Macをお使いの皆さんは時折り操作感が重くなることがありませんか?今回はそんな方に向けてMacの起動ディスクの設定と変更の仕方・そしてMacの起動ディスクがいっぱいになる原因にはどんな事が挙げられているのかを詳しくお届け致します。ぜひ参考にして下さい。

Macの起動ディスクを設定・変更する方法!いっぱいになる原因は?

目次

  1. Macの起動ディスクとは?
  2. Macの起動ディスクの確認方法とは?
  3. Mac起動ディスク容量一杯の原因「デスクトップ」
  4. Mac起動ディスク容量一杯の原因「ゴミ箱」
  5. Mac起動ディスク容量一杯の原因「その他」
  6. Mac起動ディスク一杯の原因「バックアップデータ」
  7. 起動ディスクをMacで設定する!
  8. 起動ディスクをMacで変更する!
  9. Macの起動ディスクをよく確認してみよう!
  10. Macの起動ディスクを設定・変更する方法まとめ!

Macの起動ディスクとは?

Macの起動ディスクとは何でしょうか?Macの初心者の方は起動ディスクなにそれ?と不安になるかもしれませんが、起動ディスクとはそもそもHDD(ハードディスク)のことを指します。つまり、ストレージの容量ですね。よくMacを使用していると、ストレージの容量がいっぱいになってしまうと「起動ディスクが足りていません」なんて警告も出てしまうこともあります。

つまり、ストレージ容量が足りていないので、これ以上はスペックオーバーですよ!という警告なんですね。今回はそんな起動ディスクがいっぱいになってしまう原因は何なのか?そして、起動ディスクの容量をいっぱいにしない秘訣はあるのか?を詳しく特集でお伝えしていきます。

また、それ以外では、起動ディスクって変更できるの?その変更の仕方や、設定方法も含めてお伝えしていきますので、起動ディスクの問題で悩んでいらっしゃる方はぜひ参考にして下さい。今回は、まるまるMacの起動ディスクの特集になります。

Macの起動ディスクの確認方法とは?

起動ディスクが何であったのかを理解することができましたか?起動ディスクとはMacのハードディスクの容量のことでした。簡単に説明すると記憶装置です。記憶装置がいっぱいになってしまえば、当然Macの処置能力も低下してしまいますよね。

では自分のMacの起動ディスクの容量がどのくらい消費しているのかを知らないことには、Macの容量を削減することもできないですから、ここでは起動ディスクの容量を確認する方法をご紹介致します。まず①Macのメニューのアップルマークをクリックします。

②するとメニューが開くので「このマックについて」という項目があるので、ここを選択します。③ダイヤログが出現するので、その中のカテゴリーから「ストレージ」を選択します。④すると、ストレージの容量が色別に認識できるようになります。

このストレージの容量をよく確認して、自分のMacがどの部分でストレージを消費しているのかをよく認識する必要があります。まずは、ここを参考にしてみて下さい。大抵の場合はストレージの中の「その他」が以外と消費をされているのではないでしょうか。

Macのおすすめテキストエディタ集!無料・初心者でも使いやすいものは? | MensModern[メンズモダン]

Mac起動ディスク容量一杯の原因「デスクトップ」

ではここからは、Macの起動ディスクの容量がいっぱいになってしまう原因をご紹介していきますので、ぜひご自身の状況に当てはまることもあるかもしれませんので、ぜひ参考にして下さい。まず、最初のMacの起動ディスクがいっぱいになってしまう原因は「デスクトップ」になります。

デスクトップとはどういうことかと言うと、実はデスクトップと言うのは「HDD」の容量と直結していますから、ここに多くのデータを置いておくと、どうしても起動ディスクの容量がいっぱいいっぱいになってしまいます。ですので、まず起動ディスクの見直しを行う際には、デスクトップの容量を気になさる方が良いです。

いらないものなどの、整理できるものについては整理をしできるだけ、軽くなるように心がけると良いでしょう。本当にデスクトップが散らかっていると、Macが重たくなる原因になりますから、注意が必要です。デスクトップは一番わかりやすく場所にありますから、まずはここから整理をすると良いでしょう。

Macのショートカット一覧!初心者が覚えておくべき基本キーは? | MensModern[メンズモダン]

Mac起動ディスク容量一杯の原因「ゴミ箱」

続いてのMacの起動ディスクの容量がいっぱいになる原因ですが「ゴミ箱」になります。実はMacで不要なアプリ等を削除したつもりでも、一時的にゴミ箱に格納されていることが多く、消したつもりでも消えていないという事です。

ゴミ箱に消したつもりのファイルやアプリが入っている状態では、起動ディスクの容量を圧迫している状態には変わりなく、容量を削減したことにはなりません。ですので、本当にMacの起動ディスクを軽くしたいのであれば、ゴミ箱に入っている不要なファイルをしっかりと削減しておきましょう。

なお、このゴミ箱の中身は定期的に空にすることを習慣化すると、常にMacを軽い状態にすることができますから、意識して行うようにしましょうね。そうすることで、普段から容量を気にすることになりますし、それがMacの容量を軽く保つ秘訣になります。ぜひ参考にして下さい。

Mac起動ディスク容量一杯の原因「その他」

冒頭でもお伝えした通り、Macの起動ディスクの容量を確認してみると以外と「その他」が多いことがわかります。ストレージを確認すると、この「その他」以外は「App」や「オーディオ」「写真」「ムービー」「バックアップ」など明確な目標ばかりです。

では、この「その他」とは一体何を指すのでしょうか?実は「その他」とは、簡単に説明すると「写真や動画、音楽ファイルでもないような分類できないファイル」が「その他」になります。ということはこの「その他」を削除できれば、多くの起動ディスクを削減できるのではないでしょうか。

ただ人によってこのその他の削除方法は異なるのが現状ですので、ここではよく一般的に言われている「その他」の削除方法を次章で詳しく解説していきます。みなさんも、このその他を見直すことで、多くの圧迫しているストレージを削減できる可能性がありますので、この機会に覚えておくと便利ですよ。

Mac起動ディスク一杯の原因「バックアップデータ」

ではここで、Macの起動ディスクを圧迫している可能性が高い、いわゆる「その他」の中の分類と呼ばれている「バックアップデータ」を削減する方法をご紹介致します。実はこのバックアップデータが複数残っており、それが原因でストレージの容量を圧迫しているケースが多くのサイトでも指摘をされているところです。

ですので、ここではバックアップデータを確認し、削除する方法を掲載しておきます。まず①iTunesを開きます。②そしてメニューから「環境設定」を開きます。③「環境設定」メニュー上部の「デバイス」タブをクリックしましょう。すると、iPhoneやiPad 等のバックアップデータがダイヤログに表示をされるのがわかります。

この表示されているバックアップデータの中で今はあまり必要としていない過去のバックアップデータについては、おそらく使われる回数も少ないでしょうから、一番古いバックアップデータについては削除しても良いかもしれませんね。

④古いバックアップデータの削除方法については、そのデータを選択して「バックアップの削除」という項目を押せば、古いバックアップデータを削除することができます。ぜひ、複数のバックアップデータがある方は、古いデータを削除してみましょう。人によっては、このデータ削除で、100GBも削減できた方もいますから、やってみる価値ありです。

起動ディスクをMacで設定する!

ここまでご紹介した対策を講じても、Macの起動ディスクの容量を削減できなかったら、他にも様々な方法はありますが、その一つの方法が「新しい起動ディスクを設定する」という方法になります。新しい起動ディスクとは何なのかというと、例えば「外付の起動ディスク」がそれにあたります。

もしMacの HDDの容量で足りない場合は、外付のHDDをつけると、容量を開けることができて快適なMacの環境を作ることができます。では外付の起動ディスクをMacで登録する方法をご紹介致します。①外付のHDDを、Macに接続します。②アップルマークのメニューから「このマックについて」を選択します。

そして「システムレポート」ボタンをクリックします。または「option」キーを押しながらAppleメニューの「システム情報」の順に選択します。③サイドバーから「ストレージ」を選択し、ボリュームのリストから目的のストレージデバイスを選択します。

該当するストレージデバイスについて表示されている「パーティションマップのタイプ」が「GPT(GUIDパーティションテーブル)」になっていることを確認してください。この手順で適切に外部デバイスがフォーマットされているかを確かめることができます。外部ストレージをこの手順で登録しておけば、Macはとても快適になること間違いなしです。

起動ディスクをMacで変更する!

では前章で、起動ディスクをMacに設定する方法を学びましたので、今度は起動ディスクを通常のMacのHDDから、今回設定をした外部のストレージに変更をする方法をご紹介致します。ではその方法になります。システム環境設定の「起動ディスク」を使って、起動ディスクを選択すると別のディスクを選択するまでは、そのディスクからMacが起動するようになります。

まず①Appleメニューの「システム環境設定」の順に選択をし、「起動ディスク」をクリックします。②次に起動ディスクを選択し、Macを再起動をします。このような手順から起動ディスクをMacで変更することができます。ぜひみなさんもこの手順でMacの起動ディスクを変更して、快適なMac生活を送ってみて下さいね。

Macの起動ディスクをよく確認してみよう!

ここまで、Macの起動ディスクを圧迫している原因についてをご紹介してきました。まずは現在の起動ディスクをよく確認をしてどのファイルが圧迫をしているのかを確認しましょう。そしてその上で、一つ一つ対策を講じていけば、もっと快適なMacライフが送れるでしょう。

Macの起動ディスクを設定・変更する方法まとめ!

みなさんも、この機会に重くなっているMacを快適な環境にしてみませんか?きっと、今よりもいろいろな面で作業効率がアップするはずですよ。今回はMacの起動ディスクを設定・変更する方法まとめをお届けしました。ぜひ参考にしてください。


評価 4.0/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ