少し削ってからだと厚塗りになりませんよ。ただし合成樹脂を使った机の場合には削っても色が入りやすくなるということはないためそのまま塗りましょう。

マステを使ったアレンジは汚れにくい

テーブルの汚れが目立って隠したいときにはマスキングテープがおすすめです。カラフルでポップな机にしたいときは暖色系をメインに使い、落ち着いた雰囲気を作りたいときにはダークトーンのマステに四方をゴールドなど高級感あるデザインにしましょう。幅の広いマステを使うとズレ難く綺麗に広範囲まで貼れますよ。

ユニークな素材を使ったDIY

切り株を天板代わりに

椅子のデザインに多い切り株をあえて机にしようという案はおしゃれだと思いませんか?ウッド調のインテリアが好きな方にはたまらない机になること間違いなしです。サイズにもよりますが2~3本の足で自立することが可能ですからベッド脇用の机や、玄関先のメモなどを置いておく机などインテリア用にDIYしてみても良いですね。

電気コード巻もおしゃれなインテリアに

おしゃれな居酒屋にあるコイル巻風のテーブルはパーティのときに自慢の机となるでしょう。コイル巻自体がなかなかお目にかかれないためオークションなどで見つけたら机ように確保しといても損しませんよ。

かゆい所に手が届くDIYを楽しんで

サイズもばっちり自分好み

DIYは安く、手軽な材料から始められるこもブームに火をつけた由来です。大金をかけなくてもおしゃれな家具が作れるようになったら嬉しいですよね。大きな家具は作っていくうちに自信に繋がるはずです。もし机が欲しいけど気にいった物がないと悩んでいたならDIYしてみてください。

難しい机も作れるようになりますよ

最初は難しそうだと感じていた机やデザインでも作り方を調べ書き出していけば、単純なパーツで出来ているとわかるはずです。ぜひDIYをしようと気構えずに趣味として長く付き合っていくつもりで足を踏み入れてみみてはどうでしょうか。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ