ユニクロで交換・返品は可能?タグやレシートなし、他店購入の場合は?

サイズが合わない服などを、返品や交換したいという時がありますよね。今回は人気のファストファッションブランドであるユニクロでの返品・交換対応について解説します。タグやレシートなしの場合や、他店購入の場合など、ユニクロでの様々な対応をチェックしましょう!

目次

  1. サイズ違い!イメージ違い!
  2. 人気のファストファッションブランド・ユニクロ
  3. ユニクロでの交換・返品は三か月以内に
  4. ユニクロでの交換・返品に必要なもの
  5. 実は、レシートなしでも交換・返品可能?
  6. タグを切ってしまっても交換・返品可能?
  7. 他店購入でも交換・返品可能?
  8. 着用した洋服でも交換・返品可能?
  9. 洗濯した服でも交換・返品可能?
  10. 交換時に価格が変わっている場合は?
  11. ユニクロオンライン購入の場合の返品
  12. ユニクロオンライン購入の場合の交換
  13. ユニクロのサービス精神にみんな感動してる!
  14. 交換・返品をしないで済むために
  15. ありがとうユニクロの交換・返品サービス

サイズ違い!イメージ違い!

洋服を買ったあと、家に帰ってからサイズの間違いに気付いたり、イメージと違ってがっかりしたりしたことはありませんか?そんな時は、返品や交換が出来ないかな?と考えますよね。買った洋服の交換・返品の対応については、お店によってそれぞれ違います。

今回は、多くの人に愛される有名ファストファッションブランドであるユニクロで、交換・返品をしたい場合の方法や条件などについて、まとめて解説していきます。レシートなしでも大丈夫?など定番の疑問も解決します!

ユニクロのポロシャツでおすすめは?オリジナルやコラボ商品などまとめ | MensModern[メンズモダン]

人気のファストファッションブランド・ユニクロ

今やユニクロのアイテムを持っていない人はいないというくらい、ユニクロは広く世間に知られた定番ブランドですよね。流行に合わせたファッションアイテムも、流行り廃れのないスタンダードなアイテムも、リーズナブルな価格で高品質なものが揃うので、ユニクロは多くの人に愛用されています。

おしゃれなファッション誌でユニクロのアイテムを使ったコーディネートが紹介されることもありますし、ユニクロは安いだけでなく、ファッション性も兼ね備えたブランドとして認められていますよね。そんなユニクロでは、買った商品の交換・返品についてどのような対応をしているのでしょうか?

交換・返品に対応してもらえる期間や、レシートなしの場合・タグを切ってしまった場合・着用してしまった場合・他店で買った場合など、様々な条件による対応を一つずつチェックしていきましょう!

ユニクロのリネンシャツコーデ!おしゃれなメンズ着こなしや人気カラー紹介 | MensModern[メンズモダン]

ユニクロでの交換・返品は三か月以内に

ユニクロで買った商品を交換または返品したい場合は、基本的には購入から三か月以内が対応可能な期間とされています。三か月前に買ったものでも対応してもらえるなんて、思った以上に良心的な仕組みですよね。買ったままにしていたユニクロの洋服をやっと開けてみて、ようやくサイズ間違いに気付いた…なんて焦った時には、とても助かります。

また、うっかりして三か月以上過ぎてから交換や返品が必要だと気付いた場合でも、その他の条件によっては店舗で交換・返品に対応してもらえたという人もいるようです。どうしても必要だという場合には、店員さんに相談してみるといいでしょう。

ただ、本来は三か月以内というのが決められた期限ですので、購入した商品はなるべく早めに間違いが無いかどうか確認しておきましょう。

ユニクロのダメージジーンズの評判は?メンズコーデや女子にも人気の理由 | MensModern[メンズモダン]

ユニクロでの交換・返品に必要なもの

ユニクロで買った商品を交換や返品する場合には、買った時のレシートか、クレジットの控えを持って行く必要があります。これは、ユニクロに限らずどこのお店でも同じですよね。いつどこで何を買ったかという証明になるものですから、レシートかクレジットの控えを持って行くようにしましょう。

実は、レシートなしでも交換・返品可能?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!①

ユニクロでの交換・返品にレシートやクレジットカードの控えが必要だと説明しましたが、実はレシートなしの状態で交換・返品に対応してもらったという人も少なからずいるようです。基本のルールとして、レシートやクレジットカードの控えが必要なのは本当ですが、実際はレシートなしでも事情を話して確認ができれば、対応してもらえるようです。

これは、ユニクロのサービス精神の高さが感じられますね。レシートなしで交換や返品をする際には、名前や住所、電話番号を、本人確認書類と一緒に確認されることが多いようです。運転免許証や健康保険証など、本人確認が出来るものを持って行くことをおすすめします。基本的にはレシートやクレジットカードの控えが必要なことですので、万一の例外としてレシートなしでもOKだと覚えておきましょう。

タグを切ってしまっても交換・返品可能?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!②

タグを切ってしまった洋服は、さすがに交換や返品が出来ないのではと思いますよね。しかし、ユニクロではタグを切ってしまった洋服でも、店頭で相談すれば交換や返品に対応してもらえるんです!このタグなし交換・返品の場合も、基本的に期限は三か月以内なので注意してくださいね。

切ってしまったタグは一緒に持って行っても良いですが、タグがない状態でも大丈夫なようです。このような柔軟性のある対応はさすがユニクロという感じで、ありがたいですね。

他店購入でも交換・返品可能?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!③

ユニクロの交換・返品サービスは、他店舗で購入した商品でも対応してもらえることが多いようです。レシートなし、タグなしの場合でも同様に対応可能で、期限も同じく三か月と考えましょう。少し足をショッピングして、後日交換や返品が必要なことに気付いた場合、地元にある他店ユニクロに持って行って対応してもらえるのはとても助かりますね。

ユニクロは店舗数が多くて様々な場所に出店されていますから、行きたいタイミングに行きやすい店舗で買い物ができるというのがとても良いところですね。さすが、国民的ファストファッションブランド!

店舗購入かオンライン購入か

ユニクロの交換・返品サービスは他店購入のものもOKとご説明しましたが、オンラインで購入したものの交換や返品は、オンラインの対応になるようです。店舗購入なら店舗で対応、オンライン購入ならオンラインで対応ということで、区別されているので注意しましょう。

ユニクロとGUの関係

ユニクロとGUはどちらも人気のファストファッションブランドで、同じ「株式会社ファーストリテイリング」の子会社です。母体が同じだから、他店扱いということで対応してもらえる?なんて期待する人がいるかもしれませんが、さすがにユニクロとGUは他店どころか他ブランドなので、交換・返品対応は不可です。

ユニクロで購入したものはユニクロで、GUで購入したものはGUで、それぞれ交換・返品の相談をしましょう。結論、ユニクロの実店舗であれば、他店で購入したものであっても交換・返品可能というわけです。

着用した洋服でも交換・返品可能?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!④

普通、使ってしまったものを返品するなんてできない場合が多いですよね。しかし、ユニクロでは一度着用した洋服でも三か月以内に店舗に持って行けば対応してもらえるようです。出来るだけレシートやクレジットカードの控えを持って行きましょう。

レシートなし、タグなしの場合でも、三か月以内であれば対応してもらえる場合もあるようなので、諦めずに相談してみると良いでしょう。

洗濯した服でも交換・返品可能?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!⑤

なんと、ユニクロでは驚くべきことに自宅で洗濯までした洋服でも、相談すれば交換や返品の対応をしてもらえることがあるようです。他のお店なら、普通はありえないことですよね!着用・洗濯までしてから交換や返品が必要になるというケースはあまり多くないですが、万が一の時は可能だと知っておくと便利ですね。

もちろん、自分の不注意で汚してしまった洋服や、傷めてしまった洋服に関しては、交換や返品をすることは出来ません。それはさすがにこちらがクレーマーになってしまいます。商品の欠陥が疑われるような、破れや壊れを理由に返品する場合は、店員さんに相談してOKでしょう。

交換時に価格が変わっている場合は?

ユニクロの素晴らしい交換・返品サービス!⑥

ユニクロでは、週末に割引セールが行われたり、期間限定の価格やアプリ会員限定の価格でお得に購入できる機会が多くありますよね。そのため、同じ商品でも買うタイミングによって金額が異なる場合があります。もし商品の交換をしたい場合に、購入した時の金額と、交換する時の金額が変わっていたらどうなるのでしょうか?

答えは、購入時に実際に支払った金額がベースになります。つまり、割引されている時にお得に購入したTシャツを、一週間後に交換しに行き、割引期間が終了して元の価格に値上がりしていたとしても、差額を払ったりする必要はありません。他店購入の場合も同様です。

ただ、これは全く同じ商品の色違いやサイズ違いのものに交換する場合の例です。そうではなく、別の商品と交換するという場合には、元々買っていた商品を返品・返金して、新しくもらう商品はその日の価格で購入するという形になりますので、差額が発生します。代わりにもらう商品の方が高額な場合は、もちろんその分お金を払うことになります。他店購入の場合も同様です。

ユニクロオンライン購入の場合の返品

ここまでは、ユニクロ実店舗で購入したものの交換や返品対応について解説してきました。ユニクロではオンライン購入もとても便利です。ここからは、ユニクロのオンラインストアで購入したものを交換や返品する際の手続きについて解説します。

オンラインで購入した場合、返品の期限は二週間以内です。同梱されている「お買い上げ明細書」の下に「返品カード」がついていますので、それに記入してゆうパックか宅急便で指定の住所に送り返します。この際の返送料は、自分で負担することになりますが、返品にかかる手数料などはありません。

代金の返金に関しては、返品カードに返金してもらうための金融機関口座を記入する欄があります。返品する商品の数量や理由などもきちんと記入しましょう。ちなみに、裾上げなどの補正をした商品も返品可能ですが、補正にかかった料金は返金されません。

ユニクロオンライン購入の場合の交換

オンラインで購入したものを交換したい場合は、手続きの流れとしては「購入した商品を返品する」「欲しい商品を改めて注文する」という形になりますので、「返品商品を返金」「購入商品は通常通り支払い」ということになります。

オンラインストアのページに「交換フォーム」というページがありますので、そこで欲しい商品を注文します。返品する商品については、先ほどの返品の説明で述べた通り、二週間以内に返送しましょう。

また、オンラインで注文してすぐに間違いに気づいた場合は、「ご注文履歴」の表示が「商品を準備しています」となっている段階なら、自分で注文のキャンセル手続きが出来ます。これが完了状態になってしまうと、内容の変更が出来ないため、届いてから返品や交換の対応をすることになります。

ユニクロのサービス精神にみんな感動してる!

ユニクロの交換や返品サービスについては、その対応の柔軟性や親切さに多くの人が感動の口コミをあげています。

他店で対応してもらったり、タグやレシートなしで対応してもらったり、多くの人がユニクロの親切な対応に助けられているようです。このようなサービス精神があるからこそ、ユニクロは多くの人に愛されるブランドになっているのでしょう。

交換・返品をしないで済むために

試着が基本!

ユニクロの交換や返品のサービスがとても親切で便利であることは分かりましたが、できれば交換や返品の必要がない賢いお買い物がしたいですよね。交換や返品を防ぐ最も基本的な対策としては、やはりきちんと試着をした上で買うことです。

なんとなく体に当ててみただけだったり、「Mくらいかな?」なんて適当な判断で買ったりすると、実際に着てみたら合わなかった!ということになってしまいます。商品によって着た時のサイズ感は変わるもので、単純に「カットソー」と言っても、デザインやシルエットによって意外とベストなサイズが違ったりするのです。

面倒に感じることもあるかもしれませんが、ぜひ試着をしてサイズや色などに納得してから購入するようにしましょう。特に、ボトムスや靴などは試着して動いてみて、フィット感やシルエットを確認することが大切です。

どう使うかをイメージして

商品を見てなんとなく良さそうと思って購入して、いざ自宅に帰ってみるとなかなか着なかったり、コーディネートの仕方が分からない…なんてこともありますよね。そんな事態を防ぐために、お店で商品を選ぶときから、自宅に持っている洋服との組み合わせや、実際に自分がその洋服を活用している姿を浮かべてみましょう。

活用できそう!と思えば、その洋服はきっとワードローブの一員になってくれるはずですが、想像してみたらなんだか使いづらいかも…と思うなら、その洋服は自分にとって必要ないものなのかもしれません。こういった具体的なイメージを持ったお買い物をすれば、交換や返品を最小限に抑えることが出来るでしょう。

ありがとうユニクロの交換・返品サービス

ユニクロの交換や返品サービスについてまとめて解説してきました。様々なパターンで交換や返品に対応してくれるユニクロは、かなりお客様サービスのレベルが高いといえるでしょう。正直、他のお店ではありえないほどの柔軟性を感じます。

ユニクロのサービスをありがたく受け取るとともに、お客さんである私たちも、マナーを守って気持ちよくお買い物がしたいですね。そのためにも、交換・返品サービスのルールについてきちんと認識しておきましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ