ガジェット類には様々な設定があります。iPhoneの重要な設定とおして、非通知を拒否するという機能です。誰からかかかってきたか分からない非通知は拒否したいですよね。そんなiPhoneの非通知を拒否する設定方法について紹介します。ついでに公衆電話も拒否しましょう

iPhoneで非通知着信を拒否する設定・方法!公衆電話も対応できる?

目次

  1. iPhoneで非通知を拒否する方法
  2. iPhoneの非通知を拒否しよう
  3. iPhoneのナンバーブロックサービスは履歴が残らない
  4. ソフトバンクのiPhoneの非通知設定はめんどう
  5. auのiPhoneの非通知拒否の方法
  6. ドコモの場合のiPhoneの非通知拒否の仕方
  7. iPhoneの『おやすみモード』を使って非通知を拒否
  8. 非通知を拒否を悟られにくい設定
  9. iPhoneで公衆電話を拒否する方法
  10. 公衆電話の着信拒否の注意点
  11. iPhoneで非通知を拒否するよりも電話番号の変更も

iPhoneで非通知を拒否する方法

もはや当たり前となったガジェットの代表格であるiPhone。最近はiPhoneのシェアが少し下がって、他のガジェット類のスマホも伸びてきているようです。

しかし、依然としてiPhoneを利用する人は多いですよね。そんなiPhoneの設定で気になるのが、非通知でかかってくる電話です。いまどき非通知でわざわざかけてくるような電話は、怪しい以外の何者でもありません。

特定の番号を拒否するのとは違って、非通知を一律で拒否する方法を覚えていて損はありません。また、同様になんとなく怖くなる公衆電話からの電話も拒否する設定方法を紹介します。プライバシーはどんなに守っても漏れるもの。でも、怖いことからは少しでも身を守りたいですよね!

iPhoneの非通知を拒否しよう

iPhoneで非通知を拒否する方法は決して難しくありません。普段からガジェット類を使い慣れている人なら、すぐにわかると思いますよ。

ただし、一つだけiPhoneの非通知を拒否する設定方法で難しいのが『キャリアごとに違う』という点です。この点だけ抑えておけば、iPhoneの非通知拒否は難しくありません。

まず、iPhoneのキャリアと言えば、ソフトバンクだと思います。ソフトバンクのiPhoneの非通知拒否の設定から紹介していきます。実は、ソフトバンクのiPhoneの場合『ナンバーブロック』という有料のサービスが必要なんです。

それぐらいiPhoneの元からの機能で拒否してよ!と言いたいところですが、いろいろとサービスメニューで利益を上げるのは、ファストフードのサイドメニューと同じかもしれません。いずれにしてもソフトバンクのiPhoneの場合は、ナンバーブロックというiPhoneのサービスを登録しましょう。

iPhoneのナンバーブロックサービスは履歴が残らない

しかし、このiPhoneのナンバーブロックというサービスの良いところは、サーバー側で非通知を拒否する方法のため、スマホの着信履歴に残らないことです。つまり『非通知の着信があった』という怖い出来事自体を回避出来るんです。

iPhoneのナンバーブロックの申し込みの仕方は、My SoftBankにアクセスして『サービスを探す』を選択して、名称を絞り込むを選択して「な行」からナンバーブロックに加入を選択しましょう。月額税込みで108円になります。

このiPhoneのナンバーブロックの特徴として『お断りガイダンスの種類が選べる』ということです。あくまで非通知という旨をガイダンスことに変わりはありませんが「お客様のご希望によりお繋ぎできません」といったものから、「電話番号をお間違えではないですか?」といった、やんわりと拒否を表すものまで9種類選ぶことができます。

ソフトバンクのiPhoneの非通知設定はめんどう

そして、このiPhoneのナンバーブロックを登録して、非通知の電話がかかってきた後に『144』にかけて、『1』、『#』、『7』、『#』という順にガイダンスにしたがっていくだけです。ソフトバンクのiPhoneの非通知拒否の設定で困ったことが、一度、着信に応答する必要があることです。

つまり『非通知すべてを拒否する』というサービスではないです。つまり、一度、非通知の電話がiPhoneにかかってきて初めて、そのかけてきた非通知相手を拒否するという設定方法なんです。有料で申し込ませておいて、少し不便ですが、ソフトバンクのiPhoneの場合はこの拒否の設定方法しかないんです。

auのiPhoneの非通知拒否の方法

ガジェットによって使い勝手の違いはどうしても避けられないものです。同じガジェットでもauの場合はとても簡単な方法で拒否できます。iPhoneに『1481』と入れて発信するだけです。

こちらの場合は非通知ではなく、電話番号を通知してかけ直すようにガイダンスが流れるんです。同じiPhoneでもキャリアが違うだけでこんなにも設定が違うんです。ソフトバンクのiPhoneと違って、一律、非通知の電話を拒否することが出来ます。

つまり「非通知がかかってきた。怖い、非通知を拒否しよう…」という経験をする必要がなく、「非通知がかかってきたら怖いから、最初から非通知は拒否の設定にしとこーっと」という設定が出来るわけです。怖がりな人はauのiPhoneにしておくのがいいかもしれません。

写真をロック・隠す方法!iPhone・スマホの画像を非表示にするやり方 | MensModern[メンズモダン]

ドコモの場合のiPhoneの非通知拒否の仕方

さて、もう一つのガジェット類を取り扱うドコモのiPhoneの場合はどうでしょうか。ドコモのiPhoneで拒否する場合は、『148』で発信して『1』を入力すれば設定完了です。

こちらも『186』をつけて発信するようにしてから、電話をかけ直すようにガイダンスがなれるようになります。こう考えると、ガジェット類の代表格であるiPhoneを最初に取り扱ったソフトバンクが、最も非通知の拒否設定としては不親切だったわけです。

有料な上に、一度iPhoneで非通知の電話がかかってきて、その非通知に対して拒否するということしか出来ないんです。ナンバーポータビリティなどが復旧して、同じガジェットであるiPhoneも、いろんなキャリアで扱えるようになったので、こういうちょっとしたサービスの違いは大きいかもしれませんね。

iPhone7ホームボタンの設定方法!振動の強さはカスタマイズできる? | MensModern[メンズモダン]

iPhoneの『おやすみモード』を使って非通知を拒否

ちょっと例外的な方法になるのですが、iPhoneの機能を使って、一応ソフトバンクでも無料で非通知を拒否することが出来ます。しかし、一時的な機能となるので、根本的にソフトバンクのiPhoneで拒否することは出来ないんです。

iPhoneの設定アプリを起動させて『おやすみモード』を選択しましょう。iPhoneでこのモードを選択すると、初期設定を設定することが出来ます。そこで、iPhoneのおやすみモードを『今すぐオン』にして、通知を『常にする』に変更しましょう。そして、最後に『着信を許可』に設定します。

そして、最後にこのiPhoneのおやすみモードで、『よく使う項目』のところを『すべての連絡先』に変更します。それでiPhoneの設定は完了です。

iPhoneの歴史まとめ!初代から現在までのデザインとスペック | MensModern[メンズモダン]

非通知を拒否を悟られにくい設定

iPhoneをこの設定にすることで、非通知や公衆電話からの着信を拒否して、電話番号にある電話だけを着信できるようになるんです。また、iPhoneをこの設定にすれば、ガイダンスが、留守番電話と同じアナウンスが流れるようになるのもおすすめな点ですね。

一応、ショートメッセージで着信履歴が届くようですが、試してみても損はないと思います。iPhoneで、おやすみモードはコントロールセンターからも簡単に切り替えれる機能なので、いろいろと試してみてもいいと思います。

とはいえ、ソフトバンクのiPhoneでは、単体では非通知を拒否出来ないという大前提があるので、このようなおやすみモードや有料の機能を使うしか無いんです。

iPhoneのバックアップパスワードを忘れた時の対処法!解除するやり方 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneで公衆電話を拒否する方法

先ほど紹介したiPhoneのおやすみモードでも、公衆電話からの電話を拒否することができますが、こちらもドコモのiPhoneでは設定しやすいようです。ドコモのiPhoneでは『本体設定』から『ロック・セキュリティ』と選んでiPhoneを『着信拒否設定』と選んでiPhoneの項目を選択するだけです。

このあたりも、ソフトバンクのiPhoneだとおやすみモードしか無いようで、公衆電話を拒否しにくいようですね。ただし、公衆電話を着信拒否する場合に注意するべきことがあります。

iPhoneアプリのおすすめを紹介!定番から人気・便利なものまでまとめ | MensModern[メンズモダン]

公衆電話の着信拒否の注意点

公衆電話を着信拒否する場合は、もしもの災害時にとても困るということです。災害時にはiPhoneが使えなくなる可能性があり、公衆電話のような固定回線のほうが安定して通話が出来るようになります。

もし、自分のiPhoneで公衆電話から着信を拒否設定にしていると、災害にあった知り合いからの通話を拒否してしまうことがあるんです。基本的に、公衆電話からの着信をiPhoneで拒否することはあまりおすすめできませんね。

iPhoneの連絡先をバックアップする方法!簡単なやり方まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPhoneで非通知を拒否するよりも電話番号の変更も

iPhoneでの非通知を拒否する方法を紹介しました。iPhoneのキャリアごとに設定のしやすさが異なるのは、意外だったかもしれません。いずれにしてもiPhoneで非通知を拒否することは出来ますが、出来ることなら番号自体を変更しても良いと思います。

iPhoneをおやすみモードを設定したり、iPhoneの有料サービスに登録したり、iPhoneを非通知を設定にしても根本的な解決にはつながりません。

一旦、iPhoneの電話番号を変更して、iPhoneに非通知をかけてきた相手を様子見するほうがいいかもしれませんね。どこからiPhoneの番号が流出したかは難しい問題ですが、そのままのiPhoneの番号を使うのは安全とはいえません。

iPhoneの非通知は結局は、非通知を拒否しているという行為自体はバレますので、その点は忘れないようにしておきましょう。iPhoneのガジェットとしての便利さが、非通知の怖さを生み出しているともいえますで、iPhoneもしっかりとプライバシーを守れるように各種設定を改めてチェックしておきましょう。


評価 4.6/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ